【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171113170917.html
困りものだが愛すべき女性ナルシストの特徴

困りものだが愛すべき女性ナルシストの特徴 | LADYCO

LADYCO
困りものだが愛すべき女性ナルシストの特徴

世の中には見るからにナルシストだと思える人がいます。

街中のショーウィンドウに映し出される自分の姿が気になるのは普通だと思いますが、ナルシストな人はちょっと違います。

普通の人なら映し出されている姿を見つつも歩き去りますが、ナルシストな人は立ち止まり、必ず数分は自分の姿を後ろ姿まで確かめて笑顔を浮かべますね。

さて、そんな愛すべきナルシストの特徴を書くことにします。

  • マイペース
  • 鏡が友達
  • 動作が派手
  • 恋人は飾り
  • スタイルを気にしてダイエットに余念がない
  • 遅寝早起き
  • 影響を受けやすいタイプ
  • まとめ

1. マイペース

マイペース

とにかくナルシストはマイペースです。

周りに友達が居ても一瞬のうちに自分の世界に入り込みます。

話しかけても気付かないで自分の世界を楽しみます。

話していてもいつの間にか自分についての話に誘導していきます。

そして少しでもネガティブな話をすると激怒します。

そこまで怒らなくてもと思うほど怒ります。

イメージの中で自分中心の王国を築いているのでしょうね。

周りの友達や同僚ははその王国の家来に過ぎないです。

いえ、奴隷という存在と言えます。

褒めているうちは良いのです。

満足して奢ってくれる事もあります。

ただ、時々褒めてあげないといじけたりもします。

話しかけても口を聞きません。

2. 鏡が友達

鏡が友達

ナルシストは鏡が大好きです。

鏡がある場所では必ずいつまでも立ち止まります。

それどころか鏡の前でくるっと回って後ろ姿までチェックする事に余念がありません。

駅のトイレでは、後ろの人が待っていてもどくような気遣いはありません。

ひたすら自分の顔や姿を眺めては悦に入ります。

時々ニヤリとしたりもします。

宴会で盛り上がっている席でも頻繁にトイレに立ちます。

どこに行っているのかと思ってトイレを覗きに行くとそこで鏡を覗いているのです。

宴会以上に自分の姿に盛り上がっています。

勿論、自分用の鏡も常時持ち歩きます。

出来れば全身を映し出すような鏡を持ち歩きたいと思っています。

また、鏡の無いようなトイレからは早々と逃げ出します。

ですから、どこのトイレに鏡があるかもしっかり把握しています。

3. 動作が派手

動作が派手

ナルシストは話をするにも手を大きく使ってアメリカ人のように話します。

その自分の動作にもこだわりがあります。

動きが気に入らないと気に入るまで繰り返します。

なので会話が途切れて続きません。

ナルシストに会話の内容など関係ないのです。

そこで繰り広げられる自分のアクションが何よりも大事なのです。

歩いていても派手に歩きます。

どうしたらファッショナブルに見えるかを常に研究しているのか、確かに歩く姿は美しいです。

スポーツをしている時などは派手さがより引き立ちます。

勝負にこだわるより美しさを最優先します。

したがってスポーツは強くはありません。

また、スポーツを選ぶにもこだわりが強いです。

相撲やラグビーのような泥臭いスポーツはやりません。

やらないどころか観ません。

しかし、フィギュアスケートのような美しさを競うスポーツをこよなく愛します。

4. 恋人は飾り

恋人は飾り

ナルシストは恋人の美しさやファッションにこだわりを持っています。

ただ普通の人と違うのは、恋人の美しさそのものが好きというのではなく、自分を引き立てる為の小道具として恋人を見ています。

美しい恋人を連れている自分は素晴らしい、カッコイイ、そんな思いが最優先です。

恋人に一流の物を贈ります。

それも自分を引き立てる為です。

そんなナルシストぶりに嫌気がさす恋人も多く、ナルシストの恋は短命になる場合が多々あります。

ただ、振られたとしてもその事は絶対に口にしません。

5. スタイルを気にしてダイエットに余念がない

スタイルを気にしてダイエットに余念がない

自分を愛する為、自分の体型を非常に気にします。

ちょっと太っただけでもブルーな気分になり、下手をしたら引きこもります。

その為、食事は少食気味です。

また、普通の人なら面倒なストレッチも苦にしません。

職場でも休憩時間にストレッチをしていたりします。

6. 遅寝早起き

遅寝早起き

ナルシストは寝るのが遅く早起きです。

何故ならば身体のケアに非常な時間を費やすからです。

髪型から足の爪までチェックしているので一日の時間が足りないくらいです。

髪型も何度もチェックして気に入るまで時間を費やします。

どんなに仕事で遅く帰ってもその習慣は変わりません。

その意味では自分に関してはやり遂げる根性が座っています。

決して諦めるような事をしません。

7. 影響を受けやすいタイプ

影響を受けやすいタイプ

ナルシストは、テレビや映画で美しいシーンを目にするとひたすらそれをコピーしようとします。

自分のものにするのが早いのも特色です。

成り切るのが上手いのであっという間にマスター出来るという特技があります。

ある意味、生まれながらの役者とも言えるでしょう。

ただし、もし役者になったとしても自分を美しく見せるような役しかやりたがらないでしょう。

悪役などはもっての外でしょう。

まとめ

そんなちょっと困ったちゃんのナルシストですが、付き合い方さえ間違えなければ害はありませんし、面白い存在です。

普通の人が目立たない、いや、目立つのを嫌う時代の中でとても個性的な彼らは貴重な存在です。

個性的な人を嫌う傾向がある現代の中で嫌われる事を厭わない存在は大切でしょう。

世の中には見るからにナルシストだと思える人がいます。

街中のショーウィンドウに映し出される自分の姿が気になるのは普通だと思いますが、ナルシストな人はちょっと違います。

普通の人なら映し出されている姿を見つつも歩き去りますが、ナルシストな人は立ち止まり、必ず数分は自分の姿を後ろ姿まで確かめて笑顔を浮かべますね。

さて、そんな愛すべきナルシストの特徴を書くことにします。


マイペース

とにかくナルシストはマイペースです。

周りに友達が居ても一瞬のうちに自分の世界に入り込みます。

話しかけても気付かないで自分の世界を楽しみます。

話していてもいつの間にか自分についての話に誘導していきます。

そして少しでもネガティブな話をすると激怒します。

そこまで怒らなくてもと思うほど怒ります。

イメージの中で自分中心の王国を築いているのでしょうね。

周りの友達や同僚ははその王国の家来に過ぎないです。

いえ、奴隷という存在と言えます。

褒めているうちは良いのです。

満足して奢ってくれる事もあります。

ただ、時々褒めてあげないといじけたりもします。

話しかけても口を聞きません。

鏡が友達

ナルシストは鏡が大好きです。

鏡がある場所では必ずいつまでも立ち止まります。

それどころか鏡の前でくるっと回って後ろ姿までチェックする事に余念がありません。

駅のトイレでは、後ろの人が待っていてもどくような気遣いはありません。

ひたすら自分の顔や姿を眺めては悦に入ります。

時々ニヤリとしたりもします。

宴会で盛り上がっている席でも頻繁にトイレに立ちます。

どこに行っているのかと思ってトイレを覗きに行くとそこで鏡を覗いているのです。

宴会以上に自分の姿に盛り上がっています。

勿論、自分用の鏡も常時持ち歩きます。

出来れば全身を映し出すような鏡を持ち歩きたいと思っています。

また、鏡の無いようなトイレからは早々と逃げ出します。

ですから、どこのトイレに鏡があるかもしっかり把握しています。

動作が派手

ナルシストは話をするにも手を大きく使ってアメリカ人のように話します。

その自分の動作にもこだわりがあります。

動きが気に入らないと気に入るまで繰り返します。

なので会話が途切れて続きません。

ナルシストに会話の内容など関係ないのです。

そこで繰り広げられる自分のアクションが何よりも大事なのです。

歩いていても派手に歩きます。

どうしたらファッショナブルに見えるかを常に研究しているのか、確かに歩く姿は美しいです。

スポーツをしている時などは派手さがより引き立ちます。

勝負にこだわるより美しさを最優先します。

したがってスポーツは強くはありません。

また、スポーツを選ぶにもこだわりが強いです。

相撲やラグビーのような泥臭いスポーツはやりません。

やらないどころか観ません。

しかし、フィギュアスケートのような美しさを競うスポーツをこよなく愛します。

恋人は飾り

ナルシストは恋人の美しさやファッションにこだわりを持っています。

ただ普通の人と違うのは、恋人の美しさそのものが好きというのではなく、自分を引き立てる為の小道具として恋人を見ています。

美しい恋人を連れている自分は素晴らしい、カッコイイ、そんな思いが最優先です。

恋人に一流の物を贈ります。

それも自分を引き立てる為です。

そんなナルシストぶりに嫌気がさす恋人も多く、ナルシストの恋は短命になる場合が多々あります。

ただ、振られたとしてもその事は絶対に口にしません。

スタイルを気にしてダイエットに余念がない

自分を愛する為、自分の体型を非常に気にします。

ちょっと太っただけでもブルーな気分になり、下手をしたら引きこもります。

その為、食事は少食気味です。

また、普通の人なら面倒なストレッチも苦にしません。

職場でも休憩時間にストレッチをしていたりします。

遅寝早起き

ナルシストは寝るのが遅く早起きです。

何故ならば身体のケアに非常な時間を費やすからです。

髪型から足の爪までチェックしているので一日の時間が足りないくらいです。

髪型も何度もチェックして気に入るまで時間を費やします。

どんなに仕事で遅く帰ってもその習慣は変わりません。

その意味では自分に関してはやり遂げる根性が座っています。

決して諦めるような事をしません。

影響を受けやすいタイプ

ナルシストは、テレビや映画で美しいシーンを目にするとひたすらそれをコピーしようとします。

自分のものにするのが早いのも特色です。

成り切るのが上手いのであっという間にマスター出来るという特技があります。

ある意味、生まれながらの役者とも言えるでしょう。

ただし、もし役者になったとしても自分を美しく見せるような役しかやりたがらないでしょう。

悪役などはもっての外でしょう。

そんなちょっと困ったちゃんのナルシストですが、付き合い方さえ間違えなければ害はありませんし、面白い存在です。

普通の人が目立たない、いや、目立つのを嫌う時代の中でとても個性的な彼らは貴重な存在です。

個性的な人を嫌う傾向がある現代の中で嫌われる事を厭わない存在は大切でしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-