【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171216133659.html
猫をかぶる女性に共通する特徴

猫をかぶる女性に共通する特徴 | LADYCO

LADYCO
猫をかぶる女性に共通する特徴

猫をかぶっている女性の行動には、どんな目的があるのでしょう?猫をかぶる女性の性格や特徴とあわせてご紹介します。

  • 猫をかぶる女性の目的とは
  • 出会い初期は無垢な女を演出する
  • 聞き上手を装う
  • とにかく褒める
  • 大げさなリアクションをとる
  • 知っていても知らないふりをする
  • 好きな人と嫌いな人とで態度が豹変する
  • 猫をかぶる行動がエスカレートすると
  • 多くの女性は猫をかぶることがある
  • まとめ

1. 猫をかぶる女性の目的とは

猫をかぶる女性の目的とは

猫をかぶるとは、本当の性格や考えを隠してふるまう様子を言います。

猫をかぶる目的は、ほとんどが相手に好かれようとすることにあります。

好意の裏返しとはいえ、相手に猫をかぶっていることが判明すると、逆に嫌われてしまうこともあり、ちょっとしたリスクをともなう行動です。

しかし「猫かぶり女子」が絶滅しないのは、単純にそのふるまいが男性に好かれる確率が高いからです。

そして正体が判明しないようにすることが、猫をかぶる行動の最も注意すべきポイントと言えます。

2. 出会い初期は無垢な女を演出する

出会い初期は無垢な女を演出する

猫をかぶる目的は、相手に好かれることにありますが、相手の好みがわからない時点では、相手に好かれる特別な行動をとることが出来ません。

そのため、出会い初期は無垢な女の猫をかぶっている場合があります。

自らの考えや本音をあえて語らず、問いかけには「わからない」とやんわり答え、下ネタや下世話な話題にはあえて反応しません。

初期に無色透明な印象しておけば、相手の好みを知った後に、好みの猫をかぶることができ、不自然なふるまいではなくなるからです。

3. 聞き上手を装う

聞き上手を装う

猫かぶり女子は、相手の話を聞くのが上手です。

さりげなく質問を投げかけて、相手の性格や好み、背景などを聞き出し、少しずつ猫をかぶる準備を進めていきます。

こうした行動に、男性側は興味をもってもらえていると思い、また本音や本性を表に出さない聞き上手な女性に対して、慎ましくおとなしい好印象をもつことも多いです。

4. とにかく褒める

とにかく褒める

猫かぶり女子はとにかく相手に好かれたいため、相手を褒めます。

褒めたがられたい男性や褒められるのに慣れていない男性は、この猫かぶり女子の目的が見抜けず、有頂天になり、好意を感じるきっかけになります。

しかし、相手がモテる男性の場合、こういったアプローチに慣れているため、過度に褒められると女性の猫かぶりや目的に気づいてしまいます。

そのため、猫かぶり女子は、男性の褒められ慣れ度に応じて、頻度やポイントを加減します。

5. 大げさなリアクションをとる

大げさなリアクションをとる

相手に好かれたい猫かぶり女性は、たとえ興味がない話題であっても、大げさなリアクションをして相手を喜ばせようとします。

女性側のリアクションが大きいと、男性は相手が話にのってきてくれていると思い、より深く掘り下げて話すことになり、親密になる第一歩であると知っているからです。

また反応がいい女性は元気で、イキイキとした、明るい表情になるため、男性側も好意を持ちやすいです。

6. 知っていても知らないふりをする

知っていても知らないふりをする

猫かぶり女性は、知っていても知らないふりをすることが多いです。

一般的に男性は、利発な女性を好まない傾向が強く、やや天然系の言動をする女性の方が好まれることを、猫かぶり女子は知っているからです。

そのため何でも知っている、賢い女性より、少しおバカな女性をあえて演出することがあります。

その方が好かれるためには都合がよく、知っていてもあえて知らないと言うことがあります。

7. 好きな人と嫌いな人とで態度が豹変する

好きな人と嫌いな人とで態度が豹変する

猫をかぶる女性の特徴として、好きな人の前と嫌いな人の前では態度が極端に違うことが挙げられます。

好意をもっている相手の前では、声が高くなったり、甘え声になり、嫌いな人の前では冷たく沈んだトーンになったりします。

態度が豹変するため、そのギャップは同性から見ても驚きで、あまりの打算的な様子に、同性から嫌われてしまうことも多いです。

8. 猫をかぶる行動がエスカレートすると

猫をかぶる行動がエスカレートすると

猫をかぶることにより、数々の目的を達成した女性は、より上手に高度に、猫をかぶる行動に出ます。

女子力をアピールし、守ってあげたくなるような可愛い女を演出し始めます。

荷物が持てない、長く歩けないと甘えてみせたり、酔ったふりをして無防備な姿を装ったり、上目遣いやボディタッチ等も行います。

こうした行為を猫かぶりと見抜くかどうかは男性のスキル次第で、騙されてしまう人もいれば、あっさり見抜かれてしまうこともあります。

女性側はリスク覚悟で、仕掛けている状態と言えます。

9. 多くの女性は猫をかぶることがある

多くの女性は猫をかぶることがある

猫をかぶる行動は、相手に好かれようとする気持ちの裏返しであり、かなり多くの女性が、無意識の内に行っていると言えます。

電話や呼び鈴に応対する際に、声のトーンが高くなったりするのも、猫かぶりの一例と言えます。

長年の猫かぶり行動が高じて、猫かぶりが板についてしまい、性格や声音まで変わってしまう女性もいるほどです。

まとめ

猫をかぶる女性は、人間関係も良好で、外面がよく、甘え上手で、女らしい印象を抱きます。

しかし、それが自己演出であることが判明すると、評価が一機に逆転する可能性があります。

相手に好かれたいという行動とはいえ、本性が見えるとデメリットになる上、一度かぶった猫は、ある程度かぶり通す覚悟が必要です。

猫かぶりは、男性にモテるテクニックとして、適度にほんの少し取り入れるくらいがいいのかもしれませんね。

猫をかぶっている女性の行動には、どんな目的があるのでしょう?猫をかぶる女性の性格や特徴とあわせてご紹介します。


猫をかぶる女性の目的とは

猫をかぶるとは、本当の性格や考えを隠してふるまう様子を言います。

猫をかぶる目的は、ほとんどが相手に好かれようとすることにあります。

好意の裏返しとはいえ、相手に猫をかぶっていることが判明すると、逆に嫌われてしまうこともあり、ちょっとしたリスクをともなう行動です。

しかし「猫かぶり女子」が絶滅しないのは、単純にそのふるまいが男性に好かれる確率が高いからです。

そして正体が判明しないようにすることが、猫をかぶる行動の最も注意すべきポイントと言えます。

出会い初期は無垢な女を演出する

猫をかぶる目的は、相手に好かれることにありますが、相手の好みがわからない時点では、相手に好かれる特別な行動をとることが出来ません。

そのため、出会い初期は無垢な女の猫をかぶっている場合があります。

自らの考えや本音をあえて語らず、問いかけには「わからない」とやんわり答え、下ネタや下世話な話題にはあえて反応しません。

初期に無色透明な印象しておけば、相手の好みを知った後に、好みの猫をかぶることができ、不自然なふるまいではなくなるからです。

聞き上手を装う

猫かぶり女子は、相手の話を聞くのが上手です。

さりげなく質問を投げかけて、相手の性格や好み、背景などを聞き出し、少しずつ猫をかぶる準備を進めていきます。

こうした行動に、男性側は興味をもってもらえていると思い、また本音や本性を表に出さない聞き上手な女性に対して、慎ましくおとなしい好印象をもつことも多いです。

とにかく褒める

猫かぶり女子はとにかく相手に好かれたいため、相手を褒めます。

褒めたがられたい男性や褒められるのに慣れていない男性は、この猫かぶり女子の目的が見抜けず、有頂天になり、好意を感じるきっかけになります。

しかし、相手がモテる男性の場合、こういったアプローチに慣れているため、過度に褒められると女性の猫かぶりや目的に気づいてしまいます。

そのため、猫かぶり女子は、男性の褒められ慣れ度に応じて、頻度やポイントを加減します。

大げさなリアクションをとる

相手に好かれたい猫かぶり女性は、たとえ興味がない話題であっても、大げさなリアクションをして相手を喜ばせようとします。

女性側のリアクションが大きいと、男性は相手が話にのってきてくれていると思い、より深く掘り下げて話すことになり、親密になる第一歩であると知っているからです。

また反応がいい女性は元気で、イキイキとした、明るい表情になるため、男性側も好意を持ちやすいです。

知っていても知らないふりをする

猫かぶり女性は、知っていても知らないふりをすることが多いです。

一般的に男性は、利発な女性を好まない傾向が強く、やや天然系の言動をする女性の方が好まれることを、猫かぶり女子は知っているからです。

そのため何でも知っている、賢い女性より、少しおバカな女性をあえて演出することがあります。

その方が好かれるためには都合がよく、知っていてもあえて知らないと言うことがあります。

好きな人と嫌いな人とで態度が豹変する

猫をかぶる女性の特徴として、好きな人の前と嫌いな人の前では態度が極端に違うことが挙げられます。

好意をもっている相手の前では、声が高くなったり、甘え声になり、嫌いな人の前では冷たく沈んだトーンになったりします。

態度が豹変するため、そのギャップは同性から見ても驚きで、あまりの打算的な様子に、同性から嫌われてしまうことも多いです。

猫をかぶる行動がエスカレートすると

猫をかぶることにより、数々の目的を達成した女性は、より上手に高度に、猫をかぶる行動に出ます。

女子力をアピールし、守ってあげたくなるような可愛い女を演出し始めます。

荷物が持てない、長く歩けないと甘えてみせたり、酔ったふりをして無防備な姿を装ったり、上目遣いやボディタッチ等も行います。

こうした行為を猫かぶりと見抜くかどうかは男性のスキル次第で、騙されてしまう人もいれば、あっさり見抜かれてしまうこともあります。

女性側はリスク覚悟で、仕掛けている状態と言えます。

多くの女性は猫をかぶることがある

猫をかぶる行動は、相手に好かれようとする気持ちの裏返しであり、かなり多くの女性が、無意識の内に行っていると言えます。

電話や呼び鈴に応対する際に、声のトーンが高くなったりするのも、猫かぶりの一例と言えます。

長年の猫かぶり行動が高じて、猫かぶりが板についてしまい、性格や声音まで変わってしまう女性もいるほどです。

猫をかぶる女性は、人間関係も良好で、外面がよく、甘え上手で、女らしい印象を抱きます。

しかし、それが自己演出であることが判明すると、評価が一機に逆転する可能性があります。

相手に好かれたいという行動とはいえ、本性が見えるとデメリットになる上、一度かぶった猫は、ある程度かぶり通す覚悟が必要です。

猫かぶりは、男性にモテるテクニックとして、適度にほんの少し取り入れるくらいがいいのかもしれませんね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-