【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171216133817.html
夜叉のような女のイメージ

夜叉のような女のイメージ | LADYCO

LADYCO
夜叉のような女のイメージ

夜叉というのは、もとは古代インド神話に出てくる鬼神のことですが、今では鬼女のような人のことを「夜叉のような女」と表現します。

では、夜叉のような女にはどんなイメージがあるのか、主なものを紹介しましょう。

  • 情緒不安定で、すぐに怒鳴ったりヒステリックになったりする
  • ジェラシーの塊
  • 腹黒でライバルを陥れる
  • マイナスオーラ全開
  • やせ形で目が吊り上がっている
  • DVをふるう
  • まとめ

1. 情緒不安定で、すぐに怒鳴ったりヒステリックになったりする

情緒不安定で、すぐに怒鳴ったりヒステリックになったりする

夜叉のような女のイメージとして、まずあげられるのが、感情の起伏がきわめて激しく、情緒が安定しないということでしょう。

情緒不安定な人はけっして少なくありませんが、夜叉のような女はその傾向が際立っています。

たとえば、今までごくふつうに会話していたと思ったら、相手が口にした一言にひどく腹を立てて、いきなり大声で相手を攻撃し、罵倒するというのが、夜叉のような女のイメージです。

また、人に言われたちょっとしたことに、ひどく傷つき、いきなり泣きだしてしまうことも少なくありません。

それも、ふつうに泣くのではなく、大声で泣きわめくというのが、夜叉のような女のイメージと言っていいでしょう。

ささいなことでヒステリックになってしまうのですから、かかわる人は腫物に触るように気を使わなくてはなりません。

2. ジェラシーの塊

ジェラシーの塊

ジェラシーの塊で、嫉妬の炎をメラメラ燃やすというのも、夜叉のような女のイメージと言っていいでしょう。

ジェラシーを感じる対象は主に2つあります。

1つは彼氏やパートナー。

交際している彼氏やパートナーがほかの女性に目を向けるだけで、夜叉のような女は小さくない嫉妬心を抱きます。

そして、すぐに浮気を疑い、彼氏やパートナーを厳しく問い詰めるのです。

もし、実際に浮気が発覚すれば、まさに嫉妬の塊になり、相手の女性のところへ行って、直談判したりするのですから、男性はたまりません。

夜叉のような女がジェラシーを感じるもう1つの対象は、身近にいる女性です。

自分と年齢が近かったり、環境が似ている女性、あるいは親しい友達などが、自分よりも良い暮らしをしていたり、いい思いをしたりしていると、その女性にも嫉妬の炎を燃やすのです。

3. 腹黒でライバルを陥れる

腹黒でライバルを陥れる

そのように身近な女性に激しいジェラシーを感じる夜叉のような女は、「腹黒」というイメージももっています。

たとえば、同じ職場にライバル視している女性の同僚がいたとしましょう。

夜叉のような女は、何とかしてそのライバルを陥れたいと考えます。

そのため。

上司や先輩にあることないことを吹聴して、ライバルの評判を落としてやろうと画策します。

さらに、ライバルが仕事でミスをするように画策しすることもめずらしくありません。

表面的にはそのライバルにやさしく接しながら、腹の中では何とか陥れてやろうと考えている腹黒さが、夜叉のような女のイメージの1つと言っていいでしょう。

4. マイナスオーラ全開

マイナスオーラ全開

夜叉のような女には、「マイナスオーラ全開」というイメージもあるでしょう。

ふつう、オーラのある人というのはポジティブで、「光り輝く雰囲気を持っている人」というイメージがあるに違いありません。

夜叉のような女は、それとはまったく逆です。

夜叉のような女がクラスや会社にいると、周囲の光をすべて窮してしまい、なんとも暗い、よどんだような雰囲気になってしまうのです。

近くに寄るだけで、こちらも暗く、すさんだ気持ちになってしまうような、強烈な負のオーラをもっているというのが、夜叉のような女のイメージです。

5. やせ形で目が吊り上がっている

やせ形で目が吊り上がっている

夜叉のような女の、外見上のイメージを紹介しておきましょう。

それは、ひとことで言うと「鬼女」のイメージです。

健康的で太っている鬼女というのはいません。

まず、やせ形で、顔も細面、顎がとがっていて、口は大きく、頬がこけているのが、夜叉のような女のイメージと言っていいでしょう。

不健康なイメージですから、顔色は悪く、青白い顔をしています。

大きなポイントは、目。

目が吊り上がっているのが夜叉のような女のイメージです。

ふだんは目が細く、うすきみ悪いようなイヤな目つきをしています。

ところが、強い怒りを感じると大きく目を見開き、瞳をらんらんと輝かせます。

つまり、強いジェラシーを感じるなど、負の感情を強く抱くと、獲物を狙うヒョウのような目になるのが、夜叉のような女の顔のイメージということになるでしょう。

6. DVをふるう

DVをふるう

夜叉のような女は、言葉で人を激しく責めたり、感情を爆発させることで、相手を精神的に追い込むものですが、同時に、実際に肉体的な攻撃を相手に加えるというイメージもあるでしょう。

たとえば、夫の浮気が発覚したとしましょう。

そういう場合は、先ほどお話しした通り、激しく夫と相手の女性を責めますが、その際、夫に肉体的な暴力を加えることが少なくありません。

つまり、怒りの対象にDVを加えるのが、夜叉のような女のイメージなのです。

まとめ

夜叉のような女の恐ろしいイメージを6種類見てきました。

夜叉のような女とはどういう人のことを言うのかを知るための参考になさってください。

もしかすると、あなたの近くにもそういう女性がいるかもしれません。

夜叉というのは、もとは古代インド神話に出てくる鬼神のことですが、今では鬼女のような人のことを「夜叉のような女」と表現します。

では、夜叉のような女にはどんなイメージがあるのか、主なものを紹介しましょう。


情緒不安定で、すぐに怒鳴ったりヒステリックになったりする

夜叉のような女のイメージとして、まずあげられるのが、感情の起伏がきわめて激しく、情緒が安定しないということでしょう。

情緒不安定な人はけっして少なくありませんが、夜叉のような女はその傾向が際立っています。

たとえば、今までごくふつうに会話していたと思ったら、相手が口にした一言にひどく腹を立てて、いきなり大声で相手を攻撃し、罵倒するというのが、夜叉のような女のイメージです。

また、人に言われたちょっとしたことに、ひどく傷つき、いきなり泣きだしてしまうことも少なくありません。

それも、ふつうに泣くのではなく、大声で泣きわめくというのが、夜叉のような女のイメージと言っていいでしょう。

ささいなことでヒステリックになってしまうのですから、かかわる人は腫物に触るように気を使わなくてはなりません。

ジェラシーの塊

ジェラシーの塊で、嫉妬の炎をメラメラ燃やすというのも、夜叉のような女のイメージと言っていいでしょう。

ジェラシーを感じる対象は主に2つあります。

1つは彼氏やパートナー。

交際している彼氏やパートナーがほかの女性に目を向けるだけで、夜叉のような女は小さくない嫉妬心を抱きます。

そして、すぐに浮気を疑い、彼氏やパートナーを厳しく問い詰めるのです。

もし、実際に浮気が発覚すれば、まさに嫉妬の塊になり、相手の女性のところへ行って、直談判したりするのですから、男性はたまりません。

夜叉のような女がジェラシーを感じるもう1つの対象は、身近にいる女性です。

自分と年齢が近かったり、環境が似ている女性、あるいは親しい友達などが、自分よりも良い暮らしをしていたり、いい思いをしたりしていると、その女性にも嫉妬の炎を燃やすのです。

腹黒でライバルを陥れる

そのように身近な女性に激しいジェラシーを感じる夜叉のような女は、「腹黒」というイメージももっています。

たとえば、同じ職場にライバル視している女性の同僚がいたとしましょう。

夜叉のような女は、何とかしてそのライバルを陥れたいと考えます。

そのため。

上司や先輩にあることないことを吹聴して、ライバルの評判を落としてやろうと画策します。

さらに、ライバルが仕事でミスをするように画策しすることもめずらしくありません。

表面的にはそのライバルにやさしく接しながら、腹の中では何とか陥れてやろうと考えている腹黒さが、夜叉のような女のイメージの1つと言っていいでしょう。

マイナスオーラ全開

夜叉のような女には、「マイナスオーラ全開」というイメージもあるでしょう。

ふつう、オーラのある人というのはポジティブで、「光り輝く雰囲気を持っている人」というイメージがあるに違いありません。

夜叉のような女は、それとはまったく逆です。

夜叉のような女がクラスや会社にいると、周囲の光をすべて窮してしまい、なんとも暗い、よどんだような雰囲気になってしまうのです。

近くに寄るだけで、こちらも暗く、すさんだ気持ちになってしまうような、強烈な負のオーラをもっているというのが、夜叉のような女のイメージです。

やせ形で目が吊り上がっている

夜叉のような女の、外見上のイメージを紹介しておきましょう。

それは、ひとことで言うと「鬼女」のイメージです。

健康的で太っている鬼女というのはいません。

まず、やせ形で、顔も細面、顎がとがっていて、口は大きく、頬がこけているのが、夜叉のような女のイメージと言っていいでしょう。

不健康なイメージですから、顔色は悪く、青白い顔をしています。

大きなポイントは、目。

目が吊り上がっているのが夜叉のような女のイメージです。

ふだんは目が細く、うすきみ悪いようなイヤな目つきをしています。

ところが、強い怒りを感じると大きく目を見開き、瞳をらんらんと輝かせます。

つまり、強いジェラシーを感じるなど、負の感情を強く抱くと、獲物を狙うヒョウのような目になるのが、夜叉のような女の顔のイメージということになるでしょう。

DVをふるう

夜叉のような女は、言葉で人を激しく責めたり、感情を爆発させることで、相手を精神的に追い込むものですが、同時に、実際に肉体的な攻撃を相手に加えるというイメージもあるでしょう。

たとえば、夫の浮気が発覚したとしましょう。

そういう場合は、先ほどお話しした通り、激しく夫と相手の女性を責めますが、その際、夫に肉体的な暴力を加えることが少なくありません。

つまり、怒りの対象にDVを加えるのが、夜叉のような女のイメージなのです。

夜叉のような女の恐ろしいイメージを6種類見てきました。

夜叉のような女とはどういう人のことを言うのかを知るための参考になさってください。

もしかすると、あなたの近くにもそういう女性がいるかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-