【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171120165045.html
カンニングする女性の特徴

カンニングする女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
カンニングする女性の特徴

カンニングは相手の信用と今後の関係性に関わって来るものです。

ここではカンニングする女性の特徴を紹介したいと思います。

  • プライドが高い
  • 世渡り上手
  • ヒエラルキー上位
  • ずる賢い
  • 罪の意識が少ない
  • 面倒くさがり屋
  • 楽観主義
  • 相手の期待に応えようとする
  • まとめ

1. プライドが高い

プライドが高い

プライドが高い女性は、負けん気が強く、常に自分が一番であることを望みます。

そのため、自分を上回る者が現れたたら徹底的に排除しようとします。

それが自分の力の許容範囲内である場合は自己解決できるのですが、自分の力量を超えており、相手を上回りたいという気持ちが強ければ、時に非道な手段に出ることもあり、これがカンニングという形で表れるのです。

これには、それまでに優秀な経歴を築き、過去の栄光を忘れることができない人などが当てはまります。

自分の経歴やステータスに敏感な女性だと思ったら注意深く観察するようにしましょう。

2. 世渡り上手

世渡り上手

この世の中は実に複雑で巧妙です。

カンニングという小さな出来事から少なくとも、カンニングをした当事者・カンニングされた被害者・それを見ていた目撃者という相関関係が生まれます。

もしカンニングをしたことがバレたら当事者は社会的信用を失い、被害者は精神的なダメージや相手に対する不信感を抱き、目撃者は事実を話して被害者をかばう「善」と、事実を話さずに当事者の逆恨みから逃れる「悪」との間でさいなまれることになります。

しかしこれはあくまでバレた場合なので、バレなければ一連の心配事は起こらなくて済むのです。

世渡り上手な人はそのような事情を上手く取りまとめることに長けており、たとえバレた場合でも持ち前の要領の良さで事態を収拾してしまうのです。

3. ヒエラルキー上位

ヒエラルキー上位

ヒエラルキーとは、いわゆる「格付け」のことです。

全体の中で自分はどのランクに位置するのかという漠然とした認識を持っており、一般に下位に位置する者は上位に位置する者に対して逆らうことができません。

この特性を利用して、仮に下位の人にカンニングを見られた場合でもそれを告げ口することによるリスクの方が大きいため、事を荒げられる心配がないと踏んでいるのです。

自分が上位に位置していれば、それだけ自分に逆らう人も少なくなるので、下位よりも上位の人の方がカンニングしやすい状況になるのです。

4. ずる賢い

ずる賢い

カンニングをしているにもかかわらず、そのことが周囲にバレていない・注意を受けていないとなれば、バレないようにカンニングする術を身につけてしまっている可能性があります。

さらにこの場合カンニングが常習化しているので、気づかぬうちに自分が被害者になっていることも少なくありません。

このことから要領よく自分の利益を獲得することができるずる賢い性格であると言えるでしょう。

ずる賢さはカンニングだけに関わらず、いろんな場面で見ることができるので、日頃から相手をよく観察してずる賢い要素がないか十分見極めておきましょう。

5. 罪の意識が少ない

罪の意識が少ない

「カンニングは悪いこと」というのは共通認識ですが、その常識を破ってでもカンニングをするということは、悪い事をしているという罪の意識が少ないのです。

犯罪とまでは言えない小さな罪ですが、たとえどんなに小さくとも人の道に外れたことをすれば五十歩百歩です。

常識に反するような行動が見られた場合には、人と同じような感性を抱けていない証拠ですので、小さなことが積り重なっていずれ取り返しがつかなくなる前に、程よい距離感を保っておきましょう。

他人のせいで自分が惨事に巻き込まれる必要はありません。

6. 面倒くさがり屋

面倒くさがり屋

カンニングをするという様子から「結果に至るまでの過程を省いて、美味しい所だけ自分のものにしたい」という一面が伺えます。

学問に王道なしという言葉があるように、何事も努力なしに成果は得られません。

面倒くさがりな人はその努力を怠り、或いは人任せにして自分の労力を費やすことを嫌います。

これはカンニングだけにとどまらず日頃の行いにも表れて来ます。

人をあごで使ったり積極性が見られないような人の周りにいると、自分がこき使われてパシリにされる羽目になるので少しでもその兆候が見えたら深入りはやめておきましょう。

7. 楽観主義

楽観主義

カンニングは悪いことと頭では分かっていても、「このくらいなら大丈夫」という甘い考えによって引き起こされてしまいます。

これには先程述べた罪の意識の低さや自分を律する自制心の弱さなどが強く影響しているのです。

自制心が弱い人は自分の欲求を抑えることができず、社会の規律を破り一線を越えてしまうのです。

これには、日頃から物事を深く考えない・ことの重大さを理解できないなどの特徴が挙げられます。

適度な楽観主義は問題ないのですが、過度に楽観過ぎる傾向が見えたら要注意です。

8. 相手の期待に応えようとする

相手の期待に応えようとする

例えば親などの第3者から高得点を要求されていたり、合格ラインを超えるため高得点をとらなければならない状況に置かれていたりなどして、自分の意志とは関係なく他から高得点を余儀なくされているような場合に陥りやすいパターンです。

これは目標や相手の要求に対して忠実に従うという真面目な性格を併せ持っていますが、忠実になりすぎるが故に自分を見失ってしまい、結果、方法を間違えてしまうのです。

一見すれば期待に応えるのは良いことなのですが、善悪の判断がつかないような状態でれば危険信号であることを念頭に入れておきましょう。

まとめ

カンニングをする理由は人によってさまざまですが、このような特徴を予め知っておくことで人を見る目を養うことができます。

このような特徴をぜひ活用して、豊かな人間関係を築いていきましょう。

カンニングは相手の信用と今後の関係性に関わって来るものです。

ここではカンニングする女性の特徴を紹介したいと思います。


プライドが高い

プライドが高い女性は、負けん気が強く、常に自分が一番であることを望みます。

そのため、自分を上回る者が現れたたら徹底的に排除しようとします。

それが自分の力の許容範囲内である場合は自己解決できるのですが、自分の力量を超えており、相手を上回りたいという気持ちが強ければ、時に非道な手段に出ることもあり、これがカンニングという形で表れるのです。

これには、それまでに優秀な経歴を築き、過去の栄光を忘れることができない人などが当てはまります。

自分の経歴やステータスに敏感な女性だと思ったら注意深く観察するようにしましょう。

世渡り上手

この世の中は実に複雑で巧妙です。

カンニングという小さな出来事から少なくとも、カンニングをした当事者・カンニングされた被害者・それを見ていた目撃者という相関関係が生まれます。

もしカンニングをしたことがバレたら当事者は社会的信用を失い、被害者は精神的なダメージや相手に対する不信感を抱き、目撃者は事実を話して被害者をかばう「善」と、事実を話さずに当事者の逆恨みから逃れる「悪」との間でさいなまれることになります。

しかしこれはあくまでバレた場合なので、バレなければ一連の心配事は起こらなくて済むのです。

世渡り上手な人はそのような事情を上手く取りまとめることに長けており、たとえバレた場合でも持ち前の要領の良さで事態を収拾してしまうのです。

ヒエラルキー上位

ヒエラルキーとは、いわゆる「格付け」のことです。

全体の中で自分はどのランクに位置するのかという漠然とした認識を持っており、一般に下位に位置する者は上位に位置する者に対して逆らうことができません。

この特性を利用して、仮に下位の人にカンニングを見られた場合でもそれを告げ口することによるリスクの方が大きいため、事を荒げられる心配がないと踏んでいるのです。

自分が上位に位置していれば、それだけ自分に逆らう人も少なくなるので、下位よりも上位の人の方がカンニングしやすい状況になるのです。

ずる賢い

カンニングをしているにもかかわらず、そのことが周囲にバレていない・注意を受けていないとなれば、バレないようにカンニングする術を身につけてしまっている可能性があります。

さらにこの場合カンニングが常習化しているので、気づかぬうちに自分が被害者になっていることも少なくありません。

このことから要領よく自分の利益を獲得することができるずる賢い性格であると言えるでしょう。

ずる賢さはカンニングだけに関わらず、いろんな場面で見ることができるので、日頃から相手をよく観察してずる賢い要素がないか十分見極めておきましょう。

罪の意識が少ない

「カンニングは悪いこと」というのは共通認識ですが、その常識を破ってでもカンニングをするということは、悪い事をしているという罪の意識が少ないのです。

犯罪とまでは言えない小さな罪ですが、たとえどんなに小さくとも人の道に外れたことをすれば五十歩百歩です。

常識に反するような行動が見られた場合には、人と同じような感性を抱けていない証拠ですので、小さなことが積り重なっていずれ取り返しがつかなくなる前に、程よい距離感を保っておきましょう。

他人のせいで自分が惨事に巻き込まれる必要はありません。

面倒くさがり屋

カンニングをするという様子から「結果に至るまでの過程を省いて、美味しい所だけ自分のものにしたい」という一面が伺えます。

学問に王道なしという言葉があるように、何事も努力なしに成果は得られません。

面倒くさがりな人はその努力を怠り、或いは人任せにして自分の労力を費やすことを嫌います。

これはカンニングだけにとどまらず日頃の行いにも表れて来ます。

人をあごで使ったり積極性が見られないような人の周りにいると、自分がこき使われてパシリにされる羽目になるので少しでもその兆候が見えたら深入りはやめておきましょう。

楽観主義

カンニングは悪いことと頭では分かっていても、「このくらいなら大丈夫」という甘い考えによって引き起こされてしまいます。

これには先程述べた罪の意識の低さや自分を律する自制心の弱さなどが強く影響しているのです。

自制心が弱い人は自分の欲求を抑えることができず、社会の規律を破り一線を越えてしまうのです。

これには、日頃から物事を深く考えない・ことの重大さを理解できないなどの特徴が挙げられます。

適度な楽観主義は問題ないのですが、過度に楽観過ぎる傾向が見えたら要注意です。

相手の期待に応えようとする

例えば親などの第3者から高得点を要求されていたり、合格ラインを超えるため高得点をとらなければならない状況に置かれていたりなどして、自分の意志とは関係なく他から高得点を余儀なくされているような場合に陥りやすいパターンです。

これは目標や相手の要求に対して忠実に従うという真面目な性格を併せ持っていますが、忠実になりすぎるが故に自分を見失ってしまい、結果、方法を間違えてしまうのです。

一見すれば期待に応えるのは良いことなのですが、善悪の判断がつかないような状態でれば危険信号であることを念頭に入れておきましょう。

カンニングをする理由は人によってさまざまですが、このような特徴を予め知っておくことで人を見る目を養うことができます。

このような特徴をぜひ活用して、豊かな人間関係を築いていきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-