【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171204133138.html
自分勝手な女性の特徴

自分勝手な女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
自分勝手な女性の特徴

どこにでも、自分勝手な女性はいるものです。

そんな自分勝手な女性には、どのような特徴があるのでしょうか。

  • 周囲に甘やかされてきた
  • 自分が楽しければ良い
  • 気に入らないとやらない
  • 自分の良い形に解釈する
  • 全て自分が正しいと思っている
  • 自分の気分で予定を変える
  • 上から目線
  • 周囲が迷惑がっていることに気付かない
  • 最終的に孤立する
  • まとめ

1. 周囲に甘やかされてきた

周囲に甘やかされてきた

自分勝手な人は、そもそもそんな性格が当たり前だと思っています。

その原因として、大人になるまでに、周囲がその人の言動を全て若しくは高確率で許して来た可能性が高いです。

本人の言動を良しとしてしまったことで、自分の意見は通るものだと思い込んで育ってしまうのです。

このような人は、大人になってから性格を直そうとしてもなかなか直るものでは無いため、厄介なうえに本人も苦しむところでしょう。

2. 自分が楽しければ良い

自分が楽しければ良い

大抵、自分勝手な人は、自分が楽しかったり楽だったりすれば良いと思っています。

そのため、どんなに周囲が乗り気でなくても、成功する確率が低い事でも、自分が楽しそうだと思えば強行することも少なくありません。

また、自分は楽しい部分のみ担当して、キツく苦しい部分は他者に押し付けることも、よく見られる光景となります。

3. 気に入らないとやらない

気に入らないとやらない

前述の『自分が楽しければ良い』に関連して、逆に気に入らないことはやりたがらない傾向があります。

自分が少しでも嫌だと思ったら、その出来事を拒否し、拒否することが出来ない場合は、あからさまに嫌々やるのです。

大抵の場合、自分勝手な人が自分の嫌なことをやる時は、見てすぐに分かるほど態度に出たり、酷い時には小言を言ったり怒り出してしまうこともあります。

大人数のチームプレーで行うものに関しては、輪を乱してしまうタイプです。

4. 自分の良い形に解釈する

自分の良い形に解釈する

自分勝手な人は、全てに置いて自分の都合の良いように解釈することもあります。

例えば、期限が決められているものも『これくらいなら遅れても大丈夫』と勝手に期限を伸ばしたり、ルールが決められていることも『こっちの方がやりやすいから』と方法を変えてしまったりといった具合です。

自分が出来ないことは『ここまでやれば充分だろう』と思うこともあり、一歩間違えれば、無責任という状態に陥りかねないのです。

また、そのような人は、前述のような融通が聞かないとクレームを入れることもあり、非常に厄介なのです。

5. 全て自分が正しいと思っている

全て自分が正しいと思っている

自分勝手な人は、独自のマイルールを持っていたりします。

また、そんな自分のルールや考えが、全て正しいと思ってしまっている傾向もあるのです。

そのため、そのルールや考えを否定されると、否定した人の事を『この人はおかしい!』と一方的に責める場合もあります。

更に厄介なのは、そのような人ほど、どんなに滅茶苦茶な理論でも、強気に巧みな話術で納得させに来るので、余程気が強くなければ、言い負かされてしまうのです。

自分のルールや考えを否定されることで、自分は被害者だと思い込む人もいるため、注意したいものです。

6. 自分の気分で予定を変える

自分の気分で予定を変える

自分勝手さは、プライベートなところでも発揮されます。

友人との遊びや彼氏とのデートでも、自分の気分1つで平然と予定を変えてしまう人も少なくありません。

当日になって、行くはずの場所を変えてしまったり、予定時間を変えてしまったり、酷い時には元々の予定すら無かったことにしてしまう所謂ドタキャンをすることもあるのです。

あまりにそのような行動が続くと、誘われにくくなってしまいますが、そうすると今度は『何故誘わないのか?

』と言い出すこともあるので、困りものです。

7. 上から目線

上から目線

先ほどから述べているように、自分勝手な人は、どこか自分が中心で他者の事を考えることが出来ない部分があります。

そのためか、他者に対してどこか上から目線で接しがちです。

タメ口を利いたり、強い口調で迫ったり、バカにしたような対応をしたりと、他者からしたら、良い気持ちにはならないものです。

それでも、当人は上から目線で接しているという自覚がないので、こちらも困りものです。

8. 周囲が迷惑がっていることに気付かない

周囲が迷惑がっていることに気付かない

今まで述べてきたことは、他者からしてみると、迷惑なことばかりです。

しかし当人は、全ての言動に対して、自らが迷惑のかかる事をしているという自覚が無いことが多いです。

周囲が迷惑に思っていることに気付かないために、自分の言動を見直す機会も持てないのです。

かと言って、先ほども述べたように、余程気が強くなければ対等に話し合うことも困難なので、ズルズルと良くない状態が続いてしまうのです。

9. 最終的に孤立する

最終的に孤立する

自分勝手な人は、なかなか味方を作ることが出来ません。

出来たとしても、余程根気よく付き合ってくれる人でなければならないでしょう。

このような人は、友人関係や恋愛関係も上手くいかない傾向があります。

友人関係は広く浅く、恋愛関係も余程理解のある人でないと長続きしません。

相手を思いやる気持ちを持たなければ、最終的に孤立してしまう可能性が高いのです。

まとめ

自分勝手というのは、どうしても良い印象ではないものです。

育ってきた環境などもあるため、一概に本人だけが悪いとは言えませんが、出来ることならば人を思いやれる性格でいたいものです。

どこにでも、自分勝手な女性はいるものです。

そんな自分勝手な女性には、どのような特徴があるのでしょうか。


周囲に甘やかされてきた

自分勝手な人は、そもそもそんな性格が当たり前だと思っています。

その原因として、大人になるまでに、周囲がその人の言動を全て若しくは高確率で許して来た可能性が高いです。

本人の言動を良しとしてしまったことで、自分の意見は通るものだと思い込んで育ってしまうのです。

このような人は、大人になってから性格を直そうとしてもなかなか直るものでは無いため、厄介なうえに本人も苦しむところでしょう。

自分が楽しければ良い

大抵、自分勝手な人は、自分が楽しかったり楽だったりすれば良いと思っています。

そのため、どんなに周囲が乗り気でなくても、成功する確率が低い事でも、自分が楽しそうだと思えば強行することも少なくありません。

また、自分は楽しい部分のみ担当して、キツく苦しい部分は他者に押し付けることも、よく見られる光景となります。

気に入らないとやらない

前述の『自分が楽しければ良い』に関連して、逆に気に入らないことはやりたがらない傾向があります。

自分が少しでも嫌だと思ったら、その出来事を拒否し、拒否することが出来ない場合は、あからさまに嫌々やるのです。

大抵の場合、自分勝手な人が自分の嫌なことをやる時は、見てすぐに分かるほど態度に出たり、酷い時には小言を言ったり怒り出してしまうこともあります。

大人数のチームプレーで行うものに関しては、輪を乱してしまうタイプです。

自分の良い形に解釈する

自分勝手な人は、全てに置いて自分の都合の良いように解釈することもあります。

例えば、期限が決められているものも『これくらいなら遅れても大丈夫』と勝手に期限を伸ばしたり、ルールが決められていることも『こっちの方がやりやすいから』と方法を変えてしまったりといった具合です。

自分が出来ないことは『ここまでやれば充分だろう』と思うこともあり、一歩間違えれば、無責任という状態に陥りかねないのです。

また、そのような人は、前述のような融通が聞かないとクレームを入れることもあり、非常に厄介なのです。

全て自分が正しいと思っている

自分勝手な人は、独自のマイルールを持っていたりします。

また、そんな自分のルールや考えが、全て正しいと思ってしまっている傾向もあるのです。

そのため、そのルールや考えを否定されると、否定した人の事を『この人はおかしい!』と一方的に責める場合もあります。

更に厄介なのは、そのような人ほど、どんなに滅茶苦茶な理論でも、強気に巧みな話術で納得させに来るので、余程気が強くなければ、言い負かされてしまうのです。

自分のルールや考えを否定されることで、自分は被害者だと思い込む人もいるため、注意したいものです。

自分の気分で予定を変える

自分勝手さは、プライベートなところでも発揮されます。

友人との遊びや彼氏とのデートでも、自分の気分1つで平然と予定を変えてしまう人も少なくありません。

当日になって、行くはずの場所を変えてしまったり、予定時間を変えてしまったり、酷い時には元々の予定すら無かったことにしてしまう所謂ドタキャンをすることもあるのです。

あまりにそのような行動が続くと、誘われにくくなってしまいますが、そうすると今度は『何故誘わないのか?

』と言い出すこともあるので、困りものです。

上から目線

先ほどから述べているように、自分勝手な人は、どこか自分が中心で他者の事を考えることが出来ない部分があります。

そのためか、他者に対してどこか上から目線で接しがちです。

タメ口を利いたり、強い口調で迫ったり、バカにしたような対応をしたりと、他者からしたら、良い気持ちにはならないものです。

それでも、当人は上から目線で接しているという自覚がないので、こちらも困りものです。

周囲が迷惑がっていることに気付かない

今まで述べてきたことは、他者からしてみると、迷惑なことばかりです。

しかし当人は、全ての言動に対して、自らが迷惑のかかる事をしているという自覚が無いことが多いです。

周囲が迷惑に思っていることに気付かないために、自分の言動を見直す機会も持てないのです。

かと言って、先ほども述べたように、余程気が強くなければ対等に話し合うことも困難なので、ズルズルと良くない状態が続いてしまうのです。

最終的に孤立する

自分勝手な人は、なかなか味方を作ることが出来ません。

出来たとしても、余程根気よく付き合ってくれる人でなければならないでしょう。

このような人は、友人関係や恋愛関係も上手くいかない傾向があります。

友人関係は広く浅く、恋愛関係も余程理解のある人でないと長続きしません。

相手を思いやる気持ちを持たなければ、最終的に孤立してしまう可能性が高いのです。

自分勝手というのは、どうしても良い印象ではないものです。

育ってきた環境などもあるため、一概に本人だけが悪いとは言えませんが、出来ることならば人を思いやれる性格でいたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-