【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171126140500.html
借金を作りやすい女性の特徴

借金を作りやすい女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
借金を作りやすい女性の特徴

お金を借りる事によって助けられる部分はありますが、その反面リスクは必ずと言ってついてくるものです。

借金を作る人の特徴をご紹介します。

  • 自己管理ができない
  • 後先考えない
  • よく嘘をつく
  • 図々しい
  • 金銭感覚がない
  • ギャンブルをする
  • 人に頼る
  • 人当たりが良い
  • まとめ

1. 自己管理ができない

自己管理ができない

借金をする人の多くは全てに対しての自己管理ができません。

使ってはいけないお金を使ってしまったり、体の事を考えずに食べ過ぎて肥満であったり、次の日に大切な用事があるのに早く寝ないで遅くまでゲームをして過ごしたりなど。

自己管理ができない部分の一つにお金の管理ができず、借金を作ってしまいます。

給料を貰ってもその日のうちに銀行からお金を下ろす事もあり給料間近になるといつもお金が無いと嘆く事も多々あります。

自己管理は意識していかないと手持ちのお金にまで影響があることは間違えないです。

2. 後先考えない

後先考えない

お金を借りるのは決してリスクの無い事ではありません。

最初は友人にお金を借りていましたが、貸してくれる人がいなくなってしまい消費者金融にお金を借りると言うケースがほとんどです。

お金を借りようとする人は相手の気持ちを考えると言う事を基本的にしません。

友人や家族からは無利子で借りられる事はありますが、消費者金融は金利を商売にしています。

借りたものを返すのではなく、借りた物に上乗せして返すと言う認識を甘く考えています。

後先を考えずに自分が今、必要な状況だけを考えてお金を借りようとしてしまいます。

3. よく嘘をつく

よく嘘をつく

借金をする人のほとんどに共通する事ですが、よく嘘をつきます。

本当は自分の娯楽のためにお金を借りたいけど、それでは友人の返事が必ずしもYESと返ってくるはずがありません。

そういうことを理解しているため、借金を作る際でも別の事情を作りお金を借りようとする人達がいます。

本当はキャバクラの女の子に貢ぐためにお金が必要だから、友人に「実家の家賃が払えないから5万円貸して」などと平気で嘘をついたりする事ができます。

お金を何に使うかと言う本心は本人にしか分かりませんので、理由を聞いても疑う必要は十分あります。

4. 図々しい

図々しい

当たり前かのように人に「タバコちょうだい」とか平気で言える人が多いです。

借金をする人はコミュニケーション能力が高い人が多く人と話す事にあまり抵抗がありません。

あまり関わりのない人にお金を貸してなどと平気で言えたり、手持ちのお金がないから払っといてなどのような図々しさがあります。

図太さが無い人には借金を作る理由がそもそもありません。

自分が得をしたいから娯楽に使いたいから自分の持っている物では足りないから借金を作る要因は生まれてきます。

5. 金銭感覚がない

金銭感覚がない

欲しい物の値段を見ないで買ってしまったり、値段を考えないで美味しい物を食べたりなど金銭感覚が無いからこそ借金はするものです。

学生から社会人に代わり一般的に金銭感覚と言うのはこの頃だいぶ変わってくるものです。

貰える給料が最低賃金であったとしても贅沢しなければ生活はすることはできます。

お金が無いと言うのは何か他の事にお金を費やしているからこそ足りなくなってしまったりするものです。

前の会社の収入が多く、転職先では安月給となってしまっても一度上がってしまった金銭感覚を戻すのは容易な事ではありません。

このようなタイプの人は借金をする事が多いです。

6. ギャンブルをする

ギャンブルをする

楽をしてお金を手に入れると言うのは誰もが夢を見る事です。

借金をする人の多くにギャンブル依存症な人が多くいます。

泡銭で娯楽を楽しんでお金を使いすぎてしまうなど、最初はギャンブルで勝っていた時のご褒美として娯楽にお金を費やしたりしていましたが、負けても娯楽の楽しさが忘れられずに同時進行でお金を使ってしまうパターンです。

所詮、ギャンブルは賭けた者同士のお金の取り合いであり最終的には主催者側が儲かる仕組みでできています。

ギャンブルを使うために借金してしまう人も多いです。

7. 人に頼る

人に頼る

何をするにしても人に頼ってくる人がいます。

お金も「きっと誰かがどうにかしてくれるだろう」などの気持ちが強く、人任せな事が多い人は借金を作ったりします。

人間誰でもそうですが、いざとなったら頼れるのは自分だけしかいません。

困った事や辛い事があるとすぐ人に相談をして話を聞いてもらったり、人に当たり前かのように平然と物を貸して欲しいと頼む事ができたりなどそういう一面も見られます。

お金に関しては人に頼れる部分には限度があります。

友人や大切な人を失いたくなければ、むやみに人にお金を貸してと言わないように心がけいきましょう。

8. 人当たりが良い

人当たりが良い

お金を借りられる人は案外、人当たりがよく会社で無口なタイプなどではありません。

よく喋るタイプであり、コミュニケーションを多く取ろうとします。

今までの自分の人生の過程で人と話す事で得をしてきた部分が強くかなり自分を押し出そうとする様子なども見られます。

人間性と借金は別物とはなりますが、本当に良い人間ならお金を借りる事を人に求めたりせず、黙って消費者金融でお金を借りていくパターンです。

ムードメーカーのタイプだからと言ってお金は貸さなければいけなものではありません。

どんな人間性であろうと、お金に関して人に頼ろうとするのは論外です。

まとめ

借金をする人には当然様々な理由やドラマがあります。

「金の切れ目は縁の切れ目」とよく聞きますが、実際そのとおりです。

人や消費者金融などからお金を借りてまで得られるものなどありません。

どうしても借りる際にはリスクとメリットをしっかりと考えましょう。

お金を借りる事によって助けられる部分はありますが、その反面リスクは必ずと言ってついてくるものです。

借金を作る人の特徴をご紹介します。


自己管理ができない

借金をする人の多くは全てに対しての自己管理ができません。

使ってはいけないお金を使ってしまったり、体の事を考えずに食べ過ぎて肥満であったり、次の日に大切な用事があるのに早く寝ないで遅くまでゲームをして過ごしたりなど。

自己管理ができない部分の一つにお金の管理ができず、借金を作ってしまいます。

給料を貰ってもその日のうちに銀行からお金を下ろす事もあり給料間近になるといつもお金が無いと嘆く事も多々あります。

自己管理は意識していかないと手持ちのお金にまで影響があることは間違えないです。

後先考えない

お金を借りるのは決してリスクの無い事ではありません。

最初は友人にお金を借りていましたが、貸してくれる人がいなくなってしまい消費者金融にお金を借りると言うケースがほとんどです。

お金を借りようとする人は相手の気持ちを考えると言う事を基本的にしません。

友人や家族からは無利子で借りられる事はありますが、消費者金融は金利を商売にしています。

借りたものを返すのではなく、借りた物に上乗せして返すと言う認識を甘く考えています。

後先を考えずに自分が今、必要な状況だけを考えてお金を借りようとしてしまいます。

よく嘘をつく

借金をする人のほとんどに共通する事ですが、よく嘘をつきます。

本当は自分の娯楽のためにお金を借りたいけど、それでは友人の返事が必ずしもYESと返ってくるはずがありません。

そういうことを理解しているため、借金を作る際でも別の事情を作りお金を借りようとする人達がいます。

本当はキャバクラの女の子に貢ぐためにお金が必要だから、友人に「実家の家賃が払えないから5万円貸して」などと平気で嘘をついたりする事ができます。

お金を何に使うかと言う本心は本人にしか分かりませんので、理由を聞いても疑う必要は十分あります。

図々しい

当たり前かのように人に「タバコちょうだい」とか平気で言える人が多いです。

借金をする人はコミュニケーション能力が高い人が多く人と話す事にあまり抵抗がありません。

あまり関わりのない人にお金を貸してなどと平気で言えたり、手持ちのお金がないから払っといてなどのような図々しさがあります。

図太さが無い人には借金を作る理由がそもそもありません。

自分が得をしたいから娯楽に使いたいから自分の持っている物では足りないから借金を作る要因は生まれてきます。

金銭感覚がない

欲しい物の値段を見ないで買ってしまったり、値段を考えないで美味しい物を食べたりなど金銭感覚が無いからこそ借金はするものです。

学生から社会人に代わり一般的に金銭感覚と言うのはこの頃だいぶ変わってくるものです。

貰える給料が最低賃金であったとしても贅沢しなければ生活はすることはできます。

お金が無いと言うのは何か他の事にお金を費やしているからこそ足りなくなってしまったりするものです。

前の会社の収入が多く、転職先では安月給となってしまっても一度上がってしまった金銭感覚を戻すのは容易な事ではありません。

このようなタイプの人は借金をする事が多いです。

ギャンブルをする

楽をしてお金を手に入れると言うのは誰もが夢を見る事です。

借金をする人の多くにギャンブル依存症な人が多くいます。

泡銭で娯楽を楽しんでお金を使いすぎてしまうなど、最初はギャンブルで勝っていた時のご褒美として娯楽にお金を費やしたりしていましたが、負けても娯楽の楽しさが忘れられずに同時進行でお金を使ってしまうパターンです。

所詮、ギャンブルは賭けた者同士のお金の取り合いであり最終的には主催者側が儲かる仕組みでできています。

ギャンブルを使うために借金してしまう人も多いです。

人に頼る

何をするにしても人に頼ってくる人がいます。

お金も「きっと誰かがどうにかしてくれるだろう」などの気持ちが強く、人任せな事が多い人は借金を作ったりします。

人間誰でもそうですが、いざとなったら頼れるのは自分だけしかいません。

困った事や辛い事があるとすぐ人に相談をして話を聞いてもらったり、人に当たり前かのように平然と物を貸して欲しいと頼む事ができたりなどそういう一面も見られます。

お金に関しては人に頼れる部分には限度があります。

友人や大切な人を失いたくなければ、むやみに人にお金を貸してと言わないように心がけいきましょう。

人当たりが良い

お金を借りられる人は案外、人当たりがよく会社で無口なタイプなどではありません。

よく喋るタイプであり、コミュニケーションを多く取ろうとします。

今までの自分の人生の過程で人と話す事で得をしてきた部分が強くかなり自分を押し出そうとする様子なども見られます。

人間性と借金は別物とはなりますが、本当に良い人間ならお金を借りる事を人に求めたりせず、黙って消費者金融でお金を借りていくパターンです。

ムードメーカーのタイプだからと言ってお金は貸さなければいけなものではありません。

どんな人間性であろうと、お金に関して人に頼ろうとするのは論外です。

借金をする人には当然様々な理由やドラマがあります。

「金の切れ目は縁の切れ目」とよく聞きますが、実際そのとおりです。

人や消費者金融などからお金を借りてまで得られるものなどありません。

どうしても借りる際にはリスクとメリットをしっかりと考えましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-