【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171130090554.html
考えることが苦手な女性の特徴

考えることが苦手な女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
考えることが苦手な女性の特徴

考えることが苦手な女性はなんでも人任せにしたり、怠惰になってしまったりしやすい傾向にあります。

仕事で失敗しやすく人間関係も希薄になりやすい、そしてプライベートでは相手にされなくなる可能性もあるために、思考力を培いたいものです。

考えることが苦手な女性の特徴や原因の9つに迫ります。

  • 面倒くさがり
  • 会話することが少ない環境
  • 勉強嫌いである
  • 人に従いたい
  • 質問をされることを嫌う
  • 言われたことしかやれない
  • 決断できない
  • 甘えてしまっている
  • 要領が悪い
  • まとめ

1. 面倒くさがり

面倒くさがり

考えるというのは頭を使いますので、面倒だと感じている女性です。

ややこしいことは考えたくない、誰かの言いなりになってついていく方が良いという思考になっています。

そのような人はどんなことにも面倒だと感じるところがあり、だらしなさとかやる気をあまり感じない雰囲気が表れているでしょう。

2. 会話することが少ない環境

会話することが少ない環境

育った環境や今現在もあまり会話をすることが少なく、自分の世界に閉じこもってしまう傾向のある女性は、思考が弱くなってしまうことがあります。

会話をすることで刺激を受けるし、いろいろなこと考えるきっかけになるのですが、そうした環境にないことで、自分の狭い思考の中だけでいつも動いているようなところがあり、難しいことを考えるほど脳を使わなくなってしまっている可能性があります。

3. 勉強嫌いである

勉強嫌いである

学生時代から勉強嫌いなところがある女性も考えることが苦手です。

なにかを暗記することは苦手ではなくても、考えるということになると難しさを感じてしまいます。

特に勉強嫌いで、普段からいろいろな物事に、なぜだろうかという考える習慣がないとどうしても考える力が弱くなってしまいます。

4. 人に従いたい

人に従いたい

みんなと同じことをしたいので、そのままついていくことの安心感やあれこれと考えなくてもよいその気楽さの味を覚えてしまっている女性です。

考えるような場面が少なくなり、決定はいつも人まかせ、自分がついていくだけというスタイルの生活は考えることを苦手にさせ、自分の意見を言うことができなくなってしまう、あるいは自分の意見がない状態にしてしまいます。

5. 質問をされることを嫌う

質問をされることを嫌う

誰かに質問されることで、人は考えるようになるものですが、考えることが苦手な人は質問をされることを嫌います。

どう思いますかとか、なぜだと思いますか、そんな質問は特に自分の考えを問う質問であるために戸惑ってしまうことでしょう。

そして質問されることでその答えに自信がないために恥ずかしい気持ちになったり、相手が期待しているような答えを述べることができないために、質問されることを嫌うのです。

6. 言われたことしかやれない

言われたことしかやれない

仕事を覚えるときにはいろいろなことを考えるし、まずは言われた通りにその仕事をし、その中でわかってきたこと、あるいはこうしたこともできるのかなということに気づいたりするものです。

そのようにして仕事は覚えていくし、新しい発見をしていくのですが、考えることが苦手な女性は、言われたことしかしません、というよりもそれしかできない傾向にあります。

いろいろなことに気がつくことがなく、視野が狭いのである意味機械的に動くロボットのように単調なことしかできないのです。

7. 決断できない

決断できない

考えることが苦手な女性は決断力に欠けていることが多いです。

例えば二者択一のときでも、どっちが好きかを決めることができても、その双方のメリットやデメリット、なぜその決定がいいのかということがわかっていません。

ですから決めてもふらふらと迷ってしまったり、心配になったりしますし、結局のところ自分を持って決めることができないのです。

決定が遅いので他の人をイライラさせたり、せっかくのチャンスを逃すような残念な結果になってしまうことは少なくないでしょう。

8. 甘えてしまっている

甘えてしまっている

甘えてばかりの環境も考えることを苦手にしてしまうことがあります。

何でも親がしてくれるので、自分は何もしないという感じだと思考力は育ちませんし、仕事でもプライベートでも甘えてばかりという女性は、考えることが苦手であり、自分で決定すべきことまで他の人に決定してもらおうとします。

そんな人生の女性は自分ではなにもできなくなってしまうかもしれません。

9. 要領が悪い

要領が悪い

頭を使うことが苦手だとどうしても仕事が遅くなるし、なにかと動きがトロいと感じてしまうことでしょう。

要領が悪いのであり、こうすればもっと簡単にできることのアイデアが浮かばないのです。

情報を活用する能力が発達していないことも問題なのかもしれませんが、要領の悪さというのは他の人をイラつかせますし、輪を乱すことにもなりかねませんので注意が必要です。

まとめ

考えることが苦手な人は、怒られてばかりいるかもしれませんし、仕事が遅いゆえに自分に自信がない、自尊心を持つことができなかったりします。

1日や2日でそうした傾向が改善するものでもないので難しいところですが、とにかく勇気を出していろいろなことをやってみることで、そこから学ぶ姿勢で取り組めるかもしれません。

なにかをしないと考える力は培うことができないことは多いです。

考えることが苦手な女性はなんでも人任せにしたり、怠惰になってしまったりしやすい傾向にあります。

仕事で失敗しやすく人間関係も希薄になりやすい、そしてプライベートでは相手にされなくなる可能性もあるために、思考力を培いたいものです。

考えることが苦手な女性の特徴や原因の9つに迫ります。


面倒くさがり

考えるというのは頭を使いますので、面倒だと感じている女性です。

ややこしいことは考えたくない、誰かの言いなりになってついていく方が良いという思考になっています。

そのような人はどんなことにも面倒だと感じるところがあり、だらしなさとかやる気をあまり感じない雰囲気が表れているでしょう。

会話することが少ない環境

育った環境や今現在もあまり会話をすることが少なく、自分の世界に閉じこもってしまう傾向のある女性は、思考が弱くなってしまうことがあります。

会話をすることで刺激を受けるし、いろいろなこと考えるきっかけになるのですが、そうした環境にないことで、自分の狭い思考の中だけでいつも動いているようなところがあり、難しいことを考えるほど脳を使わなくなってしまっている可能性があります。

勉強嫌いである

学生時代から勉強嫌いなところがある女性も考えることが苦手です。

なにかを暗記することは苦手ではなくても、考えるということになると難しさを感じてしまいます。

特に勉強嫌いで、普段からいろいろな物事に、なぜだろうかという考える習慣がないとどうしても考える力が弱くなってしまいます。

人に従いたい

みんなと同じことをしたいので、そのままついていくことの安心感やあれこれと考えなくてもよいその気楽さの味を覚えてしまっている女性です。

考えるような場面が少なくなり、決定はいつも人まかせ、自分がついていくだけというスタイルの生活は考えることを苦手にさせ、自分の意見を言うことができなくなってしまう、あるいは自分の意見がない状態にしてしまいます。

質問をされることを嫌う

誰かに質問されることで、人は考えるようになるものですが、考えることが苦手な人は質問をされることを嫌います。

どう思いますかとか、なぜだと思いますか、そんな質問は特に自分の考えを問う質問であるために戸惑ってしまうことでしょう。

そして質問されることでその答えに自信がないために恥ずかしい気持ちになったり、相手が期待しているような答えを述べることができないために、質問されることを嫌うのです。

言われたことしかやれない

仕事を覚えるときにはいろいろなことを考えるし、まずは言われた通りにその仕事をし、その中でわかってきたこと、あるいはこうしたこともできるのかなということに気づいたりするものです。

そのようにして仕事は覚えていくし、新しい発見をしていくのですが、考えることが苦手な女性は、言われたことしかしません、というよりもそれしかできない傾向にあります。

いろいろなことに気がつくことがなく、視野が狭いのである意味機械的に動くロボットのように単調なことしかできないのです。

決断できない

考えることが苦手な女性は決断力に欠けていることが多いです。

例えば二者択一のときでも、どっちが好きかを決めることができても、その双方のメリットやデメリット、なぜその決定がいいのかということがわかっていません。

ですから決めてもふらふらと迷ってしまったり、心配になったりしますし、結局のところ自分を持って決めることができないのです。

決定が遅いので他の人をイライラさせたり、せっかくのチャンスを逃すような残念な結果になってしまうことは少なくないでしょう。

甘えてしまっている

甘えてばかりの環境も考えることを苦手にしてしまうことがあります。

何でも親がしてくれるので、自分は何もしないという感じだと思考力は育ちませんし、仕事でもプライベートでも甘えてばかりという女性は、考えることが苦手であり、自分で決定すべきことまで他の人に決定してもらおうとします。

そんな人生の女性は自分ではなにもできなくなってしまうかもしれません。

要領が悪い

頭を使うことが苦手だとどうしても仕事が遅くなるし、なにかと動きがトロいと感じてしまうことでしょう。

要領が悪いのであり、こうすればもっと簡単にできることのアイデアが浮かばないのです。

情報を活用する能力が発達していないことも問題なのかもしれませんが、要領の悪さというのは他の人をイラつかせますし、輪を乱すことにもなりかねませんので注意が必要です。

考えることが苦手な人は、怒られてばかりいるかもしれませんし、仕事が遅いゆえに自分に自信がない、自尊心を持つことができなかったりします。

1日や2日でそうした傾向が改善するものでもないので難しいところですが、とにかく勇気を出していろいろなことをやってみることで、そこから学ぶ姿勢で取り組めるかもしれません。

なにかをしないと考える力は培うことができないことは多いです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-