【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171126174336.html
ネトゲで嫌われる女子の特徴

ネトゲで嫌われる女子の特徴 | LADYCO

LADYCO
ネトゲで嫌われる女子の特徴

SNSでも人間関係は存在します。

同じSNSのグループにいるにもかかわらず、嫌われてしまう。

なぜか人から好かれないなど多岐に渡り様々なケースがあります。

今回はそのような特徴を描いていきましょう。

  • 声が可愛い
  • 1人の人に執着してしまう
  • 自己主張が強い
  • 女の子と関わろうとしない
  • 雪崩落ちをよくする
  • 一部の人しか分からない会話をする
  • 精神疾患を持っていると自分から告げる
  • 興味がある事にしか触れようとしない
  • まとめ

1. 声が可愛い

声が可愛い

ネトゲをやっているときに同時に音声通話などで情報を共有する事が多いはずです。

その時、特徴的な声であったり男性の耳が熱くなるほどの美声の持ち主であったりすると、色々な男性から相当数のアプローチをされる事があります。

SNSの中では、顔が声みたいなものでありリアルの世界で言えば人を選ぶときに顔を選ぶのと同様で声と言うのはその人の印象そのものです。

その為、男性関係でトラブルとなってしまうケースがかなり頻繁でせっかくネトゲで良いメンバーに恵まれたにもかかわらず、抜けてしまう事も多いです。

リアルで言えば、良い女性が他の人から妬まれるのと同じ状況です。

2. 1人の人に執着してしまう

1人の人に執着してしまう

SNSの世界でも一緒に過ごす時間は決して短くありません。

当然、その中で恋愛感情を抱いてしまう事も多々あります。

リアルの世界と違いSNSの世界では簡単に人との関わりを切る事ができますので「好き」と言う言葉を平然と発する事ができます。

女性からのアプローチも多く独占欲が強い女性では1人の人に執着してしまうケースも多くその人以外はどうでもいいような感情を持ってしまいます。

傍から見れば、「今はゲームを楽しむ時間だから」とあの子は場をわきまえることができないなどの感情を持ってしまいます。

みんなの前で1人の人に執着してしまうと嫌われたりします。

3. 自己主張が強い

自己主張が強い

とにかく、自分の事を知ってもらおうと自分らしさと言う面を全面的にアピールする人がいます。

リアルではコミュニケーションが苦手でSNS上ではとても強く主張できてしまう人もいます。

それだけだったらまだしも、相手の話を聞かなかったり、話を聞いていても最終的には自分の話をする事で満足してしまったりなど、一部の人からすれば「たかが、ネットの世界なんだから」などと思う部分は多いです。

主張をする事は大切ですが、それだけにならないようにしましょう。

4. 女の子と関わろうとしない

女の子と関わろうとしない

いつも関わるのは男性と決めている。

同じグループにいる女性に何も配慮をしなかったり自分が前々からいるメンバーの1人であったりすると、自分が一番大切にされたいとの理由で女の子に関わろうとしなかったりします。

その事をリーダーに伝える事ができず、自分のモラルで感づいて欲しいと言う気持ちを強く出します。

SNSでの関わりはあくまで人と人の関わりですから、そのような行為をしてしまうと女性だけではなく男性からも好かれなくなってしまいます。

5. 雪崩落ちをよくする

雪崩落ちをよくする

予定も無いと聞いていたのに、さっきまでずっと一緒に遊んでいたのに突然、よく話している男性が落ちてしまうと自分も落ちてしまうパターンです。

気持ちは分からなくありませんが、残ったメンバーでもゲームを楽しもうとせずにグループを抜けて他のグループに移動するだなんてよくある事です。

そのグループにずっと残りたいのであれば、雪崩はできるだけ用事が無ければしないようにしましょう。

どうしてもしたい場合には、最低でも10分ぐらいは様子を見て理由をつけて抜けるようにしていきましょう。

6. 一部の人しか分からない会話をする

一部の人しか分からない会話をする

みんなで会話をしているのに、リアルの世界で遠出に行ってきたなどの話を持ちかけてその時の写真などを自らが公開するパターンです。

送った写真は全員には送る事はせず、一部の人の意見を求めようとします。

その結果、送られた方も反応をせざるを得ない状況となってしまい空気の読めるメンバーでしたら会話をすり替えてくれますが、だいたいがその話へと流れてしまいます。

当然、送られてこなかった人は話題に入れる事ができず、その女性が話題の注目を浴びようとします。

みんながいる場面で1人の人に情報を公開するのは辞めましょう。

7. 精神疾患を持っていると自分から告げる

精神疾患を持っていると自分から告げる

インターネットの世界では精神疾患を持っている人がかなり存在しています。

何かしらのトラブルになって強い口調の良い合いになってしまったときなど「私は精神疾患を持っているから」などとよく言い訳をしてきます。

その改善策としてメンバーが伝えたとしても何かと理由をつけて結局は変わらないと言うパターンです。

心の病と言うのは誰にでもあります。

しかし、それは全員に理解があるものではありませんので本当に信頼をしている人のみにそういう情報は提供するようにしましょう。

8. 興味がある事にしか触れようとしない

興味がある事にしか触れようとしない

自分の分かる事に関しては積極的に話し始めたり、聞き入れてくれる事はしてくれますが自分の全く興味の無い事に関しては触れようとせず、ただその話題が終わるのを待つことなく自分がつまらなくなると抜けてしまいます。

メンバーに迷惑をかけてしまうと言う意識が全くありません。

そのため、嫌われたら他のグループに入れてもらうなどを行い転々としていきます。

多少、興味の無い事でも相槌を打つなど自分が話せる話題のときに入っていくなどの多少はしていきましょう。

まとめ

簡単に書かせて頂きましたが、これは一部にしか過ぎません。

人間相性と言うのはどこへ行ってもありますが、頻繁に追い出されてしまうのであればそう感じているのは1人ではないと言う意識を持ってもらうと嬉しいです。

ネットの世界で関係を保てない方はリアルの世界でも同じような支障を起こす方ではないでしょうか。

我慢してまでその場にいる必要はありませんが、ある程度の加減は覚えておいた方が良いです。

SNSでも人間関係は存在します。

同じSNSのグループにいるにもかかわらず、嫌われてしまう。

なぜか人から好かれないなど多岐に渡り様々なケースがあります。

今回はそのような特徴を描いていきましょう。


声が可愛い

ネトゲをやっているときに同時に音声通話などで情報を共有する事が多いはずです。

その時、特徴的な声であったり男性の耳が熱くなるほどの美声の持ち主であったりすると、色々な男性から相当数のアプローチをされる事があります。

SNSの中では、顔が声みたいなものでありリアルの世界で言えば人を選ぶときに顔を選ぶのと同様で声と言うのはその人の印象そのものです。

その為、男性関係でトラブルとなってしまうケースがかなり頻繁でせっかくネトゲで良いメンバーに恵まれたにもかかわらず、抜けてしまう事も多いです。

リアルで言えば、良い女性が他の人から妬まれるのと同じ状況です。

1人の人に執着してしまう

SNSの世界でも一緒に過ごす時間は決して短くありません。

当然、その中で恋愛感情を抱いてしまう事も多々あります。

リアルの世界と違いSNSの世界では簡単に人との関わりを切る事ができますので「好き」と言う言葉を平然と発する事ができます。

女性からのアプローチも多く独占欲が強い女性では1人の人に執着してしまうケースも多くその人以外はどうでもいいような感情を持ってしまいます。

傍から見れば、「今はゲームを楽しむ時間だから」とあの子は場をわきまえることができないなどの感情を持ってしまいます。

みんなの前で1人の人に執着してしまうと嫌われたりします。

自己主張が強い

とにかく、自分の事を知ってもらおうと自分らしさと言う面を全面的にアピールする人がいます。

リアルではコミュニケーションが苦手でSNS上ではとても強く主張できてしまう人もいます。

それだけだったらまだしも、相手の話を聞かなかったり、話を聞いていても最終的には自分の話をする事で満足してしまったりなど、一部の人からすれば「たかが、ネットの世界なんだから」などと思う部分は多いです。

主張をする事は大切ですが、それだけにならないようにしましょう。

女の子と関わろうとしない

いつも関わるのは男性と決めている。

同じグループにいる女性に何も配慮をしなかったり自分が前々からいるメンバーの1人であったりすると、自分が一番大切にされたいとの理由で女の子に関わろうとしなかったりします。

その事をリーダーに伝える事ができず、自分のモラルで感づいて欲しいと言う気持ちを強く出します。

SNSでの関わりはあくまで人と人の関わりですから、そのような行為をしてしまうと女性だけではなく男性からも好かれなくなってしまいます。

雪崩落ちをよくする

予定も無いと聞いていたのに、さっきまでずっと一緒に遊んでいたのに突然、よく話している男性が落ちてしまうと自分も落ちてしまうパターンです。

気持ちは分からなくありませんが、残ったメンバーでもゲームを楽しもうとせずにグループを抜けて他のグループに移動するだなんてよくある事です。

そのグループにずっと残りたいのであれば、雪崩はできるだけ用事が無ければしないようにしましょう。

どうしてもしたい場合には、最低でも10分ぐらいは様子を見て理由をつけて抜けるようにしていきましょう。

一部の人しか分からない会話をする

みんなで会話をしているのに、リアルの世界で遠出に行ってきたなどの話を持ちかけてその時の写真などを自らが公開するパターンです。

送った写真は全員には送る事はせず、一部の人の意見を求めようとします。

その結果、送られた方も反応をせざるを得ない状況となってしまい空気の読めるメンバーでしたら会話をすり替えてくれますが、だいたいがその話へと流れてしまいます。

当然、送られてこなかった人は話題に入れる事ができず、その女性が話題の注目を浴びようとします。

みんながいる場面で1人の人に情報を公開するのは辞めましょう。

精神疾患を持っていると自分から告げる

インターネットの世界では精神疾患を持っている人がかなり存在しています。

何かしらのトラブルになって強い口調の良い合いになってしまったときなど「私は精神疾患を持っているから」などとよく言い訳をしてきます。

その改善策としてメンバーが伝えたとしても何かと理由をつけて結局は変わらないと言うパターンです。

心の病と言うのは誰にでもあります。

しかし、それは全員に理解があるものではありませんので本当に信頼をしている人のみにそういう情報は提供するようにしましょう。

興味がある事にしか触れようとしない

自分の分かる事に関しては積極的に話し始めたり、聞き入れてくれる事はしてくれますが自分の全く興味の無い事に関しては触れようとせず、ただその話題が終わるのを待つことなく自分がつまらなくなると抜けてしまいます。

メンバーに迷惑をかけてしまうと言う意識が全くありません。

そのため、嫌われたら他のグループに入れてもらうなどを行い転々としていきます。

多少、興味の無い事でも相槌を打つなど自分が話せる話題のときに入っていくなどの多少はしていきましょう。

簡単に書かせて頂きましたが、これは一部にしか過ぎません。

人間相性と言うのはどこへ行ってもありますが、頻繁に追い出されてしまうのであればそう感じているのは1人ではないと言う意識を持ってもらうと嬉しいです。

ネットの世界で関係を保てない方はリアルの世界でも同じような支障を起こす方ではないでしょうか。

我慢してまでその場にいる必要はありませんが、ある程度の加減は覚えておいた方が良いです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-