【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171111152459.html
ダイエットに失敗する女性の特徴

ダイエットに失敗する女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
ダイエットに失敗する女性の特徴

ダイエットは一度は考えたことがある女性も多いと思います その中でもなんどやっても失敗する、またなんかうまく行かない人、挫折する人も多いのが事実です。

今回は失敗しやすい人などの特徴について紹介します。

  • 具体的な期限を決めない
  • 人が言っているからやる
  • 太っている人とつるむ
  • 現実から目を背ける
  • ダイエットした後のイメージがない
  • 明日からやればいいかという口癖
  • 楽ちんダイエットを好む
  • 仲の良い女子にしか痩せたいと言わない
  • うまく行かなかった時に原因を考えない
  • まとめ

1. 具体的な期限を決めない

具体的な期限を決めない

この項目が一番重要です。

実際に痩せたい、痩せてる人いいな。

とだけ言っていて毎日、毎年ダイエットしてると言っているものの痩せていない人はただ漠然とダイエットしてると言っているだけの場合があります。

仕事などと同じように期限を設けることでいつまでの目標であればいつまでに何キロ痩せていないと間に合わないかもなど自覚しながら修正し取り組むイメージをすることができます。

2. 人が言っているからやる

人が言っているからやる

このタイプは実際ダイエットしたいわけではなく言われてるから仕方なくやる、しょうがないからやるという意識があるため、うまく行かなくてもあの人が言ってるから困った。

辛いというネガティブかつ愚痴のような発言に変わり第三者が見るとでは痩せなければいい。

というコメントを言われそれに同意しすぐに諦めるという流れが多いです。

3. 太っている人とつるむ

太っている人とつるむ

これはかなり危険です。

食生活、食事スピード、好みなどが同じ人と過ごすといざダイエットしようとしても遊びに行くと高カロリーや食事後のスイーツなどいつもの流れが付きまとい結果として楽しいとたべてしまう、また一緒に遊んでいるのに自分だけ何もたべないのはという気持ちからいつも通りたべてしまいます。

たまに一緒に出かけるくらいであれば良いとは思いますがダイエットをしていない人、痩せたいと言っていながらたべている人と行動するのは減らすのがベストです。

4. 現実から目を背ける

現実から目を背ける

これは「体重計に乗らない」「鏡を見ない」ということです。

筋力をつけて見た目を痩せたいという人は体重計に乗らなくてもこまめに鏡を見て変化をチェックするべきですし、体重の増減でダイエットを考えている人は1日に3?4回ほど食事の前や後に計りどれだけ変化があるか自覚することで行動に移せます。

しかし目に見える現実から目を背け感覚だけでダイエットするのは失敗しやすいです。

5. ダイエットした後のイメージがない

ダイエットした後のイメージがない

ダイエットした後に着たい服がある、ダイエットしていきたい場所がある(好きな人とデートする、旅行する)などダイエットを成功してどうしたいかというゴールの先が見えていないとやる気が持続しません。

しかし、ダイエットして着たい服を着て旅行の思い出を綺麗に残したい!というゴールの先が見えているとより具現化されているため少し辛い運動があった時なども乗り越えられます。

6. 明日からやればいいかという口癖

明日からやればいいかという口癖

ダイエットを始めるという宣言、具体的な目標を決めてもよくいます。

目の前の特売品で好物が現れた時「今日はしょうがない。明日からやろう」 これはよくいう明日やろうはばかやろうです。

翌日また違う誘惑に負けて結果としてずっと明日、明日。

という口癖になっていきます。

7. 楽ちんダイエットを好む

楽ちんダイエットを好む

運動しなくてもいい、この食材を食べればそのほかは普段と同じ食生活でいいというものも多くあります。

しかし普段と同じ食生活というのは痩せている人の食生活となり、総摂取カロリーが多ければもちろん痩せることはありません。

また運動せず基礎の筋力、代謝がなければいくら頑張っても失敗しやすいです。

8. 仲の良い女子にしか痩せたいと言わない

仲の良い女子にしか痩せたいと言わない

女子の痩せたいから周りの人は決まっていう台詞があります 「そんなことないよ、全然太ってないじゃん」これは自分より痩せられたら自分がこまるという裏返しでもあります。

また、とりあえず言ってしまう言葉でもあります。

しかし仲の良いはっきり言ってくれる男子にいうと「うん、いっつもおかしたべてるけどね」というようにとてもぐさっとくる一言があります。

イラっとすることもあるとは思いますがこういう相手にあえてコミットできない人は本心でそこまで痩せたいと思っていないのかもしれません。

9. うまく行かなかった時に原因を考えない

うまく行かなかった時に原因を考えない

ダイエットで失敗することは少なくはありません。

でもその時にどういう理由で失敗したか考える人と考えない人では次回のダイエットの際結果の出方に差が出ます。

その繰り返しで1年後など大きな結果の差が出ます。

寝る前に食べすぎたのであれば翌日には調整をする。

運動をサボりすぎたのであれば飽きないように工夫をするなど同じ失敗を繰り返さない努力をしないとずっと成功させることはできません。

まとめ

多くの項目を挙げてきましたが失敗しやすい人の特徴はあげればきりがありません。

でもその反対で失敗しやすい特徴を理解し、受け止め1つずつ改善していけばダイエットは成功するということです。

また項目のを読んで何がいけないんだと思った人はそもそもダイエットは心からしたいと思っていないかもしれません。

ダイエットは一度は考えたことがある女性も多いと思います その中でもなんどやっても失敗する、またなんかうまく行かない人、挫折する人も多いのが事実です。

今回は失敗しやすい人などの特徴について紹介します。


具体的な期限を決めない

この項目が一番重要です。

実際に痩せたい、痩せてる人いいな。

とだけ言っていて毎日、毎年ダイエットしてると言っているものの痩せていない人はただ漠然とダイエットしてると言っているだけの場合があります。

仕事などと同じように期限を設けることでいつまでの目標であればいつまでに何キロ痩せていないと間に合わないかもなど自覚しながら修正し取り組むイメージをすることができます。

人が言っているからやる

このタイプは実際ダイエットしたいわけではなく言われてるから仕方なくやる、しょうがないからやるという意識があるため、うまく行かなくてもあの人が言ってるから困った。

辛いというネガティブかつ愚痴のような発言に変わり第三者が見るとでは痩せなければいい。

というコメントを言われそれに同意しすぐに諦めるという流れが多いです。

太っている人とつるむ

これはかなり危険です。

食生活、食事スピード、好みなどが同じ人と過ごすといざダイエットしようとしても遊びに行くと高カロリーや食事後のスイーツなどいつもの流れが付きまとい結果として楽しいとたべてしまう、また一緒に遊んでいるのに自分だけ何もたべないのはという気持ちからいつも通りたべてしまいます。

たまに一緒に出かけるくらいであれば良いとは思いますがダイエットをしていない人、痩せたいと言っていながらたべている人と行動するのは減らすのがベストです。

現実から目を背ける

これは「体重計に乗らない」「鏡を見ない」ということです。

筋力をつけて見た目を痩せたいという人は体重計に乗らなくてもこまめに鏡を見て変化をチェックするべきですし、体重の増減でダイエットを考えている人は1日に3?4回ほど食事の前や後に計りどれだけ変化があるか自覚することで行動に移せます。

しかし目に見える現実から目を背け感覚だけでダイエットするのは失敗しやすいです。

ダイエットした後のイメージがない

ダイエットした後に着たい服がある、ダイエットしていきたい場所がある(好きな人とデートする、旅行する)などダイエットを成功してどうしたいかというゴールの先が見えていないとやる気が持続しません。

しかし、ダイエットして着たい服を着て旅行の思い出を綺麗に残したい!というゴールの先が見えているとより具現化されているため少し辛い運動があった時なども乗り越えられます。

明日からやればいいかという口癖

ダイエットを始めるという宣言、具体的な目標を決めてもよくいます。

目の前の特売品で好物が現れた時「今日はしょうがない。明日からやろう」 これはよくいう明日やろうはばかやろうです。

翌日また違う誘惑に負けて結果としてずっと明日、明日。

という口癖になっていきます。

楽ちんダイエットを好む

運動しなくてもいい、この食材を食べればそのほかは普段と同じ食生活でいいというものも多くあります。

しかし普段と同じ食生活というのは痩せている人の食生活となり、総摂取カロリーが多ければもちろん痩せることはありません。

また運動せず基礎の筋力、代謝がなければいくら頑張っても失敗しやすいです。

仲の良い女子にしか痩せたいと言わない

女子の痩せたいから周りの人は決まっていう台詞があります 「そんなことないよ、全然太ってないじゃん」これは自分より痩せられたら自分がこまるという裏返しでもあります。

また、とりあえず言ってしまう言葉でもあります。

しかし仲の良いはっきり言ってくれる男子にいうと「うん、いっつもおかしたべてるけどね」というようにとてもぐさっとくる一言があります。

イラっとすることもあるとは思いますがこういう相手にあえてコミットできない人は本心でそこまで痩せたいと思っていないのかもしれません。

うまく行かなかった時に原因を考えない

ダイエットで失敗することは少なくはありません。

でもその時にどういう理由で失敗したか考える人と考えない人では次回のダイエットの際結果の出方に差が出ます。

その繰り返しで1年後など大きな結果の差が出ます。

寝る前に食べすぎたのであれば翌日には調整をする。

運動をサボりすぎたのであれば飽きないように工夫をするなど同じ失敗を繰り返さない努力をしないとずっと成功させることはできません。

多くの項目を挙げてきましたが失敗しやすい人の特徴はあげればきりがありません。

でもその反対で失敗しやすい特徴を理解し、受け止め1つずつ改善していけばダイエットは成功するということです。

また項目のを読んで何がいけないんだと思った人はそもそもダイエットは心からしたいと思っていないかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-