【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171209172338.html
厳しすぎる嫁の特徴

厳しすぎる嫁の特徴 | LADYCO

LADYCO
厳しすぎる嫁の特徴

昔はかかあ天下、今は鬼嫁とも呼ばれることの多い旦那に厳しすぎる奥さんのいる家庭は最近増えて来ています。

旦那が駄目過ぎるのか妻が恐過ぎるのか、厳しすぎる嫁によくある特徴を見ておきましょう。

  • 小遣いを少なく渡す
  • 家事を無理やりさせる
  • なんでも自分が決める
  • 自分だけ贅沢している
  • 旦那のへそくりを勝手に使う
  • 携帯を勝手に見る
  • 出来ないことをお願いする時は優しい
  • 離婚する気はない
  • まとめ

1. 小遣いを少なく渡す

小遣いを少なく渡す

結婚すれば多くの家庭では旦那さんが奥さんからお小遣いという形で渡されているはずですが、嫁が厳しい家庭の場合は貰えるお小遣いが極端に少なかったりすることも少なくありません。

その金額で一ヶ月やりくりしろと言われても難しいような額しか渡さないので結局旦那さんは食費を節約しなくてはならなくなってしまうのです。

お弁当を作ってくれる奥さんばかりではありませんし、お昼ご飯は自分でどうにかしているという旦那さんは大変です。

2. 家事を無理やりさせる

家事を無理やりさせる

やっぱり家事を手伝ってくれる旦那さんは魅力的ですが、妻が厳しくなってしまうのには旦那側にも問題があるからだったりもします。

率先して家事をしてくれる旦那さんは良いですが、厳しい妻を持つ旦那は率先して家事をしないことが殆どです。

その為「なんで私ばかりこんなに働かないといけないの?」という気持ちで無理やり家事を手伝わせたりします。

兼業主婦でもこのような人がいますが、家事が仕事であるはずの専業主婦でも鬼嫁タイプの人て手伝わせます。

3. なんでも自分が決める

なんでも自分が決める

主導権を持っている厳し過ぎる嫁は決め事がある時になんでも自分で勝手に決めてしまいます。

家族旅行に行こうと計画している時も、自分が行きたいと思った所だったり一番安上がりで住むプランに家族が反対しても決め手しまいます。

勿論マイホームなどの高額な買い物をする時も最終的には自分の意見で購入してしまう傾向があります。

旦那の意見を尊重するのが許せないのです。

4. 自分だけ贅沢している

自分だけ贅沢している

旦那には少ない小遣いしか渡してあげない厳しい妻ですが、そんな自分はちゃっかり贅沢をしていることがよくあります。

旦那はお昼にコンビニのおにぎりくらいしか食べていないのに、嫁はいい感じのお店でランチを楽しんでいたりします。

外食の頻度は旦那よりも嫁の方が高く、自分は贅沢をしていることに気付いていません。

食べ物だけではなく旦那の小遣いを大幅に減らすことで化粧品など自分の好きな物にお金を掛けています。

自分の好きなことを楽しむ為にお金を掛けたいと思っているのでへそくりを貯めている人も多いです。

5. 旦那のへそくりを勝手に使う

旦那のへそくりを勝手に使う

まともな奥さんならば絶対にしないことですが、厳しい嫁の場合は旦那のへそくりを見つけると勝手に使ってしまったりすることがあります。

それが例え旦那が一生懸命稼いで貯めたへそくりだったとしても、家にあるお金は夫婦のお金だから自分が使っても良いと思っているのが恐妻です。

嫁としてはお金を隠していることが気に食わないようですが、このような人に限って自分でもへそくりを貯めていることがあります。

6. 携帯を勝手に見る

携帯を勝手に見る

携帯電話が普及して以降、いつの時代も恋人がパートナーの携帯を勝手に見るということは問題になっていますが、結婚していてもそのような問題は度々起きています。

厳しい嫁の場合は高い確立で旦那のスマホをこっそり見ています。

勿論チェックする理由は怪しい女との交流がないかどうかを確認する為です。

例えパスワードが掛かっていて見れなかったとしても、パスワードを解読してチェックしたり、勝手に見ているのに「パスワードを掛けるなんてやましいことがあるからだ」と旦那を問い詰めたりします。

ちょっとでも怪しいなと思うやり取りがあった場合は物凄く怒ります。

7. 出来ないことをお願いする時は優しい

出来ないことをお願いする時は優しい

厳しい嫁だからと言っていつもカリカリしているわけではなく、時には優しくなることもあります。

それは自分が出来ないことをお願いする時です。

ゴキブリが現れた時はさすがの恐い嫁も女になり悲鳴を上げます。

そんな時に頼りになるのは旦那しかいません。

退治して貰う為に優しく振る舞い退治して貰った後の態度も優しいです。

その代わり家事のような自分も出来ることをお願いする時は命令口調です。

8. 離婚する気はない

離婚する気はない

普段から旦那に厳しく文句ばかり言っていると旦那のことを嫌っているのではないかと思われがちですが、厳しい嫁は離婚する気は全くありません。

厳しいことをいつも言ってしまいますが、旦那のことは好きなのです。

好きだからこそもっと良い旦那になって欲しいと思っています。

しかし好きではあるけど離婚してしまうと色々頼める人がいなくなってしまうので離婚をする気がないという考えもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

旦那さんに対して厳し過ぎる嫁によくありがちな特徴を紹介させて頂きました。

旦那さんにとっては複雑でしょうが、厳しく色々されたりするのも妻が信用している証拠なのかも知れません。

あまりにも厳しくし過ぎてしまうと旦那さんの方から離婚話を持ち出されてしまう可能性もあるので程ほどに厳しくするようにしましょう。

昔はかかあ天下、今は鬼嫁とも呼ばれることの多い旦那に厳しすぎる奥さんのいる家庭は最近増えて来ています。

旦那が駄目過ぎるのか妻が恐過ぎるのか、厳しすぎる嫁によくある特徴を見ておきましょう。


小遣いを少なく渡す

結婚すれば多くの家庭では旦那さんが奥さんからお小遣いという形で渡されているはずですが、嫁が厳しい家庭の場合は貰えるお小遣いが極端に少なかったりすることも少なくありません。

その金額で一ヶ月やりくりしろと言われても難しいような額しか渡さないので結局旦那さんは食費を節約しなくてはならなくなってしまうのです。

お弁当を作ってくれる奥さんばかりではありませんし、お昼ご飯は自分でどうにかしているという旦那さんは大変です。

家事を無理やりさせる

やっぱり家事を手伝ってくれる旦那さんは魅力的ですが、妻が厳しくなってしまうのには旦那側にも問題があるからだったりもします。

率先して家事をしてくれる旦那さんは良いですが、厳しい妻を持つ旦那は率先して家事をしないことが殆どです。

その為「なんで私ばかりこんなに働かないといけないの?」という気持ちで無理やり家事を手伝わせたりします。

兼業主婦でもこのような人がいますが、家事が仕事であるはずの専業主婦でも鬼嫁タイプの人て手伝わせます。

なんでも自分が決める

主導権を持っている厳し過ぎる嫁は決め事がある時になんでも自分で勝手に決めてしまいます。

家族旅行に行こうと計画している時も、自分が行きたいと思った所だったり一番安上がりで住むプランに家族が反対しても決め手しまいます。

勿論マイホームなどの高額な買い物をする時も最終的には自分の意見で購入してしまう傾向があります。

旦那の意見を尊重するのが許せないのです。

自分だけ贅沢している

旦那には少ない小遣いしか渡してあげない厳しい妻ですが、そんな自分はちゃっかり贅沢をしていることがよくあります。

旦那はお昼にコンビニのおにぎりくらいしか食べていないのに、嫁はいい感じのお店でランチを楽しんでいたりします。

外食の頻度は旦那よりも嫁の方が高く、自分は贅沢をしていることに気付いていません。

食べ物だけではなく旦那の小遣いを大幅に減らすことで化粧品など自分の好きな物にお金を掛けています。

自分の好きなことを楽しむ為にお金を掛けたいと思っているのでへそくりを貯めている人も多いです。

旦那のへそくりを勝手に使う

まともな奥さんならば絶対にしないことですが、厳しい嫁の場合は旦那のへそくりを見つけると勝手に使ってしまったりすることがあります。

それが例え旦那が一生懸命稼いで貯めたへそくりだったとしても、家にあるお金は夫婦のお金だから自分が使っても良いと思っているのが恐妻です。

嫁としてはお金を隠していることが気に食わないようですが、このような人に限って自分でもへそくりを貯めていることがあります。

携帯を勝手に見る

携帯電話が普及して以降、いつの時代も恋人がパートナーの携帯を勝手に見るということは問題になっていますが、結婚していてもそのような問題は度々起きています。

厳しい嫁の場合は高い確立で旦那のスマホをこっそり見ています。

勿論チェックする理由は怪しい女との交流がないかどうかを確認する為です。

例えパスワードが掛かっていて見れなかったとしても、パスワードを解読してチェックしたり、勝手に見ているのに「パスワードを掛けるなんてやましいことがあるからだ」と旦那を問い詰めたりします。

ちょっとでも怪しいなと思うやり取りがあった場合は物凄く怒ります。

出来ないことをお願いする時は優しい

厳しい嫁だからと言っていつもカリカリしているわけではなく、時には優しくなることもあります。

それは自分が出来ないことをお願いする時です。

ゴキブリが現れた時はさすがの恐い嫁も女になり悲鳴を上げます。

そんな時に頼りになるのは旦那しかいません。

退治して貰う為に優しく振る舞い退治して貰った後の態度も優しいです。

その代わり家事のような自分も出来ることをお願いする時は命令口調です。

離婚する気はない

普段から旦那に厳しく文句ばかり言っていると旦那のことを嫌っているのではないかと思われがちですが、厳しい嫁は離婚する気は全くありません。

厳しいことをいつも言ってしまいますが、旦那のことは好きなのです。

好きだからこそもっと良い旦那になって欲しいと思っています。

しかし好きではあるけど離婚してしまうと色々頼める人がいなくなってしまうので離婚をする気がないという考えもあります。

いかがでしたでしょうか。

旦那さんに対して厳し過ぎる嫁によくありがちな特徴を紹介させて頂きました。

旦那さんにとっては複雑でしょうが、厳しく色々されたりするのも妻が信用している証拠なのかも知れません。

あまりにも厳しくし過ぎてしまうと旦那さんの方から離婚話を持ち出されてしまう可能性もあるので程ほどに厳しくするようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-