【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171127161320.html
人の言いなりになってしまう女性の特徴

人の言いなりになってしまう女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
人の言いなりになってしまう女性の特徴

人の言いなりになってしまう女性というのは、それをする方が良いと自覚しているか、あるいはそれ以外にできないと感じているかであり、賢いようにも思えるし、自分というものがない人にも見えます。

そのような女性の特徴を8つ取り上げてみましょう。

  • 自分に自信がない
  • 人と違うことをする勇気がない
  • 目立ちたくない恥ずかしがり屋である
  • 丸く収めようとする
  • なにが間違っているのかがわからない
  • かわいがられたい
  • 自己中心的
  • なぜという会話をしない
  • まとめ

1. 自分に自信がない

自分に自信がない

人の言いなりになってしまう女性というのは、自分に自信がありません。

失敗ばかりとか他の人と比べて明らかに自分は頭が悪いと感じている女性であり、その人には自尊心が欠如しており、自分で決定して上手くいくという感じを持つことができません。

ですから人の言いなりになりその人たちについていく方が自分で決めるよりも楽だし、失敗がないという気持ちなのです。

2. 人と違うことをする勇気がない

人と違うことをする勇気がない

言いなりになるというのは、ある意味人と違ったことをして浮いてしまうとか変な目で見られるかもしれないという思いを恐れるあまりに、人に従うしかないという気持ちになっています。

なにか新しいことをするだけのアイデアそのものを持っていますが、波風を立てたくないとか、今のままの方が問題が少ないかもしれないという気持ちになって発言をすることができません。

結局のところ、言いなりになるしかないと消極的な姿勢なのです。

3. 目立ちたくない恥ずかしがり屋である

目立ちたくない恥ずかしがり屋である

恥ずかしい気持ちをいつも持っていて内気な女性というのは言いなりになることを望んでいるところがあります。

他の人に従っていれば恥ずかしがるようなこともないし、恥をかくとしてもみんなと一緒であればそれほど不安ではないという集団心理のようなものかもしれません。

そのような女性は、あなたはどう思うの、と尋ねられると困ってしまい、自分の意見を言うことができないし、自分にそういう質問を振って欲しくないという思いになることでしょう。

4. 丸く収めようとする

丸く収めようとする

複数の対立する意見があるとそれをまとめるのはかなり大変であり議論ばかりで前に進めることができないかもしれません。

そんな時には誰かが折れていわば言いなりのようになる必要がありますが、それは必ずしも本意ではないものの、丸く収めるためにはそれがベストであるという考えゆえの決定です。

その決めた方法で失敗するようなことがあれば、それほど責任を負わずに済むかもしれないという逃げの姿勢もあるかもしれません。

5. なにが間違っているのかがわからない

なにが間違っているのかがわからない

他の人の言いなりになるというのは時に自分の考えとは違うことがあり、明らかに最善の決定ではないように思うのですが、周囲の人たちを説得できるほどのそのメリットとデメリットをはっきり述べることができない、つまり自分の中でその問題の整理がついていないゆえに、それに反論できるだけのものを持っていないのです。

うまく周囲の人たちを説得できる自信がないので言いなりになるしかないのです。

6. かわいがられたい

かわいがられたい

素直に言うことを聞いてくれる女性というのはかわいがられることが多く、優しく扱われることがわかっているので、自分の意見は封印し言いなりになることはあるでしょう。

特に職場では上司に歯向かうことなく、いつもはいはいと従ってくれることで、上司はかわいがってくれるし、なにかとその方が居心地のよい職場になるのです。

そのような女性は実は世渡り上手だったります。

7. 自己中心的

自己中心的

結局のところ言いなりになるというのは、その問題を真剣に考えていないことであり、自分勝手なところがあります。

つまりそれが正しいか正しくないかはその人にとっては重要ではないことであり、無関心ともいえます。

自分が楽であればそれでいい、という部分があり思考していません。

あまりにそんなことばかりしていると、誰かに指示してもらわないとなにもできなくなり、いつもいつも人に聞いて意見を求め、そうした人たちの意見がないと判断や決定ができなくなってしまうこともあります。

8. なぜという会話をしない

なぜという会話をしない

ねぜという言葉はその人の動機とか理由を聞く非常に優れた質問であり、このなぜという言葉はその決定に従い続けるための強い力になるものです。

人の言いなりになる女性はこの、なぜなぜという思考をすることがほとんどなく、イエスかノーかしかありません。

どうしてなのかということを普段考えることをしない女性は、深く考えることをしないために流されるし、自分というものがほとんどありません。

自分がなぜそれをするのかということを考えることは大きな決定をしそれに納得するために必要なのですが、それができない女性はあまり信頼されないかもしれません。

まとめ

人の言いなりになってしまう女性は、それが居心地が良くて楽と感じることが多く、責任を負いたがらないところがあります。

問題から逃げているともいえますし、ずる賢い女性のように見られることさえあるでしょう。

上司に気に入られることも多いとはいえ、そのような女性は自分を守っているだけであり、日本人女性の特徴のようにも思えます。

人の言いなりになってしまう女性というのは、それをする方が良いと自覚しているか、あるいはそれ以外にできないと感じているかであり、賢いようにも思えるし、自分というものがない人にも見えます。

そのような女性の特徴を8つ取り上げてみましょう。


自分に自信がない

人の言いなりになってしまう女性というのは、自分に自信がありません。

失敗ばかりとか他の人と比べて明らかに自分は頭が悪いと感じている女性であり、その人には自尊心が欠如しており、自分で決定して上手くいくという感じを持つことができません。

ですから人の言いなりになりその人たちについていく方が自分で決めるよりも楽だし、失敗がないという気持ちなのです。

人と違うことをする勇気がない

言いなりになるというのは、ある意味人と違ったことをして浮いてしまうとか変な目で見られるかもしれないという思いを恐れるあまりに、人に従うしかないという気持ちになっています。

なにか新しいことをするだけのアイデアそのものを持っていますが、波風を立てたくないとか、今のままの方が問題が少ないかもしれないという気持ちになって発言をすることができません。

結局のところ、言いなりになるしかないと消極的な姿勢なのです。

目立ちたくない恥ずかしがり屋である

恥ずかしい気持ちをいつも持っていて内気な女性というのは言いなりになることを望んでいるところがあります。

他の人に従っていれば恥ずかしがるようなこともないし、恥をかくとしてもみんなと一緒であればそれほど不安ではないという集団心理のようなものかもしれません。

そのような女性は、あなたはどう思うの、と尋ねられると困ってしまい、自分の意見を言うことができないし、自分にそういう質問を振って欲しくないという思いになることでしょう。

丸く収めようとする

複数の対立する意見があるとそれをまとめるのはかなり大変であり議論ばかりで前に進めることができないかもしれません。

そんな時には誰かが折れていわば言いなりのようになる必要がありますが、それは必ずしも本意ではないものの、丸く収めるためにはそれがベストであるという考えゆえの決定です。

その決めた方法で失敗するようなことがあれば、それほど責任を負わずに済むかもしれないという逃げの姿勢もあるかもしれません。

なにが間違っているのかがわからない

他の人の言いなりになるというのは時に自分の考えとは違うことがあり、明らかに最善の決定ではないように思うのですが、周囲の人たちを説得できるほどのそのメリットとデメリットをはっきり述べることができない、つまり自分の中でその問題の整理がついていないゆえに、それに反論できるだけのものを持っていないのです。

うまく周囲の人たちを説得できる自信がないので言いなりになるしかないのです。

かわいがられたい

素直に言うことを聞いてくれる女性というのはかわいがられることが多く、優しく扱われることがわかっているので、自分の意見は封印し言いなりになることはあるでしょう。

特に職場では上司に歯向かうことなく、いつもはいはいと従ってくれることで、上司はかわいがってくれるし、なにかとその方が居心地のよい職場になるのです。

そのような女性は実は世渡り上手だったります。

自己中心的

結局のところ言いなりになるというのは、その問題を真剣に考えていないことであり、自分勝手なところがあります。

つまりそれが正しいか正しくないかはその人にとっては重要ではないことであり、無関心ともいえます。

自分が楽であればそれでいい、という部分があり思考していません。

あまりにそんなことばかりしていると、誰かに指示してもらわないとなにもできなくなり、いつもいつも人に聞いて意見を求め、そうした人たちの意見がないと判断や決定ができなくなってしまうこともあります。

なぜという会話をしない

ねぜという言葉はその人の動機とか理由を聞く非常に優れた質問であり、このなぜという言葉はその決定に従い続けるための強い力になるものです。

人の言いなりになる女性はこの、なぜなぜという思考をすることがほとんどなく、イエスかノーかしかありません。

どうしてなのかということを普段考えることをしない女性は、深く考えることをしないために流されるし、自分というものがほとんどありません。

自分がなぜそれをするのかということを考えることは大きな決定をしそれに納得するために必要なのですが、それができない女性はあまり信頼されないかもしれません。

人の言いなりになってしまう女性は、それが居心地が良くて楽と感じることが多く、責任を負いたがらないところがあります。

問題から逃げているともいえますし、ずる賢い女性のように見られることさえあるでしょう。

上司に気に入られることも多いとはいえ、そのような女性は自分を守っているだけであり、日本人女性の特徴のようにも思えます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-