【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171116173458.html
人間性を疑う女性の特徴

人間性を疑う女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
人間性を疑う女性の特徴

接している女性のなかに「この人、人として大丈夫か」と思う方はいませんか。

そんな、人間性を疑う女性の特徴をいくつかあげていきます。

  • シャレにならない嘘をつく
  • 自分のミスは誰かのミス
  • 人の不幸を笑う
  • 借りたお金を返そうとしない
  • お店でワガママすぎる態度
  • まとめ

1. シャレにならない嘘をつく

シャレにならない嘘をつく

人間性を疑う女性には信じられないようなシャレにならない嘘を平気でつくことがあります。

聞いた方としては本気で驚くし、今後のことや周りのことも考えていかなければと言うようなことを真面目に話して、実は嘘でしたとなるのです。

例えば「どうやら課長は来月いっぱいで退職するらしいよ」なんていうことや、「実は重病が見つかって、もう余命半年なの」という、かなりシリアスなことを真顔で平気で嘘をついてしまうのですね。

結果的には反感を買うことにしかなりません。

周りの人がそのために課長の送別会の準備を考えたり、その女性との悔いのない付き合いを考えているのに、全部嘘の話なので。

これはシャレになりませんね。

そんなことをされたら、人間性を疑いますね。

2. 自分のミスは誰かのミス

自分のミスは誰かのミス

仕事の中であることですが、自分のミスで事が大きくなると真っ先に「自分は関係ない」と言う態度に出る女性は、人間性を疑われます。

自分の失敗を認めないと言うことは、いわゆる誰かのせいにしていると言うことになります。

伝えてない事実に対して「私はしっかり伝えました」、記入漏れの事実に対しても「それは他の人に頼んでおいたはずです」と平気で言ってしまうのですね。

かなり最低な行為といえますね。

責任を被せられた方としてはたまったものではありません。

そんな誤魔化している女性に対して怒りすら感じてしまうでしょう。

特に組織の中で一人がミスを認めないと言うことは問題解決に繋がらず、会社の成長を妨げることにもなります。

一人二人の問題ではありませんので。

そうなることも解っていながらの行為ですので、人間性を疑われてもおかしくないでしょう。

3. 人の不幸を笑う

人の不幸を笑う

悲しいことや辛いことがあった人の話を聞いて笑ってしまう女性は、人間性を疑ってしまいますね。

全く笑うところではないのに、逆に励ましてあげることが普通であるところで、笑って話を聞いているとは考えられないことですよね。

人の不幸は蜜の味とは言いますが、それは気持ちを表に出すものではありません。

確かに他人の不幸は自分には関係ないかもしれませんが、そんな悲しんでいる人に笑うことで追い討ちをかけるのは不謹慎でしょう。

笑われた方としては恨みすら感じてしまいます。

悲しみを共有しろとまではいかなくても、少しでも励ましてあげよう、慰めようという接し方が人として大事なことなのではないでしょうか。

それを笑っているというのは人間性を疑いますね。

4. 借りたお金を返そうとしない

 借りたお金を返そうとしない

お金を借りておいて返さない女性は人間性を疑ってしまいます。

元々はお金の貸し借りはせずに、どうしてもというなら金融機関を使うのが良いのですが、少しくらいならということで貸してくれる優しい人もいますよね。

しかしそんな優しさに甘えてしまい、お金を返そうとしない人はおかしいと言えるでしょう。

金の切れ目が縁の切れ目とは昔からよく言われますが、それだけお金絡みのことはシビアにいかなければなりません。

借りたものは返すのがモラルです。

そのモラルが守れないのですから、人間性を疑われてもしょうがないですね。

女性だけに、女という武器を使って男性からお金を借りるだけ借りて返さない人もいますが、それに共感する人はいないでしょう。

お金の問題は人間性がよく出るところです。

5. お店でワガママすぎる態度

お店でワガママすぎる態度

人間性を疑う女性の特徴に、いろんなお店でワガママすぎる態度を出すということがあります。

自分はお客であり「お客様は神様だ」と言い張る、いわゆる勘違いした人という人ですね。

よくあることですが、飲食店に行ったときに「こんなものを出してよくお店やってられますね、もっと勉強した方が良いですよ」なんて捨て台詞を言う方なんかがいます。

それはそれで受け入れられているお店ですが、その女性は虫の居所が悪かったのか単に店を否定するばかり。

お店側としてはたまったものではありませんね。

気に入らないのなら二度と来なければ良いだけなのですが、無意味に侮辱してしまうのは人として問題です。

また他の店に行っても「また来るからこれ安くしてよ」としつこく強引に言う人や、閉店時間を過ぎていても「私はお客だから問題ないでしょ」と言って居座る人など、人間性を問題視されることになりますね。

まとめ

人間性を疑う女性の行動をあげていきました。

実際にそんなことする人いるのかと思われることもありますが、実際に存在することも事実なのです。

やはりモラルやルールを守れない女性は人間性を疑われるのです。

嘘をつくというメンタルの弱さ以前の問題ですね。

ことの大きさを考えると、嘘なんてかわいいものでは済まされずに、人間性の問題となってしまうのでしょう。

「人として」を問われることなので、人間性を疑われるとは思われたくないものです。

接している女性のなかに「この人、人として大丈夫か」と思う方はいませんか。

そんな、人間性を疑う女性の特徴をいくつかあげていきます。


シャレにならない嘘をつく

人間性を疑う女性には信じられないようなシャレにならない嘘を平気でつくことがあります。

聞いた方としては本気で驚くし、今後のことや周りのことも考えていかなければと言うようなことを真面目に話して、実は嘘でしたとなるのです。

例えば「どうやら課長は来月いっぱいで退職するらしいよ」なんていうことや、「実は重病が見つかって、もう余命半年なの」という、かなりシリアスなことを真顔で平気で嘘をついてしまうのですね。

結果的には反感を買うことにしかなりません。

周りの人がそのために課長の送別会の準備を考えたり、その女性との悔いのない付き合いを考えているのに、全部嘘の話なので。

これはシャレになりませんね。

そんなことをされたら、人間性を疑いますね。

自分のミスは誰かのミス

仕事の中であることですが、自分のミスで事が大きくなると真っ先に「自分は関係ない」と言う態度に出る女性は、人間性を疑われます。

自分の失敗を認めないと言うことは、いわゆる誰かのせいにしていると言うことになります。

伝えてない事実に対して「私はしっかり伝えました」、記入漏れの事実に対しても「それは他の人に頼んでおいたはずです」と平気で言ってしまうのですね。

かなり最低な行為といえますね。

責任を被せられた方としてはたまったものではありません。

そんな誤魔化している女性に対して怒りすら感じてしまうでしょう。

特に組織の中で一人がミスを認めないと言うことは問題解決に繋がらず、会社の成長を妨げることにもなります。

一人二人の問題ではありませんので。

そうなることも解っていながらの行為ですので、人間性を疑われてもおかしくないでしょう。

人の不幸を笑う

悲しいことや辛いことがあった人の話を聞いて笑ってしまう女性は、人間性を疑ってしまいますね。

全く笑うところではないのに、逆に励ましてあげることが普通であるところで、笑って話を聞いているとは考えられないことですよね。

人の不幸は蜜の味とは言いますが、それは気持ちを表に出すものではありません。

確かに他人の不幸は自分には関係ないかもしれませんが、そんな悲しんでいる人に笑うことで追い討ちをかけるのは不謹慎でしょう。

笑われた方としては恨みすら感じてしまいます。

悲しみを共有しろとまではいかなくても、少しでも励ましてあげよう、慰めようという接し方が人として大事なことなのではないでしょうか。

それを笑っているというのは人間性を疑いますね。

 借りたお金を返そうとしない

お金を借りておいて返さない女性は人間性を疑ってしまいます。

元々はお金の貸し借りはせずに、どうしてもというなら金融機関を使うのが良いのですが、少しくらいならということで貸してくれる優しい人もいますよね。

しかしそんな優しさに甘えてしまい、お金を返そうとしない人はおかしいと言えるでしょう。

金の切れ目が縁の切れ目とは昔からよく言われますが、それだけお金絡みのことはシビアにいかなければなりません。

借りたものは返すのがモラルです。

そのモラルが守れないのですから、人間性を疑われてもしょうがないですね。

女性だけに、女という武器を使って男性からお金を借りるだけ借りて返さない人もいますが、それに共感する人はいないでしょう。

お金の問題は人間性がよく出るところです。

お店でワガママすぎる態度

人間性を疑う女性の特徴に、いろんなお店でワガママすぎる態度を出すということがあります。

自分はお客であり「お客様は神様だ」と言い張る、いわゆる勘違いした人という人ですね。

よくあることですが、飲食店に行ったときに「こんなものを出してよくお店やってられますね、もっと勉強した方が良いですよ」なんて捨て台詞を言う方なんかがいます。

それはそれで受け入れられているお店ですが、その女性は虫の居所が悪かったのか単に店を否定するばかり。

お店側としてはたまったものではありませんね。

気に入らないのなら二度と来なければ良いだけなのですが、無意味に侮辱してしまうのは人として問題です。

また他の店に行っても「また来るからこれ安くしてよ」としつこく強引に言う人や、閉店時間を過ぎていても「私はお客だから問題ないでしょ」と言って居座る人など、人間性を問題視されることになりますね。

人間性を疑う女性の行動をあげていきました。

実際にそんなことする人いるのかと思われることもありますが、実際に存在することも事実なのです。

やはりモラルやルールを守れない女性は人間性を疑われるのです。

嘘をつくというメンタルの弱さ以前の問題ですね。

ことの大きさを考えると、嘘なんてかわいいものでは済まされずに、人間性の問題となってしまうのでしょう。

「人として」を問われることなので、人間性を疑われるとは思われたくないものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-