【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171118175129.html
屁理屈ばかり言う女性の特徴

屁理屈ばかり言う女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
屁理屈ばかり言う女性の特徴

筋が通らない主張や理屈のことを屁理屈と言います。

ここでは、屁理屈ばかり言う女性にスポットを当てて、どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

  • 負けず嫌いで非を認めようとしない
  • 感情的になりやすい
  • 小心で自分が傷つくことが怖い
  • 自信がない
  • 幼児性が強い
  • 自分を客観的に見ることができない
  • まとめ

1. 負けず嫌いで非を認めようとしない

負けず嫌いで非を認めようとしない

屁理屈ばかり言う女性には、負けず嫌いという心理的特徴があります。

屁理屈を言うケースで多いのが、「自分に非があるのに、それを認めようとしないで理屈をこねる」ということでしょう。

たとえば、自分が犯したミスで人に迷惑をかけたとしましょう。

すなおな人なら、自分の非を認め、迷惑をかけた人に頭を下げるに違いありません。

しかし、屁理屈ばかり言う女性は、何とか言い訳をして、無理にでも自分を正当化しようとするのです。

そこにあるのは、「自分の非を認め、頭を下げるのは、相手に負けたことになるからイヤ」という心理と考えていいでしょう。

相手に負けたくないと思うために、何とか理屈をつけて、自分を正当化しようとするのが、屁理屈ばかり言う女性なのです。

2. 感情的になりやすい

感情的になりやすい

感情的になりやすいというのも、屁理屈ばかり言う女性の特徴でしょう。

正当な理屈を口にする人は、言うまでもなく論理的です。

それに対して、屁理屈を言う人は、いちおう理屈らしきものを口にしてはいるものの、論理的とはとても言えません。

相手を納得させることがまったくできないような、筋の通らない主張をするわけですから、それはそもそも「理屈」とは言えないものでしょう。

つまり、屁理屈ばかり言う女性は、論理的に物事を考えることが苦手なのです。

冷静に物事を考えるのではなく、感情で人と対処しようとします。

屁理屈を言う女性は、しばしば頭に血が上ってしまい、ますます筋が通らない主張をするものですが、それは、理論でなく感情で物事をとらえるからにほかなりません。

自分の主張をするうちに感情的になり、支離滅裂な理屈をこねるのが、屁理屈ばかり言う女性の特徴なのです。

3. 小心で自分が傷つくことが怖い

小心で自分が傷つくことが怖い

先ほど、自分の非を認めないないのが屁理屈ばかり言う女性だという話をしました。

そこには、「自分が傷つくことが怖い」という心理もあると考えていいでしょう。

例えば、職場の上司から仕事に関することで叱責されたとしましょう。

屁理屈ばかり言う女性は、そういうケースでもなんとか理屈をつけて、自分は間違っていないということを主張しようとします。

それはつまり、上司からの評価を下げたくないからにほかなりません。

「自分が悪い」ということを認めてしまうと、上司からの自分の評価に傷がつきます。

評価が低下するわけです。

屁理屈ばかり言う女性は、そのように自分が傷ついたり、評価が下がったりすることが怖いのです。

一言でいうと、小心者と言うことになるでしょう。

小心者なために、自分が傷つくことが怖いというのが、屁理屈ばかり言う女性の特徴なのです。

4. 自信がない

自信がない

自分に自信がある人は、無理して屁理屈を言う必要はありません。

相手の言うことに対して、堂々と正直に対処すればそれでいいわけです。

つまり、屁理屈を言う女性は、実は自分に自信がないのです。

自信がないからこそ、相手に何か言われたとき、無理な理屈をつけてでも、言われたことに何とか対抗しようとすると考えていいでしょう。

人が聞けば理屈になっていないようなことを平気で口にするのは、自信のなさをカムフラージュするための方便と考えることもできるでしょう。

5. 幼児性が強い

幼児性が強い

親に叱られた子どもは、何とか自分を正当化するために、屁理屈をよく口にするものです。

子どものころ、親から「そんな屁理屈をこねるな」と叱られた経験のある人も少なくないでしょう。

大人から見れば、まったく理屈になっていないような抗弁を子どもはするわけです。

これは、子ども特有のもので、大人になると、そんな無理な屁理屈を言わなくなるのがふつうです。

それを、大人になってからもなお、屁理屈ばかり言うのですから、そういう女性は、幼児性が抜けていないと考えていいでしょう。

幼児性が強く、子どもの頃の癖が抜けていないというのが、屁理屈ばかり言う女性の特徴です。

6. 自分を客観的に見ることができない

自分を客観的に見ることができない

屁理屈ばかり言う女性は、人から良い評価を得ることができません。

先ほど、上司から叱責されたケースの話をしましたが、屁理屈をこねればこねるほど、上司からの評価は低下するばかりでしょう。

それを自覚できれば、屁理屈を口にすることはなくなるはずです。

そもそも、屁理屈を言っている人と言うのは。

はたから見れば大変に見苦しいものです。

人から「見苦しい」と思われているという自覚があれば、屁理屈を言わなくなるに違いありません。

しょっちゅう屁理屈ばかり言う女性は、そういう自覚がまるでありません。

自分が見苦しいことをしているという自覚がないからこそ、平気で屁理屈を言うことができると考えていいでしょう。

自分の姿を正確にとらえることができないこと、自分を客観的に見ることができないこと、これも、屁理屈ばかり言う女性の特徴なのです。

まとめ

屁理屈ばかり口にする女性の主な特徴を、6種類見てきました。

身近にそういう女性がいるという方は、どうして屁理屈ばかり言うのかを知るための参考になさってください。

筋が通らない主張や理屈のことを屁理屈と言います。

ここでは、屁理屈ばかり言う女性にスポットを当てて、どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。


負けず嫌いで非を認めようとしない

屁理屈ばかり言う女性には、負けず嫌いという心理的特徴があります。

屁理屈を言うケースで多いのが、「自分に非があるのに、それを認めようとしないで理屈をこねる」ということでしょう。

たとえば、自分が犯したミスで人に迷惑をかけたとしましょう。

すなおな人なら、自分の非を認め、迷惑をかけた人に頭を下げるに違いありません。

しかし、屁理屈ばかり言う女性は、何とか言い訳をして、無理にでも自分を正当化しようとするのです。

そこにあるのは、「自分の非を認め、頭を下げるのは、相手に負けたことになるからイヤ」という心理と考えていいでしょう。

相手に負けたくないと思うために、何とか理屈をつけて、自分を正当化しようとするのが、屁理屈ばかり言う女性なのです。

感情的になりやすい

感情的になりやすいというのも、屁理屈ばかり言う女性の特徴でしょう。

正当な理屈を口にする人は、言うまでもなく論理的です。

それに対して、屁理屈を言う人は、いちおう理屈らしきものを口にしてはいるものの、論理的とはとても言えません。

相手を納得させることがまったくできないような、筋の通らない主張をするわけですから、それはそもそも「理屈」とは言えないものでしょう。

つまり、屁理屈ばかり言う女性は、論理的に物事を考えることが苦手なのです。

冷静に物事を考えるのではなく、感情で人と対処しようとします。

屁理屈を言う女性は、しばしば頭に血が上ってしまい、ますます筋が通らない主張をするものですが、それは、理論でなく感情で物事をとらえるからにほかなりません。

自分の主張をするうちに感情的になり、支離滅裂な理屈をこねるのが、屁理屈ばかり言う女性の特徴なのです。

小心で自分が傷つくことが怖い

先ほど、自分の非を認めないないのが屁理屈ばかり言う女性だという話をしました。

そこには、「自分が傷つくことが怖い」という心理もあると考えていいでしょう。

例えば、職場の上司から仕事に関することで叱責されたとしましょう。

屁理屈ばかり言う女性は、そういうケースでもなんとか理屈をつけて、自分は間違っていないということを主張しようとします。

それはつまり、上司からの評価を下げたくないからにほかなりません。

「自分が悪い」ということを認めてしまうと、上司からの自分の評価に傷がつきます。

評価が低下するわけです。

屁理屈ばかり言う女性は、そのように自分が傷ついたり、評価が下がったりすることが怖いのです。

一言でいうと、小心者と言うことになるでしょう。

小心者なために、自分が傷つくことが怖いというのが、屁理屈ばかり言う女性の特徴なのです。

自信がない

自分に自信がある人は、無理して屁理屈を言う必要はありません。

相手の言うことに対して、堂々と正直に対処すればそれでいいわけです。

つまり、屁理屈を言う女性は、実は自分に自信がないのです。

自信がないからこそ、相手に何か言われたとき、無理な理屈をつけてでも、言われたことに何とか対抗しようとすると考えていいでしょう。

人が聞けば理屈になっていないようなことを平気で口にするのは、自信のなさをカムフラージュするための方便と考えることもできるでしょう。

幼児性が強い

親に叱られた子どもは、何とか自分を正当化するために、屁理屈をよく口にするものです。

子どものころ、親から「そんな屁理屈をこねるな」と叱られた経験のある人も少なくないでしょう。

大人から見れば、まったく理屈になっていないような抗弁を子どもはするわけです。

これは、子ども特有のもので、大人になると、そんな無理な屁理屈を言わなくなるのがふつうです。

それを、大人になってからもなお、屁理屈ばかり言うのですから、そういう女性は、幼児性が抜けていないと考えていいでしょう。

幼児性が強く、子どもの頃の癖が抜けていないというのが、屁理屈ばかり言う女性の特徴です。

自分を客観的に見ることができない

屁理屈ばかり言う女性は、人から良い評価を得ることができません。

先ほど、上司から叱責されたケースの話をしましたが、屁理屈をこねればこねるほど、上司からの評価は低下するばかりでしょう。

それを自覚できれば、屁理屈を口にすることはなくなるはずです。

そもそも、屁理屈を言っている人と言うのは。

はたから見れば大変に見苦しいものです。

人から「見苦しい」と思われているという自覚があれば、屁理屈を言わなくなるに違いありません。

しょっちゅう屁理屈ばかり言う女性は、そういう自覚がまるでありません。

自分が見苦しいことをしているという自覚がないからこそ、平気で屁理屈を言うことができると考えていいでしょう。

自分の姿を正確にとらえることができないこと、自分を客観的に見ることができないこと、これも、屁理屈ばかり言う女性の特徴なのです。

屁理屈ばかり口にする女性の主な特徴を、6種類見てきました。

身近にそういう女性がいるという方は、どうして屁理屈ばかり言うのかを知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-