【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171113170835.html
偽善者の女性が近づく時の特徴

偽善者の女性が近づく時の特徴 | LADYCO

LADYCO
偽善者の女性が近づく時の特徴

偽善者女にあったことはありますか?

この人たちに会うと人間不信になる恐れもあります。

では、どうのように近づいてくるのか、説明していきます。

  • いい人全開で近寄ってくる
  • 悩みも親身に聞く
  • 物などを渡してきたり、自らドライバーになったりする
  • 4. 自分の想像している感謝がないと怒りだす
  • 接触を減らしてくる
  • 被害に遭わないために
  • まとめ

1. いい人全開で近寄ってくる

いい人全開で近寄ってくる

辛そうにしている人、困っている人に近寄り、心を開かせるのがとても上手です。

彼女たちは、「いい人に思われたい」「感謝されたい」という気持ちがとても大きく、 とりあえず、なんでも「自分がそう思われるチャンス」があると、なんでも手を出します。

(声をかけてきます。

) 1回断っても、あきらめずに近寄ってくることもあります。

2. 悩みも親身に聞く

悩みも親身に聞く

心を開いたところで、悩みを打ち明けると、「私はあなたの味方です」ということを全面的にアピールをしてきます。

特徴は、「話題になっている人あるいは物などの愚痴を一緒に言う」です。

相談している方も、「あなたもそんなに思っていたんだ」と驚くほど、共感してきます。

3. 物などを渡してきたり、自らドライバーになったりする

物などを渡してきたり、自らドライバーになったりする

頼んでいないものを、急に持ってきたり、ここに連れていってあげると自らドライバーを申し出て連れて行かれたりします。

物は、もらう人のことを考えたものではなく、もらっては困るものをくれたりします。

断るわけにはいかないので、ありがとうございますと言っていただきますが、正直、困るものが多いです。

この回数がどんどん増えていきます。

そこからがターニングポイントです。

4. 自分の想像している感謝がないと怒りだす

4. 自分の想像している感謝がないと怒りだす

本当に厄介です。

自分で勝手にやっておきながら、自分の想像していた反応がない、感謝が足りないということで不機嫌になったり、怒りだすのです。

陰で悪口を言われるパターンもあります。

どこかで頼みましたか?

と聞きたくなりますが、これが偽善者女のパターンです。

なにかをしてもらったら、人として感謝はその都度しています。

ただ、彼女たちは、「自分はこう思われたい」「こういう対応をして欲しい」という気持ちが大きいせいか、「この人からそういう希望する評価、または、対応をされない」と反対にその人を貶めたり、「助ける」という行為とは反対の行動をします。

5. 接触を減らしてくる

接触を減らしてくる

陰口はもう少しあとになってから気づくのですが、最初におかしいなと思うのは、散々近寄ってきていたのに、突然その回数が減ってくることです。

もともとこちらから関係を求めていた相手ではないので、減ったことに対してあまり気にしないのでそのまま生活していると、今度は、どこかから、悪いうわさが耳に入ります。

それは、本当に驚くもので、悪口はもちろん、悩みの相談に乗っている時は、共感していた部分も他では、まったく反対のことを言っていたということが耳に入ってきます。

6. 被害に遭わないために

被害に遭わないために

回数が増えてきた時点で、まず落ち着いて考えてみましょう。

「自分が本当にやりたいことなのか」「本当に必要なことなのか」よく考えた上で、NOという答えが出たのなら、相手を不快にさせないように断ることも必要です。

勇気を振り絞って、NOと言いましょう。

ただ、その時に、ちゃんと偽善者女さんのことを褒めてあげてくださいね。

うれしかったり、助かった部分はちゃんと評価してあげましょう。

でも、それはあなたのやり方で十分です。

もし、これをやらずに偽善につきあっていたとしたら、いつもどうのように感謝したらいいのだろうと、考えて重荷になってしまい、また悩みが増えるだけです。

まとめ

偽善者女というのは、決して助けた相手のためではなく、「完全に自分のために」やっています。

あまりにも度が過ぎる親切や、回数が多い人には注意が必要です。

どうか皆さんが人間不信に陥らないよう、偽善者女さんと上手につきあうことができますように。

偽善者女にあったことはありますか?

この人たちに会うと人間不信になる恐れもあります。

では、どうのように近づいてくるのか、説明していきます。


いい人全開で近寄ってくる

辛そうにしている人、困っている人に近寄り、心を開かせるのがとても上手です。

彼女たちは、「いい人に思われたい」「感謝されたい」という気持ちがとても大きく、 とりあえず、なんでも「自分がそう思われるチャンス」があると、なんでも手を出します。

(声をかけてきます。

) 1回断っても、あきらめずに近寄ってくることもあります。

悩みも親身に聞く

心を開いたところで、悩みを打ち明けると、「私はあなたの味方です」ということを全面的にアピールをしてきます。

特徴は、「話題になっている人あるいは物などの愚痴を一緒に言う」です。

相談している方も、「あなたもそんなに思っていたんだ」と驚くほど、共感してきます。

物などを渡してきたり、自らドライバーになったりする

頼んでいないものを、急に持ってきたり、ここに連れていってあげると自らドライバーを申し出て連れて行かれたりします。

物は、もらう人のことを考えたものではなく、もらっては困るものをくれたりします。

断るわけにはいかないので、ありがとうございますと言っていただきますが、正直、困るものが多いです。

この回数がどんどん増えていきます。

そこからがターニングポイントです。

4. 自分の想像している感謝がないと怒りだす

本当に厄介です。

自分で勝手にやっておきながら、自分の想像していた反応がない、感謝が足りないということで不機嫌になったり、怒りだすのです。

陰で悪口を言われるパターンもあります。

どこかで頼みましたか?

と聞きたくなりますが、これが偽善者女のパターンです。

なにかをしてもらったら、人として感謝はその都度しています。

ただ、彼女たちは、「自分はこう思われたい」「こういう対応をして欲しい」という気持ちが大きいせいか、「この人からそういう希望する評価、または、対応をされない」と反対にその人を貶めたり、「助ける」という行為とは反対の行動をします。

接触を減らしてくる

陰口はもう少しあとになってから気づくのですが、最初におかしいなと思うのは、散々近寄ってきていたのに、突然その回数が減ってくることです。

もともとこちらから関係を求めていた相手ではないので、減ったことに対してあまり気にしないのでそのまま生活していると、今度は、どこかから、悪いうわさが耳に入ります。

それは、本当に驚くもので、悪口はもちろん、悩みの相談に乗っている時は、共感していた部分も他では、まったく反対のことを言っていたということが耳に入ってきます。

被害に遭わないために

回数が増えてきた時点で、まず落ち着いて考えてみましょう。

「自分が本当にやりたいことなのか」「本当に必要なことなのか」よく考えた上で、NOという答えが出たのなら、相手を不快にさせないように断ることも必要です。

勇気を振り絞って、NOと言いましょう。

ただ、その時に、ちゃんと偽善者女さんのことを褒めてあげてくださいね。

うれしかったり、助かった部分はちゃんと評価してあげましょう。

でも、それはあなたのやり方で十分です。

もし、これをやらずに偽善につきあっていたとしたら、いつもどうのように感謝したらいいのだろうと、考えて重荷になってしまい、また悩みが増えるだけです。

偽善者女というのは、決して助けた相手のためではなく、「完全に自分のために」やっています。

あまりにも度が過ぎる親切や、回数が多い人には注意が必要です。

どうか皆さんが人間不信に陥らないよう、偽善者女さんと上手につきあうことができますように。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-