【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171127161347.html
人の真似しかできない女性の特徴

人の真似しかできない女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
人の真似しかできない女性の特徴

人の真似しかできない女性と言われたくないものですが、実際に真似する女性というのはどんな特徴があるのでしょうか。

次の9つの点に注目してみましょう。

  • 失敗が怖い
  • アイデアがない
  • 目標としている人がいる
  • スキルがないので真似から入りたい
  • 自分が知的で高い存在であるかのように見せたい
  • 自分がない
  • 趣味がコロコロ変わる
  • 他の人と同じ空気を吸っていたい
  • 人に流されやすい
  • まとめ

1. 失敗が怖い

失敗が怖い

人の真似しかできない女性は失敗することが怖いのかもしれません。

奇抜で斬新なことをすることのリスクと失敗したときの恥ずかしさというのがあり、できるだけ無難に生きる方が平安な思いでいることができるという気持ちかもしれません。

真似をすることも恥ずかしいという人もいると思いますが、そのような気持ちはその人にはないでしょう。

2. アイデアがない

アイデアがない

毎日単調なルーティンの繰り返しの人生を歩んでいる女性は特にやりたいこととかアイデアがなく、人がやっているのを見るとそれを真似てみたくなることがあります。

真似るという行為によって生活の中で刺激を入れてみたいという気持ちであり、自分の中では新しいことなので楽しいし興奮することになるでしょう。

3. 目標としている人がいる

目標としている人がいる

役割モデルのように誰か目標となるかっこいい生き方をしている人がいればそれを真似てみたくなるのではないでしょうか。

その人がどこかの海外旅行をして感動したということを語ればそこに真似て同じように行ってみたいと思うようになるし、その人がなにかを購入すればそれを自分も購入してみたくなることでしょう。

そのように目標にしている人のことを真似ることで、自分も少しでもその憧れの女性に近づくことができるという気持ちなのです。

4. スキルがないので真似から入りたい

スキルがないので真似から入りたい

新しいことにチャレンジしたいけどこれまで全く経験がない、そんな時にはまずは真似から入ることでノウハウを得ていくことがあります。

真似をすることで経験を積み少しずつスキルを身に着けるのであり、特に新しい職場では経験の長い上司の真似をすることもあるでしょう。

真似から入り、やがては自分のものにしていくことができます。

5. 自分が知的で高い存在であるかのように見せたい

自分が知的で高い存在であるかのように見せたい

自分の意見ではなくテレビやネットで観たコメンテーターのなるほどという意見を真似して、まるで自分の意見でもあるかのように友達に話すという女性は、そのように言うことによって自分がいかにも物事を深く考えている知的な女性であることを印象づけたいのかもしれません。

そして頭がいいというアピールを自然にすることになり、同時にそれは優越感だったり上から目線、あなたよりは上の存在であるかのような立場に就くような気持ちになるものです。

とはいえそんな女性は大したことがないのは言うまでもありません。

6. 自分がない

自分がない

どんな女性にも個性はあるものですが、自分がない、つまりすべてコピー人生であるかのように真似ばかりする女性というのは自分がありません。

自分が言うことすることは誰かがしていることであり、真似なので個性を出すことができないのです。

とはいえ身近にいない人の真似だと他の人からはそれがあなたの個性だねと思われるかもしれませんが、なんとなく人を欺いているかのような気持ちになることがあるでしょう。

7. 趣味がコロコロ変わる

趣味がコロコロ変わる

人の真似しかできない女性というのは趣味もコロコロ変わります。

つまりそれは真似する相手が変わったり、ターゲットの趣味が変われば自分も変わるのであり、その変化はわりと激しいかもしれません。

そして真似はしょせん真似ですので、自分に合わないと感じればすぐに止めてしまうし、強い決意を持ってそれをやり抜こうとか、とことんまで極めようという思いがありません。

ですから趣味はコロコロと変わるし、飽きやすさがあるでしょう。

8. 他の人と同じ空気を吸っていたい

他の人と同じ空気を吸っていたい

真似をすることで同じ仲間のように扱ってもらえる、その中に入っていたいという思いがあるかもしれません。

同じことをすることで変わり者と思われるのが嫌とか、思春期の若い人たちに多い傾向ですが、特に関心のないことでも友達がやっていると自分もやりたくなるのです。

とはいえ悪い習慣である夜遊びとかタバコやギャンブルといったものは真似ることで自分もつらい思いをするようになるかもしれませんので、良いものだけを真似るというスタイルが良いかもしれません。

9. 人に流されやすい

人に流されやすい

真似することしかできない女性は流行にも流されるし、近くにいる友人や彼氏にも流されやすいといえるでしょう。

自分に自信がないので他の人についていくことが習慣になっており、風が右に吹けば右に移動するという感じです。

人に流されることで振り回される人生そのものです。

まとめ

人の真似をするというのは意識をするかしないかの程度の違いがあるものの、ほとんどの人がそうしてきているものです。

とはいえ違いは真似をすることの思考に違いがあり、深く考えているかとかそのメリット、また自分なりのアレンジがそこにあるのかどうかなどによっても変わってきます。

ただ真似だけをする女性というのは、発想に乏しくアイデアがない、自信がないゆえにふらふらとしているような状態であり、そうした状態は見抜かれてしまうことでしょう。

人の真似しかできない女性と言われたくないものですが、実際に真似する女性というのはどんな特徴があるのでしょうか。

次の9つの点に注目してみましょう。


失敗が怖い

人の真似しかできない女性は失敗することが怖いのかもしれません。

奇抜で斬新なことをすることのリスクと失敗したときの恥ずかしさというのがあり、できるだけ無難に生きる方が平安な思いでいることができるという気持ちかもしれません。

真似をすることも恥ずかしいという人もいると思いますが、そのような気持ちはその人にはないでしょう。

アイデアがない

毎日単調なルーティンの繰り返しの人生を歩んでいる女性は特にやりたいこととかアイデアがなく、人がやっているのを見るとそれを真似てみたくなることがあります。

真似るという行為によって生活の中で刺激を入れてみたいという気持ちであり、自分の中では新しいことなので楽しいし興奮することになるでしょう。

目標としている人がいる

役割モデルのように誰か目標となるかっこいい生き方をしている人がいればそれを真似てみたくなるのではないでしょうか。

その人がどこかの海外旅行をして感動したということを語ればそこに真似て同じように行ってみたいと思うようになるし、その人がなにかを購入すればそれを自分も購入してみたくなることでしょう。

そのように目標にしている人のことを真似ることで、自分も少しでもその憧れの女性に近づくことができるという気持ちなのです。

スキルがないので真似から入りたい

新しいことにチャレンジしたいけどこれまで全く経験がない、そんな時にはまずは真似から入ることでノウハウを得ていくことがあります。

真似をすることで経験を積み少しずつスキルを身に着けるのであり、特に新しい職場では経験の長い上司の真似をすることもあるでしょう。

真似から入り、やがては自分のものにしていくことができます。

自分が知的で高い存在であるかのように見せたい

自分の意見ではなくテレビやネットで観たコメンテーターのなるほどという意見を真似して、まるで自分の意見でもあるかのように友達に話すという女性は、そのように言うことによって自分がいかにも物事を深く考えている知的な女性であることを印象づけたいのかもしれません。

そして頭がいいというアピールを自然にすることになり、同時にそれは優越感だったり上から目線、あなたよりは上の存在であるかのような立場に就くような気持ちになるものです。

とはいえそんな女性は大したことがないのは言うまでもありません。

自分がない

どんな女性にも個性はあるものですが、自分がない、つまりすべてコピー人生であるかのように真似ばかりする女性というのは自分がありません。

自分が言うことすることは誰かがしていることであり、真似なので個性を出すことができないのです。

とはいえ身近にいない人の真似だと他の人からはそれがあなたの個性だねと思われるかもしれませんが、なんとなく人を欺いているかのような気持ちになることがあるでしょう。

趣味がコロコロ変わる

人の真似しかできない女性というのは趣味もコロコロ変わります。

つまりそれは真似する相手が変わったり、ターゲットの趣味が変われば自分も変わるのであり、その変化はわりと激しいかもしれません。

そして真似はしょせん真似ですので、自分に合わないと感じればすぐに止めてしまうし、強い決意を持ってそれをやり抜こうとか、とことんまで極めようという思いがありません。

ですから趣味はコロコロと変わるし、飽きやすさがあるでしょう。

他の人と同じ空気を吸っていたい

真似をすることで同じ仲間のように扱ってもらえる、その中に入っていたいという思いがあるかもしれません。

同じことをすることで変わり者と思われるのが嫌とか、思春期の若い人たちに多い傾向ですが、特に関心のないことでも友達がやっていると自分もやりたくなるのです。

とはいえ悪い習慣である夜遊びとかタバコやギャンブルといったものは真似ることで自分もつらい思いをするようになるかもしれませんので、良いものだけを真似るというスタイルが良いかもしれません。

人に流されやすい

真似することしかできない女性は流行にも流されるし、近くにいる友人や彼氏にも流されやすいといえるでしょう。

自分に自信がないので他の人についていくことが習慣になっており、風が右に吹けば右に移動するという感じです。

人に流されることで振り回される人生そのものです。

人の真似をするというのは意識をするかしないかの程度の違いがあるものの、ほとんどの人がそうしてきているものです。

とはいえ違いは真似をすることの思考に違いがあり、深く考えているかとかそのメリット、また自分なりのアレンジがそこにあるのかどうかなどによっても変わってきます。

ただ真似だけをする女性というのは、発想に乏しくアイデアがない、自信がないゆえにふらふらとしているような状態であり、そうした状態は見抜かれてしまうことでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-