【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171201142248.html
ヒモ女の特徴

ヒモ女の特徴 | LADYCO

LADYCO
ヒモ女の特徴

ヒモ女というのはヒモ男の女になるということであり、そんな男に尽くしてしまうということです。

どうしてそのようなことをしてしまうのでしょうか。

次の8つの特徴に注目してみましょう。

  • ルックスの良さに惹かれる
  • ヒモでも優しいところがある
  • どんな男でも彼氏が欲しい女
  • 押しに弱い女
  • 寂しくて一人でいたくない
  • シングルマザーの家庭で育った
  • 相手がヒモ男であることに気がつかない
  • 友人がいない女性
  • まとめ

1. ルックスの良さに惹かれる

ルックスの良さに惹かれる

ヒモ男というのは仕事もしない怠け者でお金の使い方なども荒い傾向にあり、とても信頼できない男ですが、そんな男性もルックスは比較的よくて、その外見に惹かれてしまうところがあるかもしれません。

男運がなく、あまり恋愛経験が少ないとそのようなヒモ男であったとしても、ルックスの良さとカッコよさで楽しいデートができることが嬉しいのであり、あくまで中身は意識せず、ルックスのいい彼がいることを他の人に自慢したいという気持ちになるのです。

2. ヒモでも優しいところがある

ヒモでも優しいところがある

女のお金で飯を食うような男というのはどうしようもないし仕事もできない男が女を幸せにできるわけがない、そのように思うものですが、それでも女性にはとっても優しく気を利かせてくれたり、これまでに男性からされたことがなかったようなレディファーストな動きをしてくれることで、その優しさに甘えたくなってしまいます。

ヒモの彼女になっても悪くないかも、そんな気持ちにさせてくれたり、女の気持ちがわかる男性ゆえに惹かれてしまうのです。

3. どんな男でも彼氏が欲しい女

どんな男でも彼氏が欲しい女

恋愛経験があまりに少なくて、この年齢で彼とのお付き合いがない、また処女であるということさえあるかもしれません。

そのような女性はとにかく彼氏が欲しいし、男を経験したいというモードでいっぱいなのです。

相手がヒモだろうとなにか怪しげな男性であろうと、男性とのお付き合いをしたいのであり、刺激的なものを提供してくれる男性であれば、構わないという気持ちになっています。

4. 押しに弱い女

押しに弱い女

ヒモ男というのは、狙った女性を見つけるとどんどん押してくるところがあります。

なんとか彼女の家に転がり込みたい気持ちで一心ですので、その熱意は相当なものがあるでしょう。

言葉巧みにくどき、あなたを必要としているということを言われると、それを断ることは難しいに違いありません。

一人暮らしだし、部屋もそこそこ広いという状況だと助けたくなるし、その押しに負けてしまい、受け入れることになるでしょう。

ヒモ男の女になるのです。

5. 寂しくて一人でいたくない

寂しくて一人でいたくない

特に大家族の中で育った女性は、一人暮らしという自分が出す音以外聞こえてこない静かな環境が苦手と感じることでしょう。

一人でいると寂しくてうつ病になってしまうのではないかというくらいに滅入ってしまうと、ヒモ男から声をかけられるとそれを受け入れてしまうかもしれません。

自分がうつ病になることを防いでくれる、家の中を明るくしてくれる、そんな男性がいてくれることを嬉しく思い、お付き合いをするようになります。

そして女性の一人暮らしは犯罪に巻き込まれる不安を抱えていますので、男性がいてくれることで安心できるという気持ちも働きます。

6. シングルマザーの家庭で育った

シングルマザーの家庭で育った

シングルマザーで育った家庭の女性は、男がいないのでかなりつらい経験をたくさんしてきたことでしょう。

お母さんはいつも仕事で家にいないことが多く、男性がいたらどんなに頼もしいだろう、そうしたことを考える機会は少なくありません。

自分の目の前に現れた男はヒモかもしれませんが、それでも家の中に男がいてくれるということがどんなに嬉しいかということを肌で感じています。

7. 相手がヒモ男であることに気がつかない

相手がヒモ男であることに気がつかない

相手の男性が実はヒモ男であるという認識が全くなく、お互いに助け合っている関係であるという見方をしているのかもしれません。

自分は住まいや生活費などで助け、彼は私の精神的な助けになってくれているので、これでバランスがいいという考え方です。

そんな考えを持ってしまうと確かに相手がヒモ男であるという認識ではないですし、お互いを必要としている特別な関係であり、それを楽しむかもしれません。

ですがその彼女はどんどん貯金を減らす生活へと落ちてしまうことでしょう。

8. 友人がいない女性

友人がいない女性

一人暮らしをしており、地方から引っ越ししたりしてきた女性だと友達を見つけることは簡単ではありません。

最初に出会った相手がヒモであったというケースだとその男性に夢中になってヒモの女でもいいという気持ちになりやすいです。

女友達がいればそのようなことにはならないし、男性を冷静に見れるのですが、相談相手がいないというのは、その人の視野を狭くし、今その時の感情だけで動いてしまうことが多くなるのです。

まとめ

ヒモ男というのは仕事もせずに女の金で生活しようという甘えた男であり、そのような男の女になるというのはリスクが大きいし、騙されてしまうことも少なくありません。

それをわかっていてもそうしたいという女性も多く、それだけ一人であるということの不安な気持ちが大きいのかもしれません。

とはいえそんな男にのめり込んでしまうとややこしいことに巻き込まれてしまうこともありますので注意したいところです。

ヒモ女というのはヒモ男の女になるということであり、そんな男に尽くしてしまうということです。

どうしてそのようなことをしてしまうのでしょうか。

次の8つの特徴に注目してみましょう。


ルックスの良さに惹かれる

ヒモ男というのは仕事もしない怠け者でお金の使い方なども荒い傾向にあり、とても信頼できない男ですが、そんな男性もルックスは比較的よくて、その外見に惹かれてしまうところがあるかもしれません。

男運がなく、あまり恋愛経験が少ないとそのようなヒモ男であったとしても、ルックスの良さとカッコよさで楽しいデートができることが嬉しいのであり、あくまで中身は意識せず、ルックスのいい彼がいることを他の人に自慢したいという気持ちになるのです。

ヒモでも優しいところがある

女のお金で飯を食うような男というのはどうしようもないし仕事もできない男が女を幸せにできるわけがない、そのように思うものですが、それでも女性にはとっても優しく気を利かせてくれたり、これまでに男性からされたことがなかったようなレディファーストな動きをしてくれることで、その優しさに甘えたくなってしまいます。

ヒモの彼女になっても悪くないかも、そんな気持ちにさせてくれたり、女の気持ちがわかる男性ゆえに惹かれてしまうのです。

どんな男でも彼氏が欲しい女

恋愛経験があまりに少なくて、この年齢で彼とのお付き合いがない、また処女であるということさえあるかもしれません。

そのような女性はとにかく彼氏が欲しいし、男を経験したいというモードでいっぱいなのです。

相手がヒモだろうとなにか怪しげな男性であろうと、男性とのお付き合いをしたいのであり、刺激的なものを提供してくれる男性であれば、構わないという気持ちになっています。

押しに弱い女

ヒモ男というのは、狙った女性を見つけるとどんどん押してくるところがあります。

なんとか彼女の家に転がり込みたい気持ちで一心ですので、その熱意は相当なものがあるでしょう。

言葉巧みにくどき、あなたを必要としているということを言われると、それを断ることは難しいに違いありません。

一人暮らしだし、部屋もそこそこ広いという状況だと助けたくなるし、その押しに負けてしまい、受け入れることになるでしょう。

ヒモ男の女になるのです。

寂しくて一人でいたくない

特に大家族の中で育った女性は、一人暮らしという自分が出す音以外聞こえてこない静かな環境が苦手と感じることでしょう。

一人でいると寂しくてうつ病になってしまうのではないかというくらいに滅入ってしまうと、ヒモ男から声をかけられるとそれを受け入れてしまうかもしれません。

自分がうつ病になることを防いでくれる、家の中を明るくしてくれる、そんな男性がいてくれることを嬉しく思い、お付き合いをするようになります。

そして女性の一人暮らしは犯罪に巻き込まれる不安を抱えていますので、男性がいてくれることで安心できるという気持ちも働きます。

シングルマザーの家庭で育った

シングルマザーで育った家庭の女性は、男がいないのでかなりつらい経験をたくさんしてきたことでしょう。

お母さんはいつも仕事で家にいないことが多く、男性がいたらどんなに頼もしいだろう、そうしたことを考える機会は少なくありません。

自分の目の前に現れた男はヒモかもしれませんが、それでも家の中に男がいてくれるということがどんなに嬉しいかということを肌で感じています。

相手がヒモ男であることに気がつかない

相手の男性が実はヒモ男であるという認識が全くなく、お互いに助け合っている関係であるという見方をしているのかもしれません。

自分は住まいや生活費などで助け、彼は私の精神的な助けになってくれているので、これでバランスがいいという考え方です。

そんな考えを持ってしまうと確かに相手がヒモ男であるという認識ではないですし、お互いを必要としている特別な関係であり、それを楽しむかもしれません。

ですがその彼女はどんどん貯金を減らす生活へと落ちてしまうことでしょう。

友人がいない女性

一人暮らしをしており、地方から引っ越ししたりしてきた女性だと友達を見つけることは簡単ではありません。

最初に出会った相手がヒモであったというケースだとその男性に夢中になってヒモの女でもいいという気持ちになりやすいです。

女友達がいればそのようなことにはならないし、男性を冷静に見れるのですが、相談相手がいないというのは、その人の視野を狭くし、今その時の感情だけで動いてしまうことが多くなるのです。

ヒモ男というのは仕事もせずに女の金で生活しようという甘えた男であり、そのような男の女になるというのはリスクが大きいし、騙されてしまうことも少なくありません。

それをわかっていてもそうしたいという女性も多く、それだけ一人であるということの不安な気持ちが大きいのかもしれません。

とはいえそんな男にのめり込んでしまうとややこしいことに巻き込まれてしまうこともありますので注意したいところです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-