【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171113171233.html
病んでる女性にありがちな特徴

病んでる女性にありがちな特徴 | LADYCO

LADYCO
病んでる女性にありがちな特徴

「病んでる女性」。

女性の病み方はいろいろあって、外見では何もない人でも、実は病んでいるということも意外とあります。

生理不順とか子宮筋腫とか子宮内膜症など、女性特有の病気、などもあげられます。

ここでは、「病んでる=生活の中で強いストレスを感じている=居場所がない」という枠をつくり、外見からでもわかる「病んでる女性」をさがしていきます。

大人になってしまうと、どうしても仕事上の縛りがあって、特徴として見えてこない部分もあるので、わかりやすい「若い子」を中心に「病んでる女性」について書きます。

  • 腕や足にリストカットの痕がある
  • ハゲている
  • マスクをしている
  • ひとり行動をする
  • 生活圏内以外にはさまざまな病み友がいる
  • まとめ

1. 腕や足にリストカットの痕がある

腕や足にリストカットの痕がある

リストカットというのは、自分で自分の手や腕を浅く切り、その痛みで自分が生きている感覚をかろうじて感じるという行為です。

解決できないストレスの発散のために、リストカットをしてしまうのです。

痛いのにどうして、と周囲の人々は思うのですが、本人はやめたいやめたいと思いつつ、どうしても切ってしまうのです。

リストカット、アームカットなどの上半身は傷痕が目立ってしまうので、それを覆うテープも売られているほど、問題は拡がっています。

傷が目立たない腿を切ることが多くなっているようです。

2. ハゲている

ハゲている

ある意味、「AGAが〜」とか言っている男性より深刻な問題です。

円形脱毛症ができると、これがなんとなくじわじわとひろがっていくのです。

脱毛症のある場所は、たいがい湿疹のような形から始まり、その部分だけ少し熱を帯びています。

その湿疹がストレスで広がり、ハゲができてしまうのです。

そのハゲにイライラして、逆に自ら毛を抜いてしまうこともしばしばです。

普通に髪を抜くよりも力を入れずに髪がぬけるのが、何かおもしろいかのようにぬいてしまうこともあります。

さながらスキンヘッドになってしまうこともあります。

眉毛がなくなることもあります。

もちろん、皮膚科に行くことが必要ですが、紹介状をいただいて心療内科の診察も必要になるかもしれません。

街に出るときには若い子用の、人毛ではないウィッグをつけているので、わかります。

3. マスクをしている

マスクをしている

これはマスクをしていらっしゃる方すべてがあてはまるわけではありませんが、「私はあなたと会話をしたくありません」というメッセージを外に発信していることがとても多いです(もちろん、衛生上必要で、仕事場でしている場合は除きます)。

人と関わることに、強いストレスを感じると、マスクをしたくなるものです。

真夏で汗だくになっても、まずはマスクです。

おとなは、サングラスをつけるときもあります。

マスクとサングラスを着用して外出するのは、かなり怪しい感じになってしまいますが、本人が心理的に落ちつくためには、そうしなければいけないのです。

4. ひとり行動をする

ひとり行動をする

職場や学校で、誰かと一緒に行動をしません。

ひっそりとひとりにしています。

お昼もひとりで食べます。

誘われることもありますが、何度か断って、以来ひとりで食べることになるのです。

登下校で、同じ学校の子たちは、だいたい電車の中でも、幾人かでかたまっているものなのですが、ひとりでドアのあたりに立っている子は、病んでいます。

普通の子たちと話を合わせることができず、居心地の悪さを感じて、離れた場所でひとりでいるのは、病んでいる女性です。

5. 生活圏内以外にはさまざまな病み友がいる

生活圏内以外にはさまざまな病み友がいる

休日に、繁華街では不思議な集団の若い女性をよく見ます。

これは、「病み友」のグループなのです。

学校も違ったり、家も遠かったりと、ふだんの生活ではなかなか顔を合わせることのできない友だちのグループなのです。

たとえ数名でいたとしても、服装がバラバラです。

普通のカジュアルなスタイルの子はあまりいません。

コスプレしている子がほとんどです。

フリフリの白いドレスの子がいるかと思えば、典型的な黒一色のゴスロリの子、耳以外の場所にピアスがあいている子、といろいろいます。

耳たぶのピアスは、一応「市民権」を得ました。

「耳のアクセサリー」といえばピアスのほうが安くできるので、多くの人が耳たぶに穴をあけました。

そこで始まった耳以外のピアスは、ストレスの現れだったり、自分のことを好きになれない変身願望があったりして、穴を開けることが少なくないそうです。

耳の軟骨、鼻、口(飲み物を飲むのは大変だそうです!)、へそが穴開けポイントです。

なぜかここでは、病んでる女子でも集団行動ができて、一緒にたこ焼きをつついている姿を見ます。

なんとなく、微笑ましいです。

まとめ

こうした「病んでる女子」には、何らかの医療機関につなぐなどしないと、危険な場合があります。

リストカットをやりすぎて死んでしまうことがあります。

放射線治療を受けたわけでもないのに髪がまるっきりないと、将来を絶望する気持ちにもなります。

就職試験などに影響します。

マスクとかひとり行動はさほどでもありませんが、耳以外のピアスは、やがてタトゥーにつながり、温泉にいくことができなくなります。

本人も、病んでいる自覚はあるのです。

上述した行動が、表面に現れてきたものなのです。

自分で自分を認められないということは、やがて自死念慮につながっていきます。

その自覚があるうちに、医療機関に足を運ぶよう、できれば年上の女性にゆったりとアドバイスしてもらうことが必要です。

絶対に詰問してはいけません。

彼女たちは、誰かに100%認められることを心の底では望んでいるのです。

「病んでる女性」。

女性の病み方はいろいろあって、外見では何もない人でも、実は病んでいるということも意外とあります。

生理不順とか子宮筋腫とか子宮内膜症など、女性特有の病気、などもあげられます。

ここでは、「病んでる=生活の中で強いストレスを感じている=居場所がない」という枠をつくり、外見からでもわかる「病んでる女性」をさがしていきます。

大人になってしまうと、どうしても仕事上の縛りがあって、特徴として見えてこない部分もあるので、わかりやすい「若い子」を中心に「病んでる女性」について書きます。


腕や足にリストカットの痕がある

リストカットというのは、自分で自分の手や腕を浅く切り、その痛みで自分が生きている感覚をかろうじて感じるという行為です。

解決できないストレスの発散のために、リストカットをしてしまうのです。

痛いのにどうして、と周囲の人々は思うのですが、本人はやめたいやめたいと思いつつ、どうしても切ってしまうのです。

リストカット、アームカットなどの上半身は傷痕が目立ってしまうので、それを覆うテープも売られているほど、問題は拡がっています。

傷が目立たない腿を切ることが多くなっているようです。

ハゲている

ある意味、「AGAが〜」とか言っている男性より深刻な問題です。

円形脱毛症ができると、これがなんとなくじわじわとひろがっていくのです。

脱毛症のある場所は、たいがい湿疹のような形から始まり、その部分だけ少し熱を帯びています。

その湿疹がストレスで広がり、ハゲができてしまうのです。

そのハゲにイライラして、逆に自ら毛を抜いてしまうこともしばしばです。

普通に髪を抜くよりも力を入れずに髪がぬけるのが、何かおもしろいかのようにぬいてしまうこともあります。

さながらスキンヘッドになってしまうこともあります。

眉毛がなくなることもあります。

もちろん、皮膚科に行くことが必要ですが、紹介状をいただいて心療内科の診察も必要になるかもしれません。

街に出るときには若い子用の、人毛ではないウィッグをつけているので、わかります。

マスクをしている

これはマスクをしていらっしゃる方すべてがあてはまるわけではありませんが、「私はあなたと会話をしたくありません」というメッセージを外に発信していることがとても多いです(もちろん、衛生上必要で、仕事場でしている場合は除きます)。

人と関わることに、強いストレスを感じると、マスクをしたくなるものです。

真夏で汗だくになっても、まずはマスクです。

おとなは、サングラスをつけるときもあります。

マスクとサングラスを着用して外出するのは、かなり怪しい感じになってしまいますが、本人が心理的に落ちつくためには、そうしなければいけないのです。

ひとり行動をする

職場や学校で、誰かと一緒に行動をしません。

ひっそりとひとりにしています。

お昼もひとりで食べます。

誘われることもありますが、何度か断って、以来ひとりで食べることになるのです。

登下校で、同じ学校の子たちは、だいたい電車の中でも、幾人かでかたまっているものなのですが、ひとりでドアのあたりに立っている子は、病んでいます。

普通の子たちと話を合わせることができず、居心地の悪さを感じて、離れた場所でひとりでいるのは、病んでいる女性です。

生活圏内以外にはさまざまな病み友がいる

休日に、繁華街では不思議な集団の若い女性をよく見ます。

これは、「病み友」のグループなのです。

学校も違ったり、家も遠かったりと、ふだんの生活ではなかなか顔を合わせることのできない友だちのグループなのです。

たとえ数名でいたとしても、服装がバラバラです。

普通のカジュアルなスタイルの子はあまりいません。

コスプレしている子がほとんどです。

フリフリの白いドレスの子がいるかと思えば、典型的な黒一色のゴスロリの子、耳以外の場所にピアスがあいている子、といろいろいます。

耳たぶのピアスは、一応「市民権」を得ました。

「耳のアクセサリー」といえばピアスのほうが安くできるので、多くの人が耳たぶに穴をあけました。

そこで始まった耳以外のピアスは、ストレスの現れだったり、自分のことを好きになれない変身願望があったりして、穴を開けることが少なくないそうです。

耳の軟骨、鼻、口(飲み物を飲むのは大変だそうです!)、へそが穴開けポイントです。

なぜかここでは、病んでる女子でも集団行動ができて、一緒にたこ焼きをつついている姿を見ます。

なんとなく、微笑ましいです。

こうした「病んでる女子」には、何らかの医療機関につなぐなどしないと、危険な場合があります。

リストカットをやりすぎて死んでしまうことがあります。

放射線治療を受けたわけでもないのに髪がまるっきりないと、将来を絶望する気持ちにもなります。

就職試験などに影響します。

マスクとかひとり行動はさほどでもありませんが、耳以外のピアスは、やがてタトゥーにつながり、温泉にいくことができなくなります。

本人も、病んでいる自覚はあるのです。

上述した行動が、表面に現れてきたものなのです。

自分で自分を認められないということは、やがて自死念慮につながっていきます。

その自覚があるうちに、医療機関に足を運ぶよう、できれば年上の女性にゆったりとアドバイスしてもらうことが必要です。

絶対に詰問してはいけません。

彼女たちは、誰かに100%認められることを心の底では望んでいるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-