【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171126145819.html
自分を安売りする女性の特徴

自分を安売りする女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
自分を安売りする女性の特徴

つい、自分を安売りしてしまう女性とはどういう特徴を持っているのでしょうか。

安売りする女と言われないための対策を考えていきましょう。

  • 1人でいるのが苦手
  • 人に怒れない
  • 女性の友達が少ない
  • 人との距離感が鈍い
  • 嫌われるのがイヤ
  • 恩恵を求めない
  • 下着が見えやすい
  • 男性との接点が少なく育った
  • まとめ

1. 1人でいるのが苦手

1人でいるのが苦手

自分を安売りしてしまう女性は基本的に寂しがりやで1人でいる事が苦手です。

そのため、男性からどこかへ誘われたとしても足ノリが軽くどこへでも平気でついて行ってしまうタイプです。

自分が1人でいる事が苦手なため、男性が「もう帰るの?寂しい」などの発言をされてしまうと、自分が1人でいる事が寂しいと知っているため相手の気持ちになってお話を聞いてしまいます。

男性を1人にさせないためにカバーしてあげるなど、人に優しくするなどの特徴を持っています。

2. 人に怒れない

人に怒れない

安売りしてしまう女性は人に怒ると言う事をあまりしません。

男性から「あの子には何かしても怒らないから大丈夫」などと甘く見られてしまう事があります。

理由がなければ必要以上に怒る必要はありませんが、そう思われないためには適度に人を断ると言う認識を持つようにしましょう。

男性とは弱い部分がある事に気づくとそこに漬け込んできます。

そういう部分を隠すためには誘いなどの受け入れを厳しくし、「二人で飲みに行こう」などの誘いには簡単には乗らず、よく考えてから行動するようにしていきましょう。

3. 女性の友達が少ない

女性の友達が少ない

女性よりも男性の方が友達が多いと言うのも安売りする女性と見られる事があります。

常に仲の良い男性と一緒にいる時間が長く女性との関わりが広くないと他の女性からすると安売りしているように見られる傾向は強く出ています。

一緒にいて男性の方が気持ちが楽と言う女性もいますが、女性同士の関係をある程度キープする必要はあります。

男性にとってはかなりの好都合であり、他の女性にも情報が漏れにくいメリットがあるのでアプローチしやすい女性と見られやすくなってしまいます。

適度な人間関係を保つようにしていきましょう。

4. 人との距離感が鈍い

人との距離感が鈍い

人とどこまでの関係に置かれているのか分からず、あまり深くないにもかかわらず色々な事を話してしまったりします。

親近感を持って人と関わると言うのはとても良い事なのですが、全ての人が良い人ではありません。

特に男性の場合、体目的で女性に近寄っていくパターンもあります。

ある程度の距離感が掴めるまでは余計な事は言わず、できるなら男性に有利な状況をなるべく作らないような意識を持つようにしていきましょう。

男性間だけではなく、女性同士でもトラブルになるケースは多々あります。

5. 嫌われるのがイヤ

嫌われるのがイヤ

男性の押しに弱く相手が可哀想だと言う感情を持ってしまいます。

もし、この状況で断ってしまったら自分は嫌われてしまう。

関わって貰えなくなってしまうなどのデメリットを考えて押し負けてしまう場合です。

100人居たとしたら、100人の人に好かれようと思ってもそれは非現実的な事であり、自分が嫌わなかったからと言って必ずしも自分の事を好いてくれるとは限りません。

もし、一度断ったぐらいで関係を辞めるような人であればそれはその人との人間関係ができていなかったと言う事です。

そのような関係の人はキープはしなくていいです。

6. 恩恵を求めない

恩恵を求めない

この人と関わるとどういうメリットがあるのかなど、本来、異性の相手と関わる事でメリットを持つ必要は無いとは言い切れません。

安売りしてしまう女性の特徴は自分が提供をしている物に対して見返りがあまり返ってこないだなんて事はよくある話です。

基本的には、女性は得をして良い生き物ですので男性にもメリットや恩恵に対する意識を少しでも持つようにしましょう。

自分はかなりの事を提供しているのに男性からの見返りが何一つこなかった場合は捨てられてしまっただなんて気持ちに陥りやすいので関わるメリットを持つようにしていきましょう。

7. 下着が見えやすい

下着が見えやすい

男性にとってはとても嬉しい事です。

宅飲みをしている最中などでも普通にひざを立てたりする事ができたり、胸元をあまり隠さなかったりなど些細な場面で下着が見えてしまうと男性に軽く見られる事が多いです。

あからさまに見えている物には興味が薄く、見えないからこそ男性にとっては面白みがあり男性の中では「自分に興味があると言うサイン」などと勘違いさせてしまいます。

安売りしてしまう女性の特徴は自分が気がつかない場面で下着が見えてしまう事があります。

8. 男性との接点が少なく育った

男性との接点が少なく育った

幼い頃から母親のみでずっと育てられてきたり、男性の兄弟がいなかったりなど男性との関わり方を持つことなく育ってきたパターンです。

どうしたら男性が喜ばれるのかと言う認識をうまく持てず、関わった男性には何でもしてしまう傾向があります。

学生時代も女子校から女子大に進学し、男性との接点が育った環境であまりに少ないと人肌恋しくなり、関わってくれた男性に安売りしてしまう事も少なくありません。

身近にずっとそばにいてくれた友人などがいたらまた話は別ですが、女性ばかりの環境で育ってしまうとそういう傾向は強くあります。

まとめ

安売りしてしまうと言うのは男性にとっては好都合ですが、女性にとってはかなりの後悔やトラウマなどにも響いてきます。

がむしゃらに寂しい思いが堪えられないときもありますが、そういうときは性行為を求める人よりも寂しさを紛らわせてくれる人を探しましょう。

つい、自分を安売りしてしまう女性とはどういう特徴を持っているのでしょうか。

安売りする女と言われないための対策を考えていきましょう。


1人でいるのが苦手

自分を安売りしてしまう女性は基本的に寂しがりやで1人でいる事が苦手です。

そのため、男性からどこかへ誘われたとしても足ノリが軽くどこへでも平気でついて行ってしまうタイプです。

自分が1人でいる事が苦手なため、男性が「もう帰るの?寂しい」などの発言をされてしまうと、自分が1人でいる事が寂しいと知っているため相手の気持ちになってお話を聞いてしまいます。

男性を1人にさせないためにカバーしてあげるなど、人に優しくするなどの特徴を持っています。

人に怒れない

安売りしてしまう女性は人に怒ると言う事をあまりしません。

男性から「あの子には何かしても怒らないから大丈夫」などと甘く見られてしまう事があります。

理由がなければ必要以上に怒る必要はありませんが、そう思われないためには適度に人を断ると言う認識を持つようにしましょう。

男性とは弱い部分がある事に気づくとそこに漬け込んできます。

そういう部分を隠すためには誘いなどの受け入れを厳しくし、「二人で飲みに行こう」などの誘いには簡単には乗らず、よく考えてから行動するようにしていきましょう。

女性の友達が少ない

女性よりも男性の方が友達が多いと言うのも安売りする女性と見られる事があります。

常に仲の良い男性と一緒にいる時間が長く女性との関わりが広くないと他の女性からすると安売りしているように見られる傾向は強く出ています。

一緒にいて男性の方が気持ちが楽と言う女性もいますが、女性同士の関係をある程度キープする必要はあります。

男性にとってはかなりの好都合であり、他の女性にも情報が漏れにくいメリットがあるのでアプローチしやすい女性と見られやすくなってしまいます。

適度な人間関係を保つようにしていきましょう。

人との距離感が鈍い

人とどこまでの関係に置かれているのか分からず、あまり深くないにもかかわらず色々な事を話してしまったりします。

親近感を持って人と関わると言うのはとても良い事なのですが、全ての人が良い人ではありません。

特に男性の場合、体目的で女性に近寄っていくパターンもあります。

ある程度の距離感が掴めるまでは余計な事は言わず、できるなら男性に有利な状況をなるべく作らないような意識を持つようにしていきましょう。

男性間だけではなく、女性同士でもトラブルになるケースは多々あります。

嫌われるのがイヤ

男性の押しに弱く相手が可哀想だと言う感情を持ってしまいます。

もし、この状況で断ってしまったら自分は嫌われてしまう。

関わって貰えなくなってしまうなどのデメリットを考えて押し負けてしまう場合です。

100人居たとしたら、100人の人に好かれようと思ってもそれは非現実的な事であり、自分が嫌わなかったからと言って必ずしも自分の事を好いてくれるとは限りません。

もし、一度断ったぐらいで関係を辞めるような人であればそれはその人との人間関係ができていなかったと言う事です。

そのような関係の人はキープはしなくていいです。

恩恵を求めない

この人と関わるとどういうメリットがあるのかなど、本来、異性の相手と関わる事でメリットを持つ必要は無いとは言い切れません。

安売りしてしまう女性の特徴は自分が提供をしている物に対して見返りがあまり返ってこないだなんて事はよくある話です。

基本的には、女性は得をして良い生き物ですので男性にもメリットや恩恵に対する意識を少しでも持つようにしましょう。

自分はかなりの事を提供しているのに男性からの見返りが何一つこなかった場合は捨てられてしまっただなんて気持ちに陥りやすいので関わるメリットを持つようにしていきましょう。

下着が見えやすい

男性にとってはとても嬉しい事です。

宅飲みをしている最中などでも普通にひざを立てたりする事ができたり、胸元をあまり隠さなかったりなど些細な場面で下着が見えてしまうと男性に軽く見られる事が多いです。

あからさまに見えている物には興味が薄く、見えないからこそ男性にとっては面白みがあり男性の中では「自分に興味があると言うサイン」などと勘違いさせてしまいます。

安売りしてしまう女性の特徴は自分が気がつかない場面で下着が見えてしまう事があります。

男性との接点が少なく育った

幼い頃から母親のみでずっと育てられてきたり、男性の兄弟がいなかったりなど男性との関わり方を持つことなく育ってきたパターンです。

どうしたら男性が喜ばれるのかと言う認識をうまく持てず、関わった男性には何でもしてしまう傾向があります。

学生時代も女子校から女子大に進学し、男性との接点が育った環境であまりに少ないと人肌恋しくなり、関わってくれた男性に安売りしてしまう事も少なくありません。

身近にずっとそばにいてくれた友人などがいたらまた話は別ですが、女性ばかりの環境で育ってしまうとそういう傾向は強くあります。

安売りしてしまうと言うのは男性にとっては好都合ですが、女性にとってはかなりの後悔やトラウマなどにも響いてきます。

がむしゃらに寂しい思いが堪えられないときもありますが、そういうときは性行為を求める人よりも寂しさを紛らわせてくれる人を探しましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-