【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171117155126.html
往生際が悪い女性の特徴

往生際が悪い女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
往生際が悪い女性の特徴

往生際が悪い人を扱うのはとても厄介であり手に負えなくなることがあります。

それほど嫌われやすくなってしまうのはなぜなのでしょうか。

どんな行動が往生際が悪いと判断されるのでしょうか。

正直に自分を見つめ直す良い機会になりますので、次の8つの特徴を分析してみましょう。

  • たかがゲームにも熱くなる
  • 現実を受け止めることができない
  • 交際する異性ともなかなか別れない
  • プライドが高い
  • 人のせいにする
  • 助言や提案を聞かない
  • 売り切れや営業時間などもう終わったものに執着する
  • 子供のように未成熟です
  • まとめ

1. たかがゲームにも熱くなる

たかがゲームにも熱くなる

仲間内でトランプなどのゲームで遊んだりすることがあるかもしれませんが、そんなたかがゲームに熱くなり、絶対に負けたくないという気持ちから往生際が悪くなり、最後は勝つまで絶対にこのゲームを続けるとか、ちょっとずるをしても勝とうとしたりということまでします。

負けたくないという気持ちが往生際の悪さとなって、一緒に遊んでいる人たちに嫌な思いをさせてしまいます。

2. 現実を受け止めることができない

現実を受け止めることができない

往生際が悪いというのは現実を認めずそれを受け入れない傾向にあります。

ですから仕事などで失敗をしてもそれを素直に認めることができずに、言い訳をしようとしたり、もう無理なのになんとかしようと画策したりします。

それは時間の無駄なのに、謝って前に進むということができない厄介な女であり、扱いにくさがあります。

現実を素直に受け入れることができないというのは見苦しさがあります。

3. 交際する異性ともなかなか別れない

交際する異性ともなかなか別れない

交際相手の男性とトラブルになり、別れを何度も切り出されているのにそれを受け入れないことがあります。

自分は絶対に別れない、あなたの方が悪い、そんな主張なのかもしれません。

自分勝手な推論で相手に非があるので自分を納得させてくれない限り別れることはないという主張をすることさえあります。

いずれにしても往生際が悪いのであり、もうすでに愛が冷えてしまっているのに、その関係を無理やり続けさせようとするところがあります。

4. プライドが高い

プライドが高い

往生際が悪いというのはプライドの高さゆえにそうなることがあります。

自分のミスを認めるのは恥ずかしい、かっこ悪い、他人からどう見られるのか、そんなことばかりを気にしているのでミスをなんとかごまかしたい、あるいはミスを取り返すことで自分なりの立場を保ちたいという思いが働くのです。

とはいえそのようにすることほどその人の評判を下げることになるかもしれません。

素直に頭を下げることの大切さをわかっていません。

5. 人のせいにする

人のせいにする

自分が望む結果とならなかった時に、仮にその原因が他人にあったとしても全体として動いていればそれぞれがそれなりに責任を感じるものですが、自分は全く悪くない、他の人の仕事の仕方が悪いからだという思考が強く、他人のせいにします。

それがあからさまであり、相手攻撃したりその人に恥ずかしい思いまでさせるようなことを言ったりします。

また自分の失敗も認めることがないのであまり成長することができず、そのことから学ぶことができない損な性格でもあります。

6. 助言や提案を聞かない

助言や提案を聞かない

他の人からこうした方がいいのではないかといった提案やアドバイスを受けることがあったとしてもそれに反発することが多いです。

そんなもの必要がないとか、本人がそれも一理あると思えても、それをするということは自分の方がアイデアがないという気持ちになるために到底受け入れることができません。

そしてその助言を受け入れず失敗してもそれを認めない往生際の悪さですから、誰も相手にしなくなり仕事そのものもあまり与えられなくなるかもしれません。

7. 売り切れや営業時間などもう終わったものに執着する

売り切れや営業時間などもう終わったものに執着する

バーゲンとか一時的なもので販売数も限定されているものですでに売り切れているのに、なぜもうないのか、待つから出してとばかりにスタッフに詰め寄るような態度をしたり、営業時間になりお店を閉めようとしているときに、なんとかして、と往生際の悪さを出したりします。

そのような人はお店はサービス業で自分は客だからサービスするのは当たり前で臨機応変に対応するのは当然という態度があり、簡単に諦めることができないのです。

スタッフも困ってしまうし厄介な客であるのは間違いありません。

8. 子供のように未成熟です

子供のように未成熟です

往生際が悪いというのは、親が子供にダメとはっきりと言われているのに欲しい欲しいとおもちゃを欲しがる子供に似ています。

駄々をこねればなんとかなると思っているのであり、それは人間的に未成熟の証拠でもあります。

わめいたり泣いたりして騒ぐことで周囲を困らせ自分の思い通りにしたいということであり、仮に何度か上手くいったとしても、それをすることで失うものは大きくなるでしょう。

まとめ

往生際が悪いというのは負けず際いであり、見苦しいところがあります。

あまり他の人からかわいがられることはありませんので友人を失っていく可能性が高いです。

素直に謝ったり助言や提案を受け入れること、わからないことは尋ねるような態度をしていくことが大切であり、現実をありのまま受け入れるようにすることが大切です。

往生際が悪い人を扱うのはとても厄介であり手に負えなくなることがあります。

それほど嫌われやすくなってしまうのはなぜなのでしょうか。

どんな行動が往生際が悪いと判断されるのでしょうか。

正直に自分を見つめ直す良い機会になりますので、次の8つの特徴を分析してみましょう。


たかがゲームにも熱くなる

仲間内でトランプなどのゲームで遊んだりすることがあるかもしれませんが、そんなたかがゲームに熱くなり、絶対に負けたくないという気持ちから往生際が悪くなり、最後は勝つまで絶対にこのゲームを続けるとか、ちょっとずるをしても勝とうとしたりということまでします。

負けたくないという気持ちが往生際の悪さとなって、一緒に遊んでいる人たちに嫌な思いをさせてしまいます。

現実を受け止めることができない

往生際が悪いというのは現実を認めずそれを受け入れない傾向にあります。

ですから仕事などで失敗をしてもそれを素直に認めることができずに、言い訳をしようとしたり、もう無理なのになんとかしようと画策したりします。

それは時間の無駄なのに、謝って前に進むということができない厄介な女であり、扱いにくさがあります。

現実を素直に受け入れることができないというのは見苦しさがあります。

交際する異性ともなかなか別れない

交際相手の男性とトラブルになり、別れを何度も切り出されているのにそれを受け入れないことがあります。

自分は絶対に別れない、あなたの方が悪い、そんな主張なのかもしれません。

自分勝手な推論で相手に非があるので自分を納得させてくれない限り別れることはないという主張をすることさえあります。

いずれにしても往生際が悪いのであり、もうすでに愛が冷えてしまっているのに、その関係を無理やり続けさせようとするところがあります。

プライドが高い

往生際が悪いというのはプライドの高さゆえにそうなることがあります。

自分のミスを認めるのは恥ずかしい、かっこ悪い、他人からどう見られるのか、そんなことばかりを気にしているのでミスをなんとかごまかしたい、あるいはミスを取り返すことで自分なりの立場を保ちたいという思いが働くのです。

とはいえそのようにすることほどその人の評判を下げることになるかもしれません。

素直に頭を下げることの大切さをわかっていません。

人のせいにする

自分が望む結果とならなかった時に、仮にその原因が他人にあったとしても全体として動いていればそれぞれがそれなりに責任を感じるものですが、自分は全く悪くない、他の人の仕事の仕方が悪いからだという思考が強く、他人のせいにします。

それがあからさまであり、相手攻撃したりその人に恥ずかしい思いまでさせるようなことを言ったりします。

また自分の失敗も認めることがないのであまり成長することができず、そのことから学ぶことができない損な性格でもあります。

助言や提案を聞かない

他の人からこうした方がいいのではないかといった提案やアドバイスを受けることがあったとしてもそれに反発することが多いです。

そんなもの必要がないとか、本人がそれも一理あると思えても、それをするということは自分の方がアイデアがないという気持ちになるために到底受け入れることができません。

そしてその助言を受け入れず失敗してもそれを認めない往生際の悪さですから、誰も相手にしなくなり仕事そのものもあまり与えられなくなるかもしれません。

売り切れや営業時間などもう終わったものに執着する

バーゲンとか一時的なもので販売数も限定されているものですでに売り切れているのに、なぜもうないのか、待つから出してとばかりにスタッフに詰め寄るような態度をしたり、営業時間になりお店を閉めようとしているときに、なんとかして、と往生際の悪さを出したりします。

そのような人はお店はサービス業で自分は客だからサービスするのは当たり前で臨機応変に対応するのは当然という態度があり、簡単に諦めることができないのです。

スタッフも困ってしまうし厄介な客であるのは間違いありません。

子供のように未成熟です

往生際が悪いというのは、親が子供にダメとはっきりと言われているのに欲しい欲しいとおもちゃを欲しがる子供に似ています。

駄々をこねればなんとかなると思っているのであり、それは人間的に未成熟の証拠でもあります。

わめいたり泣いたりして騒ぐことで周囲を困らせ自分の思い通りにしたいということであり、仮に何度か上手くいったとしても、それをすることで失うものは大きくなるでしょう。

往生際が悪いというのは負けず際いであり、見苦しいところがあります。

あまり他の人からかわいがられることはありませんので友人を失っていく可能性が高いです。

素直に謝ったり助言や提案を受け入れること、わからないことは尋ねるような態度をしていくことが大切であり、現実をありのまま受け入れるようにすることが大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-