【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171127133449.html
自分の話ばかりをしてしまう女性の特徴

自分の話ばかりをしてしまう女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
自分の話ばかりをしてしまう女性の特徴

自分の話ばかりをする女性というのは時にうるさいとかウザいと見られてしまうことがありますので注意が必要です。

そうならないためにも、これから注目する8つの自分の話ばかりをする女性の特徴を考慮してみましょう。

  • 自分の事しか考えていない
  • サービス精神がある
  • 話が長い
  • ネタに自信がある
  • 同情を得たい気持ちがある
  • 自慢したい
  • 話すことが趣味
  • 感情の豊かさがある
  • まとめ

1. 自分の事しか考えていない

自分の事しか考えていない

心に満ち溢れているものの中から人は語ると言われることがありますが、自分の事しか考えていないと自分のことしか言いません。

いつも自分のことを話したいという思考であり、それはいつもチャンスさえあれば話すという感じです。

自己中心的であり、自分のことを話すことで周囲の人たちから注目されたいという思いがあるのかもしれません。

そのような人の場合時に以前に聞いたことを何度も同じ相手に話してしまうことがあるために、その話聞いたと突っ込みたくなるような状況もあるでしょう。

面白い時もあるとはいえ、つまらないどうでもいいと感じる話も多いことでしょう。

2. サービス精神がある

サービス精神がある

話の場がなんとなくネタ切れしてしまう、また全体的に内気な人たちが多い場合に静かで居心地の良さがない時があります。

そんなときに自分のことを話すことでその場が明るくなることがありますので、サービス精神からそうしたことをする女性がいます。

ある程度話が好きで興味を持って聞いてくれるという自覚があるのかもしれませんが、話が大好きでそれを聞いてくれるおとなしい人たちが近くにいるというのは、その女性にとっては嬉しい環境でしょう。

3. 話が長い

話が長い

自分のことばかり話す人は時に話がどんどん広がっていき、話したいポイントからそれていき、とても長い話になってしまうことは少なくありません。

それの話の路線からの脱線も面白いとまだ聞けるのですが、聞いている人たちはつまらないと感じるし、聞きたい話が聞けないのでイライラすることさえあるでしょう。

話が長くてとりとめのない話というのは、それを聞いている側は時間を無駄にしたという気持ちになります。

4. ネタに自信がある

ネタに自信がある

自分の話ばかりする女性は、自分は話をするのが好きだし上手い、そして相手を楽しませることができるだけのネタを持っているという思いがあります。

ですから生き生きと自信を持って語ることができ、相手の目を見て堂々といろいろなことを話すことでしょう。

自分にはこうした特技のようなものを持っているという女性は、いつもネタ探しをしており、それを蓄えてから然るべきタイミングで出すことを狙っています。

5. 同情を得たい気持ちがある

同情を得たい気持ちがある

自分のことを話すことで同情の気持ちを得たいという思いがあります。

誰にも話さないとストレスがどんどん溜まっていくし、話す相手が身近にいないことで仕事場とか友人と会うとどうしても話を聞いてもらいたいという思いになります。

自分のつらい状況をわかってもらいたい、同情して欲しい、そんな気持ちが強いためにできるだけ自分のことを話したいのです。

6. 自慢したい

自慢したい

心のどこかに自慢したいという気持ちがあると自分のことを話したくなります。

素敵な出会いがあったとか良いブランド物の服を購入したとか、なにか人が羨むようなことをした時に、それを自慢したいという思いがあると、それを話したくなります。

自慢話というのは、自分の事の中でも他の人にとってあまり楽しい話ではないために、言い過ぎると避けられてしまうかもしれません。

7. 話すことが趣味

話すことが趣味

話すことほど楽しいものはない、そんな風に感じている女性はいわば話すことが趣味になっており、黙っていることができないほどです。

家庭環境が賑やかでいつもしゃべる明るい家庭だったのかもしれませんが、とにかく話すことが大好きであり、それをしないと欲求不満になってしまうほどです。

とはいえ口は災いのもとということわざがあるように、口が災いして余計な一言を言ってしまうこともあるでしょう。

8. 感情の豊かさがある

感情の豊かさがある

自分のことを良く話す女性は感情が豊かであり、喜怒哀楽のはっきりしている女性であり、それをいつも表に表しているといえるでしょう。

そんな女性が自分のことを話すときにも無表情ということはなく、気持ちの入った言葉をそれにぴったりの表情で話すし、感情豊かさと表情の変化は人を惹きつけるものとなるでしょう。

そして他の人から見てもわかりやすいし、自分のことを話してくれるので付き合いやすさがあります。

まとめ

自分の事ばかり話すというのは、本当はあまり良いことではありません。

自己中心的で他の人のことをあまり考えていないと思われるところがあるからです。

とはいえ自分のことを話すことで相手に親しみを持ってもらえるのも確かであり、それを明らかにすることで自分の弱さや特技、また趣味その他家庭環境まで背景となるいろいろなことを知ってもらい、理解を示してもらえますので、必ずしも悪いことではありません。

問題はいつも自分の話をすることが良くないのであり、その頻度をいつもではなく、時々にすることで良い人間関係を築くことができるでしょう。

自分の話ばかりをする女性というのは時にうるさいとかウザいと見られてしまうことがありますので注意が必要です。

そうならないためにも、これから注目する8つの自分の話ばかりをする女性の特徴を考慮してみましょう。


自分の事しか考えていない

心に満ち溢れているものの中から人は語ると言われることがありますが、自分の事しか考えていないと自分のことしか言いません。

いつも自分のことを話したいという思考であり、それはいつもチャンスさえあれば話すという感じです。

自己中心的であり、自分のことを話すことで周囲の人たちから注目されたいという思いがあるのかもしれません。

そのような人の場合時に以前に聞いたことを何度も同じ相手に話してしまうことがあるために、その話聞いたと突っ込みたくなるような状況もあるでしょう。

面白い時もあるとはいえ、つまらないどうでもいいと感じる話も多いことでしょう。

サービス精神がある

話の場がなんとなくネタ切れしてしまう、また全体的に内気な人たちが多い場合に静かで居心地の良さがない時があります。

そんなときに自分のことを話すことでその場が明るくなることがありますので、サービス精神からそうしたことをする女性がいます。

ある程度話が好きで興味を持って聞いてくれるという自覚があるのかもしれませんが、話が大好きでそれを聞いてくれるおとなしい人たちが近くにいるというのは、その女性にとっては嬉しい環境でしょう。

話が長い

自分のことばかり話す人は時に話がどんどん広がっていき、話したいポイントからそれていき、とても長い話になってしまうことは少なくありません。

それの話の路線からの脱線も面白いとまだ聞けるのですが、聞いている人たちはつまらないと感じるし、聞きたい話が聞けないのでイライラすることさえあるでしょう。

話が長くてとりとめのない話というのは、それを聞いている側は時間を無駄にしたという気持ちになります。

ネタに自信がある

自分の話ばかりする女性は、自分は話をするのが好きだし上手い、そして相手を楽しませることができるだけのネタを持っているという思いがあります。

ですから生き生きと自信を持って語ることができ、相手の目を見て堂々といろいろなことを話すことでしょう。

自分にはこうした特技のようなものを持っているという女性は、いつもネタ探しをしており、それを蓄えてから然るべきタイミングで出すことを狙っています。

同情を得たい気持ちがある

自分のことを話すことで同情の気持ちを得たいという思いがあります。

誰にも話さないとストレスがどんどん溜まっていくし、話す相手が身近にいないことで仕事場とか友人と会うとどうしても話を聞いてもらいたいという思いになります。

自分のつらい状況をわかってもらいたい、同情して欲しい、そんな気持ちが強いためにできるだけ自分のことを話したいのです。

自慢したい

心のどこかに自慢したいという気持ちがあると自分のことを話したくなります。

素敵な出会いがあったとか良いブランド物の服を購入したとか、なにか人が羨むようなことをした時に、それを自慢したいという思いがあると、それを話したくなります。

自慢話というのは、自分の事の中でも他の人にとってあまり楽しい話ではないために、言い過ぎると避けられてしまうかもしれません。

話すことが趣味

話すことほど楽しいものはない、そんな風に感じている女性はいわば話すことが趣味になっており、黙っていることができないほどです。

家庭環境が賑やかでいつもしゃべる明るい家庭だったのかもしれませんが、とにかく話すことが大好きであり、それをしないと欲求不満になってしまうほどです。

とはいえ口は災いのもとということわざがあるように、口が災いして余計な一言を言ってしまうこともあるでしょう。

感情の豊かさがある

自分のことを良く話す女性は感情が豊かであり、喜怒哀楽のはっきりしている女性であり、それをいつも表に表しているといえるでしょう。

そんな女性が自分のことを話すときにも無表情ということはなく、気持ちの入った言葉をそれにぴったりの表情で話すし、感情豊かさと表情の変化は人を惹きつけるものとなるでしょう。

そして他の人から見てもわかりやすいし、自分のことを話してくれるので付き合いやすさがあります。

自分の事ばかり話すというのは、本当はあまり良いことではありません。

自己中心的で他の人のことをあまり考えていないと思われるところがあるからです。

とはいえ自分のことを話すことで相手に親しみを持ってもらえるのも確かであり、それを明らかにすることで自分の弱さや特技、また趣味その他家庭環境まで背景となるいろいろなことを知ってもらい、理解を示してもらえますので、必ずしも悪いことではありません。

問題はいつも自分の話をすることが良くないのであり、その頻度をいつもではなく、時々にすることで良い人間関係を築くことができるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-