【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171127161534.html
不器用さを武器にした実は器用な女子の特徴

不器用さを武器にした実は器用な女子の特徴 | LADYCO

LADYCO
不器用さを武器にした実は器用な女子の特徴

「わたし不器用ですから…」「わたし、あんまり器用な方ではないので…」こういう女性まわりにたくさんいますね。

果たしてみなさん本当にそういうひとを「不器用な女性」と思っているのでしょうか。

そしてどう考えても不器用だと感じる女性の特徴とは。

ひとつひとつ紐解いていきましょう。

  • 「自分は不器用なんです」自己申告タイプ
  • リアルに不器用で自覚があって不器用さゆえに物事がうまく進まないと思っているタイプ
  • だれがどうみても不器用なんだけど気づいていないタイプ
  • 不器用なことはすでに分かっていて無駄な抵抗はしないわが道を行くタイプ
  • 本当は不器用なのに「自分は器用だわ」と陶酔しているタイプ
  • まとめ

1. 「自分は不器用なんです」自己申告タイプ

「自分は不器用なんです」自己申告タイプ

不器用であること、これはいまの時代はなにかが有利に働くようです。

会話の中で自分が不器用であること、またその背景を話し出す女性が増えて来ています。

話下手なことの言い訳なのか、心を開いてくれてなかなか人には言えない自分のコンプレックスを打ち明けてくれているのか。

よく考えてみましょう。

もしかしたら「不器用」を装った「器用」な女性かもしれません。

彼女をよーく観察してみてください。

一生懸命さを出していませんか。

悪気はないのです。

無意識に不器用と思い込みそう言ってしまっているのです。

そして不器用であることにそんなに真剣に悩んでいません。

2. リアルに不器用で自覚があって不器用さゆえに物事がうまく進まないと思っているタイプ

リアルに不器用で自覚があって不器用さゆえに物事がうまく進まないと思っているタイプ

確かに彼女の言動をみているとそうなのかもしれません。

本当に不器用で、真剣にそれに悩んでいるようです。

過去にだれかに「要領が悪い」などど言われたことがあるのでしょうか。

長年不器用であることにコンプレックスを抱いています。

なんにつけてもうまくことが運ばなかったら自分の不器用さを責めます。

またそれがぼやきとして口にでてしまうこともあるでしょう。

しかし、本人は知っています。

その不器用さは治らないんだと。

そして器用になる術も分かりません。

こういう女性には分かってもらいましょう。

原因は「不器用」がすべてではないことと彼女の魅力などを伝えてあげましょう。

そうしたら不器用な彼女はきっとそれに囚われずにこの先も生きていけるはずです。

3. だれがどうみても不器用なんだけど気づいていないタイプ

だれがどうみても不器用なんだけど気づいていないタイプ

本人には言えない。

冗談でも言えない。

言ってしまったら傷つけてしまう、というくらいに何でもかんでも不器用である女性。

まれにいらっしゃいます。

あまりにも不器用すぎて周りが必ずヘルプしてくれます。

不器用だからその施しすべてに感謝の気持ちを持っています。

かわいいのです。

個性的でありその不器用さが魅力でもあるのです。

まわりがついつい助けたくなるような不器用な女性、本人は気づいていないけど同性からするとうらやましがられるでしょう。

4. 不器用なことはすでに分かっていて無駄な抵抗はしないわが道を行くタイプ

不器用なことはすでに分かっていて無駄な抵抗はしないわが道を行くタイプ

ある早い段階で自分が不器用なことが分かっていてすでに良い意味で諦めている。

実は気にしているんだけど気にしていないふりをしています。

本当はとても繊細で心優しく、でもだれでもあることなんだけれどもどこかの時点で「不器用なのではないか」と気づき、 リアルに悩みぬいて結果、諦め、「私はこのスタイルを貫き通す」と決めている女性です。

頑なに意思を決めているため一見強い女性のように見えますが本当は誰よりも心優しき性格です。

ちょっとした言葉の掛け違いや相手の意外な反応で「びくっ」としてしまいます。

そして必要以上に気を使いだします。

それは彼女にとって大きなストレスとなるはずですが、解決するまで丁寧に時間をかけることができる女性です。

このタイプは「ツーカー」の関係であるのがベストであるでしょう。

案外常識人でもあるので細かい確認はしなくても大丈夫です。

強がってみえますが繊細な心の持ち主であることはお忘れなく。

5. 本当は不器用なのに「自分は器用だわ」と陶酔しているタイプ

本当は不器用なのに「自分は器用だわ」と陶酔しているタイプ

あえてなにも言わずにしてあげましょう。

所詮、不器用かそうでないかは個人レベルの価値観で大きく変わってきます。

だから一概に不器用だとは決め付けることは難しいかもしれません。

でもスムーズに生きているようで「あれ、なんでこういうところ、こんなに不器用なの。

意外」
と感じる女性もいるかもせいません。

そこ不器用だと感じたらそっと気づかない程度の手助けをしてあげてください。

不器用な理由というのはほとんどあなたよりそれについての経験値が浅いから、ということが多いでしょう。

まとめ

日本人の男女を含め、ほとんどの人たちが「自分は不器用だ」と思っているでしょう。

「自分は器用な人間です」なんて自分で言う人はめったにいませんね。

今回のタイプで言うと1番の「自分は不器用なんです」の自己申告タイプの女性は一番器用でしょう。

不器用であることの原因はいろいろあるのでしょうが、言葉、TPO、人間関係などからいえば世界的にみても 日本人というのは不器用をクリアできるツールは多くあるはずです。

それでも「不器用」という言葉がある以上はそれを超えられない根強いなにかがあるのでしょうね。

特に女性は論理的でなく感情で突き動かされたりする場合があり、不器用さが際立ってみえることがあるかもしれません。

「わたし不器用ですから…」「わたし、あんまり器用な方ではないので…」こういう女性まわりにたくさんいますね。

果たしてみなさん本当にそういうひとを「不器用な女性」と思っているのでしょうか。

そしてどう考えても不器用だと感じる女性の特徴とは。

ひとつひとつ紐解いていきましょう。


「自分は不器用なんです」自己申告タイプ

不器用であること、これはいまの時代はなにかが有利に働くようです。

会話の中で自分が不器用であること、またその背景を話し出す女性が増えて来ています。

話下手なことの言い訳なのか、心を開いてくれてなかなか人には言えない自分のコンプレックスを打ち明けてくれているのか。

よく考えてみましょう。

もしかしたら「不器用」を装った「器用」な女性かもしれません。

彼女をよーく観察してみてください。

一生懸命さを出していませんか。

悪気はないのです。

無意識に不器用と思い込みそう言ってしまっているのです。

そして不器用であることにそんなに真剣に悩んでいません。

リアルに不器用で自覚があって不器用さゆえに物事がうまく進まないと思っているタイプ

確かに彼女の言動をみているとそうなのかもしれません。

本当に不器用で、真剣にそれに悩んでいるようです。

過去にだれかに「要領が悪い」などど言われたことがあるのでしょうか。

長年不器用であることにコンプレックスを抱いています。

なんにつけてもうまくことが運ばなかったら自分の不器用さを責めます。

またそれがぼやきとして口にでてしまうこともあるでしょう。

しかし、本人は知っています。

その不器用さは治らないんだと。

そして器用になる術も分かりません。

こういう女性には分かってもらいましょう。

原因は「不器用」がすべてではないことと彼女の魅力などを伝えてあげましょう。

そうしたら不器用な彼女はきっとそれに囚われずにこの先も生きていけるはずです。

だれがどうみても不器用なんだけど気づいていないタイプ

本人には言えない。

冗談でも言えない。

言ってしまったら傷つけてしまう、というくらいに何でもかんでも不器用である女性。

まれにいらっしゃいます。

あまりにも不器用すぎて周りが必ずヘルプしてくれます。

不器用だからその施しすべてに感謝の気持ちを持っています。

かわいいのです。

個性的でありその不器用さが魅力でもあるのです。

まわりがついつい助けたくなるような不器用な女性、本人は気づいていないけど同性からするとうらやましがられるでしょう。

不器用なことはすでに分かっていて無駄な抵抗はしないわが道を行くタイプ

ある早い段階で自分が不器用なことが分かっていてすでに良い意味で諦めている。

実は気にしているんだけど気にしていないふりをしています。

本当はとても繊細で心優しく、でもだれでもあることなんだけれどもどこかの時点で「不器用なのではないか」と気づき、 リアルに悩みぬいて結果、諦め、「私はこのスタイルを貫き通す」と決めている女性です。

頑なに意思を決めているため一見強い女性のように見えますが本当は誰よりも心優しき性格です。

ちょっとした言葉の掛け違いや相手の意外な反応で「びくっ」としてしまいます。

そして必要以上に気を使いだします。

それは彼女にとって大きなストレスとなるはずですが、解決するまで丁寧に時間をかけることができる女性です。

このタイプは「ツーカー」の関係であるのがベストであるでしょう。

案外常識人でもあるので細かい確認はしなくても大丈夫です。

強がってみえますが繊細な心の持ち主であることはお忘れなく。

本当は不器用なのに「自分は器用だわ」と陶酔しているタイプ

あえてなにも言わずにしてあげましょう。

所詮、不器用かそうでないかは個人レベルの価値観で大きく変わってきます。

だから一概に不器用だとは決め付けることは難しいかもしれません。

でもスムーズに生きているようで「あれ、なんでこういうところ、こんなに不器用なの。

意外」
と感じる女性もいるかもせいません。

そこ不器用だと感じたらそっと気づかない程度の手助けをしてあげてください。

不器用な理由というのはほとんどあなたよりそれについての経験値が浅いから、ということが多いでしょう。

日本人の男女を含め、ほとんどの人たちが「自分は不器用だ」と思っているでしょう。

「自分は器用な人間です」なんて自分で言う人はめったにいませんね。

今回のタイプで言うと1番の「自分は不器用なんです」の自己申告タイプの女性は一番器用でしょう。

不器用であることの原因はいろいろあるのでしょうが、言葉、TPO、人間関係などからいえば世界的にみても 日本人というのは不器用をクリアできるツールは多くあるはずです。

それでも「不器用」という言葉がある以上はそれを超えられない根強いなにかがあるのでしょうね。

特に女性は論理的でなく感情で突き動かされたりする場合があり、不器用さが際立ってみえることがあるかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-