【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171117155519.html
負のオーラがある女性の特徴

負のオーラがある女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
負のオーラがある女性の特徴

その人がいると周囲の雰囲気がなんとなく暗くなってしまう女性がいます。

ここでは、そうした負のオーラがある女性に注目し、どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

  • 表情が暗く、笑顔がひきつってしまう
  • うつむきがち
  • ネガティブでため息が多い
  • すぐに人と自分を比較して人を妬む
  • 外見が地味
  • 「どうせ私なんて」が口癖
  • 無口で声が小さい
  • まとめ

1. 表情が暗く、笑顔がひきつってしまう

表情が暗く、笑顔がひきつってしまう

負のオーラがある女性の特徴として、まずあげるべきなのが、表情の暗さでしょう。

これは、いつもニコニコしている明るい表情の女性と比較してみると、よくわかるに違いありません。

明るい表情をしている女性の周囲は、なんとなく灯りがともったような雰囲気になりますが、暗い表情の女性の周りは、灯りが消えたように暗い雰囲気になるものです。

人間ですから、負のオーラがある女性も、まったく笑わないということはないでしょう。

時には笑顔を見せることもありますが、その笑顔も決して明るい印象のものにはなりません。

いかにもぎこちなく、ひきつったような笑顔になってしまいます。

そのため、笑顔を見せても周囲の雰囲気が決して良くならないのが、負のオーラがある女性の特徴と言うことになるでしょう。

2. うつむきがち

うつむきがち

表情が暗いだけではなく、負のオーラがある女性には、姿勢の悪さから暗い印象を与えるという特徴もあります。

いすに座っている時でも、立っている時でも、歩いている時でも、ほとんどの場合、うつむきがちな姿勢をとってしまうのです。

猫背なためにそうなるケースもありますが、猫背ではなくてもそうなるケースも少なくありません。

背筋を伸ばしたよい姿勢をとる女性のような覇気を感じさせることはありません。

なんとなく元気がないような印象に与える、うつむきがちな姿勢をとること、これが負のオーラがある女性の姿勢に関する特徴と言うことになるでしょう。

3. ネガティブでため息が多い

ネガティブでため息が多い

ため息が多いというのも、負のオーラがある女性の大きな特徴と言っていいでしょう。

どうしてため息が多くなるのか、それはマイナス思考で、何事に対してもネガティブになってしまうからです。

例えば、与えられた仕事のうち、50%の仕事ができているとしましょう。

プラス思考の人は「もう半分できたのだから、あとは楽勝だ」と考え、前向きに残りの仕事に取り組むことができます。

反対に、マイナス思考の人は「まだ半分しか終わっていない。

こんなことでは締め切りまでに完了できないに違いない」と考え、ネガティブな気持ちになって、ため息をつくことになるのです。

4. すぐに人と自分を比較して人を妬む

すぐに人と自分を比較して人を妬む

負のオーラがある女性は、すぐに人と自分を比較します。

そして、人をうらやみ、時には妬むのです。

「人は人、自分は自分」というような割り切った考え方をすることができません。

「隣の芝生は青い」ということわざがありますが、人と自分を比べると、どうしても人の方がよく見えてしまうのが、人間心理と言っていいでしょう。

そのため、「なんでお隣さんの芝生はあんなにきれいなんだろう」とうらやましく感じ、きれいな芝生を持つ隣人にジェラシーを抱いてしまうのです。

5. 外見が地味

外見が地味

外見がきわめて地味というのも、負のオーラがある女性に共通した特徴と言っていいでしょう。

鮮やかな原色や、明るいパステルカラーの服は好みません。

ほとんど場合、黒や濃い茶色、濃いグレー、紺など、暗い色の服を好んで着ます。

着る服だけではありません。

髪を明るい色に染めるということもありませんし、ネイルに凝るということもしません。

また、化粧も最低限のものにとどめます。

ほとんどノーメイクであるかのような薄化粧しかしないのが、負のオーラがある女性の特徴なのです。

そこには、「目立ちたくない」という心理があると考えていいでしょう。

6. 「どうせ私なんて」が口癖

「どうせ私なんて」が口癖

負のオーラがある女性は、自分に自信がありません。

コンプレックスをもっているケースが多いのですが、特に大きなコンプレックスはもっていなくても、その自己評価は極めて低いと考えていいでしょう。

自己評価が低いために、「自分はダメだ」という意識をもってしまいます。

そのため、どうしても卑屈になり、ひがむようになるのです。

その結果生まれるのが、「『どうせ私なんて』が口癖」という特徴です。

つまり、ひがみっぽく、すぐに「どうせ私なんて」と言うのが、負のオーラがある女性の特徴と言うことになるでしょう。

7. 無口で声が小さい

無口で声が小さい

おとなしく無口というのも、負のオーラがある女性の特徴です。

例えば、職場の仲間との飲み会に参加したとしましょう。

みんな楽しくワイワイやっていても、負のオーラがある女性はほとんど口を開きません。

隅のほうの席で、一人黙って飲んだり食べたりしているのです。

人から何か聞かれて、たまに口を開くことはありますが、発言は常に短くなります。

さらに、その声も小さいので、飲み会の席などでは、発言が周囲の人の耳に伝わらないということもめずらしくありません。

これでは、せっかくの楽しい飲み会をしらけさせてしまうでしょう。

それこそが「負のオーラ」なのです。

まとめ

負のオーラのある女性の持っている特徴の中から、主なものを7つ紹介しました。

自分の持っているオーラは、自分ではなかなか気づきにくいものです。

女性の方はセルフチェックしてみてはいかがでしょうか。

その人がいると周囲の雰囲気がなんとなく暗くなってしまう女性がいます。

ここでは、そうした負のオーラがある女性に注目し、どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。


表情が暗く、笑顔がひきつってしまう

負のオーラがある女性の特徴として、まずあげるべきなのが、表情の暗さでしょう。

これは、いつもニコニコしている明るい表情の女性と比較してみると、よくわかるに違いありません。

明るい表情をしている女性の周囲は、なんとなく灯りがともったような雰囲気になりますが、暗い表情の女性の周りは、灯りが消えたように暗い雰囲気になるものです。

人間ですから、負のオーラがある女性も、まったく笑わないということはないでしょう。

時には笑顔を見せることもありますが、その笑顔も決して明るい印象のものにはなりません。

いかにもぎこちなく、ひきつったような笑顔になってしまいます。

そのため、笑顔を見せても周囲の雰囲気が決して良くならないのが、負のオーラがある女性の特徴と言うことになるでしょう。

うつむきがち

表情が暗いだけではなく、負のオーラがある女性には、姿勢の悪さから暗い印象を与えるという特徴もあります。

いすに座っている時でも、立っている時でも、歩いている時でも、ほとんどの場合、うつむきがちな姿勢をとってしまうのです。

猫背なためにそうなるケースもありますが、猫背ではなくてもそうなるケースも少なくありません。

背筋を伸ばしたよい姿勢をとる女性のような覇気を感じさせることはありません。

なんとなく元気がないような印象に与える、うつむきがちな姿勢をとること、これが負のオーラがある女性の姿勢に関する特徴と言うことになるでしょう。

ネガティブでため息が多い

ため息が多いというのも、負のオーラがある女性の大きな特徴と言っていいでしょう。

どうしてため息が多くなるのか、それはマイナス思考で、何事に対してもネガティブになってしまうからです。

例えば、与えられた仕事のうち、50%の仕事ができているとしましょう。

プラス思考の人は「もう半分できたのだから、あとは楽勝だ」と考え、前向きに残りの仕事に取り組むことができます。

反対に、マイナス思考の人は「まだ半分しか終わっていない。

こんなことでは締め切りまでに完了できないに違いない」と考え、ネガティブな気持ちになって、ため息をつくことになるのです。

すぐに人と自分を比較して人を妬む

負のオーラがある女性は、すぐに人と自分を比較します。

そして、人をうらやみ、時には妬むのです。

「人は人、自分は自分」というような割り切った考え方をすることができません。

「隣の芝生は青い」ということわざがありますが、人と自分を比べると、どうしても人の方がよく見えてしまうのが、人間心理と言っていいでしょう。

そのため、「なんでお隣さんの芝生はあんなにきれいなんだろう」とうらやましく感じ、きれいな芝生を持つ隣人にジェラシーを抱いてしまうのです。

外見が地味

外見がきわめて地味というのも、負のオーラがある女性に共通した特徴と言っていいでしょう。

鮮やかな原色や、明るいパステルカラーの服は好みません。

ほとんど場合、黒や濃い茶色、濃いグレー、紺など、暗い色の服を好んで着ます。

着る服だけではありません。

髪を明るい色に染めるということもありませんし、ネイルに凝るということもしません。

また、化粧も最低限のものにとどめます。

ほとんどノーメイクであるかのような薄化粧しかしないのが、負のオーラがある女性の特徴なのです。

そこには、「目立ちたくない」という心理があると考えていいでしょう。

「どうせ私なんて」が口癖

負のオーラがある女性は、自分に自信がありません。

コンプレックスをもっているケースが多いのですが、特に大きなコンプレックスはもっていなくても、その自己評価は極めて低いと考えていいでしょう。

自己評価が低いために、「自分はダメだ」という意識をもってしまいます。

そのため、どうしても卑屈になり、ひがむようになるのです。

その結果生まれるのが、「『どうせ私なんて』が口癖」という特徴です。

つまり、ひがみっぽく、すぐに「どうせ私なんて」と言うのが、負のオーラがある女性の特徴と言うことになるでしょう。

無口で声が小さい

おとなしく無口というのも、負のオーラがある女性の特徴です。

例えば、職場の仲間との飲み会に参加したとしましょう。

みんな楽しくワイワイやっていても、負のオーラがある女性はほとんど口を開きません。

隅のほうの席で、一人黙って飲んだり食べたりしているのです。

人から何か聞かれて、たまに口を開くことはありますが、発言は常に短くなります。

さらに、その声も小さいので、飲み会の席などでは、発言が周囲の人の耳に伝わらないということもめずらしくありません。

これでは、せっかくの楽しい飲み会をしらけさせてしまうでしょう。

それこそが「負のオーラ」なのです。

負のオーラのある女性の持っている特徴の中から、主なものを7つ紹介しました。

自分の持っているオーラは、自分ではなかなか気づきにくいものです。

女性の方はセルフチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-