【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171107171457.html
要領が悪い女性の特徴

要領が悪い女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
要領が悪い女性の特徴

あなたの周りにもきっといるはず、こんな女性。

今回は要領が悪い女性の共通項を挙げてみます。

  • 優先順位を付けられない
  • 段取りを考えられない
  • 集中力がない
  • 物事を進めるスピードが遅い
  • とっても忙しそうに見える
  • 自分は気付いていない
  • 想像力がない
  • 転職を繰り返す
  • まとめ

1. 優先順位を付けられない

優先順位を付けられない

仕事や家事など、物事を行う上で重要なのが優先順位です。

何日に締め切りの仕事、何時までに夕食を準備しなければ・・と、考えられる力があれば、おのずと先にしなければならないことが見えてきます。

その順番を付けることができず、何となく物事に取り掛かってしまうのが要領の悪い女性です。

どうでもよい作業から始めてしまい、気付いたらもうこんな時間。

期限までに物事を終わらせることができません。

そして、物事の優先順位が付けられないがために、次項目の状態へと陥って行きます。

2. 段取りを考えられない

段取りを考えられない

要領が悪い女性は優先順位を付けられません。

そして同時に、段取りを考えることもできません。

要領の良い女性が物事を行う時、必ず完成形(ゴール)を見通して優先順位を付けながらゴールまでの道筋を思い描きます。

中には紙に書き出してリストを作成する女性もいるでしょう。

しかし、要領が悪い女性はリストどころかゴールも考えることができません。

こんな女性は絶対司令塔にはなれませんし、間違ってなってしまうと周囲は大変混乱します。

3. 集中力がない

集中力がない

要領の悪い女性は上記の通り計画性が無い上に集中力もありません。

頭の中が整理されていないが故に注意力が散漫になってしまうのです。

自分の好きな事には没頭できるかもしれません。

けれども、何時までに終わらせようという概念がそもそも無いので、飽きたら中途半端な状態で終了し、他の事に手を出し始めてしまいます。

何一つ完璧にこなすことができないまま、タイムアウトになってしまいます。

4. 物事を進めるスピードが遅い

物事を進めるスピードが遅い

要領の悪い女性は全体を見通して段取りができません。

それは「森を見ること」ができない女性と言えます。

さらに、要領の悪い女性は「木を見ること」もできません。

例えば何か物を運ぶ場合、要領の良い女性は何か道具を使うなどして同時に複数の物を運びます。

しかし要領の悪い女性は、手で一つずつ運び、何度も行ったり来たりを繰り返します。

飲食店のアルバイト店員さんにもしばしば見受けられる例です。

効率を考えずに漠然と物事を進めるので、とても効率が悪いのです。

結果的にスピードが遅く、残業ばかりする羽目になります。

5. とっても忙しそうに見える

とっても忙しそうに見える

要領の悪い女性は、上記で見てきたように大変効率の悪い行動を取ります。

職場では、周囲の人から見ると、「いつも、とても忙しそうな人」に見えます。

要領が悪い事の利点挙げるとしたら、「とても一生懸命頑張っている人に見える」ということでしょうか。

しかしそれは真理ではありません。

本人はいつも時間に追われていて余裕がないので、ミスが増えます。

周りの人はフォローをしなければならず、いつまでたっても完了しない彼女の仕事ぶりに不信感を抱きます。

6. 自分は気付いていない

自分は気付いていない

いつも時間に追われている要領の悪い女性は、残念ながら、その原因が自分の要領の悪さにあることに気付いていません。

ですから厄介です。

本人は頑張っているし、周囲にも一生懸命であることは伝わっていますから、注意しにくく、必然的に要領の悪い女性への依頼は減っていきます。

7. 想像力がない

想像力がない

要領の良し悪しはその女性の育った環境、置かれた立場に関係します。

親が過保護過ぎるなど、自分で考えたり工夫したりしなくても不自由なく生きてこれた女性は、要領が悪い可能性があります。

なぜなら、要領良く振る舞うには接する相手が自分の言動に対してどう感じるか、想像する力が必要だからです。

仕事の場合、依頼を期日に間に合うように仕上げるにはどうすれば良いか、ゴールを想像して考える。

家事の場合、子供が喜ぶ夕食を想像して考える。

目の前の相手が発する一つの言葉から、十を知ることのできる女性はもちろん、相手の気持ちや立場を想像しています。

8. 転職を繰り返す

転職を繰り返す

要領の悪い女性は一生懸命で可愛く見えるかもしれません。

要領が悪くても人間的魅力を持ち合わせていて、職場で可愛がられている女性がいるのも確かです。

けれどもそれは、個性を大切にする出来た職場とご縁があった幸運な例です。

多くの職場は仕事の能力が必要不可欠で、要領が悪い女性は居心地が悪くなって行きます。

その結果職場を変えることになるのですが、要領が悪いと転職しても仕事の飲み込みが遅いのです。

また同じ状態に陥り転職を繰り返す負のスパイラルから抜けられなくなるのです。

まとめ

ここまで要領の悪い女性の共通項についてみてきました。

要領の良し悪しも人それぞれが持ち合わせた個性です。

しかし、女性が社会に出た時、また、母として家族や親戚と接する時、要領は良いに越したことはありません。

上記の項目に一つでも当てはまったら要注意です。

なぜならこれら8つの項目には相関関係があるからです。

要領の悪さは周りの人が注意してくれることは稀ですから、周りの発するシグナルに気を配りましょう。

仕事が期限に間に合わなかったら、その原因を考えて反省し、繰り返さないための方法を自分なりに考えて見ましょう。

あなたの周りにもきっといるはず、こんな女性。

今回は要領が悪い女性の共通項を挙げてみます。


優先順位を付けられない

仕事や家事など、物事を行う上で重要なのが優先順位です。

何日に締め切りの仕事、何時までに夕食を準備しなければ・・と、考えられる力があれば、おのずと先にしなければならないことが見えてきます。

その順番を付けることができず、何となく物事に取り掛かってしまうのが要領の悪い女性です。

どうでもよい作業から始めてしまい、気付いたらもうこんな時間。

期限までに物事を終わらせることができません。

そして、物事の優先順位が付けられないがために、次項目の状態へと陥って行きます。

段取りを考えられない

要領が悪い女性は優先順位を付けられません。

そして同時に、段取りを考えることもできません。

要領の良い女性が物事を行う時、必ず完成形(ゴール)を見通して優先順位を付けながらゴールまでの道筋を思い描きます。

中には紙に書き出してリストを作成する女性もいるでしょう。

しかし、要領が悪い女性はリストどころかゴールも考えることができません。

こんな女性は絶対司令塔にはなれませんし、間違ってなってしまうと周囲は大変混乱します。

集中力がない

要領の悪い女性は上記の通り計画性が無い上に集中力もありません。

頭の中が整理されていないが故に注意力が散漫になってしまうのです。

自分の好きな事には没頭できるかもしれません。

けれども、何時までに終わらせようという概念がそもそも無いので、飽きたら中途半端な状態で終了し、他の事に手を出し始めてしまいます。

何一つ完璧にこなすことができないまま、タイムアウトになってしまいます。

物事を進めるスピードが遅い

要領の悪い女性は全体を見通して段取りができません。

それは「森を見ること」ができない女性と言えます。

さらに、要領の悪い女性は「木を見ること」もできません。

例えば何か物を運ぶ場合、要領の良い女性は何か道具を使うなどして同時に複数の物を運びます。

しかし要領の悪い女性は、手で一つずつ運び、何度も行ったり来たりを繰り返します。

飲食店のアルバイト店員さんにもしばしば見受けられる例です。

効率を考えずに漠然と物事を進めるので、とても効率が悪いのです。

結果的にスピードが遅く、残業ばかりする羽目になります。

とっても忙しそうに見える

要領の悪い女性は、上記で見てきたように大変効率の悪い行動を取ります。

職場では、周囲の人から見ると、「いつも、とても忙しそうな人」に見えます。

要領が悪い事の利点挙げるとしたら、「とても一生懸命頑張っている人に見える」ということでしょうか。

しかしそれは真理ではありません。

本人はいつも時間に追われていて余裕がないので、ミスが増えます。

周りの人はフォローをしなければならず、いつまでたっても完了しない彼女の仕事ぶりに不信感を抱きます。

自分は気付いていない

いつも時間に追われている要領の悪い女性は、残念ながら、その原因が自分の要領の悪さにあることに気付いていません。

ですから厄介です。

本人は頑張っているし、周囲にも一生懸命であることは伝わっていますから、注意しにくく、必然的に要領の悪い女性への依頼は減っていきます。

想像力がない

要領の良し悪しはその女性の育った環境、置かれた立場に関係します。

親が過保護過ぎるなど、自分で考えたり工夫したりしなくても不自由なく生きてこれた女性は、要領が悪い可能性があります。

なぜなら、要領良く振る舞うには接する相手が自分の言動に対してどう感じるか、想像する力が必要だからです。

仕事の場合、依頼を期日に間に合うように仕上げるにはどうすれば良いか、ゴールを想像して考える。

家事の場合、子供が喜ぶ夕食を想像して考える。

目の前の相手が発する一つの言葉から、十を知ることのできる女性はもちろん、相手の気持ちや立場を想像しています。

転職を繰り返す

要領の悪い女性は一生懸命で可愛く見えるかもしれません。

要領が悪くても人間的魅力を持ち合わせていて、職場で可愛がられている女性がいるのも確かです。

けれどもそれは、個性を大切にする出来た職場とご縁があった幸運な例です。

多くの職場は仕事の能力が必要不可欠で、要領が悪い女性は居心地が悪くなって行きます。

その結果職場を変えることになるのですが、要領が悪いと転職しても仕事の飲み込みが遅いのです。

また同じ状態に陥り転職を繰り返す負のスパイラルから抜けられなくなるのです。

ここまで要領の悪い女性の共通項についてみてきました。

要領の良し悪しも人それぞれが持ち合わせた個性です。

しかし、女性が社会に出た時、また、母として家族や親戚と接する時、要領は良いに越したことはありません。

上記の項目に一つでも当てはまったら要注意です。

なぜならこれら8つの項目には相関関係があるからです。

要領の悪さは周りの人が注意してくれることは稀ですから、周りの発するシグナルに気を配りましょう。

仕事が期限に間に合わなかったら、その原因を考えて反省し、繰り返さないための方法を自分なりに考えて見ましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-