【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171209140044.html
結婚後に鬼嫁化する女性の特徴

結婚後に鬼嫁化する女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
結婚後に鬼嫁化する女性の特徴

「うちの嫁さんは鬼嫁」という場合、「まさか鬼嫁になるなんて、結婚前には想像もしなかった」というケースがほとんどに違いありません。

結婚後に鬼嫁化する女性にはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

  • 感情の起伏が激しい
  • 彼氏の行動を知りたがる
  • 嫉妬深い
  • 家事スキルが高く、料理上手
  • すべてに細かい
  • 彼氏の健康に気をつかう
  • まとめ

1. 感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しい

鬼嫁化する女性には、喜怒哀楽の感情表現が激しいという特徴があります。

交際中、彼女がすなおに感情表現してくれるのは、うれしいことに違いありません。

たとえば、何かプレゼントをあげると飛び上がって喜んだり、ちょっと優しくしただけで感激してくれれば、つきあっていて張り合いがあるものです。

また、悲しい時などに涙を見せる彼女も、男性にとってはかわいくてたまらないものでしょう。

しかし、そのように感情の起伏が激しい女性は、違う見方をすれば、感情のコントロールができないということになります。

鬼嫁の特徴の一つに「ヒステリックになりやすい」ということがありますが、感情のコントロールのできない女性は、ちょっとしたことですぐヒステリックになってしまうのです。

泣いたり笑ったりすねたりといった感情の移り変わりが激しい女性は、鬼嫁になりやすいと考えていいでしょう。

2. 彼氏の行動を知りたがる

彼氏の行動を知りたがる

鬼嫁は夫の行動を管理しないではいられません。

いつどこで誰と何をしているということを、こと細かにチェックし、コントロールしようとするのです。

ですから、交際中、彼氏の行動を知りたがる女性、そのことによって彼氏を束縛しようとする女性は、結婚後に鬼嫁化しやすいと考えていいでしょう。

一人で過ごす休日などがあると、「どこへ行ったの? 何をしてたの? 誰といっしょだったの?」と質問してきます。

彼氏が仕事のある日でも、「仕事が終わった後、まっすぐ家に帰ったのか、寄り道をしたのか、同僚たちと一杯やったのか」など、彼氏の行動を知りたがるのです。

こういう女性は、結婚後も夫の行動を管理し、夫が少しでも自分の意にそわない行動をすると、厳しく責める鬼嫁になりやすいということができるでしょう。

3. 嫉妬深い

嫉妬深い

やきもちやきというのも、鬼嫁化しやすい女性の特徴でしょう。

交際中、彼女にやきもちを焼かれると、男性の多くは「それだけ自分のことを愛しているんだ」と、うれしく感じるに違いありません。

確かに、女性のやきもちはかわいく感じられるものです。

しかし、「彼女はかなりのやきもちやきだな」と感じるようなら要注意。

そういう女性は支配欲、独占欲が強いため、ちょっとしたことで夫の不倫を疑い、夫を厳しく追及します。

実際に不倫をしている場合は、相手の女性のところに乗り込んでいくということをしかねません。

4. 家事スキルが高く、料理上手

家事スキルが高く、料理上手

「料理上手な女性は鬼嫁化しやすい」というのは、かなり意外に感じられるかもしれません。

交際している彼女が料理上手というのは、男性にとってうれしいことでしかないでしょう。

もちろん、料理上手の女性のすべてが鬼嫁になるわけではありませんが、結婚後に鬼嫁化する女性には、家事スキルが高いという傾向があるのです。

それは、家事スキルが高く、料理上手の女性は、「自分は嫁として、やるべきことをちゃんとやっている」という自負心を持つようになるためです。

「自分は料理も上手だし、ほかの家事も人並み以上にきちんとこなしている。

だから、夫も人並み以上に仕事して、人並み以上に稼いでくるべきだ」
というのが、このタイプの女性の心理と言っていいでしょう。

5. すべてに細かい

すべてに細かい

大らかな女性は鬼嫁にはなりません。

細かい性格で、小さなことにこだわる女性が、鬼嫁化しやすいのです。

たとえば、神経質で潔癖症の女性と結婚したとしましょう。

そうすると、ふろの入り方やトイレの使いかた、洗面所の使い方など、日常生活の細かいところを気にしますから、「あれはダメ、これはダメ」という細かいルールを作るのです。

そして、夫が少しでもルール違反をすると、猛抗議してきます。

また、お金に細かい女性は、結婚後はサイフのひもをしっかり握り、夫には最低限の小遣いしか与えません。

節約家というのは、嫁としてけっこうなことですが、あまりにお金に細かい女性は、「こんな額の小遣いでは、とてもやっていけない」というほどシビアな家計管理をするから要注意です。

6. 彼氏の健康に気をつかう

彼氏の健康に気をつかう

彼氏の健康に気をつかう女性が鬼嫁化しやすいというのも、意外に感じられるかもしれません。

交際中、彼女が彼氏の健康に気をつかい、「もっと野菜をたくさん食べなきゃダメ」というように言ったとしたら、多くの男性はそれだけ自分のことを心配してくれているんだとうれしく感じることでしょう。

たしかに、そういう女性と結婚すれば、健康管理をしっかりしてくれますから、男性にとって喜ばしいことではあります。

しかし、健康に気をつかう女性は、夫の生活習慣に対して、かなり厳しくダメ出しします。

夫の苦手な食品も「健康のため」と言って、無理に食べさせようとしますし、休日には運動不足解消のために、無理やり夫に運動させようとするのです。

仕事で疲れて、ゆっくり休みたい休日も、思うように休めなくなったのでは困ります。

愛情から彼氏の体を心配するというのは、男性にとってうれしいことですが、あまりに心配しすぎて、「あれもダメ、これもダメ」というようなら、鬼嫁化のリスクは小さくないと考えていいでしょう。

まとめ

結婚後に鬼嫁化する女性の特徴を6種類紹介しました。

交際中の彼女がいて、結婚を意識している男性は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

また、女性の方は、将来、鬼嫁にならないための参考になさってください。

「うちの嫁さんは鬼嫁」という場合、「まさか鬼嫁になるなんて、結婚前には想像もしなかった」というケースがほとんどに違いありません。

結婚後に鬼嫁化する女性にはどんな特徴があるのか見ていきましょう。


感情の起伏が激しい

鬼嫁化する女性には、喜怒哀楽の感情表現が激しいという特徴があります。

交際中、彼女がすなおに感情表現してくれるのは、うれしいことに違いありません。

たとえば、何かプレゼントをあげると飛び上がって喜んだり、ちょっと優しくしただけで感激してくれれば、つきあっていて張り合いがあるものです。

また、悲しい時などに涙を見せる彼女も、男性にとってはかわいくてたまらないものでしょう。

しかし、そのように感情の起伏が激しい女性は、違う見方をすれば、感情のコントロールができないということになります。

鬼嫁の特徴の一つに「ヒステリックになりやすい」ということがありますが、感情のコントロールのできない女性は、ちょっとしたことですぐヒステリックになってしまうのです。

泣いたり笑ったりすねたりといった感情の移り変わりが激しい女性は、鬼嫁になりやすいと考えていいでしょう。

彼氏の行動を知りたがる

鬼嫁は夫の行動を管理しないではいられません。

いつどこで誰と何をしているということを、こと細かにチェックし、コントロールしようとするのです。

ですから、交際中、彼氏の行動を知りたがる女性、そのことによって彼氏を束縛しようとする女性は、結婚後に鬼嫁化しやすいと考えていいでしょう。

一人で過ごす休日などがあると、「どこへ行ったの? 何をしてたの? 誰といっしょだったの?」と質問してきます。

彼氏が仕事のある日でも、「仕事が終わった後、まっすぐ家に帰ったのか、寄り道をしたのか、同僚たちと一杯やったのか」など、彼氏の行動を知りたがるのです。

こういう女性は、結婚後も夫の行動を管理し、夫が少しでも自分の意にそわない行動をすると、厳しく責める鬼嫁になりやすいということができるでしょう。

嫉妬深い

やきもちやきというのも、鬼嫁化しやすい女性の特徴でしょう。

交際中、彼女にやきもちを焼かれると、男性の多くは「それだけ自分のことを愛しているんだ」と、うれしく感じるに違いありません。

確かに、女性のやきもちはかわいく感じられるものです。

しかし、「彼女はかなりのやきもちやきだな」と感じるようなら要注意。

そういう女性は支配欲、独占欲が強いため、ちょっとしたことで夫の不倫を疑い、夫を厳しく追及します。

実際に不倫をしている場合は、相手の女性のところに乗り込んでいくということをしかねません。

家事スキルが高く、料理上手

「料理上手な女性は鬼嫁化しやすい」というのは、かなり意外に感じられるかもしれません。

交際している彼女が料理上手というのは、男性にとってうれしいことでしかないでしょう。

もちろん、料理上手の女性のすべてが鬼嫁になるわけではありませんが、結婚後に鬼嫁化する女性には、家事スキルが高いという傾向があるのです。

それは、家事スキルが高く、料理上手の女性は、「自分は嫁として、やるべきことをちゃんとやっている」という自負心を持つようになるためです。

「自分は料理も上手だし、ほかの家事も人並み以上にきちんとこなしている。

だから、夫も人並み以上に仕事して、人並み以上に稼いでくるべきだ」
というのが、このタイプの女性の心理と言っていいでしょう。

すべてに細かい

大らかな女性は鬼嫁にはなりません。

細かい性格で、小さなことにこだわる女性が、鬼嫁化しやすいのです。

たとえば、神経質で潔癖症の女性と結婚したとしましょう。

そうすると、ふろの入り方やトイレの使いかた、洗面所の使い方など、日常生活の細かいところを気にしますから、「あれはダメ、これはダメ」という細かいルールを作るのです。

そして、夫が少しでもルール違反をすると、猛抗議してきます。

また、お金に細かい女性は、結婚後はサイフのひもをしっかり握り、夫には最低限の小遣いしか与えません。

節約家というのは、嫁としてけっこうなことですが、あまりにお金に細かい女性は、「こんな額の小遣いでは、とてもやっていけない」というほどシビアな家計管理をするから要注意です。

彼氏の健康に気をつかう

彼氏の健康に気をつかう女性が鬼嫁化しやすいというのも、意外に感じられるかもしれません。

交際中、彼女が彼氏の健康に気をつかい、「もっと野菜をたくさん食べなきゃダメ」というように言ったとしたら、多くの男性はそれだけ自分のことを心配してくれているんだとうれしく感じることでしょう。

たしかに、そういう女性と結婚すれば、健康管理をしっかりしてくれますから、男性にとって喜ばしいことではあります。

しかし、健康に気をつかう女性は、夫の生活習慣に対して、かなり厳しくダメ出しします。

夫の苦手な食品も「健康のため」と言って、無理に食べさせようとしますし、休日には運動不足解消のために、無理やり夫に運動させようとするのです。

仕事で疲れて、ゆっくり休みたい休日も、思うように休めなくなったのでは困ります。

愛情から彼氏の体を心配するというのは、男性にとってうれしいことですが、あまりに心配しすぎて、「あれもダメ、これもダメ」というようなら、鬼嫁化のリスクは小さくないと考えていいでしょう。

結婚後に鬼嫁化する女性の特徴を6種類紹介しました。

交際中の彼女がいて、結婚を意識している男性は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

また、女性の方は、将来、鬼嫁にならないための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-