【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171127161109.html
トラブルメーカーになる女性の特徴

トラブルメーカーになる女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
トラブルメーカーになる女性の特徴

人間関係のトラブルと言うのはどこでも起こりうる事です。

今回はトラブルメーカーの特徴をいくつかご紹介させて頂きます。

  • 空気を読む事ができない
  • 相談相手を否定してしまう
  • 険のある言い方をしてしまう
  • 冗談になっていない
  • 人の悪口ばかり話す
  • 人の好きな物にケチをつける
  • 損な役を人任せにする
  • 怒ると逆ギレする
  • まとめ

1. 空気を読む事ができない

空気を読む事ができない

トラブルメーカーの女性にとても多いのが場の空気を読む事ができないと言うのが特徴です。

空気が読めないのではなく、読む事ができません。

友人が彼氏と別れた話を聞かされたりしても自分の話したい話題へと発展させるなどの空気を読めない女性はトラブルを起こす可能性が高くなっています。

上司が人と話している最中であっても自分の緊急の要件を早く済ませようと割って入ってしまったり自分優先の行動が多く見られます。

相手が何をしているのかを一目置いてから人と関わっていきましょう。

2. 相談相手を否定してしまう

相談相手を否定してしまう

深刻な話の相談を持ちかけてもらったにもかかわらず、相談相手の味方をする事無く自分が思っている言動を言ってしまう人にトラブルが多く見られます。

確かにそれは貴重な意見であるかもしれませんが、基本的には相談をしてくれた人の意見は思っていてもなるべく否定はせずにワンクッション置くような発言をしていきましょう。

相談相手からすると、意見が欲しいのではなく最も前提となるのは話を聞いてもらいたいとこから始まります。

相談をしてくれた相手の話をよく聞き、まずは「相談してくれてありがとう」との一言だけでその人の印象はかなり変わっていきます。

3. 険のある言い方をしてしまう

険のある言い方をしてしまう

言い方一つでもかなりのトラブルが起こります。

普通に話せば何とも無い事であっても険のあるような言い方をされてしまったらひとたまりもありません。

話す人の気力さえ失う事となります。

トラブルメーカーの人はその一つの出来事よりも進行中の出来事の過程からトラブルになってしまうケースも少なくありません。

物腰の柔らかい言い方を一つするだけで変わる事ができます。

いつも同じような状況でトラブルを起こしているのであれば、その一つを改善するだけでトラブルメーカーから抜け出せる事もできます。

4. 冗談になっていない

冗談になっていない

冗談とは本人と相手が冗談と受け止めてから始めて冗談の話題になります。

1人が不愉快な思いをしてしまった場合はそれは冗談とはなりません。

つい友人に本音を話してしまい、怒り出してしまったときに冗談だったと伝えてもそれは後の祭りとなってしまいます。

冗談が通じずに縁を切ってしまったなんて事もありますので、冗談を言う時は笑いが取れるか相手を傷つけないかを注意しながら冗談を言うようにしましょう。

5. 人の悪口ばかり話す

人の悪口ばかり話す

人の悪口と言うのは言われる方に問題があるのかもしれません。

しかし、トラブルメーカーの女性は比較的後先の事を考えずに人の悪口を話しています。

仲の良いうちは良いかもしれませんが、仲が悪くなってしまった場合の事を考えましょう。

どのように告げ口をされるかなど人間である以上、想像はつきません。

尚、悪口を聞いた場合でもその人には注意して下さい。

他の人の悪口を言っていると言う事は自分の悪口も言われている可能性は非常に高いです。

一緒になって悪口を言わないように注意してください。

6. 人の好きな物にケチをつける

人の好きな物にケチをつける

自分好みではない物だからと言って人の持ち物や服装などにはケチをつけないようにしましょう。

買い物の最中でも友人が一着の服に注目しているときでもその場で自分の思った事を発言しないようにしていきましょう。

基本的にはお店に入り最初に触れた商品と言うのは、その人が一番目が止まった商品と言う事になりますので、手に取ったら「それ似合いそうだね」などの発言をしてあげると相手も喜んでもらえます。

相手の動作をよく見る事もトラブルを防いでいくコツです。

7. 損な役を人任せにする

損な役を人任せにする

役割分担は決して公平ではなく、楽な物から大変な物まであります。

トラブルメーカーの人は自分が損をしたくないから真っ先に得をする物を最先端で選びます。

しかし、自分が楽な物を選んだら誰かが大変な物を選ぶ事になってしまうと言う認識は常にもっていた方が良いです。

適度なら良いですが、毎回そのように選り好みして選んでしまうと他から不満が出てしまうトラブルが起きてしまいます。

自分が損をする道を選ぶだけでトラブルを一つ回避できるのであれば、リスクはさほど大きくありませんのでトラブルを起こしたくないのであれば自分からたまにや損な役割を引き受ける必要もあります。

8. 怒ると逆ギレする

怒ると逆ギレする

トラブルを起こしやすい人の大半が言いたい事を強く言える人が多い傾向があります。

ですので、自分はいつも人には怒るけど、言われると逆ギレしてしまうだなんてよくある話です。

怒られるのは誰でも気分が良いものではありません。

逆ギレをされると言うのはそれ以上に気分の良い事ではありません。

ですので、相手の話をよく理解した上で自分が物事を言っても良いと言う見極めができたときに限っては言い返す事もありです。

しかし、相手の話を聞いて明らかに自分が悪い状況に置かれているのであれば、自分のために言ってくれていると言う気持ちを持って接してみてはどうでしょうか。

まとめ

トラブルメーカーの女性とは基本的に正直な人が多いです。

前向きであり、自分が思っている事を素直に伝えられたりなどそれが好きと言う男性も沢山います。

しかし、自分の起こしたトラブルは自分で後始末はしていきましょう。

むやみに関係の無い人を絡めて行く事はオススメできません。

人間関係のトラブルと言うのはどこでも起こりうる事です。

今回はトラブルメーカーの特徴をいくつかご紹介させて頂きます。


空気を読む事ができない

トラブルメーカーの女性にとても多いのが場の空気を読む事ができないと言うのが特徴です。

空気が読めないのではなく、読む事ができません。

友人が彼氏と別れた話を聞かされたりしても自分の話したい話題へと発展させるなどの空気を読めない女性はトラブルを起こす可能性が高くなっています。

上司が人と話している最中であっても自分の緊急の要件を早く済ませようと割って入ってしまったり自分優先の行動が多く見られます。

相手が何をしているのかを一目置いてから人と関わっていきましょう。

相談相手を否定してしまう

深刻な話の相談を持ちかけてもらったにもかかわらず、相談相手の味方をする事無く自分が思っている言動を言ってしまう人にトラブルが多く見られます。

確かにそれは貴重な意見であるかもしれませんが、基本的には相談をしてくれた人の意見は思っていてもなるべく否定はせずにワンクッション置くような発言をしていきましょう。

相談相手からすると、意見が欲しいのではなく最も前提となるのは話を聞いてもらいたいとこから始まります。

相談をしてくれた相手の話をよく聞き、まずは「相談してくれてありがとう」との一言だけでその人の印象はかなり変わっていきます。

険のある言い方をしてしまう

言い方一つでもかなりのトラブルが起こります。

普通に話せば何とも無い事であっても険のあるような言い方をされてしまったらひとたまりもありません。

話す人の気力さえ失う事となります。

トラブルメーカーの人はその一つの出来事よりも進行中の出来事の過程からトラブルになってしまうケースも少なくありません。

物腰の柔らかい言い方を一つするだけで変わる事ができます。

いつも同じような状況でトラブルを起こしているのであれば、その一つを改善するだけでトラブルメーカーから抜け出せる事もできます。

冗談になっていない

冗談とは本人と相手が冗談と受け止めてから始めて冗談の話題になります。

1人が不愉快な思いをしてしまった場合はそれは冗談とはなりません。

つい友人に本音を話してしまい、怒り出してしまったときに冗談だったと伝えてもそれは後の祭りとなってしまいます。

冗談が通じずに縁を切ってしまったなんて事もありますので、冗談を言う時は笑いが取れるか相手を傷つけないかを注意しながら冗談を言うようにしましょう。

人の悪口ばかり話す

人の悪口と言うのは言われる方に問題があるのかもしれません。

しかし、トラブルメーカーの女性は比較的後先の事を考えずに人の悪口を話しています。

仲の良いうちは良いかもしれませんが、仲が悪くなってしまった場合の事を考えましょう。

どのように告げ口をされるかなど人間である以上、想像はつきません。

尚、悪口を聞いた場合でもその人には注意して下さい。

他の人の悪口を言っていると言う事は自分の悪口も言われている可能性は非常に高いです。

一緒になって悪口を言わないように注意してください。

人の好きな物にケチをつける

自分好みではない物だからと言って人の持ち物や服装などにはケチをつけないようにしましょう。

買い物の最中でも友人が一着の服に注目しているときでもその場で自分の思った事を発言しないようにしていきましょう。

基本的にはお店に入り最初に触れた商品と言うのは、その人が一番目が止まった商品と言う事になりますので、手に取ったら「それ似合いそうだね」などの発言をしてあげると相手も喜んでもらえます。

相手の動作をよく見る事もトラブルを防いでいくコツです。

損な役を人任せにする

役割分担は決して公平ではなく、楽な物から大変な物まであります。

トラブルメーカーの人は自分が損をしたくないから真っ先に得をする物を最先端で選びます。

しかし、自分が楽な物を選んだら誰かが大変な物を選ぶ事になってしまうと言う認識は常にもっていた方が良いです。

適度なら良いですが、毎回そのように選り好みして選んでしまうと他から不満が出てしまうトラブルが起きてしまいます。

自分が損をする道を選ぶだけでトラブルを一つ回避できるのであれば、リスクはさほど大きくありませんのでトラブルを起こしたくないのであれば自分からたまにや損な役割を引き受ける必要もあります。

怒ると逆ギレする

トラブルを起こしやすい人の大半が言いたい事を強く言える人が多い傾向があります。

ですので、自分はいつも人には怒るけど、言われると逆ギレしてしまうだなんてよくある話です。

怒られるのは誰でも気分が良いものではありません。

逆ギレをされると言うのはそれ以上に気分の良い事ではありません。

ですので、相手の話をよく理解した上で自分が物事を言っても良いと言う見極めができたときに限っては言い返す事もありです。

しかし、相手の話を聞いて明らかに自分が悪い状況に置かれているのであれば、自分のために言ってくれていると言う気持ちを持って接してみてはどうでしょうか。

トラブルメーカーの女性とは基本的に正直な人が多いです。

前向きであり、自分が思っている事を素直に伝えられたりなどそれが好きと言う男性も沢山います。

しかし、自分の起こしたトラブルは自分で後始末はしていきましょう。

むやみに関係の無い人を絡めて行く事はオススメできません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-