【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171113171005.html
責任転嫁する女性の特徴

責任転嫁する女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
責任転嫁する女性の特徴

責任転嫁とは、自分が背負うべき罪を他の人へ擦り付ける行為です。

自分がやってしまったミスでも「私のせいじゃない!○○が××したから」と言い逃れをする女性に多い特徴をご紹介します。

「責任転嫁」

引用元:「責任転嫁」の意味とは?

  • いつでも自分が一番可愛い
  • プライドが高く恥をかきたくない
  • 人に嫌われることが大嫌い
  • 被害者意識が激しい
  • 理想が高く現実が見えていない
  • 自分だけ怒られるのは不平等だと思っている
  • 衝動的に行動、発言する
  • まとめ

1. いつでも自分が一番可愛い

いつでも自分が一番可愛い

責任転嫁をする女性は、いつでも自分が一番可愛いのです。

自分は誰よりも特別な存在で、そんな自分がちょっとしたミスを責められるなんてことが許せません。

これは自己愛が強い心理状態が、責任転嫁する女性にさせています。

自己愛とは自分のことが大好きで、自分は特別であると思う心理です。

健全な自己愛は自分の存在意義を高めることができますが、責任転嫁する女性は不健全な自己愛、つまり自分勝手な自己愛に浸っています。

だからこそ「誰より特別な私がミスをするわけがない」と思い込み、他の人に責任を押し付けようとするのでしょう。

2. プライドが高く恥をかきたくない

プライドが高く恥をかきたくない

自分がミスをしたのに「私は悪くない、他の人がちゃんとしなかったからその人のせいだ」と責任転嫁をするのは、恥をかきたくないからです。

責任転嫁をする女性は人一倍プライドが高い傾向があり、自分のプライドを守るために他者へと責任を押し付けてしまいます。

責任転嫁をする女性は自分のプライドを守ることに必死なので、自分が矛盾した言葉を発しているなんて気づいていません。

例え自分が悪いという証拠を突き付けられたとしても、「そんなものは嘘だ」とそれさえ受け入れようとはしないのです。

そのために周りから「あなたが悪い、ミスを認めなさい」と言われても、ただただ「私は悪くない」の一点張りになってしまうのでしょう。

3. 人に嫌われることが大嫌い

人に嫌われることが大嫌い

責任転嫁をする女性がプライドが高くなってしまうのは、他者から嫌われることに怯えているからです。

自分のミスを認めようとしない、絶対に認められないのも、ミスをしたのが自分だとわかれば周りの人に嫌われると思っているからでしょう。

周りの人がそれくらいのミスでは嫌わないと言っても、過去の対人関係のトラウマから嫌われることを徹底的に避けています。

責任転嫁をする女性は、自分の能力や顔、体型、仕事や家庭環境、学歴など、自分のことに関して自信がないのです。

だから「嫌われるんじゃないか」と思ってしまい、その結果自分のミスは認めようとせずに、何とか自分以外の人に責任を取ってもらおうとします。

4. 被害者意識が激しい

被害者意識が激しい

被害者意識とは、絶対的に自分に被害が及ぶわけでもないのに、「私は被害を受けている」「私は誰かに攻撃される」と思い込んでしまう心理状態です。

この被害者意識が強いことから、自分が悪い行いをしても「私は悪くない」と正当化したいがために、その責任を他のもの(人や環境)に転化します。

責任転嫁をする女性はこの被害者意識が強く、ちょっとした出来事も「自分への宣戦布告だ」と思い込んでしまいます。

それは自分に自信がなく、他者から無条件で愛された経験が乏しい、裏切られた経験が多いといった今までの生き方が関係している場合が大きいでしょう。

5. 理想が高く現実が見えていない

理想が高く現実が見えていない

責任転嫁をする女性は理想が高く、そしてその理想の自分に必死になるあまりに現実がよく見えていません。

理想を高くもつことは、自意識を高めて成長するためにとても必要なことではあるものの、責任転嫁をする女性は成長することも他人任せです。

例えば自意識が高く成長する人は「モテたい」と思ったら、女子力を磨くためにダイエットや美容などの努力をします。

しかし責任転嫁をする女性は「モテたい」と思っても何も行動を起こさず、ただモテる自分を想像しては「どうしてモテないんだろう」と周囲に責任転嫁するのです。

6. 自分だけ怒られるのは不平等だと思っている

自分だけ怒られるのは不平等だと思っている

責任転嫁をする女性が誰かに何かを注意されたときに怒るのは、「自分だけ怒られるなんて不平等!」と感じているからです。

これは責任転嫁をする女性が、損得勘定や勝ち負け主義といった心理状態にあるからでしょう。

損得勘定で生きている人は、どうすれば自分は得をするのかを常に考えて、そしてなるべく損をしないようにします。

また、勝ち負け主義の考え方の人も、どうすれば自分は人より優位になれる(勝ち)か、どんなことが恥(負け)になるのかを重要視しています。

このような心理状態だからこそ責任転嫁をする女性は、自分だけが怒られるのは平等ではない、怒るなら他の人も怒ってほしいと訴えるのでしょう。

7. 衝動的に行動、発言する

衝動的に行動、発言する

責任転嫁をする女性はどちらかといえば沸点が低く、衝動的な行動や発言が目立ちます。

沸点が低いということは、すぐに感情的になって周囲に怒りをぶつけてしまうことです。

どうして衝動的になってしまうのか、それは責任転嫁をする女性の視野が狭くなっているからでしょう。

自分が一番、自分が勝つことが重要だと自分のことしか考えていない自己中心的な思考が癖になっているので、周りの様子がわからなくなっているのです。

そのためにちょっとした注意にもすぐヒステリックになってしまったり、他の人に責任を押し付けて自分を正当化しようとします。

まとめ

責任転嫁をする女性は人一倍プライドが高く自己愛や被害者意識が強いでしょう。

しかしそれは裏を返せば、自分に自信がなく、理想の自分に現実の自分が追い付いていないことが恥ずかしいと思っているからです。

責任転嫁をする女性が身近にいるならなるべくプライドを刺激しないこと、自分が責任転嫁してしまうと自覚したなら少しずつ視野を広げましょう。

責任転嫁とは、自分が背負うべき罪を他の人へ擦り付ける行為です。

自分がやってしまったミスでも「私のせいじゃない!○○が××したから」と言い逃れをする女性に多い特徴をご紹介します。

「責任転嫁」

引用元:「責任転嫁」の意味とは?


いつでも自分が一番可愛い

責任転嫁をする女性は、いつでも自分が一番可愛いのです。

自分は誰よりも特別な存在で、そんな自分がちょっとしたミスを責められるなんてことが許せません。

これは自己愛が強い心理状態が、責任転嫁する女性にさせています。

自己愛とは自分のことが大好きで、自分は特別であると思う心理です。

健全な自己愛は自分の存在意義を高めることができますが、責任転嫁する女性は不健全な自己愛、つまり自分勝手な自己愛に浸っています。

だからこそ「誰より特別な私がミスをするわけがない」と思い込み、他の人に責任を押し付けようとするのでしょう。

プライドが高く恥をかきたくない

自分がミスをしたのに「私は悪くない、他の人がちゃんとしなかったからその人のせいだ」と責任転嫁をするのは、恥をかきたくないからです。

責任転嫁をする女性は人一倍プライドが高い傾向があり、自分のプライドを守るために他者へと責任を押し付けてしまいます。

責任転嫁をする女性は自分のプライドを守ることに必死なので、自分が矛盾した言葉を発しているなんて気づいていません。

例え自分が悪いという証拠を突き付けられたとしても、「そんなものは嘘だ」とそれさえ受け入れようとはしないのです。

そのために周りから「あなたが悪い、ミスを認めなさい」と言われても、ただただ「私は悪くない」の一点張りになってしまうのでしょう。

人に嫌われることが大嫌い

責任転嫁をする女性がプライドが高くなってしまうのは、他者から嫌われることに怯えているからです。

自分のミスを認めようとしない、絶対に認められないのも、ミスをしたのが自分だとわかれば周りの人に嫌われると思っているからでしょう。

周りの人がそれくらいのミスでは嫌わないと言っても、過去の対人関係のトラウマから嫌われることを徹底的に避けています。

責任転嫁をする女性は、自分の能力や顔、体型、仕事や家庭環境、学歴など、自分のことに関して自信がないのです。

だから「嫌われるんじゃないか」と思ってしまい、その結果自分のミスは認めようとせずに、何とか自分以外の人に責任を取ってもらおうとします。

被害者意識が激しい

被害者意識とは、絶対的に自分に被害が及ぶわけでもないのに、「私は被害を受けている」「私は誰かに攻撃される」と思い込んでしまう心理状態です。

この被害者意識が強いことから、自分が悪い行いをしても「私は悪くない」と正当化したいがために、その責任を他のもの(人や環境)に転化します。

責任転嫁をする女性はこの被害者意識が強く、ちょっとした出来事も「自分への宣戦布告だ」と思い込んでしまいます。

それは自分に自信がなく、他者から無条件で愛された経験が乏しい、裏切られた経験が多いといった今までの生き方が関係している場合が大きいでしょう。

理想が高く現実が見えていない

責任転嫁をする女性は理想が高く、そしてその理想の自分に必死になるあまりに現実がよく見えていません。

理想を高くもつことは、自意識を高めて成長するためにとても必要なことではあるものの、責任転嫁をする女性は成長することも他人任せです。

例えば自意識が高く成長する人は「モテたい」と思ったら、女子力を磨くためにダイエットや美容などの努力をします。

しかし責任転嫁をする女性は「モテたい」と思っても何も行動を起こさず、ただモテる自分を想像しては「どうしてモテないんだろう」と周囲に責任転嫁するのです。

自分だけ怒られるのは不平等だと思っている

責任転嫁をする女性が誰かに何かを注意されたときに怒るのは、「自分だけ怒られるなんて不平等!」と感じているからです。

これは責任転嫁をする女性が、損得勘定や勝ち負け主義といった心理状態にあるからでしょう。

損得勘定で生きている人は、どうすれば自分は得をするのかを常に考えて、そしてなるべく損をしないようにします。

また、勝ち負け主義の考え方の人も、どうすれば自分は人より優位になれる(勝ち)か、どんなことが恥(負け)になるのかを重要視しています。

このような心理状態だからこそ責任転嫁をする女性は、自分だけが怒られるのは平等ではない、怒るなら他の人も怒ってほしいと訴えるのでしょう。

衝動的に行動、発言する

責任転嫁をする女性はどちらかといえば沸点が低く、衝動的な行動や発言が目立ちます。

沸点が低いということは、すぐに感情的になって周囲に怒りをぶつけてしまうことです。

どうして衝動的になってしまうのか、それは責任転嫁をする女性の視野が狭くなっているからでしょう。

自分が一番、自分が勝つことが重要だと自分のことしか考えていない自己中心的な思考が癖になっているので、周りの様子がわからなくなっているのです。

そのためにちょっとした注意にもすぐヒステリックになってしまったり、他の人に責任を押し付けて自分を正当化しようとします。

責任転嫁をする女性は人一倍プライドが高く自己愛や被害者意識が強いでしょう。

しかしそれは裏を返せば、自分に自信がなく、理想の自分に現実の自分が追い付いていないことが恥ずかしいと思っているからです。

責任転嫁をする女性が身近にいるならなるべくプライドを刺激しないこと、自分が責任転嫁してしまうと自覚したなら少しずつ視野を広げましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-