【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171117103506.html
育ちが悪い女性の特徴

育ちが悪い女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
育ちが悪い女性の特徴

育ちが悪い女性を見ると、見ているこっちが「恥ずかしい」と思ってしまうものです。

では、どんな女性が育ちが悪いのでしょうか?

育ちが悪い女性の特徴をご紹介します。

  • 食べ方が汚い
  • 栄養バランスが悪い
  • 下品な言葉遣い
  • お金に汚い
  • 靴を揃えない
  • 汚れを気にしない
  • 最小限のマナーが出来ていない
  • タバコを吸う
  • まとめ

1. 食べ方が汚い

食べ方が汚い

「食べ方が汚い」と一言で言っても、様々な食べ方があります。

例えばクチャクチャと口を開けながら咀嚼したり、箸の持ち方が正しくなかったり、口の中に食べ物が入っているのに話をしたり、肘をテーブルについたり持てる食器を持って食べなかったり、大きな口を開けて笑ったりするなどの行動です。

"食べる"という行為は毎日必ず1回以上行う事なので、こうした食べ方を親は分かっているはずです。

それなのに大人になってからも直っていないという事は誰にも注意されなかったからでしょう。

食べ方の汚い女性と一緒に食事に行くとその女性よりも一緒に行った人の方が恥ずかしい思いをすることが良くあります。

2. 栄養バランスが悪い

栄養バランスが悪い

食事の代わりにスナック菓子やアイス、毎食菓子パンやカップラーメンなどの偏り過ぎている食事をしている女性は育ちが悪いと思われています。

ダイエット等でサラダだけならまだ良いのですが、栄養バランスが悪すぎる食事をしている女性を見ると「子供の頃からそうなのかな?」と周囲は思います。

栄養バランスが悪い食事をしている女性と付き合う男性はデート中の"食"に苦労するでしょう。

3. 下品な言葉遣い

下品な言葉遣い

お手洗いのことを「便所」と言ったり、食べることを「食う」と言ったり、挨拶のように「死ね」などと言う女性は育ちの悪さが目で見て分かるほど出ています。

"女性なので"と言うと差別しているように感じてしまいますが、女性であれば綺麗な言葉遣いをするのが当然です。

男性からの印象だけではなく、同性や職場での上司からも良い印象を持たれることはないでしょう。

普段から自然と使っている言葉なので直らないかもしれませんが、言葉遣いに気をつけながら話すとだいぶ印象が変わってきます。

4. お金に汚い

お金に汚い

お金の話をしている時だけ目を輝かせていたり、儲かる話をしている時に非常に興味を示して話を加わってきたりすると「家が貧乏だったのかな?」と思われてしまいます。

そしてパチンコやギャンブル系の話にすごく詳しいと周囲からは「もしかして親がギャンブルで生計立ててたのかな?」と思われがちです。

「ジュースくらい奢ってよー」「100円貸してくれない?」などと言って奢ってもらったり、少額でもお金を貸してもらおうとする行為を何度もすると異性からも同性からも避けられてしまいがちです。

5. 靴を揃えない

靴を揃えない

小さい頃からしつけがきちんとされている女性はどこに行っても靴を脱ぐ時はきちんと靴を揃えます。

ですが育ちが悪い女性は靴を揃えずにそのまま上がったりします。

初めて行く場所で靴が揃えられず、脱ぎっぱなしにしてしまうと行儀が悪いという事以前に"問題外"でしょう。

6. 汚れを気にしない

汚れを気にしない

毎日きちんとお風呂に入っていなかったり、洋服が汚れていても気にしなかったり、歯を磨かなかったりといった不潔な要素を持っていると周囲から育ちが悪いと思われます。

一般的な家庭で育っているのであれば毎日お風呂に入ったり、汚れている洋服を外出用として着ることはありません。

ですが貧乏だったり、貧乏ではないけれど家庭内がきちんとされていない場合は平気で不潔行為をしています。

子供の頃は気が付きにくかったかもしれませんが、学生時代の行事の旅行や好きな人との同棲や結婚で初めて自分の育ちが悪いという事に気が付く女性も少なくないでしょう。

7. 最小限のマナーが出来ていない

最小限のマナーが出来ていない

挨拶や食事、日常生活の中で行う些細なマナーなどが出来ていない女性は育ちが悪いでしょう。

例えば時間にルーズだったり、感謝や謝罪の言葉を相手に言えなかったり、ポイ捨てや違法行為等を平気でやってしまう女性は育ちが悪いだけではなく、女性との魅力も全くありません。

最小限のマナーが出来ていないという事は親もこうした些細なことができていなかったという事になります。

8. タバコを吸う

タバコを吸う

男性がタバコを吸っているのはそれほど不快に思う人は居ませんが、女性がタバコを吸っていると不快に思う人が多いようです。

女性がタバコを吸っていると「昔から周囲の女性がタバコを吸っていたのかな?」「タバコ吸いながらパチンコ行ってそう」などとマイナスなイメージを持たれがちです。

親がタバコを吸っていない家庭で育った子供は基本的にタバコは吸わないため、タバコを吸っている女性は「育ちが悪い」と思われてしまうようです。

まとめ

育ちが悪いというのは見てすぐに分かるものです。

自分では隠しているつもりかもしれませんが、育った環境によって自然と身についてしまっているので些細な言動が出てしまっているのです。

育ちが悪いという事を隠したかったり、改善したいのであればまずは最低限のマナーを身に付ける事から始めましょう。

最低限のマナーを身に付けることで必然的に食事などのマナーも改善されていきます。

育ちが悪い女性を見ると、見ているこっちが「恥ずかしい」と思ってしまうものです。

では、どんな女性が育ちが悪いのでしょうか?

育ちが悪い女性の特徴をご紹介します。


食べ方が汚い

「食べ方が汚い」と一言で言っても、様々な食べ方があります。

例えばクチャクチャと口を開けながら咀嚼したり、箸の持ち方が正しくなかったり、口の中に食べ物が入っているのに話をしたり、肘をテーブルについたり持てる食器を持って食べなかったり、大きな口を開けて笑ったりするなどの行動です。

"食べる"という行為は毎日必ず1回以上行う事なので、こうした食べ方を親は分かっているはずです。

それなのに大人になってからも直っていないという事は誰にも注意されなかったからでしょう。

食べ方の汚い女性と一緒に食事に行くとその女性よりも一緒に行った人の方が恥ずかしい思いをすることが良くあります。

栄養バランスが悪い

食事の代わりにスナック菓子やアイス、毎食菓子パンやカップラーメンなどの偏り過ぎている食事をしている女性は育ちが悪いと思われています。

ダイエット等でサラダだけならまだ良いのですが、栄養バランスが悪すぎる食事をしている女性を見ると「子供の頃からそうなのかな?」と周囲は思います。

栄養バランスが悪い食事をしている女性と付き合う男性はデート中の"食"に苦労するでしょう。

下品な言葉遣い

お手洗いのことを「便所」と言ったり、食べることを「食う」と言ったり、挨拶のように「死ね」などと言う女性は育ちの悪さが目で見て分かるほど出ています。

"女性なので"と言うと差別しているように感じてしまいますが、女性であれば綺麗な言葉遣いをするのが当然です。

男性からの印象だけではなく、同性や職場での上司からも良い印象を持たれることはないでしょう。

普段から自然と使っている言葉なので直らないかもしれませんが、言葉遣いに気をつけながら話すとだいぶ印象が変わってきます。

お金に汚い

お金の話をしている時だけ目を輝かせていたり、儲かる話をしている時に非常に興味を示して話を加わってきたりすると「家が貧乏だったのかな?」と思われてしまいます。

そしてパチンコやギャンブル系の話にすごく詳しいと周囲からは「もしかして親がギャンブルで生計立ててたのかな?」と思われがちです。

「ジュースくらい奢ってよー」「100円貸してくれない?」などと言って奢ってもらったり、少額でもお金を貸してもらおうとする行為を何度もすると異性からも同性からも避けられてしまいがちです。

靴を揃えない

小さい頃からしつけがきちんとされている女性はどこに行っても靴を脱ぐ時はきちんと靴を揃えます。

ですが育ちが悪い女性は靴を揃えずにそのまま上がったりします。

初めて行く場所で靴が揃えられず、脱ぎっぱなしにしてしまうと行儀が悪いという事以前に"問題外"でしょう。

汚れを気にしない

毎日きちんとお風呂に入っていなかったり、洋服が汚れていても気にしなかったり、歯を磨かなかったりといった不潔な要素を持っていると周囲から育ちが悪いと思われます。

一般的な家庭で育っているのであれば毎日お風呂に入ったり、汚れている洋服を外出用として着ることはありません。

ですが貧乏だったり、貧乏ではないけれど家庭内がきちんとされていない場合は平気で不潔行為をしています。

子供の頃は気が付きにくかったかもしれませんが、学生時代の行事の旅行や好きな人との同棲や結婚で初めて自分の育ちが悪いという事に気が付く女性も少なくないでしょう。

最小限のマナーが出来ていない

挨拶や食事、日常生活の中で行う些細なマナーなどが出来ていない女性は育ちが悪いでしょう。

例えば時間にルーズだったり、感謝や謝罪の言葉を相手に言えなかったり、ポイ捨てや違法行為等を平気でやってしまう女性は育ちが悪いだけではなく、女性との魅力も全くありません。

最小限のマナーが出来ていないという事は親もこうした些細なことができていなかったという事になります。

タバコを吸う

男性がタバコを吸っているのはそれほど不快に思う人は居ませんが、女性がタバコを吸っていると不快に思う人が多いようです。

女性がタバコを吸っていると「昔から周囲の女性がタバコを吸っていたのかな?」「タバコ吸いながらパチンコ行ってそう」などとマイナスなイメージを持たれがちです。

親がタバコを吸っていない家庭で育った子供は基本的にタバコは吸わないため、タバコを吸っている女性は「育ちが悪い」と思われてしまうようです。

育ちが悪いというのは見てすぐに分かるものです。

自分では隠しているつもりかもしれませんが、育った環境によって自然と身についてしまっているので些細な言動が出てしまっているのです。

育ちが悪いという事を隠したかったり、改善したいのであればまずは最低限のマナーを身に付ける事から始めましょう。

最低限のマナーを身に付けることで必然的に食事などのマナーも改善されていきます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-