【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171130122205.html
ファッションセンスがない女性の特徴

ファッションセンスがない女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
ファッションセンスがない女性の特徴

ファッションセンスが悪いと、中身まで大したことがないのではと思われてしまうかもしれません。

他の人からの評価を上げるためにも気をつけたいファッションセンスの9つの特徴を考えてみましょう。

  • 似合っていない
  • 極端な若作りの服
  • 奇抜で派手
  • アニメキャラクターの服
  • トータルコーディネートがない
  • いつも同じ服ばかり着る
  • サイズが合っていない
  • デザインが古い
  • 季節に合っていない場違いな服
  • まとめ

1. 似合っていない

似合っていない

その人と服がミスマッチと感じるときに、ファッションセンスがないと思われてしまいます。

それは自分の年齢と合っていないとか、髪型もあるのでしょうが、どちらかというとそうした視点がなくただ単に自分が好むものだけをいつも選んで着ているのかもしれません。

自分が着たいものと似合うかどうかは別問題であり、ファッションセンスが関係してきます。

2. 極端な若作りの服

極端な若作りの服

もう40代もすぐという年齢の女性が女子大生のような服装をしていれば、いくら多少童顔ではあったとしても肌の艶やシワという点ではやはり年相応に見られるものです。

周囲の人たちに若い、その年齢には見えないとおだてられたことで、若い恰好をしているのかもしれませんが、そのような女性は自分をわかっていませんし、明らかに浮いてしまっています。

センスを疑われてしまうことでしょう。

3. 奇抜で派手

奇抜で派手

奇抜で派手で目立ちたがりというのがありありの服を選ぶ女性はあまりファッションセンスがないように感じてしまいます。

もちろんそれが似合っているのであれば多少許せる部分もあるものの、明らかに趣味が悪い、奇抜で珍しいデザイン、品がない、そんな印象を与える服を好んで着るような女性はファッションセンスが悪く、そうしたことに気がついていません。

4. アニメキャラクターの服

アニメキャラクターの服

大好きな少女漫画とかのキャラクターのファンでそうした女の子に憧れているゆえにそうした漫画を意識したような服を着ることです。

そうした服は特別なお店にしか売っていなかったりしてプレミアム感やまた自分とかぶるような服を着る女性がいないことで優越感もあるのかもしれませんが、それも似合っていればの話であり、明らかにキャラだけが先行し、それに見合うような女性でないとセンスが悪いと思われることでしょう。

5. トータルコーディネートがない

トータルコーディネートがない

ある程度頑張っているものの、何かが足りないと感じるような服を着る女性です。

ある程度いい感じの服を選んでいるものの、色合いがよくなかったり、靴下だけがなんだか浮いているとか、服はいいけど靴がいまひとついう感じでトータルコーディネートがなっていません。

ファッションをもう少しお勉強した方がいいと感じるような、そんな服を身に着けています。

6. いつも同じ服ばかり着る

いつも同じ服ばかり着る

いつも同じ服ばかり着る女性もそう思われてしまうことがあります。

服のデザインがお気に入りで同じものを何着も色違いで持っているかもしれません。

本人はそれで着心地に満足しているかもしれませんが、いつもいつも同じ服を着ているように思えてファッションセンスを疑われてしまうかもしれません。

もっといろいろなデザインの服を着ればきれいでかわいく見えるのに、と思われるでしょう。

7. サイズが合っていない

サイズが合っていない

どんなにセンスがいいなあるいはブランドの服で高価なものを着ていたとしても、サイズが自分に合っていないと無理しているとか変とか思われてしまいます。

だぼだぼしているとか、きつすぎるとか、体の線を隠したいからゆったりしたサイズを着たりしているのかもしれませんが、似合っていません。

また以前はすっきりとした服だったのに自分が太ってしまっていて着ることがかなり難しくなっているのに頑張って着ているという女性は痛く見えてしまいます。

8. デザインが古い

デザインが古い

過去流行ったようなデザインというのは時代が過ぎると古びてしまうものです。

そんな服をいつまでも着ている女性というのはファッションセンスがないと思われるかもしれません。

時代遅れの古い服であることは誰が見てもわかるし、普通はそれを着る勇気がないものですが、堂々とそれを着て楽しんでいるように見える女性というのはセンスを疑われてしまうかもしれません。

9. 季節に合っていない場違いな服

季節に合っていない場違いな服

夏が近いのに冬の生地のような服や色合いのものを着ていたり、冬なのに夏でもあるかのような明るくて薄い生地の洋服を着ている女性です。

季節に合っていないので暑そうとか寒そうと思われてしまうし、服をあまり持っていないのかなという想像をされてしまうことさえあるでしょう。

またオフィスなのに遊びでも行くかのような洋服を着てくる女性というのはその場に合った服を着なければならないという思考があまりありません。

まとめ

良くも悪くもファッションというのはその人のセンスが表れます。

人は外見で判断されることは少なくなく、第一印象が悪いとそれがその女性の評価になってしまう可能性さえあります。

どんなときにも気を抜くことなく、いつも素敵なセンスの良い服を着るために勉強したり、周囲の人たちの服を選ぶセンスをチェックすることができるでしょう。

そして時々信頼できる友人や彼氏に自分のファッションセンスが良いかどうか尋ねることもできます。

ファッションセンスが悪いと、中身まで大したことがないのではと思われてしまうかもしれません。

他の人からの評価を上げるためにも気をつけたいファッションセンスの9つの特徴を考えてみましょう。


似合っていない

その人と服がミスマッチと感じるときに、ファッションセンスがないと思われてしまいます。

それは自分の年齢と合っていないとか、髪型もあるのでしょうが、どちらかというとそうした視点がなくただ単に自分が好むものだけをいつも選んで着ているのかもしれません。

自分が着たいものと似合うかどうかは別問題であり、ファッションセンスが関係してきます。

極端な若作りの服

もう40代もすぐという年齢の女性が女子大生のような服装をしていれば、いくら多少童顔ではあったとしても肌の艶やシワという点ではやはり年相応に見られるものです。

周囲の人たちに若い、その年齢には見えないとおだてられたことで、若い恰好をしているのかもしれませんが、そのような女性は自分をわかっていませんし、明らかに浮いてしまっています。

センスを疑われてしまうことでしょう。

奇抜で派手

奇抜で派手で目立ちたがりというのがありありの服を選ぶ女性はあまりファッションセンスがないように感じてしまいます。

もちろんそれが似合っているのであれば多少許せる部分もあるものの、明らかに趣味が悪い、奇抜で珍しいデザイン、品がない、そんな印象を与える服を好んで着るような女性はファッションセンスが悪く、そうしたことに気がついていません。

アニメキャラクターの服

大好きな少女漫画とかのキャラクターのファンでそうした女の子に憧れているゆえにそうした漫画を意識したような服を着ることです。

そうした服は特別なお店にしか売っていなかったりしてプレミアム感やまた自分とかぶるような服を着る女性がいないことで優越感もあるのかもしれませんが、それも似合っていればの話であり、明らかにキャラだけが先行し、それに見合うような女性でないとセンスが悪いと思われることでしょう。

トータルコーディネートがない

ある程度頑張っているものの、何かが足りないと感じるような服を着る女性です。

ある程度いい感じの服を選んでいるものの、色合いがよくなかったり、靴下だけがなんだか浮いているとか、服はいいけど靴がいまひとついう感じでトータルコーディネートがなっていません。

ファッションをもう少しお勉強した方がいいと感じるような、そんな服を身に着けています。

いつも同じ服ばかり着る

いつも同じ服ばかり着る女性もそう思われてしまうことがあります。

服のデザインがお気に入りで同じものを何着も色違いで持っているかもしれません。

本人はそれで着心地に満足しているかもしれませんが、いつもいつも同じ服を着ているように思えてファッションセンスを疑われてしまうかもしれません。

もっといろいろなデザインの服を着ればきれいでかわいく見えるのに、と思われるでしょう。

サイズが合っていない

どんなにセンスがいいなあるいはブランドの服で高価なものを着ていたとしても、サイズが自分に合っていないと無理しているとか変とか思われてしまいます。

だぼだぼしているとか、きつすぎるとか、体の線を隠したいからゆったりしたサイズを着たりしているのかもしれませんが、似合っていません。

また以前はすっきりとした服だったのに自分が太ってしまっていて着ることがかなり難しくなっているのに頑張って着ているという女性は痛く見えてしまいます。

デザインが古い

過去流行ったようなデザインというのは時代が過ぎると古びてしまうものです。

そんな服をいつまでも着ている女性というのはファッションセンスがないと思われるかもしれません。

時代遅れの古い服であることは誰が見てもわかるし、普通はそれを着る勇気がないものですが、堂々とそれを着て楽しんでいるように見える女性というのはセンスを疑われてしまうかもしれません。

季節に合っていない場違いな服

夏が近いのに冬の生地のような服や色合いのものを着ていたり、冬なのに夏でもあるかのような明るくて薄い生地の洋服を着ている女性です。

季節に合っていないので暑そうとか寒そうと思われてしまうし、服をあまり持っていないのかなという想像をされてしまうことさえあるでしょう。

またオフィスなのに遊びでも行くかのような洋服を着てくる女性というのはその場に合った服を着なければならないという思考があまりありません。

良くも悪くもファッションというのはその人のセンスが表れます。

人は外見で判断されることは少なくなく、第一印象が悪いとそれがその女性の評価になってしまう可能性さえあります。

どんなときにも気を抜くことなく、いつも素敵なセンスの良い服を着るために勉強したり、周囲の人たちの服を選ぶセンスをチェックすることができるでしょう。

そして時々信頼できる友人や彼氏に自分のファッションセンスが良いかどうか尋ねることもできます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-