【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171203133334.html
クレーマーの特徴

クレーマーの特徴 | LADYCO

LADYCO
クレーマーの特徴

気に入らないことがあるとつい文句を言ってしまうクレーマー。

対応する側は本当に大変だと思いますが、クレーマーになる人はどんな特徴を持っているのか見ていきたいと思います。

  • 愚痴が多い
  • 完璧主義
  • 構ってちゃん
  • 暇な人
  • 小さな変化に気付く人
  • 日々が充実していない
  • 自分が正しいと思い混んでいる
  • せこい人
  • まとめ

1. 愚痴が多い

愚痴が多い

普段からクレームを付けることが多いタイプのクレーマーはクレームじゃなくても普段から愚痴が多い傾向が強いです。

仕事や家族の愚痴、知り合いの愚痴やテレビを言いながら文句を言ったりすることもよくあります。

あまりにも愚痴が多くて時には人に嫌われてしまうなんてことも。

良い所よりも悪い部分に目が行ってしまうことが多く、かなり精神的にイライラしていることが考えられます。

このようなタイプの人はSNSでも愚痴を書いたり毒を吐いたりしていることが多く、中々ストレスを発散することが難しいようです。

2. 完璧主義

完璧主義

どうしてクレーマーがクレームばかり付けてしまうのかと言うと、その一つに完璧主義があるからということが挙げられます。

一般的なクレームとクレーマーが言うクレームと違う点は、後者の場合は本当にどうでも良いことで文句を付けることが多いことです。

少しでも駄目な部分があると納得することが出来ない為に文句を言いたくなってしまうのです。

自分から見て完璧だと思えるようじゃないと納得することが出来ないのです。

3. 構ってちゃん

構ってちゃん

普通の人はクレームを言うことはあってもクレーマーまでになることは中々ありません。

その理由はクレームを言うことも精神力が必要なので面倒だからです。

けどクレーマーになる人達はクレームを言うことを疲れるとは思っておりません。

文句を言いながらもクレームを言うことで相手にコミュニケーションを求める言わば構ってちゃん体質の人が多いです。

相手から謝罪をして貰うことで構って欲しい自分の心を満たしている場合があります。

4. 暇な人

暇な人

クレーマーは忙しい人は絶対になりません。

暇な人であることの方が殆どです。

普通の人は忙しいのでクレームを言うことに労力を使いたくないので滅多にクレームを付けることもありません。

クレーマーがクレームを言う時に「忙しいから早くしろ」と言う人がよく言いますが、忙しいと言いつつも長々とクレームを言い続ける人が多いのも特徴です。

年配の人にクレーマーが多いのも子育ても仕事もしておらず時間がたっぷりあるからということも考えられます。

5. 小さな変化に気付く人

小さな変化に気付く人

他の人は気にもしないようなどうでもいいことに文句を付けるクレーマーですが、小さな変化によく気付く人とも言えます。

例えば少しだけ髪の毛を切った人を見て髪を切ったことに気付いたり、時にはいつもよりも元気がなさそうにしている他人に元気がないと気付くこともあります。

他の人は気づかないようなことも気付くのはメリットになる場合もありますが、悪い所も目に付いてしまう為にクレームを生んでしまうのです。

6. 日々が充実していない

日々が充実していない

クレームをよく付けるクレーマーは日々の生活が充実していないと感じている人が多いようです。

家族がいても特別上手くいっているわけではなかったり、本当に心から信頼出来る友達がいない人もいます。

毎日が楽しくて充実している人であれば、クレームを言うなんてくだらないことに時間を使ったりすることはありません。

何も面白いことがない為に気に入らないと思う部分を見つけてはクレームを言ってしまい気を紛らわそうとしています。

7. 自分が正しいと思い混んでいる

自分が正しいと思い混んでいる

クレーマーの人達は基本的に自分のしていることや考えていることが正しいと思い込んでいます。

その為に自分の思っていることと違っていると文句を言わなければ気が済まなくなってしまうのです。

例え自分が間違っていることを思っていてそのことを他人から指摘されたとしても聞く耳なんて持ちません。

自分の考えが正しくて相手が間違っていると思っているからです。

このような人は話が噛み合わず何を言っても無駄です。

8. せこい人

せこい人

ただ単に指摘や注意をしている人とクレーマーでは全然違います。

クレーマーはどうでもいいようなことまで指摘をします。

そんなクレーマーにはせこい考えを持っている人も沢山います。

店などに謝罪をさせて、お詫びとして商品をタダで貰おうとしたりお詫びの品を受け取りたいと考えてクレームを付けている人もいます。

以前ニュースになったことですが、せこいクレーマーが悪化すると嘘のクレームを付けてタダで商品を貰うという犯罪者になってしまう場合もあります。

せこい人はクレーマーの中では一番厄介なタイプだと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

クレーマーの特徴をご紹介させて頂きましたが皆さんの周りにもこのような人がいるのではないでしょうか。

基本的にクレーマーは自己中心的な考えを持っている人が多いですが、少し寂しがり屋で精神的にお疲れの人も多いです。

クレームを付けたくなった時はクレーマーのようにならずに相手に伝えるようにしなくてはなりません。

気に入らないことがあるとつい文句を言ってしまうクレーマー。

対応する側は本当に大変だと思いますが、クレーマーになる人はどんな特徴を持っているのか見ていきたいと思います。


愚痴が多い

普段からクレームを付けることが多いタイプのクレーマーはクレームじゃなくても普段から愚痴が多い傾向が強いです。

仕事や家族の愚痴、知り合いの愚痴やテレビを言いながら文句を言ったりすることもよくあります。

あまりにも愚痴が多くて時には人に嫌われてしまうなんてことも。

良い所よりも悪い部分に目が行ってしまうことが多く、かなり精神的にイライラしていることが考えられます。

このようなタイプの人はSNSでも愚痴を書いたり毒を吐いたりしていることが多く、中々ストレスを発散することが難しいようです。

完璧主義

どうしてクレーマーがクレームばかり付けてしまうのかと言うと、その一つに完璧主義があるからということが挙げられます。

一般的なクレームとクレーマーが言うクレームと違う点は、後者の場合は本当にどうでも良いことで文句を付けることが多いことです。

少しでも駄目な部分があると納得することが出来ない為に文句を言いたくなってしまうのです。

自分から見て完璧だと思えるようじゃないと納得することが出来ないのです。

構ってちゃん

普通の人はクレームを言うことはあってもクレーマーまでになることは中々ありません。

その理由はクレームを言うことも精神力が必要なので面倒だからです。

けどクレーマーになる人達はクレームを言うことを疲れるとは思っておりません。

文句を言いながらもクレームを言うことで相手にコミュニケーションを求める言わば構ってちゃん体質の人が多いです。

相手から謝罪をして貰うことで構って欲しい自分の心を満たしている場合があります。

暇な人

クレーマーは忙しい人は絶対になりません。

暇な人であることの方が殆どです。

普通の人は忙しいのでクレームを言うことに労力を使いたくないので滅多にクレームを付けることもありません。

クレーマーがクレームを言う時に「忙しいから早くしろ」と言う人がよく言いますが、忙しいと言いつつも長々とクレームを言い続ける人が多いのも特徴です。

年配の人にクレーマーが多いのも子育ても仕事もしておらず時間がたっぷりあるからということも考えられます。

小さな変化に気付く人

他の人は気にもしないようなどうでもいいことに文句を付けるクレーマーですが、小さな変化によく気付く人とも言えます。

例えば少しだけ髪の毛を切った人を見て髪を切ったことに気付いたり、時にはいつもよりも元気がなさそうにしている他人に元気がないと気付くこともあります。

他の人は気づかないようなことも気付くのはメリットになる場合もありますが、悪い所も目に付いてしまう為にクレームを生んでしまうのです。

日々が充実していない

クレームをよく付けるクレーマーは日々の生活が充実していないと感じている人が多いようです。

家族がいても特別上手くいっているわけではなかったり、本当に心から信頼出来る友達がいない人もいます。

毎日が楽しくて充実している人であれば、クレームを言うなんてくだらないことに時間を使ったりすることはありません。

何も面白いことがない為に気に入らないと思う部分を見つけてはクレームを言ってしまい気を紛らわそうとしています。

自分が正しいと思い混んでいる

クレーマーの人達は基本的に自分のしていることや考えていることが正しいと思い込んでいます。

その為に自分の思っていることと違っていると文句を言わなければ気が済まなくなってしまうのです。

例え自分が間違っていることを思っていてそのことを他人から指摘されたとしても聞く耳なんて持ちません。

自分の考えが正しくて相手が間違っていると思っているからです。

このような人は話が噛み合わず何を言っても無駄です。

せこい人

ただ単に指摘や注意をしている人とクレーマーでは全然違います。

クレーマーはどうでもいいようなことまで指摘をします。

そんなクレーマーにはせこい考えを持っている人も沢山います。

店などに謝罪をさせて、お詫びとして商品をタダで貰おうとしたりお詫びの品を受け取りたいと考えてクレームを付けている人もいます。

以前ニュースになったことですが、せこいクレーマーが悪化すると嘘のクレームを付けてタダで商品を貰うという犯罪者になってしまう場合もあります。

せこい人はクレーマーの中では一番厄介なタイプだと言えるでしょう。

いかがでしたでしょうか。

クレーマーの特徴をご紹介させて頂きましたが皆さんの周りにもこのような人がいるのではないでしょうか。

基本的にクレーマーは自己中心的な考えを持っている人が多いですが、少し寂しがり屋で精神的にお疲れの人も多いです。

クレームを付けたくなった時はクレーマーのようにならずに相手に伝えるようにしなくてはなりません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-