【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171204112326.html
相手の気持ちを考えない人の特徴

相手の気持ちを考えない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
相手の気持ちを考えない人の特徴

人間は本来自分を中心に生きたいという気持ちを持っているものです。

ですがその性向のままに行動すると相手の気持ちを考えない人と見なされてしまうかもしれません。

そうならないためにも注意したい8つの点を考慮してみるのはとても有益なことです。

  • 自分中心の考えしかない
  • 相手を知ろうとしない
  • 自分のしたいことに時間を使う
  • その場の空気を読まない
  • 起きたことや対処することにか思いが働かない
  • 理性的過ぎてしまう
  • 忙し過ぎる
  • 相手を許せなくなる
  • まとめ

1. 自分中心の考えしかない

自分中心の考えしかない

そのような人はいつも自分の事を考えています。

自分にとってメリットはあるのかないのか、自分が楽しいかどうか、自分がやりたいことが第一ですので、相手の気持ちなど考えることはないでしょう。

自分がつまらないと感じればそれをしないのであり、その場の空気など一切気にしません。

そのような人は友達を失っていくことになるに違いありません。

2. 相手を知ろうとしない

相手を知ろうとしない

自分の事にしか関心がないともいえるので、相手に関心がありません。

相手に起きたことを聞いても真剣に話に耳を傾けようとせずに、ただ聞き流すだけかもしれませんし、頷くようなこともないでしょう。

ひょっとすると相手の話を聞きながら頭では別のことを考えている、なんてこともあるでしょう。

そうしたことは相手に無関心であり、どうでもよいということが態度でも表れてきますし、相手の気持ちなどどうでもよいということなのです。

3. 自分のしたいことに時間を使う

自分のしたいことに時間を使う

自分のしたいことだけに時間を使うことを優先させます。

夫婦でも相手の気持ちを考えなくなることがありますが、配偶者の気持ちを考えないと、まるで独身でもあるかのように振舞い、時間を気にせず遅くまでどこかに独りで出かけたり、一緒に食事をしようとしなくなったり、部屋でひとりでこもりっきりになったりということを繰り返すようになるかもしれません。

4. その場の空気を読まない

その場の空気を読まない

その場の空気を読むというのは、人と関わり合いのある中では絶対に必要なことなのですが、食事会や飲み会の席でも自分勝手な発言をしたり、途中で帰りたいから帰るということをしたりして、その場の人たちがそれをするとどうなるかということを考えません。

まさに自分中心の考えであり、そんな人と一緒にいたくないし、誘われることさえ少なくなることでしょう。

5. 起きたことや対処することにか思いが働かない

起きたことや対処することにか思いが働かない

なにかを相談されることがあったとしても、実はその人は解決策を求めているわけではなく、本人の中ではどうすればよいかはある程度わかっている、ただ話を聞いてもらいたかっただけということがあります。

そうしたことが分からず、その場合にはこうした方がいいよと、ストレートに返答し、その時の相手の気持ちなどを理解しようという思いがありません。

同情心や思いやりを示すことができず、上手に話を聞いてもらえないので、相手からすると良い気分にはなりませんし、がっかりさせてしまうことでしょう。

6. 理性的過ぎてしまう

理性的過ぎてしまう

なんでも原因と結果という思考が強いことで、物事を分析する習慣のある人は相手の気持ちを考えないところがあります。

ああいうことをしたからこうなったということばかり考えてしまうのであり、それは悪いことではありませんが、あまりにもそうした理性的な思考をしてしまうと、その相手の感情を考慮することができなくなります。

人それぞれには限界があり、得意とすることも苦手なこともあるのであり、自分の基準で相手にもそれを要求してしまうようなところも出てきてしまうでしょう。

7. 忙し過ぎる

忙し過ぎる

忙しい毎日は少しずつその人を相手の気持ちを考えるという余裕を与えなくしていきます。

相手の気持ちを考えるには時間が必要であり、その人に関心を持たなくてはなりません。

ですがあまりにも時間に追われる生活をしていることで、以前は相手の気持ちを考えて仕事ができたのに、それをすることができなくなってしまうのです。

能率ばかりを重視してしまい、相手の気持ちを考えていない発言をしてしまうことが多くなります。

8. 相手を許せなくなる

相手を許せなくなる

自分の気持ちを優先すると相手の失敗や落ち度を許すことが難しくなります。

相手は申し訳ないという態度を持っていても歩み寄ろうという気持ちを出せないのは、相手の気持ちを考えていないことであり、自分は被害者であるから相手はつらい気持ちをして当然であるという愛のない態度をしてしまうことになるかもしれません。

自分の失敗はすぐに許して欲しいと思うのですが、相手の失敗はいつまでも根に持つような自分勝手を思われても仕方がないようなずるい人になる可能性があります。

まとめ

相手の気持ちを考えない人というのは、明らかに自分のしたいようにするのであり、相手にそれを押し付けるところがあります。

仕事で結果を出すことは重要ですが、助言や注意も相手の気持ちなど考えない冷酷なものとなってしまう可能性があります。

相手の気持ちになって話すことができる人は相手の失敗ばかりを指摘するのではなく、良い点を褒めることができるし、相手も嬉しい気持ちになりますので、そうした人の助言であれば心から聞くことができるのです。

結婚生活においても相手の気持ちを考えなくなると、疎遠になり離婚したいという気持ちになってしまうかもしれません。

人間は本来自分を中心に生きたいという気持ちを持っているものです。

ですがその性向のままに行動すると相手の気持ちを考えない人と見なされてしまうかもしれません。

そうならないためにも注意したい8つの点を考慮してみるのはとても有益なことです。


自分中心の考えしかない

そのような人はいつも自分の事を考えています。

自分にとってメリットはあるのかないのか、自分が楽しいかどうか、自分がやりたいことが第一ですので、相手の気持ちなど考えることはないでしょう。

自分がつまらないと感じればそれをしないのであり、その場の空気など一切気にしません。

そのような人は友達を失っていくことになるに違いありません。

相手を知ろうとしない

自分の事にしか関心がないともいえるので、相手に関心がありません。

相手に起きたことを聞いても真剣に話に耳を傾けようとせずに、ただ聞き流すだけかもしれませんし、頷くようなこともないでしょう。

ひょっとすると相手の話を聞きながら頭では別のことを考えている、なんてこともあるでしょう。

そうしたことは相手に無関心であり、どうでもよいということが態度でも表れてきますし、相手の気持ちなどどうでもよいということなのです。

自分のしたいことに時間を使う

自分のしたいことだけに時間を使うことを優先させます。

夫婦でも相手の気持ちを考えなくなることがありますが、配偶者の気持ちを考えないと、まるで独身でもあるかのように振舞い、時間を気にせず遅くまでどこかに独りで出かけたり、一緒に食事をしようとしなくなったり、部屋でひとりでこもりっきりになったりということを繰り返すようになるかもしれません。

その場の空気を読まない

その場の空気を読むというのは、人と関わり合いのある中では絶対に必要なことなのですが、食事会や飲み会の席でも自分勝手な発言をしたり、途中で帰りたいから帰るということをしたりして、その場の人たちがそれをするとどうなるかということを考えません。

まさに自分中心の考えであり、そんな人と一緒にいたくないし、誘われることさえ少なくなることでしょう。

起きたことや対処することにか思いが働かない

なにかを相談されることがあったとしても、実はその人は解決策を求めているわけではなく、本人の中ではどうすればよいかはある程度わかっている、ただ話を聞いてもらいたかっただけということがあります。

そうしたことが分からず、その場合にはこうした方がいいよと、ストレートに返答し、その時の相手の気持ちなどを理解しようという思いがありません。

同情心や思いやりを示すことができず、上手に話を聞いてもらえないので、相手からすると良い気分にはなりませんし、がっかりさせてしまうことでしょう。

理性的過ぎてしまう

なんでも原因と結果という思考が強いことで、物事を分析する習慣のある人は相手の気持ちを考えないところがあります。

ああいうことをしたからこうなったということばかり考えてしまうのであり、それは悪いことではありませんが、あまりにもそうした理性的な思考をしてしまうと、その相手の感情を考慮することができなくなります。

人それぞれには限界があり、得意とすることも苦手なこともあるのであり、自分の基準で相手にもそれを要求してしまうようなところも出てきてしまうでしょう。

忙し過ぎる

忙しい毎日は少しずつその人を相手の気持ちを考えるという余裕を与えなくしていきます。

相手の気持ちを考えるには時間が必要であり、その人に関心を持たなくてはなりません。

ですがあまりにも時間に追われる生活をしていることで、以前は相手の気持ちを考えて仕事ができたのに、それをすることができなくなってしまうのです。

能率ばかりを重視してしまい、相手の気持ちを考えていない発言をしてしまうことが多くなります。

相手を許せなくなる

自分の気持ちを優先すると相手の失敗や落ち度を許すことが難しくなります。

相手は申し訳ないという態度を持っていても歩み寄ろうという気持ちを出せないのは、相手の気持ちを考えていないことであり、自分は被害者であるから相手はつらい気持ちをして当然であるという愛のない態度をしてしまうことになるかもしれません。

自分の失敗はすぐに許して欲しいと思うのですが、相手の失敗はいつまでも根に持つような自分勝手を思われても仕方がないようなずるい人になる可能性があります。

相手の気持ちを考えない人というのは、明らかに自分のしたいようにするのであり、相手にそれを押し付けるところがあります。

仕事で結果を出すことは重要ですが、助言や注意も相手の気持ちなど考えない冷酷なものとなってしまう可能性があります。

相手の気持ちになって話すことができる人は相手の失敗ばかりを指摘するのではなく、良い点を褒めることができるし、相手も嬉しい気持ちになりますので、そうした人の助言であれば心から聞くことができるのです。

結婚生活においても相手の気持ちを考えなくなると、疎遠になり離婚したいという気持ちになってしまうかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-