【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171126174729.html
同性の友達が少ない女性の特徴

同性の友達が少ない女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
同性の友達が少ない女性の特徴

男性からモテないわけではなく、男性の友達はいるのに、どういうわけか同性の友達が少ないという女性がいます。

そういう女性にはどんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

  • 恋愛体質で恋愛最優先
  • 男性の前では態度が変わる
  • 自慢話ばかりする
  • 上から目線で人に指示する
  • 「いっしょにいると恥ずかしい」と人に思われる
  • いない人の悪口を言う
  • まとめ

1. 恋愛体質で恋愛最優先

恋愛体質で恋愛最優先

彼氏ができると、彼氏に夢中になり、友達とのつきあいが極端に悪くなってしまうという女子が少なくありません。

もちろん、彼氏ができれば、友達よりも彼氏を優先するということはあるでしょう。

しかし、友達とのつきあいも大切です。

たとえば、前から友達といっしょに遊びにいく約束をしていたとしましょう。

その当日になって、彼氏が「会いたい」と言ってきたとします。

その場合は、彼氏に「友達との約束があるから」と伝えるのがふつうでしょう。

同性の友達が少ない女性はちがいます。

彼氏と緊急に会わなくてはならない理由はなかったとしても、彼氏を優先して、友達との約束をドタキャンしてしまうのです。

そういうことが何度もあれば、同性の友達が減ってしまうのは当然でしょう。

恋愛体質で恋愛最優先というのが、同性の友達が少ない女性の特徴です。

2. 男性の前では態度が変わる

男性の前では態度が変わる

同性の前と、男性の前とで、態度が極端に変わるというのも、同性の友達が少ない女性の特徴といっていいでしょう。

こういうタイプの女性は。

同性に対しては「素の自分」をさらします。

嫌なところや欠点も人に見せることができるのです。

ところが、男性を前にすると、人が変わったようにふるまうことが少なくありません。

「女としての魅力」を強くアピールし、男性によく思われようと媚びを売るのです。

女性は、同性のそうしたいやらしい態度、男性によく思われようとして媚びを売る態度に強い嫌悪を感じ、「許せない」と思うものです。

男性の前での態度が極端に変わる女性は、同性から敬遠されてしまうために、同性の友達が少ないのです。

3. 自慢話ばかりする

自慢話ばかりする

見栄っ張りな女性が少なくありません。

そういう女性の特徴は、「自慢話ばかりする」ということです。

人は時には、自慢話をしたくなることもあるでしょう。

しかし、多くの人は、自制して、なるべく自慢話をしないようにします。

それは「人の自慢話を聞かされるのは、楽しくない」ということを知っているからです。

つまり、相手を不快にさせないように、できるだけ自慢話を控えるのが、ふつうの人と言うことができるでしょう。

同性の友達が少ない女性は、そんな配慮をすることがありません。

見栄っ張りな性格で、少しでも自分をよく見せよう、大きく見せようとするため、平気で自慢話ばかりするのです。

そんな話を聞かされる相手は不快に感じるため、自慢話をする女性と友達になることはありません。

4. 上から目線で人に指示する

上から目線で人に指示する

自信家の女性には、「上から目線で人に接する」という傾向があります。

自分のほうが優れていると思っているために、人を見下すような言動をしてしまうのです。

こういうタイプの女性にありがちなのが、人に指示するということ。

たとえば、相手がいつも地味なファッションをしているとしましょう。

そうすると、「若いんだから、そんなおばさん臭いかっこうはやめて、もっと明るい華やかなファッションにしなさいよ」というように指示するのです。

その人は、それが好きで、シックな色合いの服装をしているのかもしれません。

それを、そんなふうに言われれば、いい気分はしません。

そんな指示をする人と友達になりたいとは思わないでしょう。

上から目線で人に指示すること、これも、同性の友達が少ない女性の特徴なのです。

5. 「いっしょにいると恥ずかしい」と人に思われる

「いっしょにいると恥ずかしい」と人に思われる

「彼女といっしょにいると恥ずかしい思いをする」と人に思われるのも、同性の友達が少ない女性の特徴でしょう。

たとえば、いっしょにスーパーへ買い物に行ったとしましょう。

タダでもらえる醤油の小袋などを、必要以上にたくさんもらおうとする女性がいます。

そんな人といっしょにいると、周囲の目を気にしなくてはなりません。

また、バイキングでいっしょに食事をするとき、あまりにがめつく料理をとりすぎて、結局食べ残すという人がいます。

そんな人といっしょにいると、恥ずかしい思いをしなければなりません。

マナー違反などをするために、「いっしょにいると恥ずかしい」と人に思われてしまうこと、これも同性の友達が少ない女性の特徴です。

6. いない人の悪口を言う

いない人の悪口を言う

人のうわさ話を好む女性がいます。

うわさ話をすること自体が悪いというわけではありません。

「あの人はすばらしい人だ」というような内容ならけっこうなことです。

しかし、残念なことに、うわさ話の多くはネガティブな内容になってしまうものです。

その場にいない人のことを話題にして、「あの人にはこういう良くないところがある」というように、その人のネガティブな話をすることが少なくありません。

こういう人は、誰に対しても、その場にいない人の悪口を言います。

相手は、自分も言われているに違いないと考えますから、できるだけかかわらないようにするのです。

これでは、同性の友達ができないのも仕方ありません。

いない人の悪口を言うというのが、同性の友達が少ない女性の特徴ということになるでしょう。

まとめ

異性の友達はいるのに、同性の友達は少ない女性に注目し、6つの特徴を紹介しました。

そのような女性のことを知るための参考になさって下さい。

「自分もそうだ」という自覚のある方は、セルフチェックしてみてはいかがでしょうか。

男性からモテないわけではなく、男性の友達はいるのに、どういうわけか同性の友達が少ないという女性がいます。

そういう女性にはどんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。


恋愛体質で恋愛最優先

彼氏ができると、彼氏に夢中になり、友達とのつきあいが極端に悪くなってしまうという女子が少なくありません。

もちろん、彼氏ができれば、友達よりも彼氏を優先するということはあるでしょう。

しかし、友達とのつきあいも大切です。

たとえば、前から友達といっしょに遊びにいく約束をしていたとしましょう。

その当日になって、彼氏が「会いたい」と言ってきたとします。

その場合は、彼氏に「友達との約束があるから」と伝えるのがふつうでしょう。

同性の友達が少ない女性はちがいます。

彼氏と緊急に会わなくてはならない理由はなかったとしても、彼氏を優先して、友達との約束をドタキャンしてしまうのです。

そういうことが何度もあれば、同性の友達が減ってしまうのは当然でしょう。

恋愛体質で恋愛最優先というのが、同性の友達が少ない女性の特徴です。

男性の前では態度が変わる

同性の前と、男性の前とで、態度が極端に変わるというのも、同性の友達が少ない女性の特徴といっていいでしょう。

こういうタイプの女性は。

同性に対しては「素の自分」をさらします。

嫌なところや欠点も人に見せることができるのです。

ところが、男性を前にすると、人が変わったようにふるまうことが少なくありません。

「女としての魅力」を強くアピールし、男性によく思われようと媚びを売るのです。

女性は、同性のそうしたいやらしい態度、男性によく思われようとして媚びを売る態度に強い嫌悪を感じ、「許せない」と思うものです。

男性の前での態度が極端に変わる女性は、同性から敬遠されてしまうために、同性の友達が少ないのです。

自慢話ばかりする

見栄っ張りな女性が少なくありません。

そういう女性の特徴は、「自慢話ばかりする」ということです。

人は時には、自慢話をしたくなることもあるでしょう。

しかし、多くの人は、自制して、なるべく自慢話をしないようにします。

それは「人の自慢話を聞かされるのは、楽しくない」ということを知っているからです。

つまり、相手を不快にさせないように、できるだけ自慢話を控えるのが、ふつうの人と言うことができるでしょう。

同性の友達が少ない女性は、そんな配慮をすることがありません。

見栄っ張りな性格で、少しでも自分をよく見せよう、大きく見せようとするため、平気で自慢話ばかりするのです。

そんな話を聞かされる相手は不快に感じるため、自慢話をする女性と友達になることはありません。

上から目線で人に指示する

自信家の女性には、「上から目線で人に接する」という傾向があります。

自分のほうが優れていると思っているために、人を見下すような言動をしてしまうのです。

こういうタイプの女性にありがちなのが、人に指示するということ。

たとえば、相手がいつも地味なファッションをしているとしましょう。

そうすると、「若いんだから、そんなおばさん臭いかっこうはやめて、もっと明るい華やかなファッションにしなさいよ」というように指示するのです。

その人は、それが好きで、シックな色合いの服装をしているのかもしれません。

それを、そんなふうに言われれば、いい気分はしません。

そんな指示をする人と友達になりたいとは思わないでしょう。

上から目線で人に指示すること、これも、同性の友達が少ない女性の特徴なのです。

「いっしょにいると恥ずかしい」と人に思われる

「彼女といっしょにいると恥ずかしい思いをする」と人に思われるのも、同性の友達が少ない女性の特徴でしょう。

たとえば、いっしょにスーパーへ買い物に行ったとしましょう。

タダでもらえる醤油の小袋などを、必要以上にたくさんもらおうとする女性がいます。

そんな人といっしょにいると、周囲の目を気にしなくてはなりません。

また、バイキングでいっしょに食事をするとき、あまりにがめつく料理をとりすぎて、結局食べ残すという人がいます。

そんな人といっしょにいると、恥ずかしい思いをしなければなりません。

マナー違反などをするために、「いっしょにいると恥ずかしい」と人に思われてしまうこと、これも同性の友達が少ない女性の特徴です。

いない人の悪口を言う

人のうわさ話を好む女性がいます。

うわさ話をすること自体が悪いというわけではありません。

「あの人はすばらしい人だ」というような内容ならけっこうなことです。

しかし、残念なことに、うわさ話の多くはネガティブな内容になってしまうものです。

その場にいない人のことを話題にして、「あの人にはこういう良くないところがある」というように、その人のネガティブな話をすることが少なくありません。

こういう人は、誰に対しても、その場にいない人の悪口を言います。

相手は、自分も言われているに違いないと考えますから、できるだけかかわらないようにするのです。

これでは、同性の友達ができないのも仕方ありません。

いない人の悪口を言うというのが、同性の友達が少ない女性の特徴ということになるでしょう。

異性の友達はいるのに、同性の友達は少ない女性に注目し、6つの特徴を紹介しました。

そのような女性のことを知るための参考になさって下さい。

「自分もそうだ」という自覚のある方は、セルフチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-