【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171117184408.html
運転が下手な女性の特徴

運転が下手な女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
運転が下手な女性の特徴

本人が自覚しているかどうかは別として、下手だなと思われてしまう運転をしている女性は多いです。

以下に、その特徴をあげていきます。

  • 車が来ているのに無理やり合流する
  • ブレーキが遅い
  • スピードを出しすぎている
  • 逆に遅すぎる
  • ウインカーが遅い、または出さない
  • 道を譲らない
  • 車庫入れに時間がかかる
  • ずっと追い越し車線を走っている
  • まとめ

1. 車が来ているのに無理やり合流する

車が来ているのに無理やり合流する

下手だと感じてしまう運転で、一番特徴的なのがこれです。

そもそも見ていなかったという場合もありますが、来ているのは分かっているのだけど「まぁいけるだろう」と、こちらからしたらとんでもないタイミングで入ってきます。

これには一応理由があって、女性というのは生まれつき男性に比べて空間認識能力が少ないとされています。

どれくらいの距離に車があって、何秒後に近づいてくるのかを瞬間的に把握する能力がないので、周りからすると無茶な運転に見えるという訳です。

2. ブレーキが遅い

ブレーキが遅い

最適なタイミングよりワンテンポ遅れてブレーキを踏みます。

そして間に合わなかった結果、急ブレーキになります。

これは周りの車もそうですが、同乗した人が一番よく分かる特徴です。

単純に運動神経がなく、反応するのが遅れることが第一で、第二としては先ほど出た空間認識能力の無さから、前を走っている車との距離感が分からず、気が付いたときには思っていた以上に近い位置にいた、となってしまっているのです。

3. スピードを出しすぎている

スピードを出しすぎている

遊園地に行くと、ジェットコースターの列にはなぜか女性の方が多く見受けられます。

そこからも分かるように、基本的にスピードを出して走ることに高揚感を感じるのは女性です。

しかし高揚感だけでスピードを上げて、運転技術が伴っていないのです。

男性でもスピードを出す人はいますが、それは他の車より早く走りたいという競争意識からきていることが多いです。

どちらにしても、それが原因で事故に巻き込まれては、こちらとしてもたまったものではありません。

4. 逆に遅すぎる

逆に遅すぎる

法定速度を守るのはいいのですが、それよりもさらにゆっくり走るためスムーズな車の流れを乱します。

自分は運転が下手だと認識していて、あまりにも慎重になりすぎているパターンと、本人が走りやすいと思う速度が、結果的に周囲をイラつかせるほどのスピードであったという、二つのパターンがあります。

多くの女性というのは、目の前の細かいことに気付く能力には長けているのですが、周囲全体を見渡して判断するということが苦手です。

下手な女性に周りが見えていない運転が多いのは、このせいなのです。

5. ウインカーが遅い、または出さない

ウインカーが遅い、または出さない

後ろを走っている車からするとびっくりしますし、実際下手では済まないかなり危険な行為です。

道路交通法でもきちんと決まっていますし守るべきことですが、自分が運転する上では必要でないため、遅れたり忘れたりしてしまうのです。

直感的に「あっ、ここの店に入ろう」と、突然思い立ってしまう女性特有の性格も関係しています。

たまに出すのが早すぎて周囲の混乱を招く人もいますが、それは「出さなければ」と気にしすぎるあまりタイミングを見誤っているパターンです。

6. 道を譲らない

道を譲らない

狭い道路で対向車が来た時どちらかが道を譲らなければいけませんが、運転が下手な女性はそれをしません。

なぜか、「相手が譲ってくれると思った」と考えるのです。

さらに、合流したいと思う車にでさえ道を空けません。

そんな余裕がないのも事実ですが、分かっていてわざとやっている人もいます。

損をしたくないのです。

道を譲ることをそう感じてしまうのは下手な人ならではですが、その車が来ることで自分の到着が遅れたり、停まったりしなくてはいけないことを損だと感じてしまうのです。

7. 車庫入れに時間がかかる

車庫入れに時間がかかる

初心者に多いことですが、下手な人はいつまで経っても苦労しています。

車幅感覚が分かっていないため何度もハンドルを切り返し、後ろをきょろきょろと振り返ります。

それだけで済めばいいものの、しまいには横をこすったり後ろにぶつけたりします。

これは車庫入れに限った話ではありませんが、運転が下手な人に共通していることとして、頭で考えてからハンドルを切っていることがあげられます。

上手な人はいちいち考えなくても感覚でできてしまいますが、それができないので上達もしにくいのです。

8. ずっと追い越し車線を走っている

ずっと追い越し車線を走っている

後ろから車が来ているにもかかわらず、車線を変えようとしません。

嫌がらせでもわざとでもなく、気付いていないことがほとんどです。

たまたま入ったところが追い越し車線で、車線変更も得意ではないのでそのまま走っているか、最終的に右に曲がる用事があるから早めに入っておこうと考えているかのどちらかです。

いずれにしろ、後ろの車のことは気にしていません。

これが高速道路だとして、しかも遅いスピードであったりすると、その区間だけおかしな渋滞が巻き起こる羽目になります。

まとめ

並べると分かりますが、全体的に自分勝手な運転が目に付きます。

もちろん女性全員が下手な訳ではありません。

しかし男性に比べると多いと感じるのは、そもそも女性には車の運転を必要とする仕事が少ないことがあります。

要は慣れていない人が運転しているため、自然とそうなるのです。

今後このような車を見かけた際には、出来るだけ大きな心で、優しく見守る気持ちで運転を心がけるようにしてください。

本人が自覚しているかどうかは別として、下手だなと思われてしまう運転をしている女性は多いです。

以下に、その特徴をあげていきます。


車が来ているのに無理やり合流する

下手だと感じてしまう運転で、一番特徴的なのがこれです。

そもそも見ていなかったという場合もありますが、来ているのは分かっているのだけど「まぁいけるだろう」と、こちらからしたらとんでもないタイミングで入ってきます。

これには一応理由があって、女性というのは生まれつき男性に比べて空間認識能力が少ないとされています。

どれくらいの距離に車があって、何秒後に近づいてくるのかを瞬間的に把握する能力がないので、周りからすると無茶な運転に見えるという訳です。

ブレーキが遅い

最適なタイミングよりワンテンポ遅れてブレーキを踏みます。

そして間に合わなかった結果、急ブレーキになります。

これは周りの車もそうですが、同乗した人が一番よく分かる特徴です。

単純に運動神経がなく、反応するのが遅れることが第一で、第二としては先ほど出た空間認識能力の無さから、前を走っている車との距離感が分からず、気が付いたときには思っていた以上に近い位置にいた、となってしまっているのです。

スピードを出しすぎている

遊園地に行くと、ジェットコースターの列にはなぜか女性の方が多く見受けられます。

そこからも分かるように、基本的にスピードを出して走ることに高揚感を感じるのは女性です。

しかし高揚感だけでスピードを上げて、運転技術が伴っていないのです。

男性でもスピードを出す人はいますが、それは他の車より早く走りたいという競争意識からきていることが多いです。

どちらにしても、それが原因で事故に巻き込まれては、こちらとしてもたまったものではありません。

逆に遅すぎる

法定速度を守るのはいいのですが、それよりもさらにゆっくり走るためスムーズな車の流れを乱します。

自分は運転が下手だと認識していて、あまりにも慎重になりすぎているパターンと、本人が走りやすいと思う速度が、結果的に周囲をイラつかせるほどのスピードであったという、二つのパターンがあります。

多くの女性というのは、目の前の細かいことに気付く能力には長けているのですが、周囲全体を見渡して判断するということが苦手です。

下手な女性に周りが見えていない運転が多いのは、このせいなのです。

ウインカーが遅い、または出さない

後ろを走っている車からするとびっくりしますし、実際下手では済まないかなり危険な行為です。

道路交通法でもきちんと決まっていますし守るべきことですが、自分が運転する上では必要でないため、遅れたり忘れたりしてしまうのです。

直感的に「あっ、ここの店に入ろう」と、突然思い立ってしまう女性特有の性格も関係しています。

たまに出すのが早すぎて周囲の混乱を招く人もいますが、それは「出さなければ」と気にしすぎるあまりタイミングを見誤っているパターンです。

道を譲らない

狭い道路で対向車が来た時どちらかが道を譲らなければいけませんが、運転が下手な女性はそれをしません。

なぜか、「相手が譲ってくれると思った」と考えるのです。

さらに、合流したいと思う車にでさえ道を空けません。

そんな余裕がないのも事実ですが、分かっていてわざとやっている人もいます。

損をしたくないのです。

道を譲ることをそう感じてしまうのは下手な人ならではですが、その車が来ることで自分の到着が遅れたり、停まったりしなくてはいけないことを損だと感じてしまうのです。

車庫入れに時間がかかる

初心者に多いことですが、下手な人はいつまで経っても苦労しています。

車幅感覚が分かっていないため何度もハンドルを切り返し、後ろをきょろきょろと振り返ります。

それだけで済めばいいものの、しまいには横をこすったり後ろにぶつけたりします。

これは車庫入れに限った話ではありませんが、運転が下手な人に共通していることとして、頭で考えてからハンドルを切っていることがあげられます。

上手な人はいちいち考えなくても感覚でできてしまいますが、それができないので上達もしにくいのです。

ずっと追い越し車線を走っている

後ろから車が来ているにもかかわらず、車線を変えようとしません。

嫌がらせでもわざとでもなく、気付いていないことがほとんどです。

たまたま入ったところが追い越し車線で、車線変更も得意ではないのでそのまま走っているか、最終的に右に曲がる用事があるから早めに入っておこうと考えているかのどちらかです。

いずれにしろ、後ろの車のことは気にしていません。

これが高速道路だとして、しかも遅いスピードであったりすると、その区間だけおかしな渋滞が巻き起こる羽目になります。

並べると分かりますが、全体的に自分勝手な運転が目に付きます。

もちろん女性全員が下手な訳ではありません。

しかし男性に比べると多いと感じるのは、そもそも女性には車の運転を必要とする仕事が少ないことがあります。

要は慣れていない人が運転しているため、自然とそうなるのです。

今後このような車を見かけた際には、出来るだけ大きな心で、優しく見守る気持ちで運転を心がけるようにしてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-