【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171110134050.html
悲劇のヒロインぶる女性の特徴

悲劇のヒロインぶる女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
悲劇のヒロインぶる女性の特徴

身近にいると少し面倒な発言の多いのが、悲劇のヒロインぶる女性です。

悲劇のヒロインぶる女性というのは、一体どのような特徴があるのでしょうか?

  • 自分が大好き
  • 話題ドロボウをする
  • 自己中心的
  • 自分は人にないものを持っている
  • 寂しがり屋
  • 他人の不幸自慢は許せない
  • 否定されるとものすごく怒る
  • 一発逆転を狙っている
  • まとめ

1. 自分が大好き

自分が大好き

自分がとにかく大好きで、会話でも「私は〜」という始まりで話すことが非常に多いです。

会話のほとんどが自分のことで、「聞いてないよ」ということまでいちいち報告してきます。

自分大好きなのがよく分かるのがメールです。

頼んでもいないのに、自分が映り込んだ写真を送ってきます。

SNSでも自撮り画像をたくさんアップしていて、友達がちゃんとアクセスしてみてくれているかを常に気にしています。

悲劇のヒロインぶるだけであって、実は自分に対してとっても自信を持っています。

そのため外見にはしっかり気を使っていますし、一番になりたいという願望があります。

自分が一番可愛いという思いがあるため、女性芸能人のことをよくバカにします。

グループの中には、自分より可愛いと思う子はいません。

自分が常に友達の中でも優位に立っていたいと思っているからです。

2. 話題ドロボウをする

話題ドロボウをする

自分抜きで話が盛り上がっていると、すぐに気に食わないような態度を取ります。

顔に気持ちが出やすいです。

常に自分のペースに話しをリードしていきたいため、誰かが話しの中心にいたとしてもそのまま自分の話題にすり替えてしまいます。

その話題でどこか入り込めるところがないか、虎視眈々と狙っています。

自分が話題の中心にいないことには納得できません。

すでに周囲に飽きられていることにも気付かずに自分の話しばかりをしてしまいます。

3. 自己中心的

自己中心的

周囲の人がどう思っているかについてはかなり鈍いようです。

自己中心的な態度を取っていては人も離れてしまいますが、誰にも意見を挟ませないためにアドバイスなど自分にとって有益な意見を取り入れることも出来なくなっています。

悲劇のヒロインぶる女性にアドバイスしても「大きなお世話」と思われるだけなので、時間の無駄になってしまいます。

何でも悲劇的にアピールするという自分の行動に、本人は全く気付いていません。

自分にとってはその悲劇はすでに自分の一部分になっているようです。

4. 自分は人にないものを持っている

自分は人にないものを持っている

自分は不幸な体験を背負った特別な人間だという意識が強いようです。

誰しも辛かった出来事の一つや二つあるものですが、自分だけが悲劇のヒロインなのだと思いこんでいます。

そのため平凡な人のように扱われるのは許せません。

自分の悲劇的な話しをすることで、「自分は苦労をしてきた」アピールが強いです。

「大変だったね」「辛かったんだね」と同調して、自分に関心を常に持って欲しいと思っています。

本当はもうすでにその不幸を乗り越えているはずなのに、いつまでも引きずっているように演じています。

聞き飽きた人にそっけなく振舞われると、相手のことを非難します。

5. 寂しがり屋

寂しがり屋

人の気を惹きたいという思いが強いのは、実は寂しがり屋なのです。

誰かにそばに居て欲しい、注目して欲しいと常に思っています。

つまりかまってちゃんだということですね。

素直になることができれば、可愛いげもありますが、自分が寂しがり屋だという認識もあまりないようです。

寂しがり屋で一人が好きではないので、基本的には社交的でお出かけも大好きです。

誰かのぬくもりを常に求めているため、彼氏もあまり途切れずにいることが多いですね。

5. 他人の不幸自慢は許せない

他人の不幸自慢は許せない

自分はひたすら不幸自慢をする割には、他人の不幸自慢を許すことができません。

不幸自慢をしているわけでなくても、過去の不幸を語っている人がいると、激しく否定してかかります。

「自分のほうがずっとひどい出来事があった」ということをやたらとアピールしてきます。

6. 否定されるとものすごく怒る

否定されるとものすごく怒る

悲劇のヒロインぶってはいますが、自分に対しての自信が強いため否定はされたくはありません。

同情されるのは好きですが、自分のことを否定するような発言は許せません。

過去の出来事を一方的に語りますが、それに対して冷静に分析されたり、否定するとその相手のことを拒絶するようになります。

うんうん、と頷いて話しを聞いてくれるだけで気持ちが満たされますので、聞いている側は余計な発言をする必要はありません。

7. 一発逆転を狙っている

一発逆転を狙っている

自分のことをシンデレラのように思っているため、いつか素敵な王子様が「不幸な私」を助けてくれると期待しています。

一発逆転で素敵な男性と結婚することに憧れています。

自分は魅力的だから良い相手が見つかると変な自信がありますが、自信過剰な面があるため婚期が遅れやすいです。

そのため合コンに一緒に行くと、女友達のことを蹴落とそうとしてきます。

一緒に合コンに行きたくない友達No. 1ですね。

まとめ

かなり面倒な「悲劇のヒロインぶる女性」とは、適度な距離感を持ってお付き合いするのが一番ですね。

相手を変えてあげようと思っても、本人には変わる気がありませんので嫌がられるだけです。

どうしても友達付き合いが必要なら、相手の話しに同調する、上手に相づちを打つということがうまく付き合っていくためには大切ですね。

身近にいると少し面倒な発言の多いのが、悲劇のヒロインぶる女性です。

悲劇のヒロインぶる女性というのは、一体どのような特徴があるのでしょうか?


自分が大好き

自分がとにかく大好きで、会話でも「私は〜」という始まりで話すことが非常に多いです。

会話のほとんどが自分のことで、「聞いてないよ」ということまでいちいち報告してきます。

自分大好きなのがよく分かるのがメールです。

頼んでもいないのに、自分が映り込んだ写真を送ってきます。

SNSでも自撮り画像をたくさんアップしていて、友達がちゃんとアクセスしてみてくれているかを常に気にしています。

悲劇のヒロインぶるだけであって、実は自分に対してとっても自信を持っています。

そのため外見にはしっかり気を使っていますし、一番になりたいという願望があります。

自分が一番可愛いという思いがあるため、女性芸能人のことをよくバカにします。

グループの中には、自分より可愛いと思う子はいません。

自分が常に友達の中でも優位に立っていたいと思っているからです。

話題ドロボウをする

自分抜きで話が盛り上がっていると、すぐに気に食わないような態度を取ります。

顔に気持ちが出やすいです。

常に自分のペースに話しをリードしていきたいため、誰かが話しの中心にいたとしてもそのまま自分の話題にすり替えてしまいます。

その話題でどこか入り込めるところがないか、虎視眈々と狙っています。

自分が話題の中心にいないことには納得できません。

すでに周囲に飽きられていることにも気付かずに自分の話しばかりをしてしまいます。

自己中心的

周囲の人がどう思っているかについてはかなり鈍いようです。

自己中心的な態度を取っていては人も離れてしまいますが、誰にも意見を挟ませないためにアドバイスなど自分にとって有益な意見を取り入れることも出来なくなっています。

悲劇のヒロインぶる女性にアドバイスしても「大きなお世話」と思われるだけなので、時間の無駄になってしまいます。

何でも悲劇的にアピールするという自分の行動に、本人は全く気付いていません。

自分にとってはその悲劇はすでに自分の一部分になっているようです。

自分は人にないものを持っている

自分は不幸な体験を背負った特別な人間だという意識が強いようです。

誰しも辛かった出来事の一つや二つあるものですが、自分だけが悲劇のヒロインなのだと思いこんでいます。

そのため平凡な人のように扱われるのは許せません。

自分の悲劇的な話しをすることで、「自分は苦労をしてきた」アピールが強いです。

「大変だったね」「辛かったんだね」と同調して、自分に関心を常に持って欲しいと思っています。

本当はもうすでにその不幸を乗り越えているはずなのに、いつまでも引きずっているように演じています。

聞き飽きた人にそっけなく振舞われると、相手のことを非難します。

寂しがり屋

人の気を惹きたいという思いが強いのは、実は寂しがり屋なのです。

誰かにそばに居て欲しい、注目して欲しいと常に思っています。

つまりかまってちゃんだということですね。

素直になることができれば、可愛いげもありますが、自分が寂しがり屋だという認識もあまりないようです。

寂しがり屋で一人が好きではないので、基本的には社交的でお出かけも大好きです。

誰かのぬくもりを常に求めているため、彼氏もあまり途切れずにいることが多いですね。

他人の不幸自慢は許せない

自分はひたすら不幸自慢をする割には、他人の不幸自慢を許すことができません。

不幸自慢をしているわけでなくても、過去の不幸を語っている人がいると、激しく否定してかかります。

「自分のほうがずっとひどい出来事があった」ということをやたらとアピールしてきます。

否定されるとものすごく怒る

悲劇のヒロインぶってはいますが、自分に対しての自信が強いため否定はされたくはありません。

同情されるのは好きですが、自分のことを否定するような発言は許せません。

過去の出来事を一方的に語りますが、それに対して冷静に分析されたり、否定するとその相手のことを拒絶するようになります。

うんうん、と頷いて話しを聞いてくれるだけで気持ちが満たされますので、聞いている側は余計な発言をする必要はありません。

一発逆転を狙っている

自分のことをシンデレラのように思っているため、いつか素敵な王子様が「不幸な私」を助けてくれると期待しています。

一発逆転で素敵な男性と結婚することに憧れています。

自分は魅力的だから良い相手が見つかると変な自信がありますが、自信過剰な面があるため婚期が遅れやすいです。

そのため合コンに一緒に行くと、女友達のことを蹴落とそうとしてきます。

一緒に合コンに行きたくない友達No. 1ですね。

かなり面倒な「悲劇のヒロインぶる女性」とは、適度な距離感を持ってお付き合いするのが一番ですね。

相手を変えてあげようと思っても、本人には変わる気がありませんので嫌がられるだけです。

どうしても友達付き合いが必要なら、相手の話しに同調する、上手に相づちを打つということがうまく付き合っていくためには大切ですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-