【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171123171229.html
被害者面する女性の特徴

被害者面する女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
被害者面する女性の特徴

何かトラブルが起きた時に、毎回被害者のように振る舞う人がいます。

そのような人には、どのような特徴があるのでしょうか。

  • 本気で被害者だと思っている
  • 周囲に心配されたい
  • 責任から逃れたい
  • 心の安定を得ろうとしている
  • 他者のことを陥れようとしている
  • 他者に悪く思われたくない
  • すぐに涙を流せる
  • 被害者のように見せるのが上手い
  • 相手との関係を早く絶ちきりたいと思っている
  • まとめ

1. 本気で被害者だと思っている

本気で被害者だと思っている

例えどんなに自分に非があっても、それに全く気付かずに、本気で自分が被害者の立場だと思ってしまう人がいます。

当人に非があっても、本人がそれに気付いていないため、トラブル相手との認識の違いが埋まりにくいです。

周囲から見ると、自分を正当化するただの被害者面をした人というように映ります。

このような場合、当人に注意を促しても、『自分は悪くないのに責められた』等と、より被害者概念が強くなってしまうので、とても厄介です。

2. 周囲に心配されたい

周囲に心配されたい

周囲の同情をかって心配されたいがために、被害者のように振る舞う場合があります。

いわゆる『かまってちゃん』と言ったところでしょうか。

自分が悲劇のヒロインのように振る舞い、周囲から心配されて注目を浴びることで満足感を得るのです。

このような場合、より心配をされようと、本来の出来事よりも話を大きくして話すことがあるので、こちらも厄介です。

3. 責任から逃れたい

責任から逃れたい

例え自分が悪いと思っていても、その責任を背負いたくないが故に、あえて被害者のように振る舞う事もあります。

責められたくないという気持ちが強いので、とにかく自分に非がないと思わせようと、事実とは異なる内容や、自分に有利な内容を話したりする事もあります。

このタイプは、責任逃れのために、なかなか事実を認めようとはしないことが多いので、注意が必要です。

4. 心の安定を得ろうとしている

心の安定を得ろうとしている

何かトラブルが起き、その原因が自分にあった場合、少なからず人は罪悪感にかられます。

そしてその罪悪感により、心も不安定になりがちです。

自分は被害者だと思うことで、悪いことをしたという罪悪感に目を背けているのです。

このような人も、先ほどの責任逃れのように、自分の心の安定を求めるが故に、自分に都合の良い解釈をしたり、事実を認めにくいことがあります。

5. 他者のことを陥れようとしている

他者のことを陥れようとしている

残念ながら、他者のことを陥れるために、被害者のように見せる人がいます。

陥れようとする理由は様々ですが、この場合、相手を悪者にするために、被害者面を徹底するため、手強いことが多いです。

特に対男性だと、こちらも残念なことに、女性被害者の方が周囲から見たら弱く気の毒に見えてしまうため、同情を買いやすく信用してもらいやすいのです。

このような女性には引っ掛かりたくないものです。

6. 他者に悪く思われたくない

他者に悪く思われたくない

自分がトラブルに巻き込まれ、更には、自分に非があるということになった時に、周囲の目を気にする人もいます。

『自分が悪いと分かれば、軽蔑されるかもしれない』『こんなことになった自分に嫌悪感を抱かれて嫌われるかもしれない』等と考え、それが耐えられず、周囲との関係を崩さないために被害者のように装うのです。

人間誰しもが、周囲との関係を崩したくない、嫌われたくないと思うものでしょう。

その気持ちが生む現象なのです。

7. すぐに涙を流せる

すぐに涙を流せる

被害者面をする女性は、被害者であるということに信憑性を持たせるために、涙を流すこともあります。

『涙は女性の武器』とは良く言ったもので、女性が涙を流すと一気に状況や雰囲気が変わったり、周囲の見る目が変わったりして、優位な状況に持ち込むことが出来るのです。

このようなタイプは、涙を流すことに慣れ、自由自在に泣くことが出来ることが多いので、騙されないように気を付けたいものです。

8. 被害者のように見せるのが上手い

被害者のように見せるのが上手い

被害者面をする人は、どんなトラブルがあっても毎回被害者のように振る舞うため、そのような立ち振舞いに慣れていることが多いです。

そのため、話し方や表情などで、被害者のように見せることが上手い可能性が高いです。

相手のタイプごとに、どのような話し方をすれば良いのか、どのような表情をすれば良いのか把握し、逆に相手を追い込むことがあります。

このような慣れたような人に引っ掛かると、誤解を解きにくくなるため注意が必要です。

9. 相手との関係を早く絶ちきりたいと思っている

相手との関係を早く絶ちきりたいと思っている

トラブルが起こった時、そのトラブル相手との関係を早く絶ちきりたいと思うのが心情でしょう。

その絶ちきりのために被害者面をする人もいます。

被害者面をすることで、相手に『自分が悪かったのかもしれない』と思わせ、相手から身を引かせたり、『何をしても引き下がらないので面倒臭い』と相手に折れさせたりすることが目的です。

このような場合、よほど口や気持ちが強くないと、泣き寝入り状態となるため、気持ちを強く持ちたいものです。

まとめ

一口に『被害者面をする』といっても、その目的や感情は様々です。

何故被害者面をするのか、また、そのような場面に遭遇したら、どのように対処すべきなのか、心構えを持っておきたいものです。

また自分自身が、このような被害者面をする人にはなりたくないものです。

何かトラブルが起きた時に、毎回被害者のように振る舞う人がいます。

そのような人には、どのような特徴があるのでしょうか。


本気で被害者だと思っている

例えどんなに自分に非があっても、それに全く気付かずに、本気で自分が被害者の立場だと思ってしまう人がいます。

当人に非があっても、本人がそれに気付いていないため、トラブル相手との認識の違いが埋まりにくいです。

周囲から見ると、自分を正当化するただの被害者面をした人というように映ります。

このような場合、当人に注意を促しても、『自分は悪くないのに責められた』等と、より被害者概念が強くなってしまうので、とても厄介です。

周囲に心配されたい

周囲の同情をかって心配されたいがために、被害者のように振る舞う場合があります。

いわゆる『かまってちゃん』と言ったところでしょうか。

自分が悲劇のヒロインのように振る舞い、周囲から心配されて注目を浴びることで満足感を得るのです。

このような場合、より心配をされようと、本来の出来事よりも話を大きくして話すことがあるので、こちらも厄介です。

責任から逃れたい

例え自分が悪いと思っていても、その責任を背負いたくないが故に、あえて被害者のように振る舞う事もあります。

責められたくないという気持ちが強いので、とにかく自分に非がないと思わせようと、事実とは異なる内容や、自分に有利な内容を話したりする事もあります。

このタイプは、責任逃れのために、なかなか事実を認めようとはしないことが多いので、注意が必要です。

心の安定を得ろうとしている

何かトラブルが起き、その原因が自分にあった場合、少なからず人は罪悪感にかられます。

そしてその罪悪感により、心も不安定になりがちです。

自分は被害者だと思うことで、悪いことをしたという罪悪感に目を背けているのです。

このような人も、先ほどの責任逃れのように、自分の心の安定を求めるが故に、自分に都合の良い解釈をしたり、事実を認めにくいことがあります。

他者のことを陥れようとしている

残念ながら、他者のことを陥れるために、被害者のように見せる人がいます。

陥れようとする理由は様々ですが、この場合、相手を悪者にするために、被害者面を徹底するため、手強いことが多いです。

特に対男性だと、こちらも残念なことに、女性被害者の方が周囲から見たら弱く気の毒に見えてしまうため、同情を買いやすく信用してもらいやすいのです。

このような女性には引っ掛かりたくないものです。

他者に悪く思われたくない

自分がトラブルに巻き込まれ、更には、自分に非があるということになった時に、周囲の目を気にする人もいます。

『自分が悪いと分かれば、軽蔑されるかもしれない』『こんなことになった自分に嫌悪感を抱かれて嫌われるかもしれない』等と考え、それが耐えられず、周囲との関係を崩さないために被害者のように装うのです。

人間誰しもが、周囲との関係を崩したくない、嫌われたくないと思うものでしょう。

その気持ちが生む現象なのです。

すぐに涙を流せる

被害者面をする女性は、被害者であるということに信憑性を持たせるために、涙を流すこともあります。

『涙は女性の武器』とは良く言ったもので、女性が涙を流すと一気に状況や雰囲気が変わったり、周囲の見る目が変わったりして、優位な状況に持ち込むことが出来るのです。

このようなタイプは、涙を流すことに慣れ、自由自在に泣くことが出来ることが多いので、騙されないように気を付けたいものです。

被害者のように見せるのが上手い

被害者面をする人は、どんなトラブルがあっても毎回被害者のように振る舞うため、そのような立ち振舞いに慣れていることが多いです。

そのため、話し方や表情などで、被害者のように見せることが上手い可能性が高いです。

相手のタイプごとに、どのような話し方をすれば良いのか、どのような表情をすれば良いのか把握し、逆に相手を追い込むことがあります。

このような慣れたような人に引っ掛かると、誤解を解きにくくなるため注意が必要です。

相手との関係を早く絶ちきりたいと思っている

トラブルが起こった時、そのトラブル相手との関係を早く絶ちきりたいと思うのが心情でしょう。

その絶ちきりのために被害者面をする人もいます。

被害者面をすることで、相手に『自分が悪かったのかもしれない』と思わせ、相手から身を引かせたり、『何をしても引き下がらないので面倒臭い』と相手に折れさせたりすることが目的です。

このような場合、よほど口や気持ちが強くないと、泣き寝入り状態となるため、気持ちを強く持ちたいものです。

一口に『被害者面をする』といっても、その目的や感情は様々です。

何故被害者面をするのか、また、そのような場面に遭遇したら、どのように対処すべきなのか、心構えを持っておきたいものです。

また自分自身が、このような被害者面をする人にはなりたくないものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-