【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171118174427.html
諦めが悪い人の特徴

諦めが悪い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
諦めが悪い人の特徴

諦めが悪い人に振り回されて、嫌な思いをしたことはありませんか。

今回はそのような人の特徴をまとめてみました。

  • 勝ち負けにこだわる
  • 自己主張が強い
  • 何事にも難癖をつける
  • 強い信念を持っている
  • 周りのことが見えてない
  • 欲しいものには目がない
  • 懲りない
  • まとめ

1. 勝ち負けにこだわる

勝ち負けにこだわる

諦めが悪い人は、たとえどんなに小さな勝負事でも自分が"勝ち"でないと気が済まないものです。

じゃんけんなどで自分の負けが確定したにもかかわらず、自分が勝つまでずっと勝負を挑んでくるような人には要注意です。

相手よりも自分の方の優先順位が高く、自分の都合で相手に迷惑をかけることをまるで悪いとも思っていません。

また、自分の力では覆せないような敗北が確定した時に、あからさまに不機嫌な態度を表す人もこれに当てはまります。

このような人は1人いるだけでも対等な関係が築けなくなってしまうので、仲間の輪を乱す原因となってしまいます。

2. 自己主張が強い

自己主張が強い

自己主張が強い人は、自分の働きかけにより状況を変えることができるという気持ちが少なからずあります。

またこれは諦めが悪い人の常套手段であり、これまでにも自分の言動によって自分の意志を貫いてきた過去があり、みんなの意見をリードし、自分の主張を通すことに人一倍長けているのです。

自分の意見ばかり主張して、相手の意見にはまるで耳を傾けないような人がこれに当てはまります。

その人の意見を尊重しないと場が収まらないので、周りが気を遣っているような状況になり、こちらもフェアな話し合いができなくなってしまいます。

3. 何事にも難癖をつける

何事にも難癖をつける

先程も述べたように、諦めが悪い人は勝ち負けにこだわります。

自分の力で勝てた場合は問題はないのですが、負けた場合はどうにか相手の欠点をついて非難することで相対的に自分の評価を上げようとします。

普通なら結果に影響が出ない範囲の小さなミスでも大きく取り立てて難癖をつけてくるような人には要注意です。

ことごとく相手を非難する様子から、粘り強い・目的のためなら手段を選ばないといった性格が伺えます。

粘り強さは良い方向に使えば長所と取ることもできますが、思わぬ形で利用されれば目に見えない凶器ともなり得るのです。

4. 強い信念を持っている

強い信念を持っている

信じる力が強く、自分はやればできると自信を持っているような人は強い信念の持ちぬです。

こういう人は「絶対にこうでないとダメ」というような自分なりのポリシーを持っていて、それを固く守っている場合があります。

もしこれを破るような人や状況に遭遇した場合、あの手この手を使ってどうにか自分のポリシーを守ろうとします。

これも人生の目標や、将来の夢に向かって進む場合に発揮されれば効果的なのですが、違う場面で発揮された場合にはただの"わがまま"や"自分本位"として現れることになります。

5. 周りのことが見えてない

周りのことが見えてない

諦めが悪い人は他人よりも自分の優先順位の方が上なので、自分の都合によって相手がどんな被害をこうむろうがお構いなしです。

それよりも自分の利益のことしか頭になく、それを手に入れたい欲求や手に入れられないことへのもどかしさ等の自分の感情に頭を支配されており、周りの状況が全く見えていません。

これには相手に対して思いやりがない・気遣いができないと言った性格が当てはまります。

このような人は自然と周りから距離を置かれてしまうので気づいたら1人ぼっちになっているということも少なくありません。

協調性に欠けているので、周囲の人と良好な人間関係を築くことができないのです。

6. 欲しいものには目がない

欲しいものには目がない

良く言えば「一途」であるということですが、視点を変えれば独占欲が強いということです。

これには人の物を欲しがったり、欲しいと思ったらお金に糸目をつけないといった性格が当てはまります。

時にこれが叶わないとなれば、無理やり人の物を奪ったり強硬手段に出たりする場合があるので注意が必要です。

また対象が人である場合には、恋愛において相手を執拗に束縛したり、好きになった人はたとえ友達の彼氏でも関係ないというような独占欲を発揮するので、大きく相手の信用を落とすことになり、さらには人間性が疑われるまでに至ってしまうのです。

7. 懲りない

懲りない

諦めが悪い人は、たとえ何度断られても同じ要求を訴えてきて相手を困らせます。

それは、「もし自分が相手の立場だったら」を想像することができないからです。

自分のことしか考えていないため、相手がどれだけ嫌悪感を抱いていても理解することができず、堪忍袋の緒が切れるまで気づかないのです。

これには同じ失敗を何度も繰り返す・同じ話を何度もするなどの特徴が当てはまります。

このような性格により、何度断られても不屈の精神で相手に立ち向かって行き、結果諦めが悪いという印象を持たれてしまいます。

まとめ

諦めが悪い人とうまく付き合うには、まず相手をよく知ることです。

これらの特徴を踏まえて、自分の周りに当てはまる人はいないか、また自分が当てはまっていないかよく考えてみましょう。

相手の特徴を踏まえて対策をとり、振り回されるだけの関係性には終止符を打ちましょう。

諦めが悪い人に振り回されて、嫌な思いをしたことはありませんか。

今回はそのような人の特徴をまとめてみました。


勝ち負けにこだわる

諦めが悪い人は、たとえどんなに小さな勝負事でも自分が"勝ち"でないと気が済まないものです。

じゃんけんなどで自分の負けが確定したにもかかわらず、自分が勝つまでずっと勝負を挑んでくるような人には要注意です。

相手よりも自分の方の優先順位が高く、自分の都合で相手に迷惑をかけることをまるで悪いとも思っていません。

また、自分の力では覆せないような敗北が確定した時に、あからさまに不機嫌な態度を表す人もこれに当てはまります。

このような人は1人いるだけでも対等な関係が築けなくなってしまうので、仲間の輪を乱す原因となってしまいます。

自己主張が強い

自己主張が強い人は、自分の働きかけにより状況を変えることができるという気持ちが少なからずあります。

またこれは諦めが悪い人の常套手段であり、これまでにも自分の言動によって自分の意志を貫いてきた過去があり、みんなの意見をリードし、自分の主張を通すことに人一倍長けているのです。

自分の意見ばかり主張して、相手の意見にはまるで耳を傾けないような人がこれに当てはまります。

その人の意見を尊重しないと場が収まらないので、周りが気を遣っているような状況になり、こちらもフェアな話し合いができなくなってしまいます。

何事にも難癖をつける

先程も述べたように、諦めが悪い人は勝ち負けにこだわります。

自分の力で勝てた場合は問題はないのですが、負けた場合はどうにか相手の欠点をついて非難することで相対的に自分の評価を上げようとします。

普通なら結果に影響が出ない範囲の小さなミスでも大きく取り立てて難癖をつけてくるような人には要注意です。

ことごとく相手を非難する様子から、粘り強い・目的のためなら手段を選ばないといった性格が伺えます。

粘り強さは良い方向に使えば長所と取ることもできますが、思わぬ形で利用されれば目に見えない凶器ともなり得るのです。

強い信念を持っている

信じる力が強く、自分はやればできると自信を持っているような人は強い信念の持ちぬです。

こういう人は「絶対にこうでないとダメ」というような自分なりのポリシーを持っていて、それを固く守っている場合があります。

もしこれを破るような人や状況に遭遇した場合、あの手この手を使ってどうにか自分のポリシーを守ろうとします。

これも人生の目標や、将来の夢に向かって進む場合に発揮されれば効果的なのですが、違う場面で発揮された場合にはただの"わがまま"や"自分本位"として現れることになります。

周りのことが見えてない

諦めが悪い人は他人よりも自分の優先順位の方が上なので、自分の都合によって相手がどんな被害をこうむろうがお構いなしです。

それよりも自分の利益のことしか頭になく、それを手に入れたい欲求や手に入れられないことへのもどかしさ等の自分の感情に頭を支配されており、周りの状況が全く見えていません。

これには相手に対して思いやりがない・気遣いができないと言った性格が当てはまります。

このような人は自然と周りから距離を置かれてしまうので気づいたら1人ぼっちになっているということも少なくありません。

協調性に欠けているので、周囲の人と良好な人間関係を築くことができないのです。

欲しいものには目がない

良く言えば「一途」であるということですが、視点を変えれば独占欲が強いということです。

これには人の物を欲しがったり、欲しいと思ったらお金に糸目をつけないといった性格が当てはまります。

時にこれが叶わないとなれば、無理やり人の物を奪ったり強硬手段に出たりする場合があるので注意が必要です。

また対象が人である場合には、恋愛において相手を執拗に束縛したり、好きになった人はたとえ友達の彼氏でも関係ないというような独占欲を発揮するので、大きく相手の信用を落とすことになり、さらには人間性が疑われるまでに至ってしまうのです。

懲りない

諦めが悪い人は、たとえ何度断られても同じ要求を訴えてきて相手を困らせます。

それは、「もし自分が相手の立場だったら」を想像することができないからです。

自分のことしか考えていないため、相手がどれだけ嫌悪感を抱いていても理解することができず、堪忍袋の緒が切れるまで気づかないのです。

これには同じ失敗を何度も繰り返す・同じ話を何度もするなどの特徴が当てはまります。

このような性格により、何度断られても不屈の精神で相手に立ち向かって行き、結果諦めが悪いという印象を持たれてしまいます。

諦めが悪い人とうまく付き合うには、まず相手をよく知ることです。

これらの特徴を踏まえて、自分の周りに当てはまる人はいないか、また自分が当てはまっていないかよく考えてみましょう。

相手の特徴を踏まえて対策をとり、振り回されるだけの関係性には終止符を打ちましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-