【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171203160158.html
挙動不審な人の特徴

挙動不審な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
挙動不審な人の特徴

落ち着きがなくウロウロしていたり、オドオドした態度で挙動不振な動きをする人は、意外と目に付きやすく集団の中で浮いた存在になってしまいます。

どんな事を考えているのか知りたくなる挙動不振な行動を取る人の心理や特徴をまとめてみました。

  • 目線を合わせない
  • 突然怒り出す
  • 落ち着きのない行動をとる
  • 奇声を発する
  • ブツブツ独り言を言う
  • 緊張しやすい性格
  • トラウマがある
  • ショック状態
  • まとめ

1. 目線を合わせない

目線を合わせない

ジタバタと体を動かしたり、おかしな発言をしなくても、人は目線で不快に思ったり不信感を抱きます。

挙動不振な人は、相手の目をまっすぐに見ることはありません。

極度の緊張状態であったり、何か良からぬ事を考えている時は、相手に心の中を見透かされる事に恐怖を感じて、相手の目を直視できなくなるので、キョロキョロ目線が泳いだり、常に伏し目がちな目をしているのです。

「目は口ほどに物を言う」という言葉があるように、視線は人の印象を大きく操作するのです。

2. 突然怒り出す

突然怒り出す

さっきまで笑っていたかと思えば、急に血相を変えて怒り出したり、感情のコントロールが出来ない人は、挙動不振な行動を取りやすい傾向があります。

場をわきまえず、大声で喚きちらしたり、公衆の面前で感情を露わにする人など無関係な人にまで怒りを見せつけるのは迷惑であると同時に、恐怖を感じます。

そんなヒステリックな一面を知っている人には、いつ怒りのスイッチが入ってしまうかとビクビクしながら付き合って行かなくてはない疲れと、似た者同士と周囲に思われる事への羞恥心を感じさせてしまうのです。

3. 落ち着きのない行動をとる

落ち着きのない行動をとる

道に迷っているわけでもなく同じ場所を行ったり来たりしていると明らかに挙動不振に思って警戒してしまいます。

また、ガタガタと音を立てながら座ったり、小刻みに手足を動かしていたりと、落ち着きのない行動を見るのは決して気持ちの良いものではありません。

何故そんな事をしているのか、理解に苦しみ、頭を抱えてしまいます。

いい大人が幼稚な行動を取っていると挙動不振に思えて周りから敬遠されてしまいます。

4. 奇声を発する

奇声を発する

なかなか遭遇する事はありませんが、集団の中で突然奇声を発する人がいたら明らかに挙動不審で、精神異常者の可能性があります。

精神異常者が思い詰めて、パニックに陥ると、もう正常な判断が出来なくなるので、奇声を発した後に、人に危害を加える事も想定できます。

明らかに不審な行動を取る人物を見かけたら、刺激しない様にそっとその場を離れましょう。

5. ブツブツ独り言を言う

ブツブツ独り言を言う

「あ!ビックリした!」など、咄嗟に出る独り言では無く、ブツブツ意味のわからない事を念仏を唱える様にずっと言っている姿は奇妙で、怪しい人物に思えます。

視界に入るだけで、気になってしまい周囲から注目を集めるでしょう。

「変わり者」「不審な人物」として周りからマークされ、周囲から孤立しやすくなり、会話をする相手が居なくなると、ますます独り言が増えていくという悪循環に陥ってしまいます。

6. 緊張しやすい性格

緊張しやすい性格

人前に出る事が苦手な人は、普段なら自分の思いを問題なく話す事が出来るのに、大勢の人を目の前にすると、言葉が出づらかったり、どもってしまう事があります。

人前に出る機会が少ない人は、この様に緊張するといつものように振る舞えなくなってしまうものです。

恥ずかしい経験をしても、人前に出る場数をこなす事で、人前でのどもりなどが解消されていくので、緊張という特殊な状況で、一時的にどもってしまう事は心配する必要はないでしょう。

何事も経験が大切です。

7. トラウマがある

トラウマがある

強い不安を抱えている状態は、思考能力から精神状態まで普段とは全く違います。

例えば、過去に犬に噛まれた経験が大きなトラウマになっている人が、また同じ様な環境に置かれると、昔のトラウマがフラッシュバックして理性を失ってしまう事があります。

普段なら落ち着きのある行動をとる人でも、強い不安を感じると、ジタバタしたり、一時的に落ち着きなない行動を取ってしまうのです。

日常的に過去のトラウマに左右されて不審な行動を取ってしまう場合は、専門の医療機関に相談してみると良いでしょう。

8. ショック状態

ショック状態

大切な恋人、家族ペットなどをなくして心に大きなショックを受けた場合は、食事も喉を通らず、何も手につかない日々を過ごす事も考えられます。

目が虚で、ぼーっと佇む姿は、事情を知らない人から見ると挙動不審に映る事もあります。

無理に元気を装うと、傷が癒える時間が余計に長引いてしまう事もあります。

周りに何と思われようとも、時の流れに身を任せて、心と体が癒えるのを待ちましょう。

まとめ

心と体は繋がっていて、心が穏やかである程、良い判断と良い行動が出来るのです。

挙動不審な行動をとる人は、慢性的、或いは一時的に心が健康でない事が多く、それが行動に表れてしまうのです。

もし、自分が不審な行動を取ってしまいそうな時は大きく深呼吸をしてみましょう。

普段通りの冷静さを取り戻すと、いつも通りクリアな思考で体を動かす事が出来るのです。

落ち着きがなくウロウロしていたり、オドオドした態度で挙動不振な動きをする人は、意外と目に付きやすく集団の中で浮いた存在になってしまいます。

どんな事を考えているのか知りたくなる挙動不振な行動を取る人の心理や特徴をまとめてみました。


目線を合わせない

ジタバタと体を動かしたり、おかしな発言をしなくても、人は目線で不快に思ったり不信感を抱きます。

挙動不振な人は、相手の目をまっすぐに見ることはありません。

極度の緊張状態であったり、何か良からぬ事を考えている時は、相手に心の中を見透かされる事に恐怖を感じて、相手の目を直視できなくなるので、キョロキョロ目線が泳いだり、常に伏し目がちな目をしているのです。

「目は口ほどに物を言う」という言葉があるように、視線は人の印象を大きく操作するのです。

突然怒り出す

さっきまで笑っていたかと思えば、急に血相を変えて怒り出したり、感情のコントロールが出来ない人は、挙動不振な行動を取りやすい傾向があります。

場をわきまえず、大声で喚きちらしたり、公衆の面前で感情を露わにする人など無関係な人にまで怒りを見せつけるのは迷惑であると同時に、恐怖を感じます。

そんなヒステリックな一面を知っている人には、いつ怒りのスイッチが入ってしまうかとビクビクしながら付き合って行かなくてはない疲れと、似た者同士と周囲に思われる事への羞恥心を感じさせてしまうのです。

落ち着きのない行動をとる

道に迷っているわけでもなく同じ場所を行ったり来たりしていると明らかに挙動不振に思って警戒してしまいます。

また、ガタガタと音を立てながら座ったり、小刻みに手足を動かしていたりと、落ち着きのない行動を見るのは決して気持ちの良いものではありません。

何故そんな事をしているのか、理解に苦しみ、頭を抱えてしまいます。

いい大人が幼稚な行動を取っていると挙動不振に思えて周りから敬遠されてしまいます。

奇声を発する

なかなか遭遇する事はありませんが、集団の中で突然奇声を発する人がいたら明らかに挙動不審で、精神異常者の可能性があります。

精神異常者が思い詰めて、パニックに陥ると、もう正常な判断が出来なくなるので、奇声を発した後に、人に危害を加える事も想定できます。

明らかに不審な行動を取る人物を見かけたら、刺激しない様にそっとその場を離れましょう。

ブツブツ独り言を言う

「あ!ビックリした!」など、咄嗟に出る独り言では無く、ブツブツ意味のわからない事を念仏を唱える様にずっと言っている姿は奇妙で、怪しい人物に思えます。

視界に入るだけで、気になってしまい周囲から注目を集めるでしょう。

「変わり者」「不審な人物」として周りからマークされ、周囲から孤立しやすくなり、会話をする相手が居なくなると、ますます独り言が増えていくという悪循環に陥ってしまいます。

緊張しやすい性格

人前に出る事が苦手な人は、普段なら自分の思いを問題なく話す事が出来るのに、大勢の人を目の前にすると、言葉が出づらかったり、どもってしまう事があります。

人前に出る機会が少ない人は、この様に緊張するといつものように振る舞えなくなってしまうものです。

恥ずかしい経験をしても、人前に出る場数をこなす事で、人前でのどもりなどが解消されていくので、緊張という特殊な状況で、一時的にどもってしまう事は心配する必要はないでしょう。

何事も経験が大切です。

トラウマがある

強い不安を抱えている状態は、思考能力から精神状態まで普段とは全く違います。

例えば、過去に犬に噛まれた経験が大きなトラウマになっている人が、また同じ様な環境に置かれると、昔のトラウマがフラッシュバックして理性を失ってしまう事があります。

普段なら落ち着きのある行動をとる人でも、強い不安を感じると、ジタバタしたり、一時的に落ち着きなない行動を取ってしまうのです。

日常的に過去のトラウマに左右されて不審な行動を取ってしまう場合は、専門の医療機関に相談してみると良いでしょう。

ショック状態

大切な恋人、家族ペットなどをなくして心に大きなショックを受けた場合は、食事も喉を通らず、何も手につかない日々を過ごす事も考えられます。

目が虚で、ぼーっと佇む姿は、事情を知らない人から見ると挙動不審に映る事もあります。

無理に元気を装うと、傷が癒える時間が余計に長引いてしまう事もあります。

周りに何と思われようとも、時の流れに身を任せて、心と体が癒えるのを待ちましょう。

心と体は繋がっていて、心が穏やかである程、良い判断と良い行動が出来るのです。

挙動不審な行動をとる人は、慢性的、或いは一時的に心が健康でない事が多く、それが行動に表れてしまうのです。

もし、自分が不審な行動を取ってしまいそうな時は大きく深呼吸をしてみましょう。

普段通りの冷静さを取り戻すと、いつも通りクリアな思考で体を動かす事が出来るのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-