【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171203160218.html
虚言癖がある人の特徴

虚言癖がある人の特徴 | LADYCO

LADYCO
虚言癖がある人の特徴

虚言癖とは、会話の中に意味も無い嘘を盛り込む事が癖になっている人の事です。

何故意味の無い嘘をついてしまうのでしょうか。

虚言癖のある人の特徴をまとめてみました。

  • 注目を集めたい
  • 自分に自信が無い
  • 寂しがりや
  • プライドが高い
  • 人に嫌われる事が怖い
  • 子供の頃に親からの愛情を感じなかった
  • 不器用で人付き合いが下手
  • まとめ

1. 注目を集めたい

注目を集めたい

虚言癖がある人が嘘をつく最大の理由が、人から注目されたいという理由です。

大勢の人の中に埋もれてしまう事が怖くてたまらないのです。

自分は特別な人間だと思い込んでいる傾向があります。

人からの注目を浴びる為には、日常に起こり得ない大きな話をして人々を振り向かせるのが1番手っ取り早いので、嘘をついて人々の関心を集めようとするのです。

実家がお金持ちだとか、芸能人と知り合いだとか、誰かに害を及ぼす事はないけれども、自分を大きく見せる為のくだらない嘘をふりかざすのが特徴です。

2. 自分に自信が無い

自分に自信が無い

本当は自分の事が好きではなく、自分に自信が持てないのです。

コンプレックスだらけの自分の姿を周りに知られたくないのはもちろんのこと、欠点だらけの自分を自分自身が認める事が出来ないのです。

コンプレックスのない自分の様子を、あえて他人に向けて声を出す事で、口にした理想の姿をまるで本当の自分の様に思うことが出来るのです。

虚言した姿の自分を演じている時間は、自分のコンプレックスを忘れて、強い自分になる事が出来ます。

しかし、一時的に内側に閉じ込めていた「自信の無い自分」が顔を出した時、気分が落ち込んだり、動揺して、さらに別の嘘を重ねてしまいます。

3. 寂しがりや

寂しがりや

人の心を繋ぎ止める為に、くだらない嘘を繰り返しつく人もいます。

いつも何処にいても常に寂しさを感じている人は、誰かに構ってもらいたくて具合の悪いふりをしたり、病気を患っている事にして周囲から同情と優しさを分けてもらおうとするのです。

事実とは異なる悲しい身の上話をして、放っておけないような影をあえて作って見せる事で、人が自分から離れていくのを妨げるのです。

そうでもしないと、自分を心配してずっとそばにいてくれないと思っているので、孤独が怖く寂し時に嘘が口をついて出てしまうのです。

4. プライドが高い

プライドが高い

虚言癖の人が大好きな言葉があります。

「凄いね!」と人から褒められると、言い知れない優越感に浸る事が出来るのです。

その言葉を聞きたいが為に、自分の栄光の話を壮大に脚色して出来上がったストーリーをリアリティー溢れる語りで聞かせるのです。

最初は純粋に「凄いね!」と言ってくれていた相手でも、何度も同じ様に自慢話を聞かせられると嫌気がさしてくるものです。

繰り返し同じ様な話を聞いていると、盛って話している箇所が次第に見えてきます。

5. 人に嫌われる事が怖い

人に嫌われる事が怖い

誰かに嫌われたくない、誰にも嫌われたくないと人の目を気にして生きる臆病さが虚言癖の人にはあります。

神経が繊細でナイーブな心を持っているので、内心は誰かに嫌われてはいないか、ついた嘘がバレていないかハラハラしているのです。

時々、両親の叱責に苛まれ、くだらない嘘をつく事に嫌気がさす事もありますが、正直に生きて誰かに嫌われるくらいなら嘘を演じて少しでも好かれる方が楽な生き方だと感じて、虚言癖をなかなか辞められずにいるのです。

6. 子供の頃に親からの愛情を感じなかった

子供の頃に親からの愛情を感じなかった

幼少期の親からの愛情は人格を形成する上で最も大切だと言われています。

小さい頃に親が危険から身を守ってくれた記憶や、可愛いと撫でられたり抱きしめられる事で無償の愛が存在する事を知らないまま成長した人は、自分以外の人間を強く警戒したり、人との適度な距離の取り方が分からなかったりと、人とのコミュニケーションで苦労するのです。

親にありのままの自分を受け入れてもらった経験が無いので、当然他人にもありのままの自分では受け入れられるはずがないと思っているのです。

テストで100点だったと嘘をついて親に受け入れられた様に、嘘で塗り固めた良い結果を見せて他人に受け入れてもらおうとするのです。

7. 不器用で人付き合いが下手

不器用で人付き合いが下手

虚言癖を持つ人は、根っからの悪い人ではありません。

単純に人付き合いが苦手で不器用な人なのです。

自信の無さや、捻じ曲がったプライドを捨てきれず、素直に人と向き合う事が難しいのです。

ふと我に返った時、嘘をつく事でしか他人とコミュニケーションを取れない自分の不器用さにイライラしたり落ち込む事もあるでしょう。

不器用な自分と向き合う決意をして、他人にも不器用さをさらけ出せた時、虚言しないコミュニケーションがいかに重要か理解する事が出来るでしょう。

まとめ

身の回りにいる虚言癖を持つ人は、その人なりに自分の嘘に苦しんでいるのです。

しかし行き過ぎた虚言癖は、周囲からの信頼を失くしてしまいます。

周りに良く思われたい気持ちで発した言葉が、いつも自分の首を絞めている事を理解して言葉を発しなければいけません。

いつまでも虚言を繰り返していると『嘘つき』のレッテルが貼られ、話すら誰からも聞いてもらえず孤立を招いてしまうのです。

虚言癖とは、会話の中に意味も無い嘘を盛り込む事が癖になっている人の事です。

何故意味の無い嘘をついてしまうのでしょうか。

虚言癖のある人の特徴をまとめてみました。


注目を集めたい

虚言癖がある人が嘘をつく最大の理由が、人から注目されたいという理由です。

大勢の人の中に埋もれてしまう事が怖くてたまらないのです。

自分は特別な人間だと思い込んでいる傾向があります。

人からの注目を浴びる為には、日常に起こり得ない大きな話をして人々を振り向かせるのが1番手っ取り早いので、嘘をついて人々の関心を集めようとするのです。

実家がお金持ちだとか、芸能人と知り合いだとか、誰かに害を及ぼす事はないけれども、自分を大きく見せる為のくだらない嘘をふりかざすのが特徴です。

自分に自信が無い

本当は自分の事が好きではなく、自分に自信が持てないのです。

コンプレックスだらけの自分の姿を周りに知られたくないのはもちろんのこと、欠点だらけの自分を自分自身が認める事が出来ないのです。

コンプレックスのない自分の様子を、あえて他人に向けて声を出す事で、口にした理想の姿をまるで本当の自分の様に思うことが出来るのです。

虚言した姿の自分を演じている時間は、自分のコンプレックスを忘れて、強い自分になる事が出来ます。

しかし、一時的に内側に閉じ込めていた「自信の無い自分」が顔を出した時、気分が落ち込んだり、動揺して、さらに別の嘘を重ねてしまいます。

寂しがりや

人の心を繋ぎ止める為に、くだらない嘘を繰り返しつく人もいます。

いつも何処にいても常に寂しさを感じている人は、誰かに構ってもらいたくて具合の悪いふりをしたり、病気を患っている事にして周囲から同情と優しさを分けてもらおうとするのです。

事実とは異なる悲しい身の上話をして、放っておけないような影をあえて作って見せる事で、人が自分から離れていくのを妨げるのです。

そうでもしないと、自分を心配してずっとそばにいてくれないと思っているので、孤独が怖く寂し時に嘘が口をついて出てしまうのです。

プライドが高い

虚言癖の人が大好きな言葉があります。

「凄いね!」と人から褒められると、言い知れない優越感に浸る事が出来るのです。

その言葉を聞きたいが為に、自分の栄光の話を壮大に脚色して出来上がったストーリーをリアリティー溢れる語りで聞かせるのです。

最初は純粋に「凄いね!」と言ってくれていた相手でも、何度も同じ様に自慢話を聞かせられると嫌気がさしてくるものです。

繰り返し同じ様な話を聞いていると、盛って話している箇所が次第に見えてきます。

人に嫌われる事が怖い

誰かに嫌われたくない、誰にも嫌われたくないと人の目を気にして生きる臆病さが虚言癖の人にはあります。

神経が繊細でナイーブな心を持っているので、内心は誰かに嫌われてはいないか、ついた嘘がバレていないかハラハラしているのです。

時々、両親の叱責に苛まれ、くだらない嘘をつく事に嫌気がさす事もありますが、正直に生きて誰かに嫌われるくらいなら嘘を演じて少しでも好かれる方が楽な生き方だと感じて、虚言癖をなかなか辞められずにいるのです。

子供の頃に親からの愛情を感じなかった

幼少期の親からの愛情は人格を形成する上で最も大切だと言われています。

小さい頃に親が危険から身を守ってくれた記憶や、可愛いと撫でられたり抱きしめられる事で無償の愛が存在する事を知らないまま成長した人は、自分以外の人間を強く警戒したり、人との適度な距離の取り方が分からなかったりと、人とのコミュニケーションで苦労するのです。

親にありのままの自分を受け入れてもらった経験が無いので、当然他人にもありのままの自分では受け入れられるはずがないと思っているのです。

テストで100点だったと嘘をついて親に受け入れられた様に、嘘で塗り固めた良い結果を見せて他人に受け入れてもらおうとするのです。

不器用で人付き合いが下手

虚言癖を持つ人は、根っからの悪い人ではありません。

単純に人付き合いが苦手で不器用な人なのです。

自信の無さや、捻じ曲がったプライドを捨てきれず、素直に人と向き合う事が難しいのです。

ふと我に返った時、嘘をつく事でしか他人とコミュニケーションを取れない自分の不器用さにイライラしたり落ち込む事もあるでしょう。

不器用な自分と向き合う決意をして、他人にも不器用さをさらけ出せた時、虚言しないコミュニケーションがいかに重要か理解する事が出来るでしょう。

身の回りにいる虚言癖を持つ人は、その人なりに自分の嘘に苦しんでいるのです。

しかし行き過ぎた虚言癖は、周囲からの信頼を失くしてしまいます。

周りに良く思われたい気持ちで発した言葉が、いつも自分の首を絞めている事を理解して言葉を発しなければいけません。

いつまでも虚言を繰り返していると『嘘つき』のレッテルが貼られ、話すら誰からも聞いてもらえず孤立を招いてしまうのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-