【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171110133851.html
ネットに依存する女性の特徴

ネットに依存する女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
ネットに依存する女性の特徴

今の時代、全くネットをやらないという人はいませんが、一日の殆どをネットで過ごしているという人もいます。

ネットに依存している女性にはこのような特徴があります。

  • 友達がいない・もしくは少ない
  • 趣味がない
  • 面と向かって話すのが苦手
  • 自分に自信がない
  • 体の不調がある
  • スマホのマナーが悪い
  • まとめ

1. 友達がいない・もしくは少ない

友達がいない・もしくは少ない

ネットに依存してしまう女性の多くはリアルの世界に友達と呼べる人がいなかったり極端に少なかったりすることが多いです。

友達がいないとどうやって退屈凌ぎをすれば良いのかと言うと、誰とも気軽に会話が出来るネットを使うのです。

リアルでは遊べる友達がいないという女性達でもネットの世界には友達が沢山いるケースが多いです。

そしてネットの方がリアルの自分よりも明るくて積極的です。

ネットの友達という枠を超えてお互いの住所を教えてプレゼントや年賀状の交換をしたりする程の仲の友達が出来る人もいます。

友達がいないリアルの世界はつまらないからネットの世界に依存してしまうのです。

2. 趣味がない

趣味がない

趣味がインターネットと言う人もいますが、ネットに依存している女性の場合はネットが趣味なのかと言うとそうでもありません。

依存している人は趣味が特になく、何もやることがないからネットをしまくっているだけという人が沢山います。

適当にニュースや話題の話などを見たりして時間を過ごしています。

また、SNSをひたすら見ているという人も多いですね。

昔は趣味がない人はテレビをぼーっと見ているだけでしたが、ネットが登場したことによりスマホなどを使ってネットを暇つぶし感覚で見るようになったのです。

ネットをきっかけに新たな趣味などが見つかればいいのですが、依存してしまっている女性は中々趣味を見つけることも難しいようです。

3. 面と向かって話すのが苦手

面と向かって話すのが苦手

対面で会話をすることが苦手という若者が増えていますが、このような女性もネット依存になっているケースが多いです。

ネットならば文章だけのやり取りで全部済んでしまうので、相手と直接会話をしなくてもコミュニケーションを取ることが出来ます。

なので人と話すことが苦手な女性にとってはネットは最高のツールです。

面と向かわなくても電話で話すことが苦手という人も増えています。

昔はメールなんてなかったので嫌でも用事があるなら電話を掛けなくてはなりませんでしたが、電話が苦手な女性がネットで会話をしたりすることで緊張しなくて済むということでますますネットに頼ってしまうようになるのです。

4. 自分に自信がない

自分に自信がない

ネット依存の人とそうでない女性とでは、ネットに依存している女性の方が自分に自信がない人が多いです。

分かりやすい例で言えばSNSで幸せ自慢みたいな投稿を沢山している人がいますよね。

このような投稿をするということは、自分に自信がないから人がちょっとでも羨ましいと思って貰えるような投稿をして自分に自信を持たせようとしているのです。

イイネの数が多ければ多い程自信が付いていくのですが、思ったよりも自分の投稿した物の反応が良くなかった場合は自滅してしまうこともあります。

リアルでは難しいけどネットの世界ならばなんとなく自分に自信を持たせやすいような気がしているのです。

5. 体の不調がある

体の不調がある

ネットに依存していて体の不調が何もないという人はきっといないことでしょう。

長時間ネットをしているということは、スマホでやっているにしてもパソコンでやっているにしても体に悪影響があるのです。

スマホを見ていると下ばかりを向いているので首がおかしくなって来ますし、パソコンも長時間同じ体勢で過ごしているので肩が凝ったり腰が痛くなったりします。

そして目の不調を訴える人も多いです。

仕事で使っている人なら仕方がないですが、仕事以外でネットを見ていることが多い人は視力低下の恐れもあるので程ほどにしなくてはいけません。

そしてネットに依存するあまり睡眠不足になっている人も多くいるのでしっかり睡眠も取るようにしましょう。

6. スマホのマナーが悪い

スマホのマナーが悪い

ネットに依存している女性は暇さえあればスマホを見ていることが当たり前なので、残念なことにスマホのマナーが悪い人も多いのが特徴です。

歩きスマホが問題化されていますが、どうしてわざわざ歩きながら見なければいけないのか、ちゃんとルールを守らない人から見たら理解出来ないことです。

後で立ち止まった時に見ればいいものの、歩きながら見ているのだから迷惑です。

ネットに依存している人は友達と一緒に食事に来ている時ですらスマホでネットを見たりしています。

相手に対してとても失礼なことをしていますが、依存しちゃっている本人はそれがマナーに反するなんてことは知らなかったりするのです。

まとめ

ネットはあれば便利ですしネットがあることで分かる情報や良い出会いなどもあります。

ですが依存し過ぎてしまうのはあまりにも時間が勿体無いことです。

ネットじゃなくて現実でしか出来ない楽しいことも沢山あるのでたまにはスマホを置いて現実に目を向けてみませんか?

今の時代、全くネットをやらないという人はいませんが、一日の殆どをネットで過ごしているという人もいます。

ネットに依存している女性にはこのような特徴があります。


友達がいない・もしくは少ない

ネットに依存してしまう女性の多くはリアルの世界に友達と呼べる人がいなかったり極端に少なかったりすることが多いです。

友達がいないとどうやって退屈凌ぎをすれば良いのかと言うと、誰とも気軽に会話が出来るネットを使うのです。

リアルでは遊べる友達がいないという女性達でもネットの世界には友達が沢山いるケースが多いです。

そしてネットの方がリアルの自分よりも明るくて積極的です。

ネットの友達という枠を超えてお互いの住所を教えてプレゼントや年賀状の交換をしたりする程の仲の友達が出来る人もいます。

友達がいないリアルの世界はつまらないからネットの世界に依存してしまうのです。

趣味がない

趣味がインターネットと言う人もいますが、ネットに依存している女性の場合はネットが趣味なのかと言うとそうでもありません。

依存している人は趣味が特になく、何もやることがないからネットをしまくっているだけという人が沢山います。

適当にニュースや話題の話などを見たりして時間を過ごしています。

また、SNSをひたすら見ているという人も多いですね。

昔は趣味がない人はテレビをぼーっと見ているだけでしたが、ネットが登場したことによりスマホなどを使ってネットを暇つぶし感覚で見るようになったのです。

ネットをきっかけに新たな趣味などが見つかればいいのですが、依存してしまっている女性は中々趣味を見つけることも難しいようです。

面と向かって話すのが苦手

対面で会話をすることが苦手という若者が増えていますが、このような女性もネット依存になっているケースが多いです。

ネットならば文章だけのやり取りで全部済んでしまうので、相手と直接会話をしなくてもコミュニケーションを取ることが出来ます。

なので人と話すことが苦手な女性にとってはネットは最高のツールです。

面と向かわなくても電話で話すことが苦手という人も増えています。

昔はメールなんてなかったので嫌でも用事があるなら電話を掛けなくてはなりませんでしたが、電話が苦手な女性がネットで会話をしたりすることで緊張しなくて済むということでますますネットに頼ってしまうようになるのです。

自分に自信がない

ネット依存の人とそうでない女性とでは、ネットに依存している女性の方が自分に自信がない人が多いです。

分かりやすい例で言えばSNSで幸せ自慢みたいな投稿を沢山している人がいますよね。

このような投稿をするということは、自分に自信がないから人がちょっとでも羨ましいと思って貰えるような投稿をして自分に自信を持たせようとしているのです。

イイネの数が多ければ多い程自信が付いていくのですが、思ったよりも自分の投稿した物の反応が良くなかった場合は自滅してしまうこともあります。

リアルでは難しいけどネットの世界ならばなんとなく自分に自信を持たせやすいような気がしているのです。

体の不調がある

ネットに依存していて体の不調が何もないという人はきっといないことでしょう。

長時間ネットをしているということは、スマホでやっているにしてもパソコンでやっているにしても体に悪影響があるのです。

スマホを見ていると下ばかりを向いているので首がおかしくなって来ますし、パソコンも長時間同じ体勢で過ごしているので肩が凝ったり腰が痛くなったりします。

そして目の不調を訴える人も多いです。

仕事で使っている人なら仕方がないですが、仕事以外でネットを見ていることが多い人は視力低下の恐れもあるので程ほどにしなくてはいけません。

そしてネットに依存するあまり睡眠不足になっている人も多くいるのでしっかり睡眠も取るようにしましょう。

スマホのマナーが悪い

ネットに依存している女性は暇さえあればスマホを見ていることが当たり前なので、残念なことにスマホのマナーが悪い人も多いのが特徴です。

歩きスマホが問題化されていますが、どうしてわざわざ歩きながら見なければいけないのか、ちゃんとルールを守らない人から見たら理解出来ないことです。

後で立ち止まった時に見ればいいものの、歩きながら見ているのだから迷惑です。

ネットに依存している人は友達と一緒に食事に来ている時ですらスマホでネットを見たりしています。

相手に対してとても失礼なことをしていますが、依存しちゃっている本人はそれがマナーに反するなんてことは知らなかったりするのです。

ネットはあれば便利ですしネットがあることで分かる情報や良い出会いなどもあります。

ですが依存し過ぎてしまうのはあまりにも時間が勿体無いことです。

ネットじゃなくて現実でしか出来ない楽しいことも沢山あるのでたまにはスマホを置いて現実に目を向けてみませんか?

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-