【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171116173530.html
絶対割り勘主義の女性の特徴

絶対割り勘主義の女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
絶対割り勘主義の女性の特徴

食事などに行っても、きっちりと割り勘にしたがる人がいます。

そのような女性には、どのような特徴があるのでしょうか。

  • それが当たり前だと思っている
  • 自分のものは自分で払いたい
  • 相手に借りを作りたくない
  • 相手に申し訳ないと思っている
  • 相手との間に差をつけたくない
  • 奢りたくない
  • 奢る余裕がない
  • 周囲に気を遣っている
  • 過去に金銭トラブルを経験している
  • まとめ

1. それが当たり前だと思っている

それが当たり前だと思っている

そもそも、代金を払う時には割り勘であるということが当たり前だと思っている場合があります。

それは、親からの教えであったり、様々な人との付き合いの中で、そのような意識となっていきます。

そのような考えが根付いていると、誰かがまとめて支払うことに抵抗感を示します。

そのような人は、自分の中での常識が、たまたまそのようになっているだけなので、決して悪気は無いのです。

2. 自分のものは自分で払いたい

自分のものは自分で払いたい

自己管理心が強い人は、『自分のことは自分で行う』という意識が強くなります。

そのため、支払いの場面などでも、誰かが奢ってくれるとなっても、頼りたくないという感情となってしまうのです。

この場合、ただ自分のことを自分で行いたいだけであり、相手の好意を理解できないわけではないため、こちらも、それほど悪気のある感情ではありません。

3. 相手に借りを作りたくない

相手に借りを作りたくない

奢って貰うという場面になった際、相手に奢って貰うことで1つの借りが出来てしまい、それに対して、抵抗感を示す人もいます。

特に相手が男性である場合、自分はそのつもりがなくても、その借りを利用して恋愛方向に持っていかれるのではないかと慎重に考えてしまう場合もあります。

そのような借りを作って余計な心配をするくらいならば、しっかりと割り勘にしたいと考えるのです。

4. 相手に申し訳ないと思っている

相手に申し訳ないと思っている

奢って貰うことで、相手に申し訳なさを感じる事もあります。

そのような人は基本的に、誰に対しても気を遣うものですが、特に、やはり相手が男性であると、対女性よりも何となく気を遣ってしまうのです。

これは、先に述べたような『借りを作りたくない』とは違い、『自分なんかのためにお金を出して貰うのはおこがましい』と自分を下に見ている状態であり、相手の好意や優しさも分かっています。

抵抗というよりも、相手のことを想っていると言えるのです。

5. 相手との間に差をつけたくない

相手との間に差をつけたくない

奢ったり奢ってもらったりと、どちらにしても、お金を出した方と出された方では、気付かないうちに差が生まれてしまうことがあります。

それが、もし毎回奢るのが誰なのか決まっていると余計に、そして、それが度々続くと、更に関係性に差が出来てしまいます。

大袈裟かもしれませんが、金銭が絡むと、不思議と関係性に差は生まれやすいのです。

そのような差が生まれることを嫌い、割り勘にしたがる人もいるのです。

6. 奢りたくない

奢りたくない

奢られるばかりではなく、奢る立場になることも当然あります。

しかし、お金に厳しかったり、他人のためにお金を使うことに抵抗を感じる人もいます。

例えば、先に述べた『自分のものは自分で払いたい』と思う人の中には、逆を言えば、『人のものを自分が払う義務はない』と考える人もいるのです。

そのような人にとっては、どれほど自分が立場が上であろうと、奢りたくないと感じ、割り勘にしたがるのです。

7. 奢る余裕がない

奢る余裕がない

誰しもが皆、他人にお金を使えるほど裕福なわけではありません。

例え、奢ってあげたいと思っても、そのような余裕がなく、泣く泣く割り勘にするしかない場合もあるのです。

この場合、先に述べた『奢りたくない』とは違い、余裕があれば本来ならば自分が出してあげたいと思っているため、少々悔しい立場となります。

また、割り勘にするのもそうですが、このような人は、そもそも支払いの場があるようなところに行きたがらない傾向もあります。

8. 周囲に気を遣っている

周囲に気を遣っている

支払いとなる場は、一対一とは限りません。

何人か居る中での支払いも当然あります。

そんな時、誰か一人が支払いを担ってしまうと、負担が大きくなることも少なくありません。

誰が支払いをするのか、また、その支払う人の負担はどれほどなのか、それを考えた時に、誰か一人が負担を背負わないように気を遣い、割り勘を宣言する人もいるのです。

9. 過去に金銭トラブルを経験している

過去に金銭トラブルを経験している

元々割り勘主義では無かった人でも、何か過去に1度でも金銭的なトラブルに巻き込まれると、それがトラウマになります。

例えば、上司に奢ってもらったことで借りが出来て威圧的にされた、別れた恋人からそれまでの交際費を請求されたなど、相手を信頼していたほど、そのトラブルは強く心に残ります。

そして、2度とそのようなトラブルに巻き込まれたくないために、初めから割り勘にしてトラブルを回避したいと思っているのです。

まとめ

一口に割り勘主義と言っても、その人の理由や感情は様々です。

金銭が絡むことは、どうしてもトラブルになりやすいものです。

慎重になってしまう人も多いでしょう。

割り勘となると、良い思いをしない人も少なくないかと思います。

しかし、割り勘主義な人を毛嫌いせずに、その人の気持ちも汲みながら接していけたら良いですね。

食事などに行っても、きっちりと割り勘にしたがる人がいます。

そのような女性には、どのような特徴があるのでしょうか。


それが当たり前だと思っている

そもそも、代金を払う時には割り勘であるということが当たり前だと思っている場合があります。

それは、親からの教えであったり、様々な人との付き合いの中で、そのような意識となっていきます。

そのような考えが根付いていると、誰かがまとめて支払うことに抵抗感を示します。

そのような人は、自分の中での常識が、たまたまそのようになっているだけなので、決して悪気は無いのです。

自分のものは自分で払いたい

自己管理心が強い人は、『自分のことは自分で行う』という意識が強くなります。

そのため、支払いの場面などでも、誰かが奢ってくれるとなっても、頼りたくないという感情となってしまうのです。

この場合、ただ自分のことを自分で行いたいだけであり、相手の好意を理解できないわけではないため、こちらも、それほど悪気のある感情ではありません。

相手に借りを作りたくない

奢って貰うという場面になった際、相手に奢って貰うことで1つの借りが出来てしまい、それに対して、抵抗感を示す人もいます。

特に相手が男性である場合、自分はそのつもりがなくても、その借りを利用して恋愛方向に持っていかれるのではないかと慎重に考えてしまう場合もあります。

そのような借りを作って余計な心配をするくらいならば、しっかりと割り勘にしたいと考えるのです。

相手に申し訳ないと思っている

奢って貰うことで、相手に申し訳なさを感じる事もあります。

そのような人は基本的に、誰に対しても気を遣うものですが、特に、やはり相手が男性であると、対女性よりも何となく気を遣ってしまうのです。

これは、先に述べたような『借りを作りたくない』とは違い、『自分なんかのためにお金を出して貰うのはおこがましい』と自分を下に見ている状態であり、相手の好意や優しさも分かっています。

抵抗というよりも、相手のことを想っていると言えるのです。

相手との間に差をつけたくない

奢ったり奢ってもらったりと、どちらにしても、お金を出した方と出された方では、気付かないうちに差が生まれてしまうことがあります。

それが、もし毎回奢るのが誰なのか決まっていると余計に、そして、それが度々続くと、更に関係性に差が出来てしまいます。

大袈裟かもしれませんが、金銭が絡むと、不思議と関係性に差は生まれやすいのです。

そのような差が生まれることを嫌い、割り勘にしたがる人もいるのです。

奢りたくない

奢られるばかりではなく、奢る立場になることも当然あります。

しかし、お金に厳しかったり、他人のためにお金を使うことに抵抗を感じる人もいます。

例えば、先に述べた『自分のものは自分で払いたい』と思う人の中には、逆を言えば、『人のものを自分が払う義務はない』と考える人もいるのです。

そのような人にとっては、どれほど自分が立場が上であろうと、奢りたくないと感じ、割り勘にしたがるのです。

奢る余裕がない

誰しもが皆、他人にお金を使えるほど裕福なわけではありません。

例え、奢ってあげたいと思っても、そのような余裕がなく、泣く泣く割り勘にするしかない場合もあるのです。

この場合、先に述べた『奢りたくない』とは違い、余裕があれば本来ならば自分が出してあげたいと思っているため、少々悔しい立場となります。

また、割り勘にするのもそうですが、このような人は、そもそも支払いの場があるようなところに行きたがらない傾向もあります。

周囲に気を遣っている

支払いとなる場は、一対一とは限りません。

何人か居る中での支払いも当然あります。

そんな時、誰か一人が支払いを担ってしまうと、負担が大きくなることも少なくありません。

誰が支払いをするのか、また、その支払う人の負担はどれほどなのか、それを考えた時に、誰か一人が負担を背負わないように気を遣い、割り勘を宣言する人もいるのです。

過去に金銭トラブルを経験している

元々割り勘主義では無かった人でも、何か過去に1度でも金銭的なトラブルに巻き込まれると、それがトラウマになります。

例えば、上司に奢ってもらったことで借りが出来て威圧的にされた、別れた恋人からそれまでの交際費を請求されたなど、相手を信頼していたほど、そのトラブルは強く心に残ります。

そして、2度とそのようなトラブルに巻き込まれたくないために、初めから割り勘にしてトラブルを回避したいと思っているのです。

一口に割り勘主義と言っても、その人の理由や感情は様々です。

金銭が絡むことは、どうしてもトラブルになりやすいものです。

慎重になってしまう人も多いでしょう。

割り勘となると、良い思いをしない人も少なくないかと思います。

しかし、割り勘主義な人を毛嫌いせずに、その人の気持ちも汲みながら接していけたら良いですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-