【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171124170359.html
見栄っ張りな女性の特徴

見栄っ張りな女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
見栄っ張りな女性の特徴

見栄っ張りな女性の特徴をまとめてみました。あなたの周りには見栄っ張りな女性はいませんか?

  • 裕福である事を見せびらかしたい
  • 相手よりも優れているといいたい
  • 自慢話がしたい
  • コミュニケーションの1つ
  • 無能ではないと言う事を示したい
  • 見栄を張ることがステータスを確立している
  • 価値がある人間だと思われたい
  • ウソをつくことをなんとも思わない
  • まとめ

1. 裕福である事を見せびらかしたい

裕福である事を見せびらかしたい

お金をもっていると言う事は、ある意味裕福な生活が出来ると言う事です。

当然、お金があるから幸せになれるとは限りませんがお金がないよりもある方が、良い生活が出来ると言うのも事実です。

見栄っ張りな女性はその事を理解しています。

その為、そんなに高い食事ではいのに豪華な食事をしているように見せたり、一流のホテルではないのに、一流ホテルに泊まっているように見せたり、パーティに参加しているように見せたりする事で裕福だと相手に見せています。

2. 相手よりも優れているといいたい

相手よりも優れているといいたい

お金があると言う事は、優秀な仕事が出来てよい収入を得たり、収入の良いパートナーを見つけて結婚しているということで、他の人よりも私自身が優れていると言う事を周囲にアピールする材料の1つだと考えています。

そういう考えを持ってしまっている為、本来のありのままの自分よりも更に誇張した形で物事を伝えたりします。

自分は凄いんだと言う事を周囲の人に示したいという願望がある人こそ、見栄っ張りな女性に共通して言えます。

3. 自慢話がしたい

自慢話がしたい

見栄を張って話をすることで、自分が凄いと言う事や私はこんな事も出来るんだと言う事を周囲にアピールする為に見栄を張ります。

たいした事ではなくても、「凄かったのよ!」といって話を膨らませていきます。

自分が行なっている事や購入したものだけでなく、見たもの・聞いたものまでも全てが自慢話となります。

人から聞いたこともあたかも自分が見たかの様に話をします。

自慢話をする事で、周囲の注目を浴びて話題の中心に居たいという心理が働きます。

4. コミュニケーションの1つ

コミュニケーションの1つ

みんなの中の話題から取り残されないように見栄を張るというケースもあります。

周囲の人達が、夏休みに海外旅行に行くという話を聞いて自分も行かなければという気に成り、本当は別の場所に旅行に行ったのにもかかわらずあたかも海外旅行意行ったというような話をして会話を合わせると言うケースです。

こうした見栄を張る女性というのは、グループの中に入れなくなる事で疎外感を感じ、強い孤独感を持ってしまう人に多くいます。

見栄を張ってでも会話についていき、そのグループの一員であると認められる行為として見栄をはります。

5. 無能ではないと言う事を示したい

無能ではないと言う事を示したい

実際の事よりも物事を誇張して話すことがあります。

全くのウソでは無いのですが本当のことだけでは周囲が驚かないという思いから、見栄を張って話をして自分は能力があるんだということを示します。

他人と比較をしたときに、自分が優れているもしくは、私は無能ではないと言う事を示す為に見栄を張ります。

自分の中の承認欲求が強い女性に多く見られるのですが、周囲の人から認められたい私は無能ではないという事を強くアピールする為に見栄を張るのです。

6. 見栄を張ることがステータスを確立している

見栄を張ることがステータスを確立している

自分の中の地位や名誉と言ったものを確立する一つの手段です。

業績を上げるために実際に頑張ったのは社員(部下)で合ったとしても、部下の教育をしたのは上司(店長)の私だからと言う事で手柄を取ってしまうようなケースです。

企業からしてみれば、実際に業績を上げることに貢献しているのは頑張っている部下の営業マンであったとしても、他店の店長の前であたかも自分が指示を出した戦略かのように伝えることで、自分の地位や名誉を確立します。

特に女性は仕事上で男性と対等な立場に立つことが難しく、見栄を張って会議などに参加すると言う事も多くあります。

7. 価値がある人間だと思われたい

価値がある人間だと思われたい

人の心理としては、価値がある人とない人では価値がある人だと見られたいというのが欲求の中にあります。

少しでも多くの人に認められて自分の居場所を確保したいという心理から見栄を張ることで自分自身に価値があると言う事をアピールします。

最終的に価値がある人間に見られたいという思いが強く、実際に自分にはその能力が伴わない場合に見栄を張って存在をアピールするのです。

実際に能力が伴っていれば、見栄ではなく事実になりますが実力が伴わないのにもかかわらず、より高いところに価値があると思っているので、そのような行動に出ます。

8. ウソをつくことをなんとも思わない

ウソをつくことをなんとも思わない

見栄を張ると言う事は時にはウソをつくということになります。

しかし、そうしたウソをつくということに対しては何も感じず、いずれはそのウソがばれるかもしれないという事を恐れていません。

見栄を張り続けていい思いをすると言う事に快感を覚えてしまうと、誇張した言動などはウソではないと言い聞かせ見栄を張り続けてしまうのです。

見栄をはる女性はそうした会話をする事を何とも思いません。

まとめ

何よりも相手よりも優れていると思わせて優越感に浸ったり、周囲の人と一緒にいるためのコミュニケーションの1つとして見栄を張るという行動をとってしまいます。

見栄を張る女性は人間関係を円滑にする、または受け入れられるために取る手段の一つとなっています。

見栄っ張りな女性の特徴をまとめてみました。あなたの周りには見栄っ張りな女性はいませんか?


裕福である事を見せびらかしたい

お金をもっていると言う事は、ある意味裕福な生活が出来ると言う事です。

当然、お金があるから幸せになれるとは限りませんがお金がないよりもある方が、良い生活が出来ると言うのも事実です。

見栄っ張りな女性はその事を理解しています。

その為、そんなに高い食事ではいのに豪華な食事をしているように見せたり、一流のホテルではないのに、一流ホテルに泊まっているように見せたり、パーティに参加しているように見せたりする事で裕福だと相手に見せています。

相手よりも優れているといいたい

お金があると言う事は、優秀な仕事が出来てよい収入を得たり、収入の良いパートナーを見つけて結婚しているということで、他の人よりも私自身が優れていると言う事を周囲にアピールする材料の1つだと考えています。

そういう考えを持ってしまっている為、本来のありのままの自分よりも更に誇張した形で物事を伝えたりします。

自分は凄いんだと言う事を周囲の人に示したいという願望がある人こそ、見栄っ張りな女性に共通して言えます。

自慢話がしたい

見栄を張って話をすることで、自分が凄いと言う事や私はこんな事も出来るんだと言う事を周囲にアピールする為に見栄を張ります。

たいした事ではなくても、「凄かったのよ!」といって話を膨らませていきます。

自分が行なっている事や購入したものだけでなく、見たもの・聞いたものまでも全てが自慢話となります。

人から聞いたこともあたかも自分が見たかの様に話をします。

自慢話をする事で、周囲の注目を浴びて話題の中心に居たいという心理が働きます。

コミュニケーションの1つ

みんなの中の話題から取り残されないように見栄を張るというケースもあります。

周囲の人達が、夏休みに海外旅行に行くという話を聞いて自分も行かなければという気に成り、本当は別の場所に旅行に行ったのにもかかわらずあたかも海外旅行意行ったというような話をして会話を合わせると言うケースです。

こうした見栄を張る女性というのは、グループの中に入れなくなる事で疎外感を感じ、強い孤独感を持ってしまう人に多くいます。

見栄を張ってでも会話についていき、そのグループの一員であると認められる行為として見栄をはります。

無能ではないと言う事を示したい

実際の事よりも物事を誇張して話すことがあります。

全くのウソでは無いのですが本当のことだけでは周囲が驚かないという思いから、見栄を張って話をして自分は能力があるんだということを示します。

他人と比較をしたときに、自分が優れているもしくは、私は無能ではないと言う事を示す為に見栄を張ります。

自分の中の承認欲求が強い女性に多く見られるのですが、周囲の人から認められたい私は無能ではないという事を強くアピールする為に見栄を張るのです。

見栄を張ることがステータスを確立している

自分の中の地位や名誉と言ったものを確立する一つの手段です。

業績を上げるために実際に頑張ったのは社員(部下)で合ったとしても、部下の教育をしたのは上司(店長)の私だからと言う事で手柄を取ってしまうようなケースです。

企業からしてみれば、実際に業績を上げることに貢献しているのは頑張っている部下の営業マンであったとしても、他店の店長の前であたかも自分が指示を出した戦略かのように伝えることで、自分の地位や名誉を確立します。

特に女性は仕事上で男性と対等な立場に立つことが難しく、見栄を張って会議などに参加すると言う事も多くあります。

価値がある人間だと思われたい

人の心理としては、価値がある人とない人では価値がある人だと見られたいというのが欲求の中にあります。

少しでも多くの人に認められて自分の居場所を確保したいという心理から見栄を張ることで自分自身に価値があると言う事をアピールします。

最終的に価値がある人間に見られたいという思いが強く、実際に自分にはその能力が伴わない場合に見栄を張って存在をアピールするのです。

実際に能力が伴っていれば、見栄ではなく事実になりますが実力が伴わないのにもかかわらず、より高いところに価値があると思っているので、そのような行動に出ます。

ウソをつくことをなんとも思わない

見栄を張ると言う事は時にはウソをつくということになります。

しかし、そうしたウソをつくということに対しては何も感じず、いずれはそのウソがばれるかもしれないという事を恐れていません。

見栄を張り続けていい思いをすると言う事に快感を覚えてしまうと、誇張した言動などはウソではないと言い聞かせ見栄を張り続けてしまうのです。

見栄をはる女性はそうした会話をする事を何とも思いません。

何よりも相手よりも優れていると思わせて優越感に浸ったり、周囲の人と一緒にいるためのコミュニケーションの1つとして見栄を張るという行動をとってしまいます。

見栄を張る女性は人間関係を円滑にする、または受け入れられるために取る手段の一つとなっています。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-