【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171216133430.html
思い込みが激しい女性の特徴

思い込みが激しい女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
思い込みが激しい女性の特徴

あまり良い意味で使われることがないのが、思い込みが激しいという言葉です。

思い込みが激しい女性は嫌われてしまう可能性が高いために注意したいものですが、そのような女性はなぜ、そしてどんな特徴があるゆえにそうなるのでしょうか。

次の8つの点を考慮してみましょう。

  • かなりどや顔になる
  • 物の見方が狭い
  • 人の意見を聞かない
  • 良くも悪くもいろいろなことに関心がある
  • 自分の都合のように解釈する
  • 感情が豊かで怒りやすい
  • 同調してくれる仲間を欲しがる
  • 自分でルールのようなものを作ってしまう
  • まとめ

1. かなりどや顔になる

かなりどや顔になる

思い込みが激しい女性というのはこれしかない、絶対にこうだという気持ちが強くどや顔になることは少なくありません。

周囲の人たちはそうではないのではないかと思っても、その女性にはこれ以外にあり得ないという気持ちがあり、自信もあります。

ですからどや顔になるのであり、決まりきっているということを言うことでしょう。

そのような女性は間違って失敗し大恥をかいてしまうことも時々あるに違いありません。

2. 物の見方が狭い

物の見方が狭い

物の見方というのはワイドな方がよりよく物事を見れることが多いのですが、1点だけを見て考えてしまう、つまり物事の全体を見ようという習慣がほとんどないためにバランスを欠いてしまうことがあります。

思い込みが激しい女性というのは、近視眼的であり広く物事を考える思考に欠けている部分があり、いろいろな可能性を考えるようなところが少ないのです。

3. 人の意見を聞かない

人の意見を聞かない

人の意見をあまり聞くことのない人は思い込みが激しいです。

つまり人の意見というのは車の運転でいえばブレーキをかけるようなものであり、突っ走ってしまいそうになるところを友人の客観的な見方を聞いて修正したりできるようになるものですが、その人の意見を聞かない女性というのは、常に自分の考えで突っ走ってしまっているのであり、思い込みは激しいです。

忠告や助言に一切耳を傾けない女性は難しく、周囲の人たちも扱いにくいと感じることでしょう。

4. 良くも悪くもいろいろなことに関心がある

良くも悪くもいろいろなことに関心がある

誰かがこんな風に考えているとか、こんな悪巧みをしているに違いない、そんなことをよく言う女性というのは思い込みが激しいのですが、良くも悪くも人のすることに関心を持っている証拠であり、おせっかい好きでもあるかもしれません。

思い込みで言うのは良くありませんが、人のすることが気になって仕方がなく、いつもいろいろと人間観察をしていることでしょう。

5. 自分の都合のように解釈する

自分の都合のように解釈する

思い込みが激しい女性というのは自分の都合のように解釈することは少なくありません。

明らかにあり得ないようなこともきっとそうだと思い込みルンルンの気分になるかなりポジティブシンキングな女性です。

ある意味幸せであり、どうしてそんな風に思い込むことができるのか不思議になることでしょう。

ある意味その女性のワールドであり、誰もその思考の中に入ることはできません。

6. 感情が豊かで怒りやすい

感情が豊かで怒りやすい

思い込みが激しい女性は冷めているところがなく、熱い思いがあります。

ですからある時には怒りだしたり感情的にもなりやすいのであり、特にそれは自分の思い込みを誰かに否定された時であり、かなり凄い表情で怒りを露わにすることでしょう。

感情は豊かですが、どちらかというとその感情をコントロールができないのであり、自分を否定されることの恥ずかしさを味わいたくない気持ちがあるために正しさを主張しようとすることでしょう。

いずれにしても思い込みの激しい女性は感情が豊かで怒りやすいのです。

7. 同調してくれる仲間を欲しがる

同調してくれる仲間を欲しがる

思い込みが激しい女性は自分の考えに賛成してくれる、あるいはそれをその通りだと言われるととても嬉しくなりますし、そのような友達を欲するようになります。

逆に同調してくれない人には嫌うところがあり、嫌味を言ったり避けたりするような行動をするかもしれません。

自分の考えに同調してくれるいわば仲間のような人たちができると、いつもその人とつるんで一緒に行動するようになり、ちょっと異質の雰囲気の女性のグループのようになることがあります。

8. 自分でルールのようなものを作ってしまう

自分でルールのようなものを作ってしまう

思い込みが激しい女性は自分自身でルールのようなものを作ってしまうことがあります。

他人批判が多く自分のルールに当てはまっていないと文句を言うようになります。

人に厳しくなる傾向が強く、偏見や差別を作りやすくしてしまうことでしょう。

そして1つの点だけを見てその人全体を判断し否定するようなことを言ってしまうこともあります。

義に過ぎてしまうのであり、それはやがて自分もそうしなければならないという苦しい状況を作ることになります。

まとめ

思い込みが激しい女性は感情的になりやすく、物事やその人の全体が見えていません。

平衡やバランスの取れた考え方ができなくなってしまうと扱いにくい人と思われてしまいます。

自分はそうはならないと誰もが思うかもしれませんが、実は誰もがそうなるかもしれない危険をはらんでいますので、客観的に自分を見ることができるように、他の人の意見を積極的に聞く習慣を持つようにしたいものです。

あまり良い意味で使われることがないのが、思い込みが激しいという言葉です。

思い込みが激しい女性は嫌われてしまう可能性が高いために注意したいものですが、そのような女性はなぜ、そしてどんな特徴があるゆえにそうなるのでしょうか。

次の8つの点を考慮してみましょう。


かなりどや顔になる

思い込みが激しい女性というのはこれしかない、絶対にこうだという気持ちが強くどや顔になることは少なくありません。

周囲の人たちはそうではないのではないかと思っても、その女性にはこれ以外にあり得ないという気持ちがあり、自信もあります。

ですからどや顔になるのであり、決まりきっているということを言うことでしょう。

そのような女性は間違って失敗し大恥をかいてしまうことも時々あるに違いありません。

物の見方が狭い

物の見方というのはワイドな方がよりよく物事を見れることが多いのですが、1点だけを見て考えてしまう、つまり物事の全体を見ようという習慣がほとんどないためにバランスを欠いてしまうことがあります。

思い込みが激しい女性というのは、近視眼的であり広く物事を考える思考に欠けている部分があり、いろいろな可能性を考えるようなところが少ないのです。

人の意見を聞かない

人の意見をあまり聞くことのない人は思い込みが激しいです。

つまり人の意見というのは車の運転でいえばブレーキをかけるようなものであり、突っ走ってしまいそうになるところを友人の客観的な見方を聞いて修正したりできるようになるものですが、その人の意見を聞かない女性というのは、常に自分の考えで突っ走ってしまっているのであり、思い込みは激しいです。

忠告や助言に一切耳を傾けない女性は難しく、周囲の人たちも扱いにくいと感じることでしょう。

良くも悪くもいろいろなことに関心がある

誰かがこんな風に考えているとか、こんな悪巧みをしているに違いない、そんなことをよく言う女性というのは思い込みが激しいのですが、良くも悪くも人のすることに関心を持っている証拠であり、おせっかい好きでもあるかもしれません。

思い込みで言うのは良くありませんが、人のすることが気になって仕方がなく、いつもいろいろと人間観察をしていることでしょう。

自分の都合のように解釈する

思い込みが激しい女性というのは自分の都合のように解釈することは少なくありません。

明らかにあり得ないようなこともきっとそうだと思い込みルンルンの気分になるかなりポジティブシンキングな女性です。

ある意味幸せであり、どうしてそんな風に思い込むことができるのか不思議になることでしょう。

ある意味その女性のワールドであり、誰もその思考の中に入ることはできません。

感情が豊かで怒りやすい

思い込みが激しい女性は冷めているところがなく、熱い思いがあります。

ですからある時には怒りだしたり感情的にもなりやすいのであり、特にそれは自分の思い込みを誰かに否定された時であり、かなり凄い表情で怒りを露わにすることでしょう。

感情は豊かですが、どちらかというとその感情をコントロールができないのであり、自分を否定されることの恥ずかしさを味わいたくない気持ちがあるために正しさを主張しようとすることでしょう。

いずれにしても思い込みの激しい女性は感情が豊かで怒りやすいのです。

同調してくれる仲間を欲しがる

思い込みが激しい女性は自分の考えに賛成してくれる、あるいはそれをその通りだと言われるととても嬉しくなりますし、そのような友達を欲するようになります。

逆に同調してくれない人には嫌うところがあり、嫌味を言ったり避けたりするような行動をするかもしれません。

自分の考えに同調してくれるいわば仲間のような人たちができると、いつもその人とつるんで一緒に行動するようになり、ちょっと異質の雰囲気の女性のグループのようになることがあります。

自分でルールのようなものを作ってしまう

思い込みが激しい女性は自分自身でルールのようなものを作ってしまうことがあります。

他人批判が多く自分のルールに当てはまっていないと文句を言うようになります。

人に厳しくなる傾向が強く、偏見や差別を作りやすくしてしまうことでしょう。

そして1つの点だけを見てその人全体を判断し否定するようなことを言ってしまうこともあります。

義に過ぎてしまうのであり、それはやがて自分もそうしなければならないという苦しい状況を作ることになります。

思い込みが激しい女性は感情的になりやすく、物事やその人の全体が見えていません。

平衡やバランスの取れた考え方ができなくなってしまうと扱いにくい人と思われてしまいます。

自分はそうはならないと誰もが思うかもしれませんが、実は誰もがそうなるかもしれない危険をはらんでいますので、客観的に自分を見ることができるように、他の人の意見を積極的に聞く習慣を持つようにしたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-