【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171117103553.html
泣き上戸な女性の特徴

泣き上戸な女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
泣き上戸な女性の特徴

お酒を飲むとすぐに泣く女性がいます。

ここでは、そうした泣き上戸な女性に注目し、どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。

  • 甘えん坊で人にかまってほしい
  • ストレスやフラストレーションが溜まっている
  • 自意識過剰
  • 泣いている自分が好き
  • 感受性豊か
  • 自分を客観的に見られない
  • まとめ

1. 甘えん坊で人にかまってほしい

甘えん坊で人にかまってほしい

お酒を飲んでるときに、泣き出す女性がいると、周囲の人はその人を放っておくことができなくなるに違いありません。

たとえば、会社の同僚数名で飲み会をしたとしましょう。

その際、だれか一人が酔って泣き出せば、周りの人は「どうしたの?」とかまうことになるはずです、 泣き上戸の女性には、それを望んでいるという心理をもっているケースが少なくありません。

「どうしたの?」と声をかけてもらい、「何かあったの?」と心配してもらいたいがために、酒の席ですぐに泣いて見せるのです。

一言でいうと「かまってちゃん」なわけですが、そこには人に甘えたいという心理が隠されていると考えていいでしょう。

2. ストレスやフラストレーションが溜まっている

ストレスやフラストレーションが溜まっている

ひところ「涙活」が注目されました。

悲しい映画などを見て泣くことで、精神的にすっきりするという活動です。

笑うことは健康に良いといわれますが、泣くことのほうがさらに健康効果があるという説もあります。

「大泣きした後、気持ちがすっきりした」という経験のある人は少なくないでしょう。

泣き上戸の女性は、そうした経験を多くしているため、「泣けばすっきりできる」ということをよく知っています。

特にストレスが溜まっていると感じたり、小さくないフラストレーションを感じていると、「泣いて、発散したい」と思うのです。

つまり、ストレスやフラストレーションが溜まっているというのが、泣き上戸な女性の心理的特徴と言うことができるでしょう。

それを発散し、解消するために、酒の力を借りて泣いているわけです。

3. 自意識過剰

自意識過剰

先ほど、「かまってちゃん」という特徴を紹介しましたが、泣き上戸の女性には自己顕示欲が強いという特徴もあります。

人から注目されたいがために、泣いて見せているわけです。

幼児ならともかく、大人になって人前で泣くということは、そうあるものではありません。

ですから、飲み会で泣き出す女性がいれば、注目を集めるのは当然でしょう。

たとえば、大人数の飲み会で、一人泣き出した女性がいれば、当然、周囲の人の目は、その女性に集中するに違いありません。

泣き上戸の女性は、そのようにして、人から注目されたいのです。

自意識過剰で自己顕示欲が強いために、その場の主役になりたいと思うこと、これが、泣き上戸な女性の特徴と言うことになるでしょう。

4. 泣いている自分が好き

泣いている自分が好き

自己愛が強いというのも、泣き上戸な女性の心理的特徴と言っていいでしょう。

「涙は女の武器」という言葉がありますが、女性にとって、自分をより女性らしく見せるための武器の一つが「涙」ということもできます。

男が泣けば「男のくせにみっともない」と思われるに違いありません。

しかし、女が泣いている場合は、そうは思われず、かえって「女性らしい」という評価を得ることもあるでしょう。

泣き上戸な女性はそのことを自覚しています。

つまり、「泣いている自分は女らしい魅力がある」と思っているのです。

そこにあるのは、「そんな自分が好き」という心理と考えていいでしょう。

自己愛が強く、泣いている自分のことが好きなために、酒の席ですぐに泣くのが、泣き上戸な女性の特徴なのです。

5. 感受性豊か

感受性豊か

泣き上戸は女性にはマイナスの特徴もありますが、プラスの特徴もあります。

それが、「感受性豊か」ということ。

酒の席で涙を見せるのが泣き上戸な女性なわけですが、なんのきっかけもなく、突然、泣き出すということは少ないでしょう。

多くの場合、なんらかのきっかけがあって、泣き出すに違いありません。

たとえば、人と会話をしているうち、その話の中で泣くきっかけになる言葉ややり取りがあるわけです。

多くの人は、そういうやり取りがあったとしても、泣くということはありません。

たとえば、人からやさしい言葉をかけられ、それに感激すれば、感謝の気持ちを持つことは当然あるでしょう。

しかし、感激のあまり泣き出すということまでは、ふつうはしません。

泣き上戸な女性は違います。

そうした言葉をかけられると、人一倍それに強く感激して、その結果、涙を見せるということになるのです。

そこには豊かな感受性があると考えていいでしょう。

感受性豊かなために、外部から入ってくる情報に敏感に反応するのが、泣き上戸な女性なのです。

6. 自分を客観的に見られない

自分を客観的に見られない

涙は女性を魅力的に見せる効果もありますが、それも程度問題です。

ごくたまに、涙を見せれば、人に「女らしい」と思ってもらうこともできるでしょう。

しかし、あまりに頻繁に涙を見せると、人からそんな評価を得ることはできません。

泣き上戸な女性は、酒の席でしょっちゅう泣くわけですから、周囲の人は「また始まった」と感じるだけで、けっして「女らしい」とは感じないでしょう。

泣き上戸な女性は、自分が周囲からどう思われているか、わかっていません。

「また始まった」と思われているということに気づいていないのです。

つまり、自分を客観視できないというのも、泣き上戸な女性の特徴ということになるでしょう。

まとめ

泣き上戸な女性の特徴を、ここでは6つ紹介してきました。

よい特徴もありますが、マイナス面の特徴のほうが多いということができるでしょう。

身近にいる泣き上戸な女性のことを知るための参考になさってください。

お酒を飲むとすぐに泣く女性がいます。

ここでは、そうした泣き上戸な女性に注目し、どんな特徴があるのか見ていくことにしましょう。


甘えん坊で人にかまってほしい

お酒を飲んでるときに、泣き出す女性がいると、周囲の人はその人を放っておくことができなくなるに違いありません。

たとえば、会社の同僚数名で飲み会をしたとしましょう。

その際、だれか一人が酔って泣き出せば、周りの人は「どうしたの?」とかまうことになるはずです、 泣き上戸の女性には、それを望んでいるという心理をもっているケースが少なくありません。

「どうしたの?」と声をかけてもらい、「何かあったの?」と心配してもらいたいがために、酒の席ですぐに泣いて見せるのです。

一言でいうと「かまってちゃん」なわけですが、そこには人に甘えたいという心理が隠されていると考えていいでしょう。

ストレスやフラストレーションが溜まっている

ひところ「涙活」が注目されました。

悲しい映画などを見て泣くことで、精神的にすっきりするという活動です。

笑うことは健康に良いといわれますが、泣くことのほうがさらに健康効果があるという説もあります。

「大泣きした後、気持ちがすっきりした」という経験のある人は少なくないでしょう。

泣き上戸の女性は、そうした経験を多くしているため、「泣けばすっきりできる」ということをよく知っています。

特にストレスが溜まっていると感じたり、小さくないフラストレーションを感じていると、「泣いて、発散したい」と思うのです。

つまり、ストレスやフラストレーションが溜まっているというのが、泣き上戸な女性の心理的特徴と言うことができるでしょう。

それを発散し、解消するために、酒の力を借りて泣いているわけです。

自意識過剰

先ほど、「かまってちゃん」という特徴を紹介しましたが、泣き上戸の女性には自己顕示欲が強いという特徴もあります。

人から注目されたいがために、泣いて見せているわけです。

幼児ならともかく、大人になって人前で泣くということは、そうあるものではありません。

ですから、飲み会で泣き出す女性がいれば、注目を集めるのは当然でしょう。

たとえば、大人数の飲み会で、一人泣き出した女性がいれば、当然、周囲の人の目は、その女性に集中するに違いありません。

泣き上戸の女性は、そのようにして、人から注目されたいのです。

自意識過剰で自己顕示欲が強いために、その場の主役になりたいと思うこと、これが、泣き上戸な女性の特徴と言うことになるでしょう。

泣いている自分が好き

自己愛が強いというのも、泣き上戸な女性の心理的特徴と言っていいでしょう。

「涙は女の武器」という言葉がありますが、女性にとって、自分をより女性らしく見せるための武器の一つが「涙」ということもできます。

男が泣けば「男のくせにみっともない」と思われるに違いありません。

しかし、女が泣いている場合は、そうは思われず、かえって「女性らしい」という評価を得ることもあるでしょう。

泣き上戸な女性はそのことを自覚しています。

つまり、「泣いている自分は女らしい魅力がある」と思っているのです。

そこにあるのは、「そんな自分が好き」という心理と考えていいでしょう。

自己愛が強く、泣いている自分のことが好きなために、酒の席ですぐに泣くのが、泣き上戸な女性の特徴なのです。

感受性豊か

泣き上戸は女性にはマイナスの特徴もありますが、プラスの特徴もあります。

それが、「感受性豊か」ということ。

酒の席で涙を見せるのが泣き上戸な女性なわけですが、なんのきっかけもなく、突然、泣き出すということは少ないでしょう。

多くの場合、なんらかのきっかけがあって、泣き出すに違いありません。

たとえば、人と会話をしているうち、その話の中で泣くきっかけになる言葉ややり取りがあるわけです。

多くの人は、そういうやり取りがあったとしても、泣くということはありません。

たとえば、人からやさしい言葉をかけられ、それに感激すれば、感謝の気持ちを持つことは当然あるでしょう。

しかし、感激のあまり泣き出すということまでは、ふつうはしません。

泣き上戸な女性は違います。

そうした言葉をかけられると、人一倍それに強く感激して、その結果、涙を見せるということになるのです。

そこには豊かな感受性があると考えていいでしょう。

感受性豊かなために、外部から入ってくる情報に敏感に反応するのが、泣き上戸な女性なのです。

自分を客観的に見られない

涙は女性を魅力的に見せる効果もありますが、それも程度問題です。

ごくたまに、涙を見せれば、人に「女らしい」と思ってもらうこともできるでしょう。

しかし、あまりに頻繁に涙を見せると、人からそんな評価を得ることはできません。

泣き上戸な女性は、酒の席でしょっちゅう泣くわけですから、周囲の人は「また始まった」と感じるだけで、けっして「女らしい」とは感じないでしょう。

泣き上戸な女性は、自分が周囲からどう思われているか、わかっていません。

「また始まった」と思われているということに気づいていないのです。

つまり、自分を客観視できないというのも、泣き上戸な女性の特徴ということになるでしょう。

泣き上戸な女性の特徴を、ここでは6つ紹介してきました。

よい特徴もありますが、マイナス面の特徴のほうが多いということができるでしょう。

身近にいる泣き上戸な女性のことを知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-