【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171124110424.html
人見知りする女性の特徴

人見知りする女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
人見知りする女性の特徴

どう考えたって不利なように思えてしまうのが人見知りする女性です。

友情や愛情を築くには弊害となってしまわないのでしょうか。

特徴をまとめてみます。

  • どんどん一人が好きになっていく
  • 人見知りということで大目に見てもらおうとする
  • ナイーブな女性という印象を与えやすい
  • 優しい男性が気を遣ってくれるのを待っている
  • 人と接する機会が少ない仕事を選ぶ
  • 人の目を見て話せない
  • 社交的な人が苦手である
  • 同じタイプの人となら快適に過ごせる
  • まとめ

1. どんどん一人が好きになっていく

どんどん一人が好きになっていく

人見知りする女性は一人の方が気楽なのでなるべく一人で過ごそうとします。

学生ならグループ行動を避け、社会人なら飲み会に行かなかったり休憩時間に他の人とタイミングを合わせないようにしてしまいます。

周りは人見知りだということで遠慮して寄ってこなくなりますし、本人もますます一人の快適さを実感してさらに人見知りが完成されていきます。

2. 人見知りということで大目に見てもらおうとする

人見知りということで大目に見てもらおうとする

人見知りする女性は時々人見知りということで多めに見てもらおうと甘えることがあります。

「人見知りだから合コンは勘弁して」と誘いをあっさり断ってしまったり、上手く場を盛り上げられなかった時に「私、人見知りだから…」と言い訳をしてしまったりという感じです。

人見知りなら人の輪に入れなくても盛り上げることができなくても仕方ないという考えを持っていますし、そこにコンプレックスがあっても困ったときにだけそれを利用して逃げようとすることがあります。

3. ナイーブな女性という印象を与えやすい

ナイーブな女性という印象を与えやすい

人見知りな女性はナイーブな女性という印象を与え、同じタイプの人からは安心されて異性からは守ってあげたくなるような存在となります。

人見知りという性格が相手に好印象を与えることも時にはあるということです。

社交的な女性はガサツそうに見えたり遊び慣れているように思ってしまう人もいますから、人見知りということがかえって人に寄って来られることもあります。

4. 優しい男性が気を遣ってくれるのを待っている

優しい男性が気を遣ってくれるのを待っている

人見知りな女性は女の子グループの中ではそれなりに合わせてやり過ごす場合もありますが、男性の前では「私、人見知りなの…」という雰囲気を出して気を遣ってもらえるのを期待していることもあります。

優しい男性は集団の場で明るく楽しく過ごしている女性よりぽつんとつまらなそうにしている女性に声をかけてあげたくなります。

そんな男性が自分の存在に気づいて自分を招き入れてくれないかとにわかに待っています。

5. 人と接する機会が少ない仕事を選ぶ

人と接する機会が少ない仕事を選ぶ

仕事選びの際は人と接する機会の少ない職業を選ぶという特徴もあります。

接客業や営業職などはもってのほかであり、工場作業や事務職などを好みます。

しかし、どんな仕事でも社内での人付き合いや電話での対応などもありますし、完全に人と接することのない仕事などほぼありません。

そのせいで仕事のストレスを感じやすく仕事が辛くなっていきます。

急に休んだり仕事が長続きしないという心配もありそうです。

6. 人の目を見て話せない

人の目を見て話せない

人見知りの女性は人と目を合わせて話すのが恥ずかしくてたまりません。

そのため、目線をずらしてなるべく目が合わないようにと考えます。

相手は寂しく思ったり失礼だと感じる人もいて、不利な印象を与えることも多いのではないでしょうか。

一方的に話しているような気持ちにさせてしまうことによって友情や愛情を築くのにも弊害となり、自分の本音をわかってもらうこともなかなかできません。

7. 社交的な人が苦手である

社交的な人が苦手である

自分とは違うタイプの人間を理解できないという人は多いのではないでしょうか。

社交的な人から見れば人見知りの女性は過剰に人を警戒しているように見えます。

それが大げさに思えて飽きれてしまうような理解のない人もいますし、可哀相な目で見る人もいます。

社交的な人からのこんな理解のない様子によって人見知りの女性はますますコンプレックスに感じるようになってしまいます。

そしていつまでも人見知りから抜け出すことができません。

8. 同じタイプの人となら快適に過ごせる

同じタイプの人となら快適に過ごせる

人見知りの女性は同じタイプの人となら快適に過ごせます。

気を遣って会話をしようとしなくても相手は何も求めてきませんし、むしろお互いが好きなようにしていることが自由でいられるベストパートナーのように思え、最初に感じた印象以上に相手を気に入ってしまうこともあるでしょう。

人見知り同士なら盛り上がりに欠けますが、相手が言おうとしていることが手に取るようにわかるのでもめることもほとんどありません。

まとめ

いかがでしたか?

誰しも自分と似たタイプの楽に過ごせる相手を求めがちですが、それが人見知りということならその出会いも広げていくのは難しそうですね。

しかし、狭い人間関係だからこそ深めていけるということもあるのではないでしょうか。

限られた人付き合いの中で心から分かり合える気の合う仲になれるのであれば人見知りもそんなに悪くないのかもしれません。

また、人見知りであるおかげで仕事や趣味に没頭できたり、悪い人間との接触を避けられるというメリットもあります。

人見知りな女性は悲観ばかりせずそんなメリットも考えてポジティブに生きるようにしてみてください。

どう考えたって不利なように思えてしまうのが人見知りする女性です。

友情や愛情を築くには弊害となってしまわないのでしょうか。

特徴をまとめてみます。


どんどん一人が好きになっていく

人見知りする女性は一人の方が気楽なのでなるべく一人で過ごそうとします。

学生ならグループ行動を避け、社会人なら飲み会に行かなかったり休憩時間に他の人とタイミングを合わせないようにしてしまいます。

周りは人見知りだということで遠慮して寄ってこなくなりますし、本人もますます一人の快適さを実感してさらに人見知りが完成されていきます。

人見知りということで大目に見てもらおうとする

人見知りする女性は時々人見知りということで多めに見てもらおうと甘えることがあります。

「人見知りだから合コンは勘弁して」と誘いをあっさり断ってしまったり、上手く場を盛り上げられなかった時に「私、人見知りだから…」と言い訳をしてしまったりという感じです。

人見知りなら人の輪に入れなくても盛り上げることができなくても仕方ないという考えを持っていますし、そこにコンプレックスがあっても困ったときにだけそれを利用して逃げようとすることがあります。

ナイーブな女性という印象を与えやすい

人見知りな女性はナイーブな女性という印象を与え、同じタイプの人からは安心されて異性からは守ってあげたくなるような存在となります。

人見知りという性格が相手に好印象を与えることも時にはあるということです。

社交的な女性はガサツそうに見えたり遊び慣れているように思ってしまう人もいますから、人見知りということがかえって人に寄って来られることもあります。

優しい男性が気を遣ってくれるのを待っている

人見知りな女性は女の子グループの中ではそれなりに合わせてやり過ごす場合もありますが、男性の前では「私、人見知りなの…」という雰囲気を出して気を遣ってもらえるのを期待していることもあります。

優しい男性は集団の場で明るく楽しく過ごしている女性よりぽつんとつまらなそうにしている女性に声をかけてあげたくなります。

そんな男性が自分の存在に気づいて自分を招き入れてくれないかとにわかに待っています。

人と接する機会が少ない仕事を選ぶ

仕事選びの際は人と接する機会の少ない職業を選ぶという特徴もあります。

接客業や営業職などはもってのほかであり、工場作業や事務職などを好みます。

しかし、どんな仕事でも社内での人付き合いや電話での対応などもありますし、完全に人と接することのない仕事などほぼありません。

そのせいで仕事のストレスを感じやすく仕事が辛くなっていきます。

急に休んだり仕事が長続きしないという心配もありそうです。

人の目を見て話せない

人見知りの女性は人と目を合わせて話すのが恥ずかしくてたまりません。

そのため、目線をずらしてなるべく目が合わないようにと考えます。

相手は寂しく思ったり失礼だと感じる人もいて、不利な印象を与えることも多いのではないでしょうか。

一方的に話しているような気持ちにさせてしまうことによって友情や愛情を築くのにも弊害となり、自分の本音をわかってもらうこともなかなかできません。

社交的な人が苦手である

自分とは違うタイプの人間を理解できないという人は多いのではないでしょうか。

社交的な人から見れば人見知りの女性は過剰に人を警戒しているように見えます。

それが大げさに思えて飽きれてしまうような理解のない人もいますし、可哀相な目で見る人もいます。

社交的な人からのこんな理解のない様子によって人見知りの女性はますますコンプレックスに感じるようになってしまいます。

そしていつまでも人見知りから抜け出すことができません。

同じタイプの人となら快適に過ごせる

人見知りの女性は同じタイプの人となら快適に過ごせます。

気を遣って会話をしようとしなくても相手は何も求めてきませんし、むしろお互いが好きなようにしていることが自由でいられるベストパートナーのように思え、最初に感じた印象以上に相手を気に入ってしまうこともあるでしょう。

人見知り同士なら盛り上がりに欠けますが、相手が言おうとしていることが手に取るようにわかるのでもめることもほとんどありません。

いかがでしたか?

誰しも自分と似たタイプの楽に過ごせる相手を求めがちですが、それが人見知りということならその出会いも広げていくのは難しそうですね。

しかし、狭い人間関係だからこそ深めていけるということもあるのではないでしょうか。

限られた人付き合いの中で心から分かり合える気の合う仲になれるのであれば人見知りもそんなに悪くないのかもしれません。

また、人見知りであるおかげで仕事や趣味に没頭できたり、悪い人間との接触を避けられるというメリットもあります。

人見知りな女性は悲観ばかりせずそんなメリットも考えてポジティブに生きるようにしてみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-