【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171116173421.html
結婚に行き遅れる女性の特徴

結婚に行き遅れる女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
結婚に行き遅れる女性の特徴

結婚願望がないわけではないのに結婚に行き遅れてしまう女性もいます。

ではそのような女性にはどのような特徴があるでしょうか、あげていきます。

  • 自分に自信がない
  • 理想が高い
  • 男友達が多い
  • 家庭環境が不安定
  • 過去に辛い男性経験がある
  • まとめ

1. 自分に自信がない

自分に自信がない

結婚に行き遅れてしまう女性には、自分に自信がないということがうかがえます。

決してモテないわけでもないし、癖が強いわけでもないのですが、自分のことをアピールする自信がないために、出会いのチャンスを逃してしまう結果となってしまうのです。

恋愛は男性女性のどちらかがアクションを起こすことが始まりとなりますが、せっかく男性からのアプローチがあるのに、それに対して「何で私なの?」「私なんかそんな良いところないのに」と思ってしまっていては男性も諦めてしまいますね。

そしてもちろん自分から婚カツパーティーや出会いの場に行くこともありませんので、だんだんと婚期をのがしてしまうことになるのです。

2. 理想が高い

理想が高い

結婚に行き遅れている女性は、男性に対する理想が高いという傾向があります。

結婚願望は強く、いい人がいたらアプローチして結婚まで持っていきたいと思ってはいるのですが、とにかく理想の高さが邪魔をしているのですね。

出会いは少なくないのですが、せっかく接する機会があった男性でも、「お金があるのは良いけど背が低いのが気になる」とか「すごく優しいし守ってくれそうだけど、車が軽自動車なのがちょっとね」などと、小さなところを気にしてしまうのです。

結果的に素敵な男性でも逃してしまうことになるのですね。

周りからすれば、そのくらいはどうでも良いでしょ、我慢しなよと言いたいところなのですが、そんな小さなところでもこだわってしまう女性は結婚に行き遅れてしまうでしょう。

3. 男友達が多い

男友達が多い

男友達が多い女性も結婚に行き遅れてしまう傾向にあります。

同時に女性の友達も多ければ、単に交友関係が広いで済むのですが、女性の友達があまりいなくて男性友達だけが圧倒的に多いと、なかなか婚期をのがしてしまうことになります。

男友達が多ければ選びたい放題ではないのかと思われるかもしれませんが、実際はそうは上手くいきません。

男性からすると男友達が多い女性には警戒してしまうのです。

自分と付き合っても他の男友達とも会うんだろうなと、常に心配になってしまうのですね。

女性からしてみれば「男といた方が楽だし」という事なのでしょうが、男性目線では「ただの男好き」というようになってしまうのです。

そうなると、結果的に遊び相手くらいの男性しか寄ってこず、まともで素敵な男性は「付き合ってもまともな恋愛はできなさそう」と判断してアプローチをかけないのです。

そして結婚が遅れてしまうのです。

4. 家庭環境が不安定

家庭環境が不安定

家庭環境が不安定だった女性は婚期を送らせてしまうことにも繋がります。

ずっと育ってきた家庭環境が悪いということは、少なからず女性の性格にも影響があります。

特によくあるのがちょっとしたことでキレやすいとか、ネガティブな発言が多いなどということです。

本人のせいてはないのですが、そのような女性にはなかなか男性も接しにくいと感じてしまい、深い関係にはなりにくいのですね。

本人が気を向けた男性でも、一緒にいて「こんなことで怒るの?」「何にもしてないのになんで泣いちゃうの?」などということが多くなれば、今後のつきあい方を考えてしまいます。

そして時間が経つにつれて男性の気持ちが離れてしまい、結婚には結び付かない結果となるのです。

家庭環境でそうなってしまったので、本人が気づくことがなかなかできないことが、また難しいところでもあります。

5. 過去に辛い男性経験がある

過去に辛い男性経験がある

結婚を行き遅れた女性のなかには、過去の恋愛において辛い経験があるということがあげられます。

信用していた彼氏に浮気されてしまったりDVを受けていたりという経験を持ってしまうと、どうしても男性不信になってしまいなかなか恋愛に気持ちが向かないのです。

もちろん自分の中では恋愛したい、結婚したいという気持ちはありますが、過去の経験がトラウマとなってしまい踏み出せないでいるのですね。

例え素敵な男性が現れてアプローチをかけられたとしても、本気で付き合ってしまったら何をされるかわからない、本当の彼はどんな人なのか解らないと疑いをかけ続けてしまうのです。

ですので結婚はおろか、まともに付き合うことすらも大変なのです。

よって、過去の恋愛経験に辛いことがあった女性は結婚に行き遅れることとなってしまうのです。

まとめ

結婚に行き遅れる女性の特徴をあげていきました。

婚期を逃す女性は結婚願望かあるかどうかではなく、性格や環境が大きいといえますね。

やはり素敵な男性に出会うためには動くことも大切ですが、その前に自分自身を磨いていくことが大事なことなのではないでしょうか。

そこに気づくことができれば、素晴らしい男性と出会うことができて幸せな生活を送ることができるのではないでしょうか。

結婚願望がないわけではないのに結婚に行き遅れてしまう女性もいます。

ではそのような女性にはどのような特徴があるでしょうか、あげていきます。


自分に自信がない

結婚に行き遅れてしまう女性には、自分に自信がないということがうかがえます。

決してモテないわけでもないし、癖が強いわけでもないのですが、自分のことをアピールする自信がないために、出会いのチャンスを逃してしまう結果となってしまうのです。

恋愛は男性女性のどちらかがアクションを起こすことが始まりとなりますが、せっかく男性からのアプローチがあるのに、それに対して「何で私なの?」「私なんかそんな良いところないのに」と思ってしまっていては男性も諦めてしまいますね。

そしてもちろん自分から婚カツパーティーや出会いの場に行くこともありませんので、だんだんと婚期をのがしてしまうことになるのです。

理想が高い

結婚に行き遅れている女性は、男性に対する理想が高いという傾向があります。

結婚願望は強く、いい人がいたらアプローチして結婚まで持っていきたいと思ってはいるのですが、とにかく理想の高さが邪魔をしているのですね。

出会いは少なくないのですが、せっかく接する機会があった男性でも、「お金があるのは良いけど背が低いのが気になる」とか「すごく優しいし守ってくれそうだけど、車が軽自動車なのがちょっとね」などと、小さなところを気にしてしまうのです。

結果的に素敵な男性でも逃してしまうことになるのですね。

周りからすれば、そのくらいはどうでも良いでしょ、我慢しなよと言いたいところなのですが、そんな小さなところでもこだわってしまう女性は結婚に行き遅れてしまうでしょう。

男友達が多い

男友達が多い女性も結婚に行き遅れてしまう傾向にあります。

同時に女性の友達も多ければ、単に交友関係が広いで済むのですが、女性の友達があまりいなくて男性友達だけが圧倒的に多いと、なかなか婚期をのがしてしまうことになります。

男友達が多ければ選びたい放題ではないのかと思われるかもしれませんが、実際はそうは上手くいきません。

男性からすると男友達が多い女性には警戒してしまうのです。

自分と付き合っても他の男友達とも会うんだろうなと、常に心配になってしまうのですね。

女性からしてみれば「男といた方が楽だし」という事なのでしょうが、男性目線では「ただの男好き」というようになってしまうのです。

そうなると、結果的に遊び相手くらいの男性しか寄ってこず、まともで素敵な男性は「付き合ってもまともな恋愛はできなさそう」と判断してアプローチをかけないのです。

そして結婚が遅れてしまうのです。

家庭環境が不安定

家庭環境が不安定だった女性は婚期を送らせてしまうことにも繋がります。

ずっと育ってきた家庭環境が悪いということは、少なからず女性の性格にも影響があります。

特によくあるのがちょっとしたことでキレやすいとか、ネガティブな発言が多いなどということです。

本人のせいてはないのですが、そのような女性にはなかなか男性も接しにくいと感じてしまい、深い関係にはなりにくいのですね。

本人が気を向けた男性でも、一緒にいて「こんなことで怒るの?」「何にもしてないのになんで泣いちゃうの?」などということが多くなれば、今後のつきあい方を考えてしまいます。

そして時間が経つにつれて男性の気持ちが離れてしまい、結婚には結び付かない結果となるのです。

家庭環境でそうなってしまったので、本人が気づくことがなかなかできないことが、また難しいところでもあります。

過去に辛い男性経験がある

結婚を行き遅れた女性のなかには、過去の恋愛において辛い経験があるということがあげられます。

信用していた彼氏に浮気されてしまったりDVを受けていたりという経験を持ってしまうと、どうしても男性不信になってしまいなかなか恋愛に気持ちが向かないのです。

もちろん自分の中では恋愛したい、結婚したいという気持ちはありますが、過去の経験がトラウマとなってしまい踏み出せないでいるのですね。

例え素敵な男性が現れてアプローチをかけられたとしても、本気で付き合ってしまったら何をされるかわからない、本当の彼はどんな人なのか解らないと疑いをかけ続けてしまうのです。

ですので結婚はおろか、まともに付き合うことすらも大変なのです。

よって、過去の恋愛経験に辛いことがあった女性は結婚に行き遅れることとなってしまうのです。

結婚に行き遅れる女性の特徴をあげていきました。

婚期を逃す女性は結婚願望かあるかどうかではなく、性格や環境が大きいといえますね。

やはり素敵な男性に出会うためには動くことも大切ですが、その前に自分自身を磨いていくことが大事なことなのではないでしょうか。

そこに気づくことができれば、素晴らしい男性と出会うことができて幸せな生活を送ることができるのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-