【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171125155119.html
あざとい女の特徴

あざとい女の特徴 | LADYCO

LADYCO
あざとい女の特徴

りこうでやり方が露骨な人、抜け目がないようだけれど、実は本性が見え見えな人ことを「あざとい」と言います。

では、あざとい女性にはどんな特徴があるのでしょうか。

  • 相手によって態度や言動を変える
  • 涙を見せて弱い女を演じる
  • 天然ぶる
  • ことさら人をほめる
  • 親切ぶる
  • 何かというと言い訳ばかり
  • まとめ

1. 相手によって態度や言動を変える

相手によって態度や言動を変える

あざとい女は、接する相手によって、態度や言動を変えます。

女性を相手にした時と、男性を相手にした時では、別人のような態度を見せるのが、あざとい女性の特徴と言っていいでしょう。

ただ単に、性別によって接し方を変えるだけではありません。

男性を相手にする場合でも、「好きな人」「嫌いな人」では、態度がまるで変ります。

また、女性に対する時でも、相手によって接し方は変わってきます。

たとえば、相手が職場の先輩であれば、下手に出て、愛想よくふるまいますが、相手が仕事のできない後輩社員だったりすると、上から目線になるのです。

そのように、相手に対する自分の感情や、相手との力関係、立場によって、接し方をがらりと変えるのが、あざとい女の人間関係に関する特徴と言うことになるでしょう。

2. 涙を見せて弱い女を演じる

涙を見せて弱い女を演じる

人前で涙を見せることが多いというのも、あざとい女の特徴でしょう。

子どもの頃ならともかく、大人になれば、女性であっても人前ではそうは泣かなくなるものです。

ふつうは、「人前で泣くのは恥ずかしい」と考え、泣きたいことがあってもがまんするものでしょう。

あざとい女は違います。

涙がこらえられないくらいの感情になっているために、涙を見せるのではありません。

弱い女、かわいそうな女を演じるために、意識的に泣いて見せるのです。

特に、男性を前にして、涙を見せることが少なくありません。

よく、「男は女の涙に弱い」といわれますが、女性の涙を見ると、「守ってあげたい。

何とかしてやりたい」
と感じるのが、男性心理と考えていいでしょう。

あざとい女は、そうした男性心理を知っています。

そのため、意図的に涙を流して見せるのです。

3. 天然ぶる

天然ぶる

自分を、実体とはちがったように見せるというのも、あざとい女の特徴の一つです。

「ぶりっ子」と呼ばれるタイプの女性がそれにあたりますが、ありがちなのが「天然ぶる」というケース。

天然タイプの女性は、男性から「かわいい」と思われます。

同性からも好感を持たれやすいと考えていいでしょう。

それを知っているあざとい女性は、実際にはけっして天然でないにもかかわらず、人前で天然を演じて見せるのです。

わざとドジなことをして見せたり、常識を外れたような言動をして見せます。

人と話をしていて、ふつうなら当然知っているはずのことを、「へー。

ぜんぜん知りませんでした」
と言って、相手を驚かせることも少なくありません。

「知ったかぶり」という言葉がありますが、「知らなかったぶり」をして、天然ぶりをアピールしようとするのが、あざとい女の特徴と言っていいでしょう。

4. ことさら人をほめる

ことさら人をほめる

あざとい女は、とにかく人のことをほめます。

人間、人からほめられれば、悪い気はしません。

特に男性は、女性からほめられると、つい鼻の下を伸ばしてしまうものでしょう。

あざとい女は、そうした男心をくすぐるために、ことさらほめます。

相手が女性であっても、自分よりも年齢や立場が上の女性の場合は、なんとかよいところを見つけて、ほめようとします。

そのことによって、相手から良く思われようとするわけですが、あざとい女性は「無理にほめる」ということが少なくありません。

何とかほめようと思っても、相手のよいところ、ほめられるところが見つからず、とってつけたようなお世辞になってしまうのです。

人をほめようという意識が強すぎるために、時として歯の浮くようなお世辞を口にしてしまうのが、あざとい女と言っていいでしょう。

5. 親切ぶる

親切ぶる

人に対して、いかにも親切そうなふるまいをするというのも、あざとい女の特徴でしょう。

たとえば、風邪で休んでいた職場の同僚が、元気になって出勤したとします。

そうすると、「大丈夫? 無理しないでね。

もしよかったら、仕事手伝おうか?

というように声をかけます。

しかし、本心から同僚のことを心配しているわけではけっしてありません。

心の中では、ぜんぜん心配などしておらず、「ほんとうに風邪、治ったの? うつさないでね」というようなことを考えているのです。

また、同僚の仕事を手伝おうという気持ちもまったくありません。

いかにも親切そうな言葉をかけて、いい人ぶるのが、あざとい女の特徴なのです。

6. 何かというと言い訳ばかり

何かというと言い訳ばかり

あざとい女には「言い訳が多い」という特徴もあります。

自分がミスをした時でも、「自分が悪かった」と頭を下げようとはしません。

何かしら理由をつけ、言い訳をします。

そこには「だから私は悪くない」という主張があると考えていいでしょう。

あざとい女は、人から悪く思われたくないという意識が強いため、なんとかして自分を正当化するのです。

実際には、そんな言い訳をすればするほど、人からの評価は低下します。

しかし、それに気づかず言い訳を繰り返すのが、あざとい女の浅薄なところと言わざるをえません。

まとめ

人から「彼女はあざとい」と思われてしまう女性について、主な特徴を紹介しました。

あざとい女性とはどういう人かを知るための参考になさってください。

りこうでやり方が露骨な人、抜け目がないようだけれど、実は本性が見え見えな人ことを「あざとい」と言います。

では、あざとい女性にはどんな特徴があるのでしょうか。


相手によって態度や言動を変える

あざとい女は、接する相手によって、態度や言動を変えます。

女性を相手にした時と、男性を相手にした時では、別人のような態度を見せるのが、あざとい女性の特徴と言っていいでしょう。

ただ単に、性別によって接し方を変えるだけではありません。

男性を相手にする場合でも、「好きな人」「嫌いな人」では、態度がまるで変ります。

また、女性に対する時でも、相手によって接し方は変わってきます。

たとえば、相手が職場の先輩であれば、下手に出て、愛想よくふるまいますが、相手が仕事のできない後輩社員だったりすると、上から目線になるのです。

そのように、相手に対する自分の感情や、相手との力関係、立場によって、接し方をがらりと変えるのが、あざとい女の人間関係に関する特徴と言うことになるでしょう。

涙を見せて弱い女を演じる

人前で涙を見せることが多いというのも、あざとい女の特徴でしょう。

子どもの頃ならともかく、大人になれば、女性であっても人前ではそうは泣かなくなるものです。

ふつうは、「人前で泣くのは恥ずかしい」と考え、泣きたいことがあってもがまんするものでしょう。

あざとい女は違います。

涙がこらえられないくらいの感情になっているために、涙を見せるのではありません。

弱い女、かわいそうな女を演じるために、意識的に泣いて見せるのです。

特に、男性を前にして、涙を見せることが少なくありません。

よく、「男は女の涙に弱い」といわれますが、女性の涙を見ると、「守ってあげたい。

何とかしてやりたい」
と感じるのが、男性心理と考えていいでしょう。

あざとい女は、そうした男性心理を知っています。

そのため、意図的に涙を流して見せるのです。

天然ぶる

自分を、実体とはちがったように見せるというのも、あざとい女の特徴の一つです。

「ぶりっ子」と呼ばれるタイプの女性がそれにあたりますが、ありがちなのが「天然ぶる」というケース。

天然タイプの女性は、男性から「かわいい」と思われます。

同性からも好感を持たれやすいと考えていいでしょう。

それを知っているあざとい女性は、実際にはけっして天然でないにもかかわらず、人前で天然を演じて見せるのです。

わざとドジなことをして見せたり、常識を外れたような言動をして見せます。

人と話をしていて、ふつうなら当然知っているはずのことを、「へー。

ぜんぜん知りませんでした」
と言って、相手を驚かせることも少なくありません。

「知ったかぶり」という言葉がありますが、「知らなかったぶり」をして、天然ぶりをアピールしようとするのが、あざとい女の特徴と言っていいでしょう。

ことさら人をほめる

あざとい女は、とにかく人のことをほめます。

人間、人からほめられれば、悪い気はしません。

特に男性は、女性からほめられると、つい鼻の下を伸ばしてしまうものでしょう。

あざとい女は、そうした男心をくすぐるために、ことさらほめます。

相手が女性であっても、自分よりも年齢や立場が上の女性の場合は、なんとかよいところを見つけて、ほめようとします。

そのことによって、相手から良く思われようとするわけですが、あざとい女性は「無理にほめる」ということが少なくありません。

何とかほめようと思っても、相手のよいところ、ほめられるところが見つからず、とってつけたようなお世辞になってしまうのです。

人をほめようという意識が強すぎるために、時として歯の浮くようなお世辞を口にしてしまうのが、あざとい女と言っていいでしょう。

親切ぶる

人に対して、いかにも親切そうなふるまいをするというのも、あざとい女の特徴でしょう。

たとえば、風邪で休んでいた職場の同僚が、元気になって出勤したとします。

そうすると、「大丈夫? 無理しないでね。

もしよかったら、仕事手伝おうか?

というように声をかけます。

しかし、本心から同僚のことを心配しているわけではけっしてありません。

心の中では、ぜんぜん心配などしておらず、「ほんとうに風邪、治ったの? うつさないでね」というようなことを考えているのです。

また、同僚の仕事を手伝おうという気持ちもまったくありません。

いかにも親切そうな言葉をかけて、いい人ぶるのが、あざとい女の特徴なのです。

何かというと言い訳ばかり

あざとい女には「言い訳が多い」という特徴もあります。

自分がミスをした時でも、「自分が悪かった」と頭を下げようとはしません。

何かしら理由をつけ、言い訳をします。

そこには「だから私は悪くない」という主張があると考えていいでしょう。

あざとい女は、人から悪く思われたくないという意識が強いため、なんとかして自分を正当化するのです。

実際には、そんな言い訳をすればするほど、人からの評価は低下します。

しかし、それに気づかず言い訳を繰り返すのが、あざとい女の浅薄なところと言わざるをえません。

人から「彼女はあざとい」と思われてしまう女性について、主な特徴を紹介しました。

あざとい女性とはどういう人かを知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-