【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171205152541.html
サークルクラッシャーの怖い特徴

サークルクラッシャーの怖い特徴 | LADYCO

LADYCO
サークルクラッシャーの怖い特徴

サークルクラッシャーというのはサークルを乱して混乱させ、最終的には壊滅させるような影響を与える人のことであり、取り返しのつかないことになってしまう可能性があります。

そんな危険人物を見分けるためにも次の7つのサークルクラッシャーの特徴を調べてみましょう。

  • それを目的として入り込むところがある
  • 悪意ある噂を流す
  • リーダーを操ろうとする
  • 恋愛をサークル内でたくさんする
  • 良い動機でしているように見せかけて実は利己的である
  • 話術はかなりある
  • 裏切りは当たり前
  • まとめ

1. それを目的として入り込むところがある

それを目的として入り込むところがある

何らかのサークルや組織に忍び込むところがあります。

関心を持っているように装うのですが、実はそれは関心があるのではなく、そのサークルなり組織を掻きまわして潰したいという気持ちがあるのであり、意図的にサークルクラッシャーになっているのです。

非常に巧妙であり、周囲の人たちはそれに気がつかないのですが、次第にその人の影響力が増していくことになります。

2. 悪意ある噂を流す

悪意ある噂を流す

サークルクラッシャーの特徴は悪意のある噂を流すことなのですが、特にリーダーやそのサークルを取りまとめている人たちに関することであり、そのサークルに属する人たちに疑念を植え込もうとします。

それは悪質であり、しかも真実ではないことがほとんどですが、そのようにしてグループ内の信頼関係に亀裂を生じさせるようなことを平気でします。

騙されてしまう人たちはやがてサークルを脱退したり、そのサークルクラッシャーと仲良くなり一緒になって行動するようになることさえあります。

3. リーダーを操ろうとする

リーダーを操ろうとする

サークルのリーダーと仲良くなり、あれこれと自分がしたいように誘導したりして影響力をもとうとするところがあります。

リーダーもそれを気がつかずその誘いや提案に乗ってしまうと、次第にそのサークルは危険な方向を向くようになってしまうでしょう。

リーダーをその人が操るようになってしまうのであり、危険な犯罪にまで手を染めさせることさえ唆すかもしれません。

4. 恋愛をサークル内でたくさんする

恋愛をサークル内でたくさんする

男の中に女一人が入る紅一点という状況でその女性がサークルクラッシャーになることがあります。

女一人なのでちやほやされるし、かわいがられることを武器に、そのサークルの異性に色気を振りまき、その気があるかのような態度をするのです。

それに引っかかる男たちは多く、恋愛モードになるのですが、それを面白く思わない他の男性からの妬みや嫉妬という気持ちを生み、やがてはその女性がいることで人間歓迎が複雑で乱れたものとなってしまうことがあります。

その女性のそうした思わせぶりな態度をどの男性にもすることで、サークルクラッシャーなってしまうのです。

5. 良い動機でしているように見せかけて実は利己的である

良い動機でしているように見せかけて実は利己的である

サークルクラッシャーというのはサークルをもっともっとよくしたいという良い動機を持っているように見せかけることをします。

それは今のリーダーではとても無理であり、もし自分がリーダーだったらこうするというようなことをほのめかしたりします。

そうすることでサークルの中に別のサークルを作るようなことをして分裂をもたらすチャンスを伺うようになります。

自分がその新しい枠の中のリーダーになり、対立するように誘導していくのであり、とても怖い存在です。

そんなサークルクラッシャーは利己的であり、そのクラッシュするという目的を達成するために、その興奮やスリルを楽しむのです。

6. 話術はかなりある

話術はかなりある

サークルクラッシャーというのはある意味カリスマのように魅せるスキルがあり、話術はたけているところがあります。

話が旨いのでそれに魅了されてしまう人たちは少なくありません。

そして刺激的なことを言うので普段あまり聞く機会がないようなことを聞けるということでその人に引き寄せられていきます。

口が上手で相手の心を盗むかのようなスキルさえ持っているのがサークルクラッシャーであり、ある意味洗脳のようなことさえできる人たちがいます。

7. 裏切りは当たり前

裏切りは当たり前

人を使っていろいろなことをするのがサークルクラッシャーであり、自分の思い通りに動いてくれないと急に冷めて使い捨てのように扱うという特徴があります。

あくまで自分の都合の良い駒であり、それが駒として機能しなくなると相手にしたくなくなるのであり、あっという間にその人に冷めて関心を失います。

裏切ることも悪びれることなく、そしてほかしてしまうのです。

冷酷で人を物のようにしか見ていないのがサークルクラッシャーです。

まとめ

やっと良い感じになってきたというサークルでも、サークルクラッシャーに目をつけられてしまうと大変なことになります。

サークルで最も大切な調和や横のつながりがその人によってかき乱され崩壊してしまうかもしれません。

人当たりがよくまるで良いサポーターが入ってきたと喜ばせるような雰囲気を最初は持っているのですが、やがて本性を少しずつ出すのようになってきますので、そうした傾向を見分けることが大切です。

また男性ばかりのサークルに女一人が入りたがる場合にはその動機などに注意した方がよいかもしれません。

サークルクラッシャーというのはサークルを乱して混乱させ、最終的には壊滅させるような影響を与える人のことであり、取り返しのつかないことになってしまう可能性があります。

そんな危険人物を見分けるためにも次の7つのサークルクラッシャーの特徴を調べてみましょう。


それを目的として入り込むところがある

何らかのサークルや組織に忍び込むところがあります。

関心を持っているように装うのですが、実はそれは関心があるのではなく、そのサークルなり組織を掻きまわして潰したいという気持ちがあるのであり、意図的にサークルクラッシャーになっているのです。

非常に巧妙であり、周囲の人たちはそれに気がつかないのですが、次第にその人の影響力が増していくことになります。

悪意ある噂を流す

サークルクラッシャーの特徴は悪意のある噂を流すことなのですが、特にリーダーやそのサークルを取りまとめている人たちに関することであり、そのサークルに属する人たちに疑念を植え込もうとします。

それは悪質であり、しかも真実ではないことがほとんどですが、そのようにしてグループ内の信頼関係に亀裂を生じさせるようなことを平気でします。

騙されてしまう人たちはやがてサークルを脱退したり、そのサークルクラッシャーと仲良くなり一緒になって行動するようになることさえあります。

リーダーを操ろうとする

サークルのリーダーと仲良くなり、あれこれと自分がしたいように誘導したりして影響力をもとうとするところがあります。

リーダーもそれを気がつかずその誘いや提案に乗ってしまうと、次第にそのサークルは危険な方向を向くようになってしまうでしょう。

リーダーをその人が操るようになってしまうのであり、危険な犯罪にまで手を染めさせることさえ唆すかもしれません。

恋愛をサークル内でたくさんする

男の中に女一人が入る紅一点という状況でその女性がサークルクラッシャーになることがあります。

女一人なのでちやほやされるし、かわいがられることを武器に、そのサークルの異性に色気を振りまき、その気があるかのような態度をするのです。

それに引っかかる男たちは多く、恋愛モードになるのですが、それを面白く思わない他の男性からの妬みや嫉妬という気持ちを生み、やがてはその女性がいることで人間歓迎が複雑で乱れたものとなってしまうことがあります。

その女性のそうした思わせぶりな態度をどの男性にもすることで、サークルクラッシャーなってしまうのです。

良い動機でしているように見せかけて実は利己的である

サークルクラッシャーというのはサークルをもっともっとよくしたいという良い動機を持っているように見せかけることをします。

それは今のリーダーではとても無理であり、もし自分がリーダーだったらこうするというようなことをほのめかしたりします。

そうすることでサークルの中に別のサークルを作るようなことをして分裂をもたらすチャンスを伺うようになります。

自分がその新しい枠の中のリーダーになり、対立するように誘導していくのであり、とても怖い存在です。

そんなサークルクラッシャーは利己的であり、そのクラッシュするという目的を達成するために、その興奮やスリルを楽しむのです。

話術はかなりある

サークルクラッシャーというのはある意味カリスマのように魅せるスキルがあり、話術はたけているところがあります。

話が旨いのでそれに魅了されてしまう人たちは少なくありません。

そして刺激的なことを言うので普段あまり聞く機会がないようなことを聞けるということでその人に引き寄せられていきます。

口が上手で相手の心を盗むかのようなスキルさえ持っているのがサークルクラッシャーであり、ある意味洗脳のようなことさえできる人たちがいます。

裏切りは当たり前

人を使っていろいろなことをするのがサークルクラッシャーであり、自分の思い通りに動いてくれないと急に冷めて使い捨てのように扱うという特徴があります。

あくまで自分の都合の良い駒であり、それが駒として機能しなくなると相手にしたくなくなるのであり、あっという間にその人に冷めて関心を失います。

裏切ることも悪びれることなく、そしてほかしてしまうのです。

冷酷で人を物のようにしか見ていないのがサークルクラッシャーです。

やっと良い感じになってきたというサークルでも、サークルクラッシャーに目をつけられてしまうと大変なことになります。

サークルで最も大切な調和や横のつながりがその人によってかき乱され崩壊してしまうかもしれません。

人当たりがよくまるで良いサポーターが入ってきたと喜ばせるような雰囲気を最初は持っているのですが、やがて本性を少しずつ出すのようになってきますので、そうした傾向を見分けることが大切です。

また男性ばかりのサークルに女一人が入りたがる場合にはその動機などに注意した方がよいかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-