【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171118174035.html
インスタで痛い女性の特徴

インスタで痛い女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
インスタで痛い女性の特徴

インスタ映えの言葉でも一躍有名になったインスタグラムですが、痛い女性をチラホラ見かけることがあります。

インスタで痛い女性がやってしまっているのはどんな特徴なのでしょうか?

  • タグが無駄に多い
  • タグで文章を作っている
  • 似たような角度の自撮りばかり
  • 写真の加工が激しい
  • 過去の写真を何度も投稿する
  • 惚気るけど別れると削除
  • インスタ映えを気にしすぎる
  • まとめ

1. タグが無駄に多い

タグが無駄に多い

インスタグラムではタグを沢山付けることが出来ますが、あまりにもタグの付けすぎは痛い女性と見られてしまうことがあります。

タグを沢山付けるということは、それだけ沢山の人に検索して貰って自分のことを多くの人に見て貰いたいと考えている自己顕示欲の表れだからです。

実際に写真や投稿している事柄に関連したタグであれば良いのですが、痛い女性の場合は無理矢理関連付けた単語や全く関係ない言葉をタグに並べてしまう悪い癖があります。

そのような投稿があるとタグで検索していた人から見ると邪魔な投稿になってしまいます。

2. タグで文章を作っている

タグで文章を作っている

タグというのは普通であれば固有名詞などの単語を入力する物です。

例えば「ランチ」「旅行」などですが、インスタに多いのがタグに単語ではなくて長い文章を作っている女性達です。

例えばコーヒーの写真を載せている投稿で「私には苦かったけど全部頑張って飲んだよ」などなど、わざわざタグにしなくて良い物にまでハッシュタグを付けて投稿しているのです。

自分に突っ込みを入れているつもりなのでしょうが、痛いイメージを与えてしまいます。

3. 似たような角度の自撮りばかり

似たような角度の自撮りばかり

自撮りを載せることが悪いことではありませんが、痛い女性は似たような角度ばかりでの自撮り写真を載せています。

もっと他の角度から撮ればいいのにと見る人は思うものですが、その角度じゃないと載せられるような写真を撮ることが出来ないので毎回同じような写真ばかりを載せているのです。

この手の女性が納得行くまで何度も写真を撮り直している姿が目に浮かびます。

4. 写真の加工が激しい

写真の加工が激しい

加工しまくった写真ばかりを投稿するのも痛いインスタグラマーの女性に多いです。

明るさを調節したりすることは悪いことではないのですが、加工して写真の色を変えてみたり自撮りは超美白にしてみたりといかにも狙ったようにオシャレな写真に加工をしているのは痛いです。

料理の写真も加工している人もいますが、あまりにも加工しすぎていると料理の美味しさも全く伝わって来ません。

写真を少しでも良く見せようとしている人程本物の自分には自信がない人です。

アプリで盛りまくった自分の顔ばかりを載せている人は特に痛くて自信がない女性です。

もしこのような人をインスタで見かけたら自分に自信のないかわいそうな人だと思うとイライラしません。

5. 過去の写真を何度も投稿する

過去の写真を何度も投稿する

過去にも載せている写真でお気に入りという理由で何度も投稿する人も痛いです。

わざわざ加工し直したりコラージュしてみたりして同じ写真を何度も投稿するということは、自分のお気に入りの写真を人に見て貰いたくてしょうがないのです。

載せた所でイイネが増えるというわけではありません。

既にフォローしている人は前にも見ている写真にイイネなんて押したくないですし、押されたとしてもそれは義理のイイネでしょう。

6. 惚気るけど別れると削除

惚気るけど別れると削除

彼氏がいるとデート中などの惚気る投稿を沢山いるのも痛いインスタ女子の特徴です。

彼氏のことの投稿頻度が高い人はうざがられる傾向にあります。

特に恋愛で上手く行っていない女性からして見ると反感を買いやすいです。

勿論惚気ることは自由なのですが、別れた場合はどうするのかと言うと、今まで散々投稿して来た彼氏との思い出を削除する人もいます。

あんなに惚気を投稿して自慢していたのに別れたら削除というのは完全痛い女性になっています。

確か芸能人でもこのような女性がいたはずですが、常に見栄を張っていたいので自分に都合が悪くなった投稿は削除するしかないのです。

7. インスタ映えを気にしすぎる

インスタ映えを気にしすぎる

インスタ映えという言葉が話題になっていますが、テレビでは肯定的な意味で使われることが多いですが、ネットの世界では揶揄している人も沢山います。

イイネが欲しいのでしょうけど、義理でイイネをしている人も沢山いるのでそこまで気にする理由が分かりません。

インスタ映えを気にし過ぎている投稿は逆に痛さが出てしまっている場合も多いです。

インスタに載せたいからという理由で別に行かなくてもいい場所に行ってみたり、食べたくない物を食べたりする人は凄く痛い人です。

酷い人だと写真だけ撮影をして食べ物は捨ててしまう人もいるようです。

ここまで行くとインスタをする資格はもうありません。

痛い人と言うよりも完全にやばい人になってしまっています。

まとめ

同じ趣味の人と交流したり良いお店を探したりするのには便利なインスタグラムですが、痛い女性にイライラさせられてしまうこともあります。

あまりイイネをされることに拘りすぎてしまうと痛い女になってしまいますし、インスタ自体も楽しくなくなってしまうので程ほどに楽しむのが一番ではないでしょうか。

インスタ映えの言葉でも一躍有名になったインスタグラムですが、痛い女性をチラホラ見かけることがあります。

インスタで痛い女性がやってしまっているのはどんな特徴なのでしょうか?


タグが無駄に多い

インスタグラムではタグを沢山付けることが出来ますが、あまりにもタグの付けすぎは痛い女性と見られてしまうことがあります。

タグを沢山付けるということは、それだけ沢山の人に検索して貰って自分のことを多くの人に見て貰いたいと考えている自己顕示欲の表れだからです。

実際に写真や投稿している事柄に関連したタグであれば良いのですが、痛い女性の場合は無理矢理関連付けた単語や全く関係ない言葉をタグに並べてしまう悪い癖があります。

そのような投稿があるとタグで検索していた人から見ると邪魔な投稿になってしまいます。

タグで文章を作っている

タグというのは普通であれば固有名詞などの単語を入力する物です。

例えば「ランチ」「旅行」などですが、インスタに多いのがタグに単語ではなくて長い文章を作っている女性達です。

例えばコーヒーの写真を載せている投稿で「私には苦かったけど全部頑張って飲んだよ」などなど、わざわざタグにしなくて良い物にまでハッシュタグを付けて投稿しているのです。

自分に突っ込みを入れているつもりなのでしょうが、痛いイメージを与えてしまいます。

似たような角度の自撮りばかり

自撮りを載せることが悪いことではありませんが、痛い女性は似たような角度ばかりでの自撮り写真を載せています。

もっと他の角度から撮ればいいのにと見る人は思うものですが、その角度じゃないと載せられるような写真を撮ることが出来ないので毎回同じような写真ばかりを載せているのです。

この手の女性が納得行くまで何度も写真を撮り直している姿が目に浮かびます。

写真の加工が激しい

加工しまくった写真ばかりを投稿するのも痛いインスタグラマーの女性に多いです。

明るさを調節したりすることは悪いことではないのですが、加工して写真の色を変えてみたり自撮りは超美白にしてみたりといかにも狙ったようにオシャレな写真に加工をしているのは痛いです。

料理の写真も加工している人もいますが、あまりにも加工しすぎていると料理の美味しさも全く伝わって来ません。

写真を少しでも良く見せようとしている人程本物の自分には自信がない人です。

アプリで盛りまくった自分の顔ばかりを載せている人は特に痛くて自信がない女性です。

もしこのような人をインスタで見かけたら自分に自信のないかわいそうな人だと思うとイライラしません。

過去の写真を何度も投稿する

過去にも載せている写真でお気に入りという理由で何度も投稿する人も痛いです。

わざわざ加工し直したりコラージュしてみたりして同じ写真を何度も投稿するということは、自分のお気に入りの写真を人に見て貰いたくてしょうがないのです。

載せた所でイイネが増えるというわけではありません。

既にフォローしている人は前にも見ている写真にイイネなんて押したくないですし、押されたとしてもそれは義理のイイネでしょう。

惚気るけど別れると削除

彼氏がいるとデート中などの惚気る投稿を沢山いるのも痛いインスタ女子の特徴です。

彼氏のことの投稿頻度が高い人はうざがられる傾向にあります。

特に恋愛で上手く行っていない女性からして見ると反感を買いやすいです。

勿論惚気ることは自由なのですが、別れた場合はどうするのかと言うと、今まで散々投稿して来た彼氏との思い出を削除する人もいます。

あんなに惚気を投稿して自慢していたのに別れたら削除というのは完全痛い女性になっています。

確か芸能人でもこのような女性がいたはずですが、常に見栄を張っていたいので自分に都合が悪くなった投稿は削除するしかないのです。

インスタ映えを気にしすぎる

インスタ映えという言葉が話題になっていますが、テレビでは肯定的な意味で使われることが多いですが、ネットの世界では揶揄している人も沢山います。

イイネが欲しいのでしょうけど、義理でイイネをしている人も沢山いるのでそこまで気にする理由が分かりません。

インスタ映えを気にし過ぎている投稿は逆に痛さが出てしまっている場合も多いです。

インスタに載せたいからという理由で別に行かなくてもいい場所に行ってみたり、食べたくない物を食べたりする人は凄く痛い人です。

酷い人だと写真だけ撮影をして食べ物は捨ててしまう人もいるようです。

ここまで行くとインスタをする資格はもうありません。

痛い人と言うよりも完全にやばい人になってしまっています。

同じ趣味の人と交流したり良いお店を探したりするのには便利なインスタグラムですが、痛い女性にイライラさせられてしまうこともあります。

あまりイイネをされることに拘りすぎてしまうと痛い女になってしまいますし、インスタ自体も楽しくなくなってしまうので程ほどに楽しむのが一番ではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-