【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171113170501.html
パワハラする女性の特徴

パワハラする女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
パワハラする女性の特徴

パワハラといえば男性社会の話と思いがちですが、女性が社会で活躍する今は女性にもある話です。

パワハラする女性とはどのような特徴を持っているのでしょうか。

  • 気が強い性格である
  • 責任感が強い
  • できる上司だと評価されたい
  • おせっかいである
  • 気が短い女性
  • 素直になれない
  • 男性社員にできる女性だと思われたい
  • ストレスを抱えやすい
  • まとめ

1. 気が強い性格である

気が強い性格である

気が強い性格の女性は部下に指導する際についきつい口調で厳しくしてしまい、パワハラだと受け止められてしまうことがあります。

気が強いと「それの何がいけないの?」と開き直ってしまうこともあるので、周りが忠告しても素直に聞き入れてくれないことも多く、指導係には向いていないと感じることもあるでしょう。

しかし、ぶれないおかげで頼りになるとか説得力があると感じられることもあります。

体育会系の女性ならかっこいいと受け止めてくれることもあるでしょう。

2. 責任感が強い

責任感が強い

責任感が強く母心で指導にあたれる女性ならしっかり漏れなく教えたいと考えたり、できる人に対しても本人のためにとさらに上の課題を与えすぎてしまうことがあり、相手にとっては「そこまでやらなきゃだめなの?」と厳しい人と感じてしまうことがあります。

日頃からコミュニケーションをとれていればそんな風にネガティブに受け止められることもありませんが、そこまでの関係が築けていないと自己満足だとかきつい人と思われ、嫌われてしまいます。

3. できる上司だと評価されたい

できる上司だと評価されたい

女性の中には人に見られている自分を極端に気にする人もいますので、できる上司だと周りに評価されたり相手に尊敬してもらいたくてパワハラのようにきつくあたってしまうこともあります。

相手のためにしているのではなくあくまでも自分の職場の印象を重視しているので、人が見ていない前ではさらにそっけなくなったり相手によって差が出たりすることもあり、指導される側からするとありがたい上司とは言えません。

4. おせっかいである

おせっかいである

おせっかいな性格の女性はある程度指導した後も「本当に理解できただろうか?」と疑い、心から部下を信用できません。

そのせいでいつまでも新人扱いして仕事を任せずに簡単なことばかり押し付けてしまったりすぐに手を出して部下の心を傷つけてことがあります。

意欲的に仕事をしたいという思いが強いのに任せてもらえないとなれば、その人にとってはこんなおせっかいな上司の姿は悪意があるように思えたりパワハラだと感じるかもしれません。

5. 気が短い女性

気が短い女性

気が短い女性はちょっとした部下のミスを厳しく指摘したり追及して追い詰めてしまいます。

すぐに怒り出すので周りも気が気ではなく、職場にその上司がいるとミスをする前から胃が痛くなることもあります。

ミスを恐れてばかりいるせいで思い切った判断ができなくなり、また、ミスをしても冷静に対応することもできなくなってしまいます。

パワハラが生まれる原因を自分自身が作ってしまっているパターンです。

6. 素直になれない

素直になれない

素直になれない頑固な女性や照れ屋な女性は、相手の感謝の言葉に対してや尊敬の思いを感じた時に拒絶してしまい、「自分でできそうになかったから」とか「次は手伝ってあげないから!」などと思ってもいない残酷な言葉を吐いてしまうことがあり、時にパワハラだと言われてしまいます。

これが通じるようになるには自分の性格を相手にわかってもらっておく必要がありますが、関係が浅いままだとパワハラな女性としか感じてもらえずにいつまでもギクシャクしてしまいます。

7. 男性社員にできる女性だと思われたい

男性社員にできる女性だと思われたい

職場は出会いの場、などと考えているチャラチャラした女性も中にはいるでしょう。

そんな女性は男性社員に少しでもできる女性だと思ってもらいたくて部下に厳しくあたったり、可愛い子にだけいじわるをしてしまうことがあります。

男性社員の前ではひどいことをしないのでなおさら陰湿に思われ、女性社員の中ではパワハラだと噂されて恐れられていくことになります。

8. ストレスを抱えやすい

ストレスを抱えやすい

ストレスを抱えやすい繊細な女性もパワハラに陥ってしまうことがあります。

自分のストレスをうまく解消できず、周りの社員に当たってしまうのです。

悩みが深いと自分だけが苦労して周りはお気楽にやっているように見えてしまうため、被害者意識が強くなりエスカレートしていきます。

真面目な性格の女性や被害妄想の強いネガティブな性格の女性がなりそうなケースです。

まとめ

パワハラをする女性というのは、良かれと思って丁寧に指導したり、相手のためを思って難しい課題を与えるうちに誤解されていくこともあります。

また、相手のペースに合わせてのんびり見守ることが難しい性格だとついエスカレートしてしまうこともあるでしょう。

パワハラのように受け止められていることにすら気づいていないこともあるので、周りや本人が悩んでいることや受け止めきれずに困っていることを素直に話してみるというのもおすすめです。

もしそんな訴えを受けたら客観的に自分を振り返ってみましょう。

パワハラと言われないように日頃からのコミュニケーションも意識しておいてください。

パワハラといえば男性社会の話と思いがちですが、女性が社会で活躍する今は女性にもある話です。

パワハラする女性とはどのような特徴を持っているのでしょうか。


気が強い性格である

気が強い性格の女性は部下に指導する際についきつい口調で厳しくしてしまい、パワハラだと受け止められてしまうことがあります。

気が強いと「それの何がいけないの?」と開き直ってしまうこともあるので、周りが忠告しても素直に聞き入れてくれないことも多く、指導係には向いていないと感じることもあるでしょう。

しかし、ぶれないおかげで頼りになるとか説得力があると感じられることもあります。

体育会系の女性ならかっこいいと受け止めてくれることもあるでしょう。

責任感が強い

責任感が強く母心で指導にあたれる女性ならしっかり漏れなく教えたいと考えたり、できる人に対しても本人のためにとさらに上の課題を与えすぎてしまうことがあり、相手にとっては「そこまでやらなきゃだめなの?」と厳しい人と感じてしまうことがあります。

日頃からコミュニケーションをとれていればそんな風にネガティブに受け止められることもありませんが、そこまでの関係が築けていないと自己満足だとかきつい人と思われ、嫌われてしまいます。

できる上司だと評価されたい

女性の中には人に見られている自分を極端に気にする人もいますので、できる上司だと周りに評価されたり相手に尊敬してもらいたくてパワハラのようにきつくあたってしまうこともあります。

相手のためにしているのではなくあくまでも自分の職場の印象を重視しているので、人が見ていない前ではさらにそっけなくなったり相手によって差が出たりすることもあり、指導される側からするとありがたい上司とは言えません。

おせっかいである

おせっかいな性格の女性はある程度指導した後も「本当に理解できただろうか?」と疑い、心から部下を信用できません。

そのせいでいつまでも新人扱いして仕事を任せずに簡単なことばかり押し付けてしまったりすぐに手を出して部下の心を傷つけてことがあります。

意欲的に仕事をしたいという思いが強いのに任せてもらえないとなれば、その人にとってはこんなおせっかいな上司の姿は悪意があるように思えたりパワハラだと感じるかもしれません。

気が短い女性

気が短い女性はちょっとした部下のミスを厳しく指摘したり追及して追い詰めてしまいます。

すぐに怒り出すので周りも気が気ではなく、職場にその上司がいるとミスをする前から胃が痛くなることもあります。

ミスを恐れてばかりいるせいで思い切った判断ができなくなり、また、ミスをしても冷静に対応することもできなくなってしまいます。

パワハラが生まれる原因を自分自身が作ってしまっているパターンです。

素直になれない

素直になれない頑固な女性や照れ屋な女性は、相手の感謝の言葉に対してや尊敬の思いを感じた時に拒絶してしまい、「自分でできそうになかったから」とか「次は手伝ってあげないから!」などと思ってもいない残酷な言葉を吐いてしまうことがあり、時にパワハラだと言われてしまいます。

これが通じるようになるには自分の性格を相手にわかってもらっておく必要がありますが、関係が浅いままだとパワハラな女性としか感じてもらえずにいつまでもギクシャクしてしまいます。

男性社員にできる女性だと思われたい

職場は出会いの場、などと考えているチャラチャラした女性も中にはいるでしょう。

そんな女性は男性社員に少しでもできる女性だと思ってもらいたくて部下に厳しくあたったり、可愛い子にだけいじわるをしてしまうことがあります。

男性社員の前ではひどいことをしないのでなおさら陰湿に思われ、女性社員の中ではパワハラだと噂されて恐れられていくことになります。

ストレスを抱えやすい

ストレスを抱えやすい繊細な女性もパワハラに陥ってしまうことがあります。

自分のストレスをうまく解消できず、周りの社員に当たってしまうのです。

悩みが深いと自分だけが苦労して周りはお気楽にやっているように見えてしまうため、被害者意識が強くなりエスカレートしていきます。

真面目な性格の女性や被害妄想の強いネガティブな性格の女性がなりそうなケースです。

パワハラをする女性というのは、良かれと思って丁寧に指導したり、相手のためを思って難しい課題を与えるうちに誤解されていくこともあります。

また、相手のペースに合わせてのんびり見守ることが難しい性格だとついエスカレートしてしまうこともあるでしょう。

パワハラのように受け止められていることにすら気づいていないこともあるので、周りや本人が悩んでいることや受け止めきれずに困っていることを素直に話してみるというのもおすすめです。

もしそんな訴えを受けたら客観的に自分を振り返ってみましょう。

パワハラと言われないように日頃からのコミュニケーションも意識しておいてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-