【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171110133952.html
はっきりしない女性の特徴

はっきりしない女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
はっきりしない女性の特徴

何事もはっきりしない人というのはイライラしてしまいます。

今回は、はっきりしない女性の特徴をご紹介します。

  • 自分の意思がない
  • 自分に自信がない
  • 何が最良か分からない
  • 責任を負いたくないと思っている
  • 相手に気を遣っている
  • 引っ張ってもらいたいと思っている
  • 物事を慎重に考えすぎる
  • 出来ない自分を演出している
  • 物事を考えるのが苦手
  • まとめ

1. 自分の意思がない

自分の意思がない

はっきりしない人は、自分の意思がないとも言えます。

そもそも自分が何をしたいか分からないので、意見が出せなかったり発言が出来なかったりするのです。

このような人は、はっきりしないと同時に、他人の意見に流されやすい部分もあります。

自分の意思がない分、他者から『あれが良い』『これはダメ』と言われると、そうなのだと思い込み従ってしまう事も少なくないのです。

出来れば自分の意思を持って、他者の意見に流されないようになりたいものです。

2. 自分に自信がない

自分に自信がない

自分に自信がない事も、はっきりしない人の特徴です。

自分の考えや行動は本当に正しいのか、周りから見ておかしいと思われないか等、自分の言動に自信が持てないことで、発言するにもビクビクと怖がってしまい、はっきりとした発言をすることがなかなか出来なくなるのです。

周りの反応が怖いという気持ちは分かりますが、必要以上に萎縮してしまう事で、はっきりしないという印象を持たれたりしまうのです。

3. 何が最良か分からない

何が最良か分からない

判断能力が乏しいことで、はっきりしない結果になってしまうこともあります。

置かれた状況に対して、どのような言動をすることが一番良いのかという判断が付かずに、オロオロしてしまう事が、周囲からするとはっきりしないと捉えられてしまうのです。

このような場合、考えても最良な方法が分からないだけで、本人自身は答えを出したいと思っているので、本人は歯痒く感じてしまう事も少なくありません。

4. 責任を負いたくないと思っている

責任を負いたくないと思っている

何事も、自分が決めたことには勿論、責任というものが生まれます。

そんな時に、万が一誤った判断をしてしまった場合、責められてしまうのは本人です。

そんな中で、自分の言動に責任を持ちたくないと感じた時に、言い訳が出来るようにはぐらかしたり、責任から逃れるために他者に判断を一任してしまうことがあります。

そのような態度を取ることから、はっきりしないと見られてしまうのです。

5. 相手に気を遣っている

相手に気を遣っている

相手に気を遣いすぎるあまり、はっきりとしない結果になることもあります。

『自分が意見することで、相手は嫌な思いをするのではないか』『本当は相手もやりたいことがあるのに、自分の発言によって遠慮をするのではないか』等と相手に配慮をしすぎる事で、自分の意見が言いにくくなってしまうのです。

その場合、相手がはっきりした人なら良いですが、同じタイプの人では譲り合いになり、より結果が出にくい形となってしまうので注意が必要です。

6. 引っ張ってもらいたいと思っている

引っ張ってもらいたいと思っている

はっきりしない人は、全てを誰かに決めてもらい、自分を引っ張っていってほしいと思うことも多いです。

そのため、自分の意見ははっきりと言わないのに、相手にはどうしたいのかと問いかけがちです。

そして、相手が決めたことに従い行動するのです。

言い方を変えると、自分では考えることをしない、楽をしたがる人と言えるでしょう。

7. 物事を慎重に考えすぎる

物事を慎重に考えすぎる

物事に慎重であることも、はっきりしない人を生む特徴となっています。

『あれはこうしたら良いだろう。

』『いや、この方が良いかもしれない』と1つの事に対して、必要以上に慎重になることで、結果としてなかなか意見がまとまらず、はっきりしないと捉えられてしまう事態となるのです。

また、これは、相手の意見を尊重し過ぎることでも、はっきりしない人間だと思われかねません。

あまりにも慎重になりすぎると、逆に優柔不断だと判断されかねないので、ほどほどの慎重さが必要です。

8. 出来ない自分を演出している

出来ない自分を演出している

はっきりしない性格は、意図的に作られることも多々あります。

意見をはっきりさせないことで、『自分は誰かの助けがないとダメなんだ』と言うことを他者に印象付け、守ってもらおうとするのです。

特に異性である男性には、そのような姿を見せる機会が増えていきます。

意図的なものか性格なのか、しっかりと見極めることも必要となってきます。

9. 物事を考えるのが苦手

物事を考えるのが苦手

そもそも考えることが苦手なためにはっきりしないという感覚を持たれてしまう人もいます。

考えても考えても答えが出ず、結果、自らの意見ではその場が動かないという事態が起こるのです。

その場合、他者から何か指示や提案があると、パニックに陥って、より状態が悪化するというケースになることもあるため、注目が必要です。

まとめ

一口に『はっきりしない人』と言っても、本来の性格な人もいれば、人を惹き付けるために意図的に演じている人も存在しています。

特に女性が男性に向けて演じることは少なくありません。

どちらにしても、はっきりしない人は、少なからずイライラを生む可能性が高いです。

はっきりしない人は、その辺りに気を付けながら、また、遭遇した人は広い心で過ごして貰いたいものです。

何事もはっきりしない人というのはイライラしてしまいます。

今回は、はっきりしない女性の特徴をご紹介します。


自分の意思がない

はっきりしない人は、自分の意思がないとも言えます。

そもそも自分が何をしたいか分からないので、意見が出せなかったり発言が出来なかったりするのです。

このような人は、はっきりしないと同時に、他人の意見に流されやすい部分もあります。

自分の意思がない分、他者から『あれが良い』『これはダメ』と言われると、そうなのだと思い込み従ってしまう事も少なくないのです。

出来れば自分の意思を持って、他者の意見に流されないようになりたいものです。

自分に自信がない

自分に自信がない事も、はっきりしない人の特徴です。

自分の考えや行動は本当に正しいのか、周りから見ておかしいと思われないか等、自分の言動に自信が持てないことで、発言するにもビクビクと怖がってしまい、はっきりとした発言をすることがなかなか出来なくなるのです。

周りの反応が怖いという気持ちは分かりますが、必要以上に萎縮してしまう事で、はっきりしないという印象を持たれたりしまうのです。

何が最良か分からない

判断能力が乏しいことで、はっきりしない結果になってしまうこともあります。

置かれた状況に対して、どのような言動をすることが一番良いのかという判断が付かずに、オロオロしてしまう事が、周囲からするとはっきりしないと捉えられてしまうのです。

このような場合、考えても最良な方法が分からないだけで、本人自身は答えを出したいと思っているので、本人は歯痒く感じてしまう事も少なくありません。

責任を負いたくないと思っている

何事も、自分が決めたことには勿論、責任というものが生まれます。

そんな時に、万が一誤った判断をしてしまった場合、責められてしまうのは本人です。

そんな中で、自分の言動に責任を持ちたくないと感じた時に、言い訳が出来るようにはぐらかしたり、責任から逃れるために他者に判断を一任してしまうことがあります。

そのような態度を取ることから、はっきりしないと見られてしまうのです。

相手に気を遣っている

相手に気を遣いすぎるあまり、はっきりとしない結果になることもあります。

『自分が意見することで、相手は嫌な思いをするのではないか』『本当は相手もやりたいことがあるのに、自分の発言によって遠慮をするのではないか』等と相手に配慮をしすぎる事で、自分の意見が言いにくくなってしまうのです。

その場合、相手がはっきりした人なら良いですが、同じタイプの人では譲り合いになり、より結果が出にくい形となってしまうので注意が必要です。

引っ張ってもらいたいと思っている

はっきりしない人は、全てを誰かに決めてもらい、自分を引っ張っていってほしいと思うことも多いです。

そのため、自分の意見ははっきりと言わないのに、相手にはどうしたいのかと問いかけがちです。

そして、相手が決めたことに従い行動するのです。

言い方を変えると、自分では考えることをしない、楽をしたがる人と言えるでしょう。

物事を慎重に考えすぎる

物事に慎重であることも、はっきりしない人を生む特徴となっています。

『あれはこうしたら良いだろう。

』『いや、この方が良いかもしれない』と1つの事に対して、必要以上に慎重になることで、結果としてなかなか意見がまとまらず、はっきりしないと捉えられてしまう事態となるのです。

また、これは、相手の意見を尊重し過ぎることでも、はっきりしない人間だと思われかねません。

あまりにも慎重になりすぎると、逆に優柔不断だと判断されかねないので、ほどほどの慎重さが必要です。

出来ない自分を演出している

はっきりしない性格は、意図的に作られることも多々あります。

意見をはっきりさせないことで、『自分は誰かの助けがないとダメなんだ』と言うことを他者に印象付け、守ってもらおうとするのです。

特に異性である男性には、そのような姿を見せる機会が増えていきます。

意図的なものか性格なのか、しっかりと見極めることも必要となってきます。

物事を考えるのが苦手

そもそも考えることが苦手なためにはっきりしないという感覚を持たれてしまう人もいます。

考えても考えても答えが出ず、結果、自らの意見ではその場が動かないという事態が起こるのです。

その場合、他者から何か指示や提案があると、パニックに陥って、より状態が悪化するというケースになることもあるため、注目が必要です。

一口に『はっきりしない人』と言っても、本来の性格な人もいれば、人を惹き付けるために意図的に演じている人も存在しています。

特に女性が男性に向けて演じることは少なくありません。

どちらにしても、はっきりしない人は、少なからずイライラを生む可能性が高いです。

はっきりしない人は、その辺りに気を付けながら、また、遭遇した人は広い心で過ごして貰いたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-