【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171117103529.html
下品な女性の特徴

下品な女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
下品な女性の特徴

女性の中でも接しているときに「この人は下品だな」と思うこともあるのではないでしょうか。

ではそんな下品な、品のない女性の特徴をあげていきます。

  • 下ネタが多い
  • 言葉が汚い
  • 皆がいるなかで声が大きい
  • 食べ方が汚い
  • 手癖足癖が悪い
  • 欲を丸出しにしている
  • 露出加減がおかしいファッション性
  • 人のうわさ話や悪口が大好き
  • 人のプライバシーを詮索する
  • 食事のマナーが悪い
  • 言葉遣いが乱暴
  • すぐに男性にボディタッチする
  • 脚を開いて座る
  • まとめ

1. 下ネタが多い

下ネタが多い

話をしていてやたらと下ネタを持ってくる女性は下品と言われてしまうでしょう。

下ネタも軽いものや時々であればまだ笑えることもありますが、常に何かあればすぐに下ネタに持っていかれると話をしている相手もうんざりしてしまいます。

男性は下ネタが好きとは言いますが、それでもしつこいのは嫌な気持ちになるものなので。

「この人はこんなことしか考えていないのか」と疑ってしまうでしょう。

しつこい下ネタは下品なのです。

2. 言葉が汚い

言葉が汚い

女性の中でも言葉か汚いと品がないと思われてしまいます。

喋り口調は相手に自分の直接のイメージを与えるもので、言葉が汚い人は性格も汚いし下品と見られてしまいます。

会話の中で平気で「くそっ」とか「バカ」などの言葉を使うこともそうですし、「だっせーなー!」「マジ頭わるそーだね」という悪口じみた言葉を連発することも聞いてる方としては気分が悪いものです。

そのような事も考えずに常に汚い言葉を使っていれば、それは品がないと言われてもおかしくないですね。

3. 皆がいるなかで声が大きい

皆がいるなかで声が大きい

喋り口調に並んで品がないと思われる行動に声の大きさがあります。

近くて話しているからそんなに大きな声を出す必要もないのですが、話の中で何かに興奮したのか、急に大きな声で話し出す女性がいるものです。

そこまで話を聞いてもらいたいのかというくらいのアクションですが、聞いている方はうるさいとしか思えず下品な行動と思われてしまいます。

声か大きくなることは本人は無意識にしてしまうので、なかなか治ることはないでしょう。

4. 食べ方が汚い

食べ方が汚い

食べ方が汚い女性も下品だと思われてしまいます。

食べているときに話をしていて口から食べかすが飛んでいたり、お皿の回りにこぼしていたりというのが目立つと、一緒にいる人からは下品扱いされてしまいます。

これは単に見た目からしてきれいなものではないですね。

多少のことはしょうがないとしても、明らかに食器の使い方がおかしくて汚してしまったり、口に料理を含んだ状態で話をするのは品格を疑われます。

子供の頃から注意を受けているはずなので、それができていないと恥ずかしいでしょう。

5. 手癖足癖が悪い

手癖足癖が悪い

普段の行動の中で、手癖足癖が悪い女性は品がないですね。

物を置くときに投げつけていたり、物を動かすときに足でやるなど、見ているだけでも品がないと感じてしまいます。

特に買い物をしているとき、お会計時にお金を投げて出す人はかなりの反感を買うでしょう。

それを見ただけでも怒りを覚えて強く注意をする人もいるくらいです。

物を投げつけたり足で扱おうとする行為は乱暴にも感じられますし、いい加減な作業を見せるということなので、非難を浴びてしまっても不思議ではありません。

このように、手癖足癖が悪いと下品ということだけでなく人としてのイメージもかなり悪いことになるのです。

6. 欲を丸出しにしている

欲を丸出しにしている

会話の中で、自分の欲を丸出しにしているような発言をしている女性は下品だと見られます。

自分が得するような話があれば、それには急に乗り出してきて興味津々になるような姿は品を感じることがありません。

それまで特にそっけない感じで話していたのに、お金が儲かるような話を始めたとたんに目を輝かせてきたり、人の物をいかにも分けてくださいと言わんばかりの話をしてきたりする女性は卑しい人とも感じられますね。

また、何かと奢ってもらおうとしたり、周りの人の損得を考えずに、自分だけ良い思いができれば良いと考えている人もそれに当たるでしょう。

人には特に何も与えないのに、自分の得には大いに耳を傾けるような欲丸出しの女性は下品だと思われるでしょう。

7. 露出加減がおかしいファッション性

露出加減がおかしいファッション性

履き違えると下品だと言われてしまうことに露出度の高いファッションがあります。

きれいに着こなしていればキレイだったりオシャレだと思われますが、着こなしを間違えるとオシャレというより露出したいだけと言うような印象になります。

ただの露出狂であり、セクシーさというより下品になってしまうのですね。

肌を露出していればセクシーに見えるわけではありません。

着こなしやバランスが大事ですので、そこを履き違えてしまうとファッションではなくただの品のない女性と見られてしまうのですね。

8. 人のうわさ話や悪口が大好き

人のうわさ話や悪口が大好き

人のうわさ話が好きで、悪口をよく口にするというのも、下品な女性の特徴と言っていいでしょう。

ほとんど場合、その場にいない人のことを話題にし、その人のうわさ話をします。

下品な女性は情報通なところがありますので、そうしたうわさ話のネタが豊富です。

「あの人はこうだ。

この人はああだ」
と言うように、その話題の人物に関する最新情報をもとに、その人のうわさをし、悪口を言って楽しむのです。

話題にするのは知り合いばかりではありません。

芸能人や有名人などを話題にし、その人の悪口を言うというのも、下品な女性の特徴でしょう。

たとえば、人気の美人女優などを話題にし、その人の欠点やよくないうわさ、ゴシップを口にして喜ぶのです。

9. 人のプライバシーを詮索する

人のプライバシーを詮索する

下品な人は情報通ですが、その理由の一つに「詮索好き」ということがあります。

人と話をするとき、その人のプライバシーを根掘り葉掘り聞こうとします。

家族構成はどうなのか。

家族関係は良好にいっているのか。

仕事はどうなのか。

健康状態に問題はないのかなどなど。

徹底的に聞き出して、その人のプライバシーを知ろうとするのです。

人の領域に土足で脚を踏み入れるように、プライバシーを聞き出そうとするのが、下品な女性の特徴と言うことになるでしょう。

10. 食事のマナーが悪い

食事のマナーが悪い

マナー違反をするというのも、下品な女性の特徴ですが、特に顕著なのが食事に関するマナーでしょう。

テーブルに肘をついたり、脚を組んだりして食事をすることが少なくありません。

また、ナイフやフォークをかちゃかちゃさせたり、スープをずるずるすすったりと言った、「音のマナー違反」もよく犯します。

特に人を不快にさせるのが、食べ物をかむときに口をくちゃくちゃ言わせるマナー違反でしょう。

そのような咀嚼音をさせるのが、下品な女性の食事に関する特徴なのです。

また、下品な女性は「食べ放題」が大好きですが、バイキング形式の店で食事をするとき、料理を多くとりすぎて、結局は食べきれずに残してしまうというのも、下品な女性ならではの特徴と言っていいでしょう。

11. 言葉遣いが乱暴

言葉遣いが乱暴

下品な女性は言葉づかいが乱暴です。

親しい友達と話をするときなどは、「これでも女か」と相手があきれるような汚い言葉づかいをすることもめずらしくありません。

親しくない人と話をする時でも、フランクすぎる言葉づかいを平気でします。

本人はフレンドリーに接しているつもりかもしれません。

しかし、そんな乱暴な言葉づかいを聞かされる相手は、「なんて下品な女性なんだろう」とあきれるわけです。

下品な女性が正しい敬語を使えないことはいうまでもないでしょう。

12. すぐに男性にボディタッチする

すぐに男性にボディタッチする

ボディタッチが癖になっているというのも、下品な女性の特徴の一つでしょう。

友達と話をしているとき、たびたび相手の肩のあたりを手で叩いたりします。

相手が女性の時だけではありません。

相手が男性で、しかもそう親しくなくても、平気でボディタッチするのです。

特に、お酒が入ると、かなりきわどいボディタッチを男性にするのが、下品な女性の特徴なのです。

13. 脚を開いて座る

脚を開いて座る

椅子に座るときに、無意識のうちに脚を開いてしまうというのも、下品な女性の特徴と言っていいでしょう。

自宅のリビングのソファでくつろぐときなど、大きく脚を開いて座ります。

自宅であれば、別に問題はないでしょう。

しかい、下品な女性は公の場でも、平気で脚を開いて座るのです。

電車のシートに座るとき、脚をきちんと閉じていない女性をよく見かけるでしょう。

あれが、下品な女性の座り方の特徴なのです。

まとめ

下品な女性の特徴をあげていきました。

下品というのはルールで決められているものではなく、モラルや見た目などが重点となりますので、子供の頃からの育てられ方が大きく関わってくるのでしょう。

しかし品があるのと無いのでは大きく人生も変わっていきますので、できる限り下品ではなく上品な方が良いですね。

下品というだけで人間性も悪い方にいきますし、人の信用も得られないことに繋がりますので、それだけ品というものは大事にした方が良いのです。

女性の中でも接しているときに「この人は下品だな」と思うこともあるのではないでしょうか。

ではそんな下品な、品のない女性の特徴をあげていきます。


下ネタが多い

話をしていてやたらと下ネタを持ってくる女性は下品と言われてしまうでしょう。

下ネタも軽いものや時々であればまだ笑えることもありますが、常に何かあればすぐに下ネタに持っていかれると話をしている相手もうんざりしてしまいます。

男性は下ネタが好きとは言いますが、それでもしつこいのは嫌な気持ちになるものなので。

「この人はこんなことしか考えていないのか」と疑ってしまうでしょう。

しつこい下ネタは下品なのです。

言葉が汚い

女性の中でも言葉か汚いと品がないと思われてしまいます。

喋り口調は相手に自分の直接のイメージを与えるもので、言葉が汚い人は性格も汚いし下品と見られてしまいます。

会話の中で平気で「くそっ」とか「バカ」などの言葉を使うこともそうですし、「だっせーなー!」「マジ頭わるそーだね」という悪口じみた言葉を連発することも聞いてる方としては気分が悪いものです。

そのような事も考えずに常に汚い言葉を使っていれば、それは品がないと言われてもおかしくないですね。

皆がいるなかで声が大きい

喋り口調に並んで品がないと思われる行動に声の大きさがあります。

近くて話しているからそんなに大きな声を出す必要もないのですが、話の中で何かに興奮したのか、急に大きな声で話し出す女性がいるものです。

そこまで話を聞いてもらいたいのかというくらいのアクションですが、聞いている方はうるさいとしか思えず下品な行動と思われてしまいます。

声か大きくなることは本人は無意識にしてしまうので、なかなか治ることはないでしょう。

食べ方が汚い

食べ方が汚い女性も下品だと思われてしまいます。

食べているときに話をしていて口から食べかすが飛んでいたり、お皿の回りにこぼしていたりというのが目立つと、一緒にいる人からは下品扱いされてしまいます。

これは単に見た目からしてきれいなものではないですね。

多少のことはしょうがないとしても、明らかに食器の使い方がおかしくて汚してしまったり、口に料理を含んだ状態で話をするのは品格を疑われます。

子供の頃から注意を受けているはずなので、それができていないと恥ずかしいでしょう。

手癖足癖が悪い

普段の行動の中で、手癖足癖が悪い女性は品がないですね。

物を置くときに投げつけていたり、物を動かすときに足でやるなど、見ているだけでも品がないと感じてしまいます。

特に買い物をしているとき、お会計時にお金を投げて出す人はかなりの反感を買うでしょう。

それを見ただけでも怒りを覚えて強く注意をする人もいるくらいです。

物を投げつけたり足で扱おうとする行為は乱暴にも感じられますし、いい加減な作業を見せるということなので、非難を浴びてしまっても不思議ではありません。

このように、手癖足癖が悪いと下品ということだけでなく人としてのイメージもかなり悪いことになるのです。

欲を丸出しにしている

会話の中で、自分の欲を丸出しにしているような発言をしている女性は下品だと見られます。

自分が得するような話があれば、それには急に乗り出してきて興味津々になるような姿は品を感じることがありません。

それまで特にそっけない感じで話していたのに、お金が儲かるような話を始めたとたんに目を輝かせてきたり、人の物をいかにも分けてくださいと言わんばかりの話をしてきたりする女性は卑しい人とも感じられますね。

また、何かと奢ってもらおうとしたり、周りの人の損得を考えずに、自分だけ良い思いができれば良いと考えている人もそれに当たるでしょう。

人には特に何も与えないのに、自分の得には大いに耳を傾けるような欲丸出しの女性は下品だと思われるでしょう。

露出加減がおかしいファッション性

履き違えると下品だと言われてしまうことに露出度の高いファッションがあります。

きれいに着こなしていればキレイだったりオシャレだと思われますが、着こなしを間違えるとオシャレというより露出したいだけと言うような印象になります。

ただの露出狂であり、セクシーさというより下品になってしまうのですね。

肌を露出していればセクシーに見えるわけではありません。

着こなしやバランスが大事ですので、そこを履き違えてしまうとファッションではなくただの品のない女性と見られてしまうのですね。

人のうわさ話や悪口が大好き

人のうわさ話が好きで、悪口をよく口にするというのも、下品な女性の特徴と言っていいでしょう。

ほとんど場合、その場にいない人のことを話題にし、その人のうわさ話をします。

下品な女性は情報通なところがありますので、そうしたうわさ話のネタが豊富です。

「あの人はこうだ。

この人はああだ」
と言うように、その話題の人物に関する最新情報をもとに、その人のうわさをし、悪口を言って楽しむのです。

話題にするのは知り合いばかりではありません。

芸能人や有名人などを話題にし、その人の悪口を言うというのも、下品な女性の特徴でしょう。

たとえば、人気の美人女優などを話題にし、その人の欠点やよくないうわさ、ゴシップを口にして喜ぶのです。

人のプライバシーを詮索する

下品な人は情報通ですが、その理由の一つに「詮索好き」ということがあります。

人と話をするとき、その人のプライバシーを根掘り葉掘り聞こうとします。

家族構成はどうなのか。

家族関係は良好にいっているのか。

仕事はどうなのか。

健康状態に問題はないのかなどなど。

徹底的に聞き出して、その人のプライバシーを知ろうとするのです。

人の領域に土足で脚を踏み入れるように、プライバシーを聞き出そうとするのが、下品な女性の特徴と言うことになるでしょう。

食事のマナーが悪い

マナー違反をするというのも、下品な女性の特徴ですが、特に顕著なのが食事に関するマナーでしょう。

テーブルに肘をついたり、脚を組んだりして食事をすることが少なくありません。

また、ナイフやフォークをかちゃかちゃさせたり、スープをずるずるすすったりと言った、「音のマナー違反」もよく犯します。

特に人を不快にさせるのが、食べ物をかむときに口をくちゃくちゃ言わせるマナー違反でしょう。

そのような咀嚼音をさせるのが、下品な女性の食事に関する特徴なのです。

また、下品な女性は「食べ放題」が大好きですが、バイキング形式の店で食事をするとき、料理を多くとりすぎて、結局は食べきれずに残してしまうというのも、下品な女性ならではの特徴と言っていいでしょう。

言葉遣いが乱暴

下品な女性は言葉づかいが乱暴です。

親しい友達と話をするときなどは、「これでも女か」と相手があきれるような汚い言葉づかいをすることもめずらしくありません。

親しくない人と話をする時でも、フランクすぎる言葉づかいを平気でします。

本人はフレンドリーに接しているつもりかもしれません。

しかし、そんな乱暴な言葉づかいを聞かされる相手は、「なんて下品な女性なんだろう」とあきれるわけです。

下品な女性が正しい敬語を使えないことはいうまでもないでしょう。

すぐに男性にボディタッチする

ボディタッチが癖になっているというのも、下品な女性の特徴の一つでしょう。

友達と話をしているとき、たびたび相手の肩のあたりを手で叩いたりします。

相手が女性の時だけではありません。

相手が男性で、しかもそう親しくなくても、平気でボディタッチするのです。

特に、お酒が入ると、かなりきわどいボディタッチを男性にするのが、下品な女性の特徴なのです。

脚を開いて座る

椅子に座るときに、無意識のうちに脚を開いてしまうというのも、下品な女性の特徴と言っていいでしょう。

自宅のリビングのソファでくつろぐときなど、大きく脚を開いて座ります。

自宅であれば、別に問題はないでしょう。

しかい、下品な女性は公の場でも、平気で脚を開いて座るのです。

電車のシートに座るとき、脚をきちんと閉じていない女性をよく見かけるでしょう。

あれが、下品な女性の座り方の特徴なのです。

下品な女性の特徴をあげていきました。

下品というのはルールで決められているものではなく、モラルや見た目などが重点となりますので、子供の頃からの育てられ方が大きく関わってくるのでしょう。

しかし品があるのと無いのでは大きく人生も変わっていきますので、できる限り下品ではなく上品な方が良いですね。

下品というだけで人間性も悪い方にいきますし、人の信用も得られないことに繋がりますので、それだけ品というものは大事にした方が良いのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-